昨日(11/11)の読売新聞の社会面で、国私立中高入試について学習指導要領の範囲外と見なされる「難問」の改善通知を見送ったという記事があり、範囲外の問題例で以下の問題が載ってました。私立中学入試問題で、範囲外の理由は「円錐の体積の求め方」だったと思います。
私の疑問(皆さんに回答いただきたいこと)は、円錐の体積の求め方は分かっているとして、小学生レベルで本当に解けるのかということです。
よろしくお願いします。

【問題内容】
図形の問題ですので、図を書いてみてください。
ADとBCが平行である台形ABCDにおいて、∠ABC=∠BAD=90゜とします。
BC上のある点Pから垂線をひき、辺CDと交わる点をQとします。
また、辺AD上のある点をRとします。
ここで、AB,AR,BP,PC,PQの長さが与えられています。(どこの辺の長さが与えられていたか、の点の記憶があいまいです。)
このとき五角形BPQDRをABを軸に1回転してできる立体の体積を求めなさいというものです。
(記号は説明のためのもので、問題にはありません。また、記憶で書いてますので一部間違っている可能性もありますことをご了承ください。)
※読売新聞を購読されている方、問題内容を補足頂けると有りがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

三平方の定理など使わなくて良い。

与えてある長さの数値にきちんと配慮がなされていれば、できないほどの問題とは思えません。でも小学生にとってはなかなか手間の掛かる難問ではありますね。

((1)五角形BPQDRのABを軸とする回転体)
= ((2)五角形BPQDAのABを軸とする回転体) - ((3)三角形ABRのABを軸とする回転体)
を求めればよい。(3)は円錐の体積ですから簡単。

((2)五角形BPQDAのABを軸とする回転体)
を求めるには補助線が必要です。QからABに降ろした垂線の足をSとしましょう。
((2)五角形BPQDAのABを軸とする回転体)=((4)長方形BPQSのABを軸とする回転体)+((5)台形SQDAのABを軸とする回転体)
BSの長さはPQと等しいから、(4)の円柱の体積は簡単に求められます。

((5)台形SQDAのABを軸とする回転体)
を求めるにはさらに補助点がひとつ必要です。すなわち、辺BAと辺CDの延長線の交点Eです。
((5)台形SQDAのABを軸とする回転体)=((6)三角形ESQのABを軸とする回転体)-((7)三角形EADのABを軸とする回転体)
EAの長さ。ここが、「指導要領からはみ出す」と指摘されうる部分ではないでしょうか。簡単な一次方程式になるからです。
しかし、(AB),(AD),(BC)がキリの良い数値であれば、目視によって(EA)を直感できる。たとえばAD = 1cm, BC = 2 cm だったら、(AB)=(EA)は自明です。それに、たとえ半端な長さが与えられても、比の概念がしっかり分かっていれば解ける筈です。

かくて、円錐(6)、(7)の体積も計算できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい解説ありがとうございました。よく分かりました。
でも、本当に手間がかかりそうですね。こんな問題を解かないといけないとは、今の小学生は大変ですね。

問題の詳細が分かりましたので、この場をお借りして示したいと思います。(記憶違いがあり、図形の形を間違えていた部分もありました。でも、教えていただいた方針で解けるものと思います。)

【正しい問題内容】
ADとBCが平行である台形ABCDにおいて、∠ABC=∠BAD=90゜とします。
BC上のある点PからBCに垂直となるように線をひき、辺CDと交わる点をQとします。
ここで、AB=6cm,BP=5cm,PC=1cm,DA=2cm です。
このとき四角形BPQDをABを軸に1回転してできる立体の体積を求めなさい。
ただし、円周率は3.14としなさい。

【答え】 276.32立方cm だそうです。

お礼日時:2001/11/13 08:50

円錐の体積の求め方と三角形の比(相似)の計算ができれば小学生でも簡単に解けると思います。


1.BAとCDの延長線の交点をEとすると直角三角形ができます。このEBとECの比は3:2となります。
2.QからABに垂線を引きABとの交点をFとする。QFはBPと同じであるので5cmです。
3.AFの長さは三角形EFQの比より4.5cmとなります。よってFBは1.5cmになります。
4.あとは計算だけで、EFQを回転させた円錐の体積とFBPQを回転させた円柱の体積を足して、EADを回転された円錐とABDを回転させた円錐の体積を引けば
(1/3*5*5*7.5*3.14)+(5*5*1.5*3.14)-(1/3*2*2*3*3.14)-(1/3*2*2*6*3.14)=88*3.14となり
276.32cm^3となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>小学生でも簡単に解けると思います。
簡単ですか?(今の中学受験生にとっては簡単なのかな?)
4の求め方(どういう風に足し引きするか)って、すぐ思いつきますかね?
これが思いつかないと、長さを計算すること自体はできても、どこの長さを求めなければならないかって分からないですよね。

記事によると、(三角形を)回転してできる立体が円錐になる、ってことが小学校で扱う内容を超えているそうです。相似比も中学で習う内容だと思いますけど…。

わざわざ計算を示していただきありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 12:28

小学校の学習指導要領を把握しているわけではありませんので正確なことを言えませんが、数年前に学習塾で教えていた経験から簡単にコメントさせていただきます。



この問題は、以下の知識を総合して回答することが可能です。
1.図形を回転させたときの形を考えることができる
  →円錐台の形になる
2.比の性質を理解している
  →高さなど、各辺の長さを求めるために必要
  (問題の詳細がわからないので、この知識は問題によって不要)
3.○○錐の体積の計算方法を理解している
  →○○柱の体積÷3=○○錐の体積
4.円錐台の体積は、大きい円錐-小さい円錐で求められることを理解している
  →これは、知識というよりも図形を把握しているかどうかがポイント

少なくとも、1,2,3について中学受験をする小学生は理解していますので、回答できると思います。ただ、これらの知識が学習指導要領と照らし合わせて逸脱しているかどうかは、申し訳ありませんがちょっとわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を拝見して、解けない問題ではないというのは、なんとなく分かります。(2の比について、中学受験生が持っている知識であることは盲点でした。)
しかし、#1の方へのお礼に書いた疑問が残ってますが。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 14:36

平面を回転させて立体ができる、それでその体積を求める、ということ自体が、「高校入試」の範囲じゃないかと思うのですが・・。



小学生だと文字式を使えないので、計算がめんどうになるとおもいます。
フツウに考えれば、立体の分割ですね。円柱をもとめて、円錐を引いて、大きな円錐から小さな円錐をひいて・・。

ただ、点Qと回転軸ABの距離ですが、ピタゴラスの定理などつかわずに求められるのでしょうか?

この回答への補足

>ただ、点Qと回転軸ABの距離ですが、ピタゴラスの定理などつかわずに求められるのでしょうか?
点Qと回転軸ABの距離=BPで、与えられていたと思うのですが…
と、ここまで書いたのですが、ひょっとして
>BC上のある点Pから垂線をひき、辺CDと交わる点をQとします。
この書き方が悪くて(間違っていて)、PQ⊥CDと思われたのでしょうか。
正確には BC⊥PQです。よろしくお願い致します。

補足日時:2001/11/12 12:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も立体の分割は分かるのですが、どう分割するんだろうかというのが疑問なんです。どのように分割しても小学生レベルで出せない部分があるんじゃないかと思えて。
三平方の定理はどうなんでしょう。3:4:5とか、13:12:5の直角三角形ぐらいは使うのかも知れないです。

お礼日時:2001/11/12 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位体積重量と密度の違い

 単位体積重量と密度ってどう違うのでしょうか?

 密度=ρ で、単位体積重量=ρg
 
 というだけで、ただ重力加速度が
 かけられているだけという意味な
 のでしょうか?

 工学関係の教科書を読んでいると、どちらも
 よくでてきますが、意味的になにか違うのでしょうか?

Aベストアンサー

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を月に持っていくと,物質の量は変わらないので質量は不変ですが,
重力加速度が変わるので重量の方は約1/6になります.

9766 さんの比重はちょっと誤解があるようです.
比重は,ある体積の物質の質量を同体積の標準物質の質量で割ったもの.
固体や液体に対する標準物質は,通常は4℃の水ということになっています.
質量÷質量ですから,比重は単位のない量です.
同じ場所で測ればその物質と標準物質の重さの比をとってもよいので
(gがかかるだけだから,割り算の分母分子でgはキャンセルする),
比重という名がつけられたのです.
水は 1 cm^3 でほぼ1gですから,密度を g/cm^3 単位で表すと,
密度の数値と比重の数値は実用上は同じになります.

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を...続きを読む

QBC//ADの台形ABCDにおいて、辺AB、DCを夫々m:nに内分する点をP,Qとする時、PQ//BCとなるか?

[問] BC//ADの台形ABCDにおいて、辺AB、DCをm:nに内分する点をP,Qとする時、PQ//BCとなるか?

は真になりそうですがどうやって示せるのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

失礼しました。
先ほどの回答で、
>BCをm:nに内分する点をRとします。
の部分は、BCではなく、AEの間違いです。
ただしくは、

AEをm:nに内分する点をRとします。

です。

Q比熱の単位が体積当たりの場合もあるか?

比熱というと、1gのものを1℃あげるのに必要な熱量という定義です。
ですから、単位はJ/℃・gとかだと思うのですが、
定圧比熱とかいって、単位が1.7KJ/m^3・K っていう、体積あたりのものがでてきました。
一体どういうことなのでしょうか?

比熱は体積あたりで使う場合もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

> ノルマル立米です。

ここが肝ですね。
ノルマル立米は体積の単位ではなく、物質量の単位であるということが理解できていればいいわけです。

Q上低 AD=2、下底 BC=3、AB=1,∠B=60°の台形ABCD

上低 AD=2、下底 BC=3、AB=1,∠B=60°の台形ABCDがある。BC→の向きの単位ベクトルをu→、BA→の向きの単位ベクトルをv→とするとき
(1)BD→、CD→をu→、v→で表せ
(2)BD→、CD→のなす角をαとしてSinαを求めよ。
(3)また、AD,CDの中点をそれぞれM.Nとするとき、BD→・MN→を求めよ。

→回答
(1)はとけました。 こたえはーu→+v→です。
(2)もとけました。
(3)がとけませんでした。

(3)の回答を教科書で確認したら、
BD・MN=(v→+2u→)・(3/2×U→ー1/2 ×v→)と式が出来てました。

BDは(1)BA+ADを求めると、(図をかいてみると解りました)v→+2u→となるのがわかったのですけど、MNがどうして(3/2)U -(1/2)vとなるのか解りませんでした。どなたか教えてください。
宜しくお願いします!!>_<

Aベストアンサー

MN→=BN→-BM→・・・(1)です。
MはADを1:1に内分するから、分点のベクトルの公式で
BM→=(BA→+BD→)/2・・・(2)
同様に、NはCDを1:1に内分するから、
BN→=(BC→+BD→)/2・・・(3)
(2),(3)を(1)に代入すると、
MN→=(BC→+BD→)/2-(BA→+BD→)/2
   =(BC→)/2-(BA→)/2
ここで、BC→=3u→、BA→=v→なので、
MN→=(3/2)u→-(1/2)v→  となります。

Q体積の単位(m^3)_Nについて。

体積の単位(m^3)_Nについて。

ある化学関連の書籍を読んでいたところ、体積の単位として(m^3)_N(立方メートルの右下に小さい大文字のN)という見慣れない単位がでてきました。標準状態で使う体積と書かれていたので体積以外に摂氏零度1気圧という条件付きなのだろうと思いましたが、肝心の換算係数が書いてありません。

その前後の計算式を見る限り、dm^3(10センチ立方=1リットル)と同じに見えました。もしそうだとすると記法からの類推で摂氏0度1気圧のときの体積をm^3で表したものと同等ならばまだ納得できそうなのですが、何故(dm^3)_Nでなくて(m^3)_Nなのかが納得できません。

手持ちの化学の本や理科年表を探しても見つからず、ネットで探しても文学的な表現しか見つからなかったのでお聞きします。
(m^3)_Nの厳密な定義を教えてください。

当方、仕事で化学の知識が必要なため、基礎から勉強している者です。
レベルは、はるか昔に高校と大学の教養課程で化学を習ったのですが当時理解できずにいた程度です。

Aベストアンサー

(a)

Q△ABCにおいて、AB=5, AC=4, cosA=-5/1である。 ⑴辺BCの長さを求めよ BC=

△ABCにおいて、AB=5, AC=4, cosA=-5/1である。

⑴辺BCの長さを求めよ
BC=7

⑵△ABCの外接円の半径を求めよ

Aベストアンサー

(1)
a^2=b^2+c^2−2bc・cosA ← 余弦定理を使ってBCを求める
b=AB=5,c=AC=4,cosA=-1/5 とすると BC=aは
a^2=25+16-2・5・4(-1/5)
=25+16+8=49
a=BC=7

(2)
(cosA)^2+(sinA)^2=1 ← 三角関数の基本公式を使ってsinAを求める。
(sinA)^2=1-(cosA)^2
(sinA)^2=1-(-1/5)^2=24/25
sinA=√(24/25)=2√6/5 ← sinAが求まった
2r=a/(sinA)=7/(2√6/5) ← 正弦定理を使って、外接円の半径を求める
r=35/(4√6)=35√6/24

Q単位格子の体積について

セレン酸カリウム(斜方晶)の単位格子の体積が知りたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

物性系出身ですが、セレン酸カリウムの格子定数等は詳しく分かりません。しかし、斜方晶系なので三辺a,b,cが異なりますので、単位胞の体積はV=abcです。
a,b,cは化学辞典等を漁ってみると良いかもしれません。

Q平行四辺形ABCDにおいて、辺AB,辺CDをそれぞれ3:1にわける点を

平行四辺形ABCDにおいて、辺AB,辺CDをそれぞれ3:1にわける点をそれぞれE,Fとする。
(例:AE=3,EB=1)
EF,AFが対角線BDと交わる点をそれぞれG,Hとするとき、次の線分の比の求めよ。

(1)BH:HD

(2)GH:BD

この問題の回答及び解説をお願いしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまりうまく図が書けませんでしたが、こんな感じでよろしいでしょうか?

(1)まずBH:HDですが、△ABHと△FDHが相似となり相似比は4対1となります(ABとDFの比較)
よってAH:HDも4対1となる。

(2)△EBGと△FDGが合同となります(平行四辺形は対角線がそれぞれの中点で交わるでBG=GD、∠BGE=∠FGD…対頂角 ∠EBG=∠FDG…錯角 で一辺とその両端の角が等しいので)
よってFG=GD 

     B  (1)   G   (1)  D 
     B   (4)     H (1) D 

     B  (5)   G   (5)  D 
     B   (8)     H (2) D

上はBDを一直線上にあらわしたときのそれぞれの比を次の図では同じ10という比に合わせたということです。

よってBG:GH:HD =5:3:2となり GH:BD=3:10となる。

Q単位体積(1m^3)当たりに占める原子の個数

こんにちは、

ある金属(金、銀、銅)の単位体積に、何個の原子があるのか?どうやって計算すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単位体積の重さを計算します。それは密度から計算できるはずです。
それをグラム単位で表し、それを原子量で割れば、その原子の物質量(モル数)が計算できます。
1モルの原子数は約0.02x10^23個(アボガドロ数)ですので、それを上記の物質量にかければ原子数が計算できます。

Q算数から∥,⊥,△,∠などの数学記号や,半直線,線分,内角,外角,弧,

算数から∥,⊥,△,∠などの数学記号や,半直線,線分,内角,外角,弧,弦などの数学用語を導入すべきだと思いますか。

Aベストアンサー

中学に上がってからはずっと使うので早めに教えてもよいのではないでしょうか。
知ってて損することはないので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報