みなさんこん○○わ。皆さんのご意見を教えてください。私は総合病院に勤務する臨床検査技師です。病院の検診センターが曲がりなりにもオープンし今まで患者さまと同じ流れで扱われていたドッグ受診者様のアメニティが改善されました。私は何よりも説明が大事なファクターと思っているので説明の部分にウエイトを置いたポリシーで進めてほしいと思っています。最終の医師の診察時に説明がなされるわけですが実際は十分な時間が取れません。そこで検査の専門家である臨床検査技師が検査をしながら、すなわちエコーの画面をリアルタイムに見せながら、今取った心電図をいっしょに見ながら説明をすればよいと思っています。そこで具体的な病名を、すなわち診断を加えなければ医師ではない技師が説明してもよいと考えました。ここで質問です。これは法に触れる行為でしょうか?私は自由診療に相当するドッグでの説明で許される範囲だと思っているのですが、どうでしょうか。法律的に問題があるのかどうか、どなたかご教授くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

都内の病院で外科医をしているものです。


診断ではなく、あくまでも医学的範囲内の”説明”で有れば問題は有りませんが、それよりあなたの勤務している病院の全ての検査技師の方々が同じように対応する事が必要でしょうね。あなたの一存であなただけそのような事を行うのであれば、質問の有りました中の”何よりも説明が大事なファクターと思っているので説明の部分にウエイトを置いたポリシーで進めてほしいと思っています。”の意味がありません。誰がいつドックを受けても同じように医師の問診前の各検査で技師から簡単な”説明”を受けられなくてはいけないと私は思うからです。患者さんには全く公平でなければならないのです。
臨床検査技師のカンファレンスなどで技師の対応の仕方の統一が必要と考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
問題のポイントをつく回答であったと思います。いく人からご意見の中に院内のコンセンサス、医師との医師一致が必要とあり、私の疑問のうちひとつは解決しつつありました。さらに私だけでなく担当するスタッフが同等の能力を持ち、同じ対応をしなければいけないとのご意見はまったく同感です。そうなれるように一同努力したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 17:32

こんばんは。

また来ました。
おっしゃる通り、検査技師というのは、医師、薬剤師、看護婦、X線技師などと違って業務独占がなく、極端な事言えば「検査技師なんていなくても資格的には問題ない」職種です。唯一、検査業務の専門性に鑑み、医師との間で「信頼の原則」で結ばれているという解釈しかありません。ですから検査技師の本来業務は全て看護婦の業務独占を一部解除したもの、若しくは無資格者でも可能な検査です。逆に言うと、経営が苦しくなったとき、真っ先に切り捨てても資格上の問題を生じない専門職でもありますね。とは言っても実際の医療には非常に重要な仕事をしており、その点では、法が現実を反映していないというのは確かだろうと思います。私自身、血液像でマラリア原虫を検出し、医師から感謝された事があります。私のは少々珍しい例ですが似たような経験は多くの検査技師の方がおもちだと思います。

しかし法は法であり、またその解釈も検査技師にとっては非常に不利な解釈となっています。いい例が眼底カメラですね。「シャッターは切っていいけど患者に指示を出してはいけない」・・・これでどうやって眼底写真を撮れっていうのか。しかし、これは臨床検査技師の業務ではないから、そもそもやってはいけないという法解釈によります。

またあまりやられませんが、毛細血管抵抗試験でしたっけ、あれは血圧を計らなければ検査できませんが、法的には検査技師は血圧を計ってはいけないんです。これも解釈では「その数値を患者に知らせなければ、その場で手技を実施する事は構わない」という無茶苦茶な物だったと思います。

患者に対する説明も診断、病状に関する事は厳密に医師の業務独占となっており、検査技師は一切やってはいけないというのが法解釈であったはずです。

ドックもさる事ながら、直接患者と接する生理学的検査、エコーなどはそういう意味では特にやばい場所ということになってしまいます。

衛臨技法が保助看法の業務独占の一部解除となっており、他の医師法、薬剤師法などの独占解除は一切ない現状の元では、検査技師の役割は極端な話しをすれば「余計なことは一切やるな」という法解釈になります。

ですから、>これと同等のことが~は法理論から言えばまず無理です。

法体系はこんなですが、実際に検査技師がいなくていいなんて思っている医師はまずいないだろうと思います。
ですから、こんな法体系の元で私たちに出来るのは、医師が困ったときに役に立つデータを提出できる、あるいは検査法のアドバイスができる、看護婦など他職種の検査業務からの解放・・・といった医療チーム内での縁の下の力持ちに撤することではないでしょうか?

