今使っているギターはジャクソンのロングスケール
のフロイドローズタイプだったんですがテンションが割と緩めで何年か使用してきましたが新しいギターを最近購入しようと思ったのですがホライズンやアイバニーズなどの同じようなタイプのギターを試演すると弦のリードプレイなどをすると弦のテンションが強めでピッキングが引っかかる感じがあり弾きにくく感じました。緩めのテンションのギターに慣れてしまった
ためでしょうかギターの弦のテンションをチューニングは同じくレギュラーで落とす方法はないのでしょうか?

また一般的には速弾きなどのリードプレイなどはテンションが高いほうが弾きやすいんでしょうか?
もしそうなら低いテンションのギターに慣れてしまった場合高いテンションになれるのには個人差はあるとは思いますが時間がかかりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、弦のテンション(張力)についてですが、基本的にチューニングした状態の弦の張力は、弦のゲージの太さと、弦の全長に依存します。

スケール長が同じ設定のギターが複数、同じチューニングにしてあるとした場合、それらのギターの弦の張力は基本的にゲージの太さに依存します。 ゲージが太い弦であれば張力は高く、逆にゲージが細い弦になれば張力は低くなる方向に向かいます。
ですので、基本的には、ギターのスケール長が同じであれば、弦の張力を左右する要素はギターの機構上の違い・問題というよりも、弦そのものの太さに依存するといえます。 単純に考えるなら、スケール長が同じギターで、チューニングを一定として、弦の張力を下げる方向に向かわせるとした時に取りうる選択肢は、弦のゲージをより細いセットに交換するというのが最も現実的でしょう。

ただ、チョーキングなどの時に指先に伝わる弦の張りの硬さなどについては、実際の張力のみで判断を下すことは難しくなるかも知れません。 こちらのチョーキング時などの弦の反発力については、チューンOマチックタイプなどではサドルでの弦の折り曲げ角度、通常のタイプのナットであれば、テンションバーなどの高さ等ナット部での弦の折り曲げ角度によって影響される範囲でもあります。 ナットないしサドル部での弦の折り曲げ角が深ければ、チョーキングなどの際の弦のレスポンスは硬くなり、角度が浅ければレスポンスは軽くなります。
ただし、フロイドローズなどのロック式ユニットの場合、こうしたサドル部やナット部での弦の動きをロックしてしまうため、上記のような要素でチョーキングなどのレスポンスを変更することは難しいでしょう。
フロイドローズの場合、チョーキングのレスポンスの硬さなどは、トレモロユニットを支持しているボディ裏のスプリングの本数や硬さが意外に強く影響すると思います。 弦のタッチが硬いように感じる場合は、トレモロユニットを支持しているスプリングの力を減らすことで、感触をソフトにすることも可能かも知れません。


ピッキング時の感触に違和感を感じたとすれば、主には弦高調整の加減や、トレモロユニットの裏のバネの本数等の影響ないしは、張ってある弦のゲージの違いあたりを検討してみるのが現実的なような気もします。 先にも挙げたように、スケール長・弦の太さ・チューニングの3要素が一定であれば、弦の張力に違いはありません。 実際に計測値としての弦の張力の違いが生じるとしたら、弦のゲージが違うか、そもそもスケール長が違う(スケールが短い方が張力は低くなります)かのいずれかになるでしょう。


速弾きなどの演奏において、弦の張力が高い方が弾きやすいのかという件については、一般的にそういったセオリーはないでしょう。 ロングスケールのストラトキャスターで速弾きをする人もいれば、ミュージックマンやギブソン・レスポールなどのショートやミディアムスケールのギターで速弾きをする人もいます。 どちらが有利ということもないでしょう。

また、弦のテンションが違うギターへの移行については、これはおっしゃるように個人差のある話でもありますし、またその個人差についても大きな開きのある差異になると思います。 スケール長の違いや張りの硬さなどをものともせずに様々なセッティングのギターをバリバリ弾きこなす人もいれば、そうした細かなタッチにこだわりぬく人もいます。
いずれにしても、これは慣れの問題という側面が強く出るでしょうし、一般論的にも、すぐに慣れるとも時間がかかるとも言うことはできないでしょう。 究極的には、使ってみて、使いやすいと感じるかどうかの問題になると思います。

