ストリンドベリという人の地獄と言う本は、彼が自信の日記を元に書いたものです。作中にエドヴァルド・ムンクも登場します。
日本語訳もでているはずなのですが、絶版になっていて手に入りません。
もしお持ちの方、読んだことのある方がいらっしゃったらお話が聞きたいです。
ほかに、ムンクと分裂病に関する資料に心当たりのある方がいらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

埼玉の方でしたか。


なーんだ、じゃあさっき書いとけば良かった。
*私がさっき紹介したものは、所蔵してなかったので書かなかったんですけど。

書 名:ストリンドベルグ小説全集 第5巻(地獄・伝説)
著 者:ストリンドベルグ(アウグスト・ストリンドベリ)
訳 者:秦豊吉
出版社:新潮社
出版年:1924.12

ならば、埼玉県立浦和図書館で所蔵しています。(請求 949-st8)

ただ、古ーい本なので、「禁帯出」の可能性がありますが。
とりあえず、行動範囲内の図書館に問い合わせてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

浦和ならすぐ行けますー!!ありがとうございます。さすが県庁所在地!
1924年はたしかに古いですね。
さっそくでかけてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/14 08:50

こういうのもあります。



「地獄」
 ストリンドベルヒ 作
 江馬 修(エマ シュウ)訳
 新潮社 1915年 (\0.75)
 原書名 Inferno


あとは、一番乗り回答の方と同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます!!
本当は手に入れてゆっくり読みたいのですが、絶版で手にははいらなそうなので、図書館で3冊を検索して探します。
古本探しのサイトにもためしに登録してみようと思います。
こんなマイナーな本は誰も知らないんじゃないか?と思っていたので、2件もすぐに回答がいただけて嬉しい限りです。
レポートが終わってもムンクは多分ずっと好きなので、レポートに間に合わなくても必ず読みます!!

お礼日時:2001/11/12 22:56

 (お近くの)図書館でどうぞ。



 Strindberg, Johan August (1849.01.22-1912)



書 名:ストリンドベルグ小説全集 第5巻(地獄・伝説)
著 者:ストリンドベルグ(アウグスト・ストリンドベリ)
訳 者:秦豊吉
出版社:新潮社
出版年:1924.12
頁 数:526p
判 型:20cm

横浜市立図書館
http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/in …
 所蔵:中央図書館
 http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/ma …






書 名:世界文学全集 十九世紀続篇/ストリンドベリ篇
巻 次:〔第3期〕 第20巻
編 者:河出書房
出版社:河出書房
出版年:1952
ページ:424p, 図版有り
大きさ:19cm
内 容:令嬢ジュリ-(杉山誠訳),ペリカン(杉山誠訳),ダマスクスへ(山室静訳),地獄(西田正一訳),検疫官物語(尾崎義訳)

東京都立図書館
http://www.library.metro.tokyo.jp/
 所蔵:中央図書館、多摩図書館

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見ず知らずの私のためにこんなに親切にありがとうございます!!
レポートでムンクと分裂病のことを書こうと思っていたら、ストリンドベリとムンクは仲が良かったようでいたるところに彼の名前が登場するのですが、アマゾンなどで検索しても全くでてこなくて困っていました。
ストリンドベリ自身も精神に異常があった人のようなので、地獄は絶対に一度は読んでみます。
埼玉のはずれに住んでいるので都立図書館に行くのは大変ですが、読めるんだと思うと嬉しいです!!近くの図書館も見てみます。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/11/12 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶版になっている本を探しています!!

この間図書館で見かけた本があり、
とても気に入っていたのですが、
出版先の角川書店に問い合わせたところ絶版のようです。
ある程度大きな本屋さんでも調べましたが、
取り扱っていないとの事です。

「日本文学史辞典近現代編」 著 三好行雄他
角川書店 初版 昭和62年2月

図書館でも館内用なので
借りれず、書き込み等ができません。

古本屋でもかまわないので、どなたか
上記の本を売っているお店があったら教えてください!!
神田等にもでれる環境にあります。

宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

ご希望の書名で検索してみたら、「市英堂書店」で取り扱ってるようです。
URL:http://www.ichieido.com/mokuroku/200104063.htm
(No.259です)

ネット上での注文もしてるようなので、確認してみて下さい。
<市英堂書店>

参考URL:http://www.ichieido.com/

Qお酒に関する?こんな感じの詩にお心当たりはありませんか?