特に、検査業務の外部センター依託が進む中、検査技師の働く場所は病院しかなくなるでしょう。また臨床検査技師が輝く場所、それは本当の臨床の現場であろうと思います。その意味で、今与えられている資格で何ができるかという問いかけはづっと続ける必要があると思いますが、法体系が今のままでは、垣根を越えてしまってはいけません。

回答者の皆さんへのお返事を読んで、率直に思うのは、医師も含めた他職種とも十分話し合って、検査室に何が求められるのか、他職種の業務独占解除がない下で、出来ることは何なのかを、懇談し、リサーチする事がまず必要なのかな?と思いました。

最後に私のつたない経験で邪道かとも思われますがご紹介しておきます。
私の以前いた病院で、よく巡回往診チームに入れられたのですが、そのチームは、医師、医療事務から運転手、看護婦、X線技師、検査技師各一人という編成でした。私の役目は採血とECGですが、そんなのはすぐ済んじゃいますよね。ときどきてこずるけど。そうすると何をするかというとまずポータブルX線のサポート、機材搬送(かばん持ち・片付け等)果ては、寝たきりの人ならトランス、リハビリ指導の介助・・・早い話が小間使いです。
しかし、チームでは必ずこういう人が必要です。特に何かあった時は、どこまでが自分の資格でできて・・・というのが判っていて臨機応変に動ける人材が必要不可欠になります。私はそういうのをこなすのが結構上手だったらしくいつも往診からは引っ張りだこでした。

検査業務だけに埋もれる事なく、無資格者としても医学知識の下に動ける人材の供給センターとしての検査室の体制が、これからの病院では求められるのではないかと思うのですが。

暴論であろうと思いますが少しでも参考になれば。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねご丁寧な返答と、建設的なご意見誠にありがとうございます。法的に許されないこと、そしてそれが現在の限界を直接示していることも理解しました。myeysonlyさんも、臨床検査技師として経験を重ねその中から限界を知りつつも仕事の中に喜びを見いだしている。その姿勢に大変感服致します。私と同じように前向きに考えている仲間がいたことを大変うれしく思います。臨床検査技師の置かれた厳しい状況の中生き残りとして何をしていくかをみんなが模索していると思います。しかし率直に言って暗い話ばかりで今ひとつこれだと思えるものはなかった、そこで私は説明という仕事に光を見たのですが、限界を認識しつつこれからも前向きに取り組んでいこうと考えています。お互い頑張りましょう。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 22:38

 説明とひとことで言っても、いろいろな要素があると思います。


(1)なぜこの検査をするのか。
(2)この検査でどのようなことがわかるのか。
(3)この機械はどのようなものであるのか。
(4)機械の特徴
(5)人体の正常所見とその機械による見え方
(6)病変の有無
(7)病変の状態
(8)その他

この中で(1)から(4)まではほとんど問題ないと思われます。

(5)についても(6)(7)に関係しない範囲なら問題ないでしょう。

(6)(7)が問題と思います。
異常と言われると、患者さんは不安になります。
いったん不安になると、次に医師がその不安を取り除くには
大変な労力が必要となります。
説明とは、安易に行なえるものではありません。
その人の感受性なども考慮して行なうものではないでしょうか。
知識だけで行なえるものではないでしょう。

(1)から(4)の範囲で行なっては如何でしょうか。
それだけでも、きちんと説明するには勉強が必要と思います。
それが出来てから(5)へと進まれては。

(6)や(7)のことは、絶対にやるべきでないと思います。
このことを十分に肝に銘じておかないと大変なことになるかもしれません。
積極的に医療に参加していただく気持ちはありがたいのですが、
責任を誰がとるのかということにもなりかねません。

でも(1)から(4)の範囲で説明していただいても、
患者さんは十分に満足できるのではないでしょうか。
そして、医師の説明も良く理解でき、
医師からも感謝されるのではないでしょうか。

法律的なことは解かりませんが、
大事なことは、患者さんと病院との信頼関係を、
みんなで作るということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>説明とは、安易に行なえるものではありません。
>その人の感受性なども考慮して行なうものではないでしょうか。
まったくそのとおりだと思います。だからこそ臨床検査技師がそのスキルを身に付けたいと願っています。
>大事なことは、患者さんと病院との信頼関係をみんなで作る
これが一番大事なことだと思っています。

