「商品先物取引業統一経理基準」を探しています。
閲覧できるサイト又は掲載されている書籍をご存知の方がおられましたら、お教えいただけませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

A 回答 (1件)

日本商品先物取引協会(日商協)が作成し冊子にしていますが、ISBNコードがないため書店ルートでの入手は困難と思います。


日商協に電話して、頒布してくれるかどうか訊いてみてはいかがでしょうか。
あるいは、業務上必要であれば(おそらくは商品先物会社が取引先であるはずでしょうし、会員である商品先物会社であれば、この経理基準の冊子は持っているはずですので)会員企業に頼んでコピーをとらせてもらったり、会員企業経由で余分に冊子を入手して貰えばどうでしょうか。

参考URL:http://www.nisshokyo.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弊社は商品先物会社ではないのですが、営業政策上、商品先物会社の株式の購入を検討しております。多額の投資となりますので、決算書の内容を理解するために経理基準が手に入ればと思ったのですが。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/26 21:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の経理をおこなうメリットとデメリットを教えていただけますか。

会社の経理をおこなうメリットとデメリットを教えていただけますか。

Aベストアンサー

メリット :会社の資金の動きが可視化される。
デメリット:別にありませんが・・。
      強いて挙げれば経理の労務費やコストが発生するので、過度に経理に注力しない方が良いですね。

Q新米経理部員が読んどくと良い書籍を紹介して下さい。

私は経理部員として働き始めて丸一年の、上場企業の経理部の下っ端で働いている者です。

とりあえず通常の仕訳はだいたい切れるようになったなあと思っているのですが、
税務とか、決算仕訳とかはよくわかりません。
月次仕訳では 借入金&貸付金関連・前払費用取崩・長期前払費用取崩・固定資産償却・定期預金利息関連 等の仕訳を入力しています。
私のような新米経理部員がスキルをつける(というか、基礎知識をつける)ために
読むと良い書籍を紹介していただけないでしょうか。

なお、簿記は2級まで取得しています。
また、私は元SEですのでシステム的な知識は既に持っています。

Aベストアンサー

会社の仕訳帳(決算仕訳だけでも)をプリントアウトし読む。
簿記+1年の経験があるなら一番効果的だと思います。

Q経理の初心者です。参考になる書籍やHPを探しています

経理の初心者なのですが、勘定科目を調べるのに便利なHPや書籍などがあれば教えてください。法人の経理を始めましたが、科目の選択に迷ってしまい思うように作業が進まず困っています。
現在参考にしている書籍は『勘定科目の実務処理辞典』というもので、この本を片手に作業しています。何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://k.has.jp/
https://www.lan2.jp/jisyo/Search.asp?menutype=3&category=5
http://www.komori-tax.com/12contents/index.html

等々探せば色々あります。

ただし、すべてが質問者様のお勤めになっている会社の経理に合うか
どうかはわかりません。
経理処理の科目は、法人それぞれで違います。
先ずは自社の過去の取引を参考に仕訳をすべきと考えます。
教科書通りの勘定科目を使用し仕訳を起こしても、自社の科目に合わなければ、
財務諸表を前年と対比した際に、数字がガタガタになってしまいます。

Q建設業の経理

今回小規模建設業の決算を初めてすることになりました。 よろしくお願いします。

 この3月で決算なんですが、売上・原価の計上方法が分かりません。
 まず、完成工事売上高を計上するのは、工事が完成し、引渡しが完了してからでよろしいのでしょうか?
 (竣工検査合格と同時に請求書を売上先にお渡ししています。)

 また、工事原価ですが、現場担当者に聞いた所、工事が完成し引き渡し後でもすぐに外注先からの原価が確定できないと言われました。
 その事を税理士の先生に伝えた所、終わっている工事なのになぜ、金額が分からないのかとか、外注先の売上にもかかわることだから請求金額が算出されないのはおかしいと言われました。

 外注は主に工事機械のリース等が多いようです。

私としても今までサービス業の決算を何度か経験しているのですが、建設の決算は初めてで期中は何とか仕事をこなしていたのですが、決算ともなるともうお手上げ状態です。

 決算までに原価が確定出来ない完成工事はどう処理したらよろしいでしょうか。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前中堅ゼネコンの現場経理事務を行っていましたが、ご存じのとおり、竣工間際の現場になると代理人は提出書類や検査などで非常に多忙になります。
そのような状態で、業者への支払をすべて完全に把握出来ている人は全員いるとは思えません。
決算をまたいで、ちょっと仕立直しが発生するかもしれません。
そのようなときに、前期損益修正損(益)を使わずに、未払(未収入)金で処理していました。

公共工事の場合、3月工期が多いですから、どうしてもばたばたするのはしょうがないのでしょうね。

Q建築業経理処理の方法

建築業設備関係の会社の総務で働いています。
私は修理部門の経理を担当しております。個人邸、店舗等修理など主に行いそれに伴う入金、支払いを管理しています。

その中でマンション、パチンコ店等大型の物件に関しては1年契約をし、
年に数回、点検修理を行うというものもあります。

こういった場合の売上計上はいつになるのでしょうか??

弊社では、契約期間に関係なく入金のあった年度ごとの売上と考えています。
例)契約期間  H18.9/1~H19.8/31
  入金日   H18.10/31 であればH18年度売上。
         H19.8/31  であればH19年度売上。 
  又、数回にわけて分割支払いをする物件が多く売上計上がまちまちになっているのが現状です。

工事完成後に売上を計上する工事と同じ考えかたで良いのでしょうか?
だとすると、1年契約が終わった後に売上を計上するのでしょうか??

との質問に
「点検のつど売上を分割計上するのが通例です。」
との回答を先日、頂きました。

と、なると。。

例)契約期間  H18.9/1~H19.8/31 作業日2回
  作業日   1回目 H18.10/31 であればH18年度売上。
         2回目 H19.8/31  であればH19年度売上。 

ということになるのでしょうか??
こういった場合の原価計算も分割して配賦するのでしょうか?
    ↓
作業者は主にメーカー・業者に委託しておりまして(外注)、メーカー・業者から1年契約をベースとして一括請求くる場合が多いのです。

ご回答宜しくお願い致します。

建築業設備関係の会社の総務で働いています。
私は修理部門の経理を担当しております。個人邸、店舗等修理など主に行いそれに伴う入金、支払いを管理しています。

その中でマンション、パチンコ店等大型の物件に関しては1年契約をし、
年に数回、点検修理を行うというものもあります。

こういった場合の売上計上はいつになるのでしょうか??

弊社では、契約期間に関係なく入金のあった年度ごとの売上と考えています。
例)契約期間  H18.9/1~H19.8/31
  入金日   H18.10/31 であればH18年...続きを読む

Aベストアンサー

ややこしい問題で、悩みますよね。
原則的には、注文書及び検収単位ということになります。
例えば、点検契約が決算月をまたいだ1年とします。
この時、注文書が1年分の注文書で、客先検収(仕事が完了したことを認める)が年に1回全て完了した時点と言うことであれば、その完了した時点で1回だけの売上げとなると思います。
 但し、検収が点検の都度行われる又は年間注文書はなく都度の請求書で処理する場合、中間払いが発生する場合は、期をまたいでの一括売上げは認められないと思います。都度売上げ又はみなし売上げを計上する必要があると思います。

>作業者は主にメーカー・業者に委託しておりまして(外注)、メーカー・業者から1年契約をベースとして一括請求くる場合が多いのです。

 上記の内容に応じて、都度売上げ計上する場合は、メーカ・業者に対しても都度の請求書を出させる必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報