“お酒を飲んでいる時だけが生きている時”的なフレーズのある、漢詩か何かだったと思います。
こんな感じの詩の、題と作者にお心当たりありませんか?
大変あいまいな記憶で申し訳ないのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

マーラーの交響曲「大地の歌」に用いられた漢詩でしょうか。
李白の「春に酔える者」のような詩だと思います。

李白という詩人は酒こそ人生、といった意味合いの詩を多く作っていますから、李白の詩集を探って見るとビンゴがあるかもしれません。

Q「貯水池に たつ 水の音 僕は 郷愁に溺れる」というフレーズに心当たりがある方、教えてください。

20年ほど前ですが、アニパロの漫画同人誌で、主人公の独白として書かれていたことばです。
最近、急に記憶から蘇えって、気になってしかたなくなりました。
その書き手の人は、岸田國士、泉鏡花、野田秀樹、赤江瀑、中井英夫などの文学作品から多く引用していたようなので、
上記のフレーズも、何かから引用されていたのかもしれません。
他の質問サイトでも尋ねてみましたが解決せず締め切りましたので、
こちらで質問させてください。
記憶が曖昧かもしれませんし、多少もじっておられたかもしれませんので、
「これが似ている」
という程度でけっこうですので、どんどん教えていただけませんか。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

80年代の終わりから90年代にかけて、日本でもちょっとしたブームになったミニマリズムの作家であるアン・ビーティの短編集の翻訳に『貯水池に風が吹く日』というのがあります。
http://www.amazon.co.jp/%E8%B2%AF%E6%B0%B4%E6%B1%A0%E3%81%AB%E9%A2%A8%E3%81%8C%E5%90%B9%E3%81%8F%E6%97%A5-%E3%82%A2%E3%83%B3-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3/dp/479420518X
タイトルの「貯水池」とは関係がないんですが、水に飛び込もうとしている人が映っている表紙のモノクロ写真が印象的でした。
発行が93年ですから、ほぼ時代的には合っているのですが、それ以上のことはなんともわかりません。
何らかの参考になれば。

Q具体的なタイトルに心当たりはありませんか?

漫画や小説などの物語の中で、ストーリーのメインの部分でなくても構わないのですが、主人公に何か重大で致命的な欠陥があって、その欠陥を直す為にその主人公の友達や恋人が自分の身を犠牲にする話、その具体的なタイトルなど、心当たりがありましたら教えて下さい。

例えば、主人公が生きる為に何か特別な物を食べなくてはならなくて、その特別な物を食べさせるために、恋人が自分の体を犠牲にするような感じの。
主人公や恋人など、その役柄は変わっても構わないので、このようなストーリーが出てくる物語に心当たりのある人、ぜひそのタイトルを教えて欲しいです。

曖昧な質問で申し訳ありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
● 『愛の伝説』  (バレエ)
http://www.geocities.jp/yura_ballet/video3.html
原作もあります。 
ある女王が、瀕死の妹を救うために 自らの美貌を犠牲にする,というお話です。

● 『ポーの一族』 (漫画)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%97%8F
あまりにも有名な作品ですね。
主人公が、無理にバンパネラ(吸血鬼)の仲間に引き入れた身体の弱い妹の為に
自らの血を与え さらに新たな犠牲者を求める,というお話。
 

Q地獄にいる仏?

お願いします
たしか、慈悲深いためにすべての地獄の亡者が救済される
までと、ずっと地獄にいる仏様がいるという話を
聞いたことがあるのですが、名前を忘れてしまいました
教えて下さい。よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。私も地蔵菩薩だと思います。

「今昔物語」に小野たかむら(すいません。変換できませんでした。。)が地獄に行った時、地獄の亡者を救済していたお地蔵様に会った話が出てきます。

(「地獄に仏」の仏も地蔵らしいですしね。。)

仏教的に見ても、釈迦が死んだ後次の如来が現れるまでの(56億7千万年後に弥勒が如来になる予定。)如来不在の時代、衆生救済を担当するのが地蔵菩薩です。
そんな背景があるので、地蔵は慈悲の仏として人気が出ました。(特に平安中期以降、末法思想の流行とともに地蔵信仰は広まってますね。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報