なお、ピッキング時のピックの当たる感触については、弦のテンションの違いを云々するだけではなく、ピッキング動作そのものも併せて再検討して、無理な動きでのピッキングになったりしていないかどうかを見つめなおしてみるのも有効かも知れませんね。

参考になれば。 長々と乱文を失礼しました。
    • good
    • 1

ロックナット式のものであればテンションバーが付いていますのでこれを緩めるなり外すなりするといいと思います。


弦高もテンションにかかわってきます、低いほうがテンションはやわらかいです。しかしテンション=ボディの鳴りにかかわってきます、テンションが強いほうが楽器の鳴りがいいのでその辺はご自身の好みになります。
速弾きなどのリードプレイなどのテンションは個人差ですので弾きやすいものを選ばれたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

あくまで、すべて個人差のレベルと思います。

ようは慣れですね。
その慣れの時間は、まさに「時間」。数時間でなれます。
極端な例をあげますと、ベースを数十分弾きます。直後、ギターに持ちかえると、フニャフニャに感じますよね。でも、また数分で慣れます。その程度のことです。
個人的には、テンションが高いほうが早弾きには向いているかと思います。
でも、ゆるいテンションで弾けなかったものが弾けるようになるなんて事はないです。
    • good
    • 0

ミディアムスケールとかショートスケールなどのスケールの短いギターに変えてみては?


あとは細い弦を使うという方法もあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたが思うテンションが上がる曲を教えてください

最近テンションが上がるって曲を探してます。たくさん回答がほしいのでお願いします。
あなたが思うテンションが上がる曲を教えてください。

Aベストアンサー

再度No.7です。
しつこくすみません。<(_ _)>これで終わりにします。

m.o.v.e(ムーヴ)の「SUPER SONIC DANCE」を
お聴き頂けたようで、何よりです☆

それではしつこいですが、
もう1曲m.o.v.e(ムーヴ)を。。。


m.o.v.e(ムーヴ)の「Gamble Rumble」です!
http://www.youtube.com/watch?v=KhTxlm4REQc

有名な曲なので、ご存じかもしれませんが…
テンション上がるので、
下に貼りましたので、是非聴いてみてください☆



↓この動画も、avexnetworkがYoutubeにアップロードした、『avex Channel』という、
Youtube公式チャンネルのものです。したがって著作権上の問題はありません。

http://www.youtube.com/watch?v=KhTxlm4REQc

Qギター(セミアコ フルアコ)のギターの保管、弦を緩める 緩めない?

ギター(セミアコ フルアコ)2本の保管なのですが
自分は週に1回~2回(週末)ほどしか弾きません。
それも弾いている時間も1時間以内です。

そして一つギターを弾いたら また来週もそのギターを弾く事が多いので
もう片方のギターは2週以上弾いていない時もよくあります。
弾き始めるとしばらくの期間どちらか一方に偏ります。
大体このようなパターンが多いです。

検索しても
弾いた後は、
弦を緩めない方が良い、
緩めた方が良い
とか書かれてます。
検索すると 同じような質問があるのですが
結局 結論がよくわかりませんでした。

自分の場合、
1週間ぶりにギター触ると 何か久しぶり感もあり、
長い間弾いてない感覚もありましたので
今まで 自分は弾いた後は緩めてました。
それと
楽器店で弾いたら緩めてねって言われたので。。。
(これはベースギターを買った時でしたが,,)

とにかく
長期の場合は緩めた方が良いのはわかるのですが
では 長期とはどこからが長期なのでしょうか?
1ヶ月以上からでしょうか?
そして
自分のように1週間~2週間弾かない場合もあるパターンでは
やはり緩めないのでいいのでしょうか?
2週間後また弾くから ずっと緩めなくて 
でもまた弾いても短時間なので そう考えると
何か1年中緩めてないのと同じ様な感じを思ったのですが..
要するにギターを弾く事(弦を少しでも鳴らす事)
があれば緩めなくて良いと言う事なのでしょうか?