臨床検査技師以外の方にはわかりにくいかもしれませんが、私たちは病院における存在価値を必死に探しています。私はその中で情報提供、説明というテーマにかけています。薬剤師における服薬指導という業務の、権利と義務を負うこと。これと同等のことが臨床検査技師にできないだろうか、と考えています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 23:39

また少しだけお話を。


採血、沈査、心電図、エコー・・・等検査後のデータにより明らかに”○○○○”である。と医療関係者(この時点では臨床検査技師)であれば誰でも確信出来る病名が判明したとしても、あなた方はあくまでも検査技師であり医師ではありませんので、その状態で患者さんへ病名等を告げずに”説明”をした場合、どこまでを”説明”としての境界線にするか・・・医師、SW、各検査技師、看護婦の全体での会議でどこまでが”許される”行為なのかをきちんとしたガイドラインを作る必要も出てきそうです。医師法にも触れかねない言動もあるかもしれませんので、あくまでも慎重に行って下さいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

更なるアドバイスありがとうございます。皆で相談したいと思います。
医師法うんぬんが出てきましたが、やはりここは慎重にしたいと思います。
そこでなおさら正確な情報、もしくは法解釈が知りたかったのですが…

お礼日時:2001/11/12 23:30

こんにちは。

私は臨床検査技師です。

実際にその様な運用をしたとすると、現実には説明で病名に触れなければならなくなると思います。
患者さんがある程度医学知識を持っている場合はいいですが、そうじゃない場合というのは大抵、まず病名、病状についての説明を求めるものです。

つまり、検査所見の理解と、病名、診断とをわけて考える事ができない人たちがほとんどだと思います。
そうした時の対応をしっかり訓練していないと「検査技師が診断している」と受け取られかねない状況を招く可能性が高いであろうと思います。

具体的には、検査室で医師の指導も得ながらの患者さんとの想定問答などの訓練が必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。同じ検査技師の方からのご意見は大変参考になります。
>患者さんがある程度医学知識を持っている場合はいいですが…
>検査所見の理解と、病名、診断とをわけて考える事ができない…
まさしくそういう状況があるわけでその部分をこれから臨床検査技師が担ってゆく、そのもっとも実現可能な現場が人間ドックと考えているわけです。
おっしゃるように患者さんとの想定問答などの訓練を重ね、検査結果と診断との違いを理解していただけるよう努力しつつ、検査の説明はプロの検査技師にまかせるのだ、という状況を作りたいと願っているのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 17:26

私は衛生検査技師ですが、是非専門のお医者さんにご意見をいただきたいと思います。


われわれ検査技師も患者のデータを推測はしますが、臨床医でないので当然患者に直接、教えることはできません。
病院からの問い合わせでも(大体、看護婦か検査室の人ですが、たまに医者本人からもあります)報告値を告げて、まれに基準値をきかれるので範囲と高低くらいは答えますがそこまでで病名までは答えません。
例えば、心電図を見ながら説明をするといってももし、技師が重大なことを見逃して、医者が発見した場合、また逆の場合、医者が寛大な人であればそれほど問題にはならないでしょうが、重箱の隅を突っつく様なひとであれば人間関係も悪くなるのではないでしょうか。また、異常を見つけた時にどうフォローするのか、受診者からくる問いにどう対処するのかなど、マニュアルをつくったら医者になった方がいいんじゃないかと思うくらい大変なんじゃないかと思うんですが。
あと、時間的にそんな余裕があるのか疑問です。
質問と少し違った方向になりましたが、私個人の意見として述べさせていただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました。医者になったほうがいいんじゃないか、と思うくらいに大変なことではありますが、無論技師であるわれわれも医師に負けずに勉強する必要があります。ademuさんのおっしゃるとおり時間的にも余裕はありません。センターとして説明の重要性を理解しチームとして受診者様へ最大のサービス提供ができればいいと思います。少しそれますが、技師として医師への情報提供が職務ですが、薬剤師の服薬指導のように検査の説明が臨床検査技師の仕事になればよいと常々思っていました。情報開示、インフォームドコンセントが叫ばれる中、説明に十分な報酬が認められ、専門家である技師の能力が最大限生かされる時代を待ちわびています。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 14:06

 自由診療であっても、保険が適用されるかどうかの問題であって、診察や診療行為には現行法令が適用されます。

説明をどこまで行うか、がポイントですね。例えば、エコーの画面を見せながら「ここに***がありますね。」「この画像は***ですよ。」程度の説明であれば問題はないでしょうが、説明に診断が加わると問題かと思います。心電図でも、「この波形は心臓の**部分の動きを表しています」ならよいでしょうが、それを超えて診断の部分までの説明は出来ないでしょう。

 詳しくは、院内の医師とも十分ご相談されて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わずか10分のすばやい回答感謝いたします。hanboさんがおっしゃったことはよくわかりますし周囲の人たちも同様の意見が多かったように思います。今回私が疑問であったことは二つあります。ひとつは「院内の医師とも十分にご相談されてください」のように医師とのコンセンサスの問題であるのか、ということ。もうひとつは
「…現行法令が適用されます。」「…それを超えて診断の部分までは説明できない…」のところ、すなわちどこからが診断なのか、どこからが違法なのかということです。生理検査を担当する技師は「あとは先生に聞いてください」が決り文句のようですが、割り切れない思いが残る人も多いようです。またいろいろご教授ください。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 13:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臨床検査技師と放射線技師

臨床検査技師か放射線技師になろうと思っているのですが、どちらにしようか迷っています。
母が病院に勤めていて、女の放射線技師は結構需要があると言っていたのですが、本当に迷っています。臨床検査技師は女の技師の需要は放射線技師ほどはないのでしょうか?

Aベストアンサー

臨床検査技師は男女関係なく飽和状態です。
女性放射線技師は昨今の乳ガン検診で需要が高まっています。
卵巣に放射線の影響があると言われていましたから、そもそもなり手が少なかったので余計に需要が高まっています。
被爆問題に関しては、大幅改善されていますから、女性の放射線技師は増えてきています。
それでも過度な不安から、女性技師は検査技師に比べて増加率は緩やかです。
就職を考えると、放射線技師の方が引く手あまたでしょう。

Q臨床検査技師の業務について。 臨床検査技師は採血以外の穿刺行為はたとえ医師の指示であっても、禁止され

臨床検査技師の業務について。

臨床検査技師は採血以外の穿刺行為はたとえ医師の指示であっても、禁止されていますよね?点滴の針など。

問題があった時に保険もおりず免許剥奪になりますよね?

Aベストアンサー

お見込のとおりです。
臨床検査技師法【法】、同 施行令【令】、同 施行規則【規則】に明記されています。

◯ 法 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33HO076.html
◯ 令 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33SE226.html
◯ 規則 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33F03601000024.html

まず、法第2条。
臨床検査技師の名の下で、医師・歯科医師の指示を受けて行なえる業務は、次のとおりです。

◯ 微生物学的検査
◯ 血清学的検査
◯ 血液学的検査
◯ 病理学的検査
◯ 寄生虫学的検査
◯ 生化学的検査
◯ 厚生労働省令で定める生理学的検査【規則第1条で列記。以下のとおり。】
 1 心電図検査(体表誘導によるものに限る。)
 2 心音図検査
 3 脳波検査(頭皮誘導によるものに限る。)
 4 筋電図検査(針電極による場合の穿刺を除く。)
 5 基礎代謝検査
 6 呼吸機能検査(マウスピース及びノーズクリップ以外の装着器具によるものを除く。)
 7 脈波検査
 8 熱画像検査
 9 眼振電図検査(冷水若しくは温水、電気又は圧迫による刺激を加えて行うものを除く。)
10 重心動揺計検査
11 超音波検査
12 磁気共鳴画像検査
13 眼底写真検査(散瞳薬を投与して行うものを除く。)
14 毛細血管抵抗検査
15 経皮的血液ガス分圧検査
16 聴力検査(気導により行われる定性的な検査。但し、以下を除く。)
 イ 周波数1000ヘルツおよび聴力レベル30デシベルのもの
 ロ 周波数4000ヘルツおよび聴力レベル25デシベルのもの
 ハ 周波数4000ヘルツおよび聴力レベル30デシベルのもの
 ニ 周波数4000ヘルツおよび聴力レベル40デシベルのもの
17 基準嗅覚検査及び静脈性嗅覚検査(静脈に注射する行為を除く。)
18 電気味覚検査及びろ紙ディスク法による味覚定量検査

これらの業務の遂行のために求められる技能の定義(試験要件として定義)が、法第11条。
ここで「採血」と「検体採取」が挙げられています。
それぞれの具体的範囲は、令第8条および令8条の2により、次のとおりです。

◯ 採血
耳朶、指頭及び足蹠の毛細血管並びに肘静脈、手背及び足背の表在静脈その他の四肢の表在静脈から血液を採取する行為

◯ 検体採取
1 鼻腔拭い液、鼻腔吸引液、咽頭拭い液その他これらに類するものを採取する行為
2 表皮並びに体表及び口腔の粘膜を採取する行為(生検のためにこれらを採取する行為を除く。)
3 皮膚並びに体表及び口腔の粘膜の病変部位の膿を採取する行為
4 鱗屑、痂皮その他の体表の付着物を採取する行為
5 綿棒を用いて肛門から糞便を採取する行為

その上で、法第20条の2により「保健師助産師看護師法第31条第1項及び第32条の規定にかかわらず、診療の補助として、採血、検体採取、厚生労働省令で定める生理学的検査を行なえる」ことになっています。
なお、いずれも、医師・歯科医師の具体的な指示を受けて行なう内容に限定されます。

言い替えると、ここまで列挙してきた「採血・検体採取を含む業務(検査)」だけが許されています。
見ていただけばわかりますが、あなたがいう穿刺行為は、たとえ医師・歯科医師からの具体的な指示があったとしても、当然、許されていません。

法第8条で「法第4条の各号のいずれかに該当する(=欠格事由に該当する)ために免許を与えない者」に対しては、免許の取消(剥奪)や有期業務停止命令がなされることが記されています。
許されている業務に関する「犯罪行為・不正行為」があった者は、法第4条第3号に該当しますから、あなたがいう免許剥奪の対象となってしまいます(保険点数となる医療行為ともなりませんので、問題の大小や有無にかかわらず、当然、保険も下りません。)。

お見込のとおりです。
臨床検査技師法【法】、同 施行令【令】、同 施行規則【規則】に明記されています。

◯ 法 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33HO076.html
◯ 令 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33SE226.html
◯ 規則 ‥‥ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33F03601000024.html

まず、法第2条。
臨床検査技師の名の下で、医師・歯科医師の指示を受けて行なえる業務は、次のとおりです。

◯ 微生物学的検査
◯ 血清学的検査
◯ 血液学的検査
◯ 病理学的検査
◯ 寄生虫学的検査
◯...続きを読む

Q英作文(和文英訳)の添削

和文英訳の問題を解きましたが、自分の答えが合っているのかが自分ではわかりません。
間違いがあったら指摘して直してくださると嬉しいです。
では、添削よろしくお願いします。

1.知的職業に従事するものは、時には視点を変えてみることが必要です。それは将来、医師や技師や薬剤師のような職業につく若い人についても当てはまります。
People who engage in an intellectual job sometimes have to look at things in a different perspective. It is important for young people who are to become doctors,engineers,or pharmacists in the furute.

2.元気一杯の医師にしても、病人の立場に立ってみて、その気持ちをくみ取ることができなくてはなりません。
Doctors must think from patients' points of view and understand their feelings even if they are very well.

和文英訳の問題を解きましたが、自分の答えが合っているのかが自分ではわかりません。
間違いがあったら指摘して直してくださると嬉しいです。
では、添削よろしくお願いします。

1.知的職業に従事するものは、時には視点を変えてみることが必要です。それは将来、医師や技師や薬剤師のような職業につく若い人についても当てはまります。
People who engage in an intellectual job sometimes have to look at things in a different perspective. It is important for young people who are to become doc...続きを読む

Aベストアンサー

an intellectual job

intellectual occupations
日本語の 仕事 と 職業 の違いですね。この場合は occupation の方が適語と思います。

It is important for young people who are to become doctors,engineers,or pharmacists in the furute.

The same thing happens to young people who will be doctors, engineers and pharmacists.
「当てはまります」に苦労されたようですが 「・・・にも同じことが起きる」とすれば英語では表せます。become は「(変化して)・・・になる」状態を表しますので こういう職業に就くような場合の「なる」には通常使いません。be 動詞で良いのです。
それからちょっと迷ったのですが or ですが 「或いは」の意味でしょうが young people と複数形ですので 「とか」という意味で and の方が英語としては的確ではないかと思います。一人の人間ではないですからね。「医者 技師 そして 薬剤師になる人達」=「若い人達」という形ですね。
勿論 become / and を直せば元の文でもよく出来ていらっしゃいