義経は平家追討の功労者だったのに、平家滅亡後まもなく仲たがいをしてしまいました。
実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなるとおもうのですが、両者の関係が決定的に悪くなった原因はなんでしょうか?
人間性によるところが大きいのでしょうか、それとも政治的なものでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

功労者だからこそ排除されたのです。


「狡兎死して走狗烹らる」ということわざがあるように
敵である平家が滅びた後は、
軍事的功績を挙げた者は逆に邪魔者になります。
そもそも当時は長子相続の制度が確立してなかったので
頼朝は源氏の大将という地位を
義経やその子孫の奪われる危険性が常にありました。

武家には昔から家督争いや権力争いがつきもので
男兄弟はライバルでしかありませんし、
しかも義経と頼朝の場合は異母兄弟で他人同然です。

義経が好きだろうか嫌いだろうが、
対抗馬は排除しなければなりません。
そもそも平家が滅んだのは、子供だった頼朝に
清盛が情けをかけたせいです。
武士の子は恐ろしい、といわれます。
後難をさけるためには、早めに災いの種は
取り除かなければならないわけで、
頼朝の行動は必然的行為です。

後につくられた物語でしか、義経の実際の言動は
わかりませんが、
検非違使の任についたりしたのは、
臣下の分をわきまえぬ行為で、兄弟として
自分は別格という思い上がりがあったなら
全く愚かなことです。
逆に兄弟だからこそ、きっちりと上下関係を
はっきり示して、恭順の意を示さねばならなかったわけで
そういうことを怠った以上、
命を狙われて当然です。
話せばわかるなんて次元の問題ではありません。

もちろん、後白河法皇などが義経と頼朝を対立させて
武家を凋落させようともくろんでいたようですが、
結局のところ、義経には頼朝と戦うような決意も
なかったわけですから、
このような結果になったのは
すべて義経の政治感覚のなさ、愚かさの結果です。

臣下の礼は、兄弟の情を超越するものであって、
絶対的なものなのです。
    • good
    • 1

人間的なところはわかりませんが、一般的には政治的理由が大きかったんじゃないでしょうか。



1.頼朝の構想は、東国(鎌倉)を拠点として、「武士による武士のための政治」を実現する、ことにあった。

2.したがって京都の朝廷(後白河法皇)や公家勢力とは一線を画したかった。(朝廷・公家の力と妥協・利用した平家の二の舞はゴメン)

3.にもかかわらず、義経は後白河法皇から官職(=アメ)を与えられるなどして、次第に朝廷に取り込まれていった。

ゆえに、頼朝の構想にとって義経は障害となった。

また、このほかにも

4.頼朝に不満を持つ武士団が、義経や範頼(一応彼らも義朝の子=源氏の嫡流)をかついで謀反を起こす可能性もある。つまり、頼朝にとって、同じ父の血をひく義経や範頼は潜在的な敵であった。(当時の武士社会では血縁が重視され、地縁が重視されるようになるのは室町時代初期=南北朝期からといわれます)

5.さらに、義経には幼少のころ身をよせた奥州藤原氏という「大国」をバックに持っている。鎌倉に作る武士政権を全国政権にするには、いずれ奥州藤原氏との対決は避けられない。頼朝+北条氏(関東武士団)に対抗する形で、義経+奥州藤原氏コンビが誕生すると厄介だ。

以上が通説として、原因といわれています。
    • good
    • 0

頼朝は、


同じ棟梁となれる血筋で、
しかも自分より人気があり、
戦で手柄を立てている義経を嫌った
と言うのが一般的な説のようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足利尊氏と源頼朝の人気がないのは何故ですか?

 私は、歴史上の人物の中でも、特に足利尊氏と源頼朝が好きなのですが、それぞれ室町幕府、鎌倉幕府を開いた人物であるにもかかわらず、世間一般からの人気が全くないような気がするのはなぜでしょうか?
初の武家による政権を開いたという点で、徳川家康より源頼朝の方が実績が上だと思いますし、武士としての能力や政治力において、足利尊氏は織田信長を上回ると思います。
 両者とも後世の歴史家から非難されている部分もありますが、それは信長・秀吉・家康にもあてはまることですし、幕末の志士も多々やっています。でも、戦乱を終わらせて政権を開いたということはそれにも遥かに勝る功績ですし、もっと人気が出てもいいように思います。
 あと、私以外にも尊氏か頼朝が好きな人は結構いるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2の回答者です。

>戦前に足利尊氏が好きといったら、大逆罪とは言えなくとも非国民扱いされたのでしょうか?