あとしばらく弾かない場合ハードケースに入れてあることもあるんですが
ハードケースはやはり立て置き 横置き(倒しておく)どっちがいいとかあるんですか?


一応20万以上のギターでしたが、あまり気にした事がなかったので、
ちょっと保管方法も気になり、
ギターに詳しい方にご意見を聞いてみたくなりました。
どうぞよろしくお願いします。

ギター(セミアコ フルアコ)2本の保管なのですが
自分は週に1回~2回(週末)ほどしか弾きません。
それも弾いている時間も1時間以内です。

そして一つギターを弾いたら また来週もそのギターを弾く事が多いので
もう片方のギターは2週以上弾いていない時もよくあります。
弾き始めるとしばらくの期間どちらか一方に偏ります。
大体このようなパターンが多いです。

検索しても
弾いた後は、
弦を緩めない方が良い、
緩めた方が良い
とか書かれてます。
検索すると 同じような質問がある...続きを読む

Aベストアンサー

趣味でギター製作をする者です。
私はフラットトップ派(鉄、ガットとも)ですが、ライトゲージ以下であれば構造的に緩める必要性を感じていません。ただし使用している木材の質や乾燥度合が良くない場合は別ですが。
張りっぱなしで反るようなネックは、私はそのまま反らせてしまいます。落ち着いたころ合いに調整できれば調整、リセットならリセット。修理不能ならそれは不良品なので手放します。

ただし質問者様の場合はアーチドトップのようですので、ネックだけでなくボディ側も気を使う必要があります。
ボディ中央部がソリッドのものや、ブリッジ下にブロックが入っているものならさほど気にすることはありませんが、ブランコテールピースでブリッジ下に何もないものはいずれ陥没する可能性があります。この構造のギターは、フラットトップのようにブレーシングが頑丈に何本も使われていません。
もしお使いのギターがそのような構造であれば、毎回気持ち程度(ペグ2回転程度)でもゆるめることをお勧めしておきます。

Qテンションの上がるおすすめの1曲!!

洋楽、邦楽問わず聴いていてテンションの上がるおすすめの曲教えてください!!

それと、バラードの中でもおすすめの曲ありましたら、教えてください。

ちなみに私のイチオシはワイルドチェリーのPlay That Funky Music White Boyです。(テンション上がりまくります)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私のテンションの上がる曲はちょっと古いですがポルノグラフィティのミュージック・アワーです☆夏って感じがして気分が上がりますよ!!
それとレミオロメンのスタンド バイ ミーです♪疾走感があって聞いていて気持ちいいですよ(e^∀^e)

Q【ベース】1弦を弾くとき親指は3弦、2弦を弾くとき親指は4弦

ベース初心者の高校生です。(指弾きです。)

よく教則本に、
「4・3弦を弾くときは親指をピックアップ上に、
2弦を弾くとき親指は4弦上あたりに、
1弦を弾くとき親指は3弦上あたりに移動する」
とあるんですが、
なかなかうまく親指をスムーズに移動できません。

何かコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移動できません。
今の練習の目的は
・親指と弾指の「位置と距離」の関係を、どの弦を弾く場合でも一定に保てるよう、その感覚を『右手に覚え込ませる』
→そのことで、どの弦でも弾指を一定の力でしっかり弾ける感覚を養う
・親指は右手指全体の「位置決め」として添えるだけで、弦は弾指の力だけで鳴らす感覚を掴む
→親指にはほとんど力は込めずにピックアップまたは弦に添えるだけ
という練習だと考えればよいです。

もちろん、初心者にはこれはこれで難しいので、できるよう引き続きの練習が必要でしょうが、最終的には「どんな状態でも一定の力で弦を弾ける」ようになるための基礎練習…と考えるのが大事かと。
親指は位置決めのために(教則本指定位置に)力を入れずに添えるだけで、弾く力は弾指だけに入れる…という感覚がわかったら、親指の移動は苦もなく自然にできるようになります。

それができるようになったら、その次の段階として、親指をいちいちあまり大きく動かさずとも、どの弦でも弾指さえ届けば自由に弾ける様になり、No.1の方の「実践での指使い」に近づけられる…という段取りです。

がんばって下さい。

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移...続きを読む

Q自分のテンションが上がる曲を教えてくださいm(__)m

自分のテンションが上がる曲を教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

m.o.v.e(ムーヴ)の「SUPER SONIC DANCE」

http://www.youtube.com/watch?v=1o_TOsnxdgo

Qエレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

エレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

Aベストアンサー

一音を出す時はそうですが、コードを引く時は違います。
em7なんて押さえる弦は一つですが6弦全部弾く事になります。

Qテンションの上がる曲

朝通学時に音楽を聴くのですが、とにかくテンションの上がる曲を教えてください。

Aベストアンサー

Avril Lavigne / Girlfriend
私は毎日のように聴いています。
とにかくテンションあがります。^^

Qギターの安い弦は、やはり価格相応で音程、弾きやすさで高い弦に劣りますか?

ギターの安い弦は、やはり価格相応で音程、弾きやすさで高い弦に劣りますか?

Aベストアンサー

ガット弦でなくスチール弦での比較、ということでよろしいですね?

 弦のグレード違いは、まずトーンの違いとトーンの持続性(=いわゆる弦の持ち)、チューニングの安定性、それに(これが一番重要かもしれませんが)製品間のバラつきの小ささなどに表れます。
 ただトーンに関しては、アコギ弦は古くなった時の劣化がものすごくロコツで、高価で劣化があまりない弦の方がよい傾向がありますが、エレキの場合は、やや古い方がトーンの落着きやチューニングの安定性などの面でよいとする意見もあり、一概に『新品状態が長く持続する高価な弦がよい』とは言えない面もあります。

 さて弾き易さですが。
 勿論弦によって差がありますが、その差は小さく、また単純な価格よりも各ブランドで差が見られる傾向もあり、高価=弾き易い、とは必ずしも言えないでしょう。

 ちなみに。
 30年ぐらい前の安い弦はヤミクモに切れ易く、ライブで使うにはかなり不安がありましたが、最近はかなり改善された様で、今ではあまり心配していません。

Qテンションの上がる曲やノリのいい曲を教えてください。

テンションの上がる曲やノリのいい曲を教えてください。
邦楽洋楽どちらでも構いません。
複数教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

邦楽

オレンジレンジ系全般

邦楽ネタ

真赤な誓い
Climax jump
やらないか いさじver

洋楽

Uptown girl (ビリー・ジョエル)

Qギター チューニング 弦を緩める

今月ギターを始めました。
はじめたといっても父のものを勝手に拝借してるだけで自分で道具を揃えたりはしてないのですが・・・。

(1)チューニングについて
チューナーがないので、音叉で音あわせしているのですが、いまいち分かりません。
音叉を耳に当てて、ギターを弾くと、すごいそれぞれの音の波を感じることがあります。(音叉の音と、ギターの音が入れ替わって聞こえてくるような感じです。)
それって音が合ってないってことですよね?
音が合うというのは、音叉とギターの音が、どうなればいいのですか?
音の波がなくなればいいのでしょうか?

一応ピアノのほうも経験しているので、音感はわりとあるほうだと思っているのですが、さすがにそこまでは分からないので質問させていただきました。

(2)弦を緩める
いろいろなサイトを見ていると、「ギター使用後は必ず弦を緩める」「長期間使用しないときだけ緩める」「3弦以外を緩める」など、さまざまに書かれているのですが、どれがよいのでしょうか?
私は、ほぼ毎日1時間ほどしか使わないのですか、その場合、どうしたらいのですか?
今までは、チューニングが面倒なので、緩めてませんでしたが、2週間ほど使わないときは緩めてました。

回答お願いします。

今月ギターを始めました。
はじめたといっても父のものを勝手に拝借してるだけで自分で道具を揃えたりはしてないのですが・・・。

(1)チューニングについて
チューナーがないので、音叉で音あわせしているのですが、いまいち分かりません。
音叉を耳に当てて、ギターを弾くと、すごいそれぞれの音の波を感じることがあります。(音叉の音と、ギターの音が入れ替わって聞こえてくるような感じです。)
それって音が合ってないってことですよね?
音が合うというのは、音叉とギターの音が、どうなればい...続きを読む