「土を喰う日々」(水上 勉 著)[新潮社版]
と言う本に、著者の水上 勉さん本人が書かれてます。
水上さんは、戦時中、足利尊氏の菩提寺で、住職さんの世話役のような仕事をされていたそうなのです。

以下は、本からの抜粋です。

>等持院は、当時大変な貧乏寺だった。
>足利尊氏の菩提寺だし、室町時代の宝物も有ったが、戦争中のこととて、国賊の菩提寺などへ観光に来る人は一人もいなかった
(中略)
>国家も、尊氏の事を逆臣と言っていた。

蛇足ながら、戦前の教育を受けている私の母親も、NHKの大河ドラマ「太平記」を見る時は、
「足利尊氏は、悪い奴だと教えられたけど、どうして悪い奴が主役なんだろ???」
と、言ってましたっけ・・・。
(^^;
いや、「教育」ってモノは、ある面、恐ろしいですネ。

Q頼朝はなぜ義経を攻撃したのか?

源平合戦に勝利してからは頼朝はなぜ義経を攻撃したのですか?
まず2人は実の兄弟であるが父親は義朝で共通であるが母親が違う異母兄弟ですよね、母親は誰なのですか?
NHKのその時歴史が動いたを見ましたが、天皇(朝廷)から源平合戦の活躍で褒美をもらったことを恨んで攻撃したとやっていましたが
なんで褒美をもらったぐらいで攻撃したのですか?能力を妬(ねた)んだのですか?

Aベストアンサー

頼朝の母親は、熱田大宮司の藤原季範の娘で、
由良御前と呼ばれる女性です。
ちなみに
当時の習慣から女性の名前などは詳しいことは
記録にありません。これは普通のことです。
彼女は一応、義朝の正室ということになっていますが、
三浦義明の娘が母親である、長男の悪源太こと義平が
もし生存していたら、その地位はなかったものと思われます。
三浦氏は有力な豪族ですから。

範頼の母親は、池田宿の遊女と伝えられますが詳細不明です。
下賎の生まれというのが定説ですが、範頼自身が政治的に黙殺されたも
同然なので、事実は違う可能性もなきにしもあらず。

義経の母親は、有名ですね。もちろん常盤御前です。
都の美女千人のなかでとびきりの美人に選ばれた女性で、
梅津源左衛門の娘という説もありますが、詳細不明。
中宮九条院(藤原呈子)の雑仕女だったので、
すくなくとも中産階級の出身と思われます。
その後は平清盛の妾となったおかげで、三人子供たちの
助命が叶ったわけで
義経はこの母には恩と憤りの両方を感じていたことでしょう。

出自でわかるように、頼朝と義経は、格が大分違います。
義経はとても源氏の棟梁になれるような身分ではありません。
だから頼朝のほうが義経を嫉妬するようなことは
ありえないと思われます。

現実的な争点は、実は義経自身ではなくその背後にあります。
つまりは朝廷と幕府との権力争いであり、
奥州藤原と鎌倉との勢力争いなのです。
承久の乱で、もっとはっきりしますが、武家幕府の権限が
初期には不明確で、その争いが表面化していたのは明らかです。
頼朝側とすれば、武家のなかから朝廷に味方するものがでると困るわけで
そういう意味で義経は粛清されるべきでした。
つまりは見せしめです。
また義経が頼った奥州藤原は、鎌倉の権限が及ばない土地だったので
日本統一のためには、是非、攻撃する口実が必要だったのです。
だから義経を追いかけたのは、たんなる攻める口実に過ぎません。
事実、頼朝の狙いは、義経の首ではなく、平泉と金だったわけで
そういう意味からも、義経自身は眼中になかったのです。

政治の道具ということです。義経はその程度のコマに過ぎません。

頼朝の母親は、熱田大宮司の藤原季範の娘で、
由良御前と呼ばれる女性です。
ちなみに
当時の習慣から女性の名前などは詳しいことは
記録にありません。これは普通のことです。
彼女は一応、義朝の正室ということになっていますが、
三浦義明の娘が母親である、長男の悪源太こと義平が
もし生存していたら、その地位はなかったものと思われます。
三浦氏は有力な豪族ですから。

範頼の母親は、池田宿の遊女と伝えられますが詳細不明です。
下賎の生まれというのが定説ですが、範頼自身が政治的に黙殺...続きを読む

Q清盛はなぜ頼朝、義経を殺さなかったのか?

こんにちは。

結局この二人に一族を絶滅させられた清盛です。
義経に引導を渡されその後は頼朝の追討により根絶やしです。

その前の戦(保元の乱?)の戦後処理でなぜこの二人を殺さなかったのか?
なぜ生かしておいたのか? 
その時期に清盛にはそう言う力が無かったのか?
でもその後でいくらでも出来たはず赤子の手を捻るがごとく。
頼朝のやり方と比較するとあまりにも寛容すぎてバカみたいです。

最高権力を握るほどの人なんだから女(常盤御前)の理由とも想えません。
それとも当時はそのぐらいが普通で頼朝がやり過ぎなのか?

では宜しくお願い致します

Aベストアンサー

 他の方の回答にもありますが,平安時代の日本では長らく死刑が行われておらず,保元の乱で平忠正(清盛の叔父)や源為義(頼朝や義経の祖父)が処刑されたこと自体が,当時の法慣習としてはかなり異例の措置であり,貴族層からも相当の反発があったようです。もっとも,死刑が行われなかったというのは朝廷がやらなかったというだけで,武士団などによる処刑は平然と行われていましたが。
 清盛が,仮に頼朝や義経を始末するとすれば,両人の父・義朝は保元の乱当時清盛の味方だったので,それに続く平治の乱のときということになるでしょうが,幼年期に父親が処刑され,後に子供が成人して力を付けて親の仇を討つというのは,日本の歴史上は源頼朝や義経がまさにリーディングケースであり,清盛としてはそのような事態は想像もできなかったでしょうし,また謀反人の息子とはいえ幼い子供まで殺すというのは,武士の死刑自体にも世論の反発が強かった当時ではさすがに難しかったでしょう。
 もっとも,源平合戦の時代以降,日本では全国各地で武士同士の抗争が続き,成長した子供が親の仇を討つなどというのは珍しいことでもなくなりましたが,それでも子供まで平気で殺すという措置を取るには,あまりにも残虐だという非難を覚悟しなければなりませんでした。
 織田信長のように,残虐だと言われても一切気にしないような人物は,歴史上の人物の中でもかなり稀ですが,その残虐さで知られる織田信長でさえ,敵や謀反人の子供でもさしたる脅威にならないと判断した場合は殺していません。信長の弟・信勝は,二度も謀反を繰り返し最後には謀殺されましたが,その子・信澄は信長に育てられて成人し,明智光秀の娘を娶っています。
 戦国時代の価値観に慣れてしまうと,平清盛の措置は寛容すぎるとも感じられるかもしれませんが,平清盛については,逆に死刑を復活させてライバルの源氏を叩きすぎたため,後に源氏側の怒りを買って平氏の完全滅亡を招いたという見方も存在します。本来は,敵の一族は子供まで皆殺しというやり方自体が異常なのですよ。

 他の方の回答にもありますが,平安時代の日本では長らく死刑が行われておらず,保元の乱で平忠正(清盛の叔父)や源為義(頼朝や義経の祖父)が処刑されたこと自体が,当時の法慣習としてはかなり異例の措置であり,貴族層からも相当の反発があったようです。もっとも,死刑が行われなかったというのは朝廷がやらなかったというだけで,武士団などによる処刑は平然と行われていましたが。
 清盛が,仮に頼朝や義経を始末するとすれば,両人の父・義朝は保元の乱当時清盛の味方だったので,それに続く平治の乱の...続きを読む

Q源義経の兄弟を教えてください!

義経は九男だと聞きました。
上の八人を教えてください!
ネットで調べたら頼朝が三男、範頼が六男と見ました。
兄弟の名前を漢字&ひらがなで書いてくださるとうれしいです。
流刑とか死刑とか生まれてどうなったのかも教えてくださるとうれしいです。
ご回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

長兄:義平(よしひら)
 母は三浦義明の娘とされるが、遊女であった可能性が高い。
 叔父義賢(木曽義仲の父)を討ったことで、「悪源太」と呼ばれるようになる。
 平治の乱で斬首。
 逗子の光照寺は義平の菩提寺といわれている。


次兄:朝長(ともなが)
 母は波多野義通の妹とされるが、遊女であった可能性が高い(参考:波多野城址)。
 相模国松田郷を領し、「松田冠者」と呼ばれる。
 平治の乱後、父とともに逃亡、途中「落武者狩り」に遭い負傷し、父義朝に死を願い最期を遂げる。

三男:頼朝
 有名人なので省略(笑)

四男:義門(よしかど)
 母は頼朝と同じ由良御前と考えられている。詳細不明。ただ宮内丞の官職に任じられていることから、平治の乱で一時的に義朝軍が内裏を占拠した際には存命しており、その際に任官したのではないか、そして直後の源氏軍敗北の中において戦死したのではないか、などと推測されている。

五男:希義(まれよし)
 母は由良御前。
 平治の乱後、土佐に流罪となり、「土佐冠者」と号する。
 平家打倒の気運の中で挙兵するが、平家家人に事前に察知され討ち取られる(参考:希義公の土と石~源頼朝墓~)。

六男:範頼(のりより)
 母は遠江国の遊女。
 宇治・瀬田の戦いにおいて木曽義仲を討ち、一の谷合戦、九州進軍を経て、壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼす。
 奥州征伐にも参加。
 1193年(建久4年)、頼朝への謀反の疑いをかけられ伊豆修禅寺(修善寺)に幽閉され、のちに自害。
 一説には、埼玉県の吉見に逃れ吉見氏として続いたとも、北本市石戸に逃れたともいわれる(石戸には、持っていた杖が根付いたといわれる「蒲ザクラ」がある。)。

七男:全成(ぜんじょう)
 母は常盤御前。
 平治の乱後、出家し醍醐寺に入る。阿野氏の祖。阿野全成。
 頼朝が挙兵するとその揮下に入り、のちに三代将軍となる実朝の乳母である北条保子と結婚(北条政子の妹)。
 1203年(建仁3年)、二代将軍頼家への謀反の疑いをかけられ殺害された。
 沼津市の大泉寺に墓所がある。

八男:義円(ぎえん)
 母は常盤御前。
 平治の乱後、出家し園城寺に入る。
 頼朝が挙兵するとその揮下に入るが、源行家(叔父)の援軍として参加した墨俣の戦いで討死。

九男:義経

他に坊門姫(ぼうもんひめ)という、義経視点では姉確定の人物がいる(頼朝視点だと姉説妹説があるためはっきりしていない)

長兄:義平(よしひら)
 母は三浦義明の娘とされるが、遊女であった可能性が高い。
 叔父義賢(木曽義仲の父)を討ったことで、「悪源太」と呼ばれるようになる。
 平治の乱で斬首。
 逗子の光照寺は義平の菩提寺といわれている。


次兄:朝長(ともなが)
 母は波多野義通の妹とされるが、遊女であった可能性が高い(参考:波多野城址)。
 相模国松田郷を領し、「松田冠者」と呼ばれる。
 平治の乱後、父とともに逃亡、途中「落武者狩り」に遭い負傷し、父義朝に死を願い最期を遂げる。

三男:頼朝
 ...続きを読む

Q大河ドラマ義経のうつぼは実在した人?

義経に出てくる、「うつぼ」は実在した人物なのでしょうか?それとも、ドラマの中だけに出てくる登場人物なのでしょうか?
当時、あのように身分?が違うもの同士が恋仲になるなんてことありえたのかな~と思って・・・。

Aベストアンサー

こんにちは。

うつぼは村上元三氏原作の『源義経』に登場する架空の人物です。30年前の大河ドラマ『源義経』は村上氏の小説が原作となっていて、それにもうつぼが登場していた様です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4313751777/249-0778232-2071501

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4313751777/249-0778232-2071501

Q源義経はなぜ官位を受けてしまったのでしょう

頼朝の許可なく官位を受けてしまったのはなぜでしょうか?ただ単純にうれしくて受けただけでしょうか。また授けた後白河法皇はやはり頼朝と義経の対立をもくろんで授けたのでしょうか。

Aベストアンサー

官位を受けた理由は、義経の理想とする体制にあります。
義経の考える体制は、朝廷の下に貴族がおり、
その下に頼朝以下、義経などの武士が横並びになることです。
なので、その理想体制に一歩近づくことになり、源氏の名誉にもなるため、
義経は喜んで官位をもらったということです。

ちなみに頼朝の理想の体制は、頂点に頼朝がおり、
その下にほかの人がいるというピラミッド型。
この体制を目指して進めているのに義経が勝手に官位を受けていては、
他人を管理することは到底できません。

義経と頼朝の考えの違いは、育ちから来ています。
義経は京都で生まれて育ち、平氏の栄華を見てきました。
そのため、源氏も平氏のようになるべきだと思っていました。
一方、頼朝は子ども時代~40歳まで伊豆におり、関東武士に詳しく、
関東武士は土地を大事にしていることを考慮した統制を考えていました。

と、以上はNHK 『その時歴史が動いた』 で源義経を取り上げたさいに
作家の杉本苑子さんが言っていたことです。
数あるうちの一説としてご理解ください。

また、アニメ 『まんが日本史』 では、
頼朝を支えるのは関東武士で、勝手に官位をもらったら統制できない。
だから、統制のために禁止していたのに義経はそういう事情が
よくわかっていなかったと、軽く解説してました。

官位を受けた理由は、義経の理想とする体制にあります。
義経の考える体制は、朝廷の下に貴族がおり、
その下に頼朝以下、義経などの武士が横並びになることです。
なので、その理想体制に一歩近づくことになり、源氏の名誉にもなるため、
義経は喜んで官位をもらったということです。

ちなみに頼朝の理想の体制は、頂点に頼朝がおり、
その下にほかの人がいるというピラミッド型。
この体制を目指して進めているのに義経が勝手に官位を受けていては、
他人を管理することは到底できません。

義経と...続きを読む

Q義経VS頼朝で、なぜ義経に加勢する武将が少なかったのでしょうか

義経は1185年3月に壇ノ浦の戦いで勝利し、平家滅亡の立役者
となったが、兄弟共通の敵がいなくなったために兄弟の対立が

表面化、義経は頼朝に恭順するかそれとも敵対するかの選択を
迫られました。

義経は頼朝とならぶ清和源氏の主流であり、後白河法皇の支持
を受けていたし、実際に法皇から頼朝追悼の院旨も受けていた。

一方、頼朝は平家を滅亡させて源氏の世の中になったとは言え、
まだまだ日本の中心は京であり、東国の田舎でようやく地盤を
固めたに過ぎず、東北には藤原氏が依然として勢力を保持して
いた。徳川家康のような、その力を誰もが認めるような存在で
はまだなかったと思います。また家康のような力を持ってい
ても、関ヶ原では西軍側にも拮抗した軍勢が集まっています。

このような状況で、義経が反旗をひるがえした後、義経に味方
する軍勢はほとんど集まらず、最後は後白河からも見放され、
あっという間に転落してしまいました。

私としては、なぜ義経がかくも短期間でヒーローからあまりにも
みじめな最後をとげることにnってしまったのかがどうしても分か
りませんし、そこの ところをうまく説明した、解説本も知りません。

1. 義経に人徳がなかったのでしょうか(人徳でいえばむしろ頼朝の
方が冷徹であったといわれています)
2. 周囲の大半の勢力は冷静に頼朝と義経の力量を計算して頼朝を
選んだのでしょうか(しかし戦でいえば義経の評判が高かった
わけだし、強い方に加勢する心理が働いてもおかしくなかったのでは)
3. 源平の合戦が続いて、世間に厭戦気分が強く、また日本を二分する
ような戦を誰も望まなかったので、既に地盤を固めている頼朝を支持
したのでしょうか

それとも、他に何か理由があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします

義経は1185年3月に壇ノ浦の戦いで勝利し、平家滅亡の立役者
となったが、兄弟共通の敵がいなくなったために兄弟の対立が

表面化、義経は頼朝に恭順するかそれとも敵対するかの選択を
迫られました。

義経は頼朝とならぶ清和源氏の主流であり、後白河法皇の支持
を受けていたし、実際に法皇から頼朝追悼の院旨も受けていた。

一方、頼朝は平家を滅亡させて源氏の世の中になったとは言え、
まだまだ日本の中心は京であり、東国の田舎でようやく地盤を
固めたに過ぎず、東北には藤原氏が依然として...続きを読む

Aベストアンサー

当時の武士というのは、読んで字の如くの戦闘員・戦いのプロというより、普段は自分の土地を家来や領民に耕させ、米など農作物で生活する人々。当然武士の関心事は田畑にあるわけです。

当たり前ですが武士も人間なので子が生まれやがて死にます。

となると気になるのは土地を誰が相続するのか?長男?それとも親に可愛がられた次男?子供たちは若すぎるから叔父さん?とその土地を誰が継ぐの?系の問題が鎌倉幕府開設前からありました。鎌倉開府前には藤原氏や院、時にはお寺。誰々の土地だからその土地の持ち主が決める。けど時代の流れでもって藤原氏が強かったり院が強かったりで誰に相続されるかが安定せず、またその主に気に入られた三男が継ぐことになったり、と安定しないわけです。

こんな不安定な制度は誰でも嫌なもの。公平な相続お裁きをしてくれる機関が欲しく、そのボスには高貴な血筋の人間を据えて説得力を増したい。そんなわけで清和源氏ブランドのボス・源頼朝に白羽の矢が立ち、鎌倉開府となったわけです。



さてこの裁定機関が二つあったらどうでしょう?二つとはもちろんご質問の頼朝と義経です。例えばあの土地について頼朝は長男が継げと言い、義経は次男が継げと言い…武士達にとっては裁定機関は一つでよく、彼ら目線で支離滅裂になっては困るのです。源氏の長者は一人でよく、二人も要らんのです。

また頼朝は源義仲や平氏追討は義経らに丸投げし、自分は関東に残っています。頼朝は別に関東で酒池肉林のドンチャン騒ぎで遊んでいたわけではなく、裁定機関の準備を進めるわけです。源義仲や平氏が滅んだ頃には準備がかなり進んでいたでしょう。周りの武士たちにしてみれば、これで俺達の裁定機関ができるぞって時期に、頼朝の指示を聞かない義経くん。彼は頼朝=裁定機関=武士達の指示を聞かないわけです。

武士たちにとって邪魔ですよね?義経くん。

頼朝と義経各個人の人徳や力量比較は(どちらかというと)武士達にはどうでもよく、例え頼朝の弟と言えど裁定機関の指示に従ってもらわなければ困るんです。折角、平和な世の中に向かっているというのに、いわばKYな義経くん…困りますよね?

戦場での奇想天外な発想…というより、誰が見ても無理そうな課題を発想力で解決する能力は、頼朝よりも…というより日本史上最高の武将でしょう義経は。中でも騎馬による奇襲など戦闘指揮官としては義経の才能は、世界に誇ってもいいくらい。

ですがそんなものは武士たちの土地相続問題には要らない才能。武士達の希望は公平なお裁き、公平な論功行賞。それらに戦闘指揮官の才能は不要です。もっと言えば冷徹にどちらが正しいか判断してくれる人や機関の方が必要なのです。

ご質問には記載はありませんが、範頼も義経に似たような雰囲気を醸しています。紆余曲折の末、源実朝を最後に清和源氏の嫡流は滅んでいます。にもかかわらず、裁定機関の鎌倉幕府はその後も続いています。武士たちにとって源氏が大事だったのではなく、裁定機関が公平に活動してくれればそれで良かったのです。



と長文で申し訳ありませんが、回答としては次のようになります。

4. KYな義経くんは鎌倉幕府=武士達の指示に従わなかったから、もしくは要らない子だったから。

当時の武士というのは、読んで字の如くの戦闘員・戦いのプロというより、普段は自分の土地を家来や領民に耕させ、米など農作物で生活する人々。当然武士の関心事は田畑にあるわけです。

当たり前ですが武士も人間なので子が生まれやがて死にます。

となると気になるのは土地を誰が相続するのか?長男?それとも親に可愛がられた次男?子供たちは若すぎるから叔父さん?とその土地を誰が継ぐの?系の問題が鎌倉幕府開設前からありました。鎌倉開府前には藤原氏や院、時にはお寺。誰々の土地だからその土地の持ち...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報