Aベストアンサー

音叉で音を合わせる時には、二つの音の間にうねりが感じられなくなるように合わせるのが良いでしょう。二つの音の発生源について、それらの音程が微小に違う時には、お互いの音の波が干渉してうねりが生じます。しかし、二つの音の波長が一致する(音程が一致する)と、そのうねりはなくなります。そのあたりを基準に取ると良いでしょう。
なお、ギターの5弦の5f上のハーモニクスポイントでハーモニクスを出すと、音叉と同じ高さの音が出ます。比較する時には、そのハーモニクス音がわかりやすいかも知れません。(ハーモニクスは、ハーモニクスポイントと呼ばれる位置で弦に軽く指を当てておき、ピッキングすると同時にその指を外すことで得られる音です。ハーモニクスポイントには、開放弦の1オクターブ上の音が出る12f、開放弦の19f上の音が出る7f、開放弦の2オクターブ上の音が出る5fなどが実用的なポイントとして存在します)

弦を緩めるかどうかについては、ケースバイケースです。金属弦のアコースティックギターの場合では、特に細い弦を張ってある場合を除き、長期保管の時はペグを2・3回転分くらいずつ緩めておくのが無難かも知れません。エレキギターで特に太い弦を張ってある場合にも、使用後に弦をペグ2・3回転分くらいずつ緩めておくと良いでしょう。特に細い弦を張ったアコースティックギターや、通常のエレキギターの場合は、使用後に弦を緩める必要性は薄いでしょう。また、毎日弾くような場合は、緩めなくても良いケースがほとんどです。
このあたりは、それぞれのギターの性状に合わせて対処を決めるべき問題になります。弦の力によってネック反りの状況が変わりやすいナイーブなギターの場合で、弦をチューニングしたままで放置しておくことで順反りに傾く傾向が見られる場合には、保管の際に弦を緩めることでネック反りを予防するのが妥当です。そのような変化が認められない性格の素直なネックの場合は、弦をチューニングしたままでも良いでしょう。これについては、長期保管をする場合でも、定期的にギターの状態をチェックして、その都度ギターの状態に合わせて対処を決めるのが妥当といえます。
なお、弦を緩める場合でも、緩めすぎは却ってギターに良くないことがあります。特に、弦を外して保管したりすると、ネックの状態が不安定になり、故障することがあります。弦については、保管の際にも外したりせず、均等に軽く緩めておくようにするのが良いでしょう。

簡単にまとめると、毎日弾くような時は、ギターのネックが順反りに傾かない限り、特に緩める必要はないでしょう。長時間弾かない場合、アコースティックギターについては予防的に弦を緩めておくのが堅実かも知れません。エレキギターは長期保管する時でも、特に弦を緩める必要はないと思います。

蛇足ながら、チューニングに関しては、面倒くさがらずに練習の始めにその都度チェックするのが妥当です。チューニングが整っていることは、楽器として欠くことのできない基礎になりますし、ギターについては演奏者自身の手で調律を整えておく必要があります。また、チューニングは案外簡単なことで狂いが生じるものです。一度合わせたからずっと安心と思わず、気が付いた時に音程がずれていないかをチェックし、ずれていたら補正するように努めるのが良いでしょう。

参考まで。

音叉で音を合わせる時には、二つの音の間にうねりが感じられなくなるように合わせるのが良いでしょう。二つの音の発生源について、それらの音程が微小に違う時には、お互いの音の波が干渉してうねりが生じます。しかし、二つの音の波長が一致する(音程が一致する)と、そのうねりはなくなります。そのあたりを基準に取ると良いでしょう。
なお、ギターの5弦の5f上のハーモニクスポイントでハーモニクスを出すと、音叉と同じ高さの音が出ます。比較する時には、そのハーモニクス音がわかりやすいかも知れません。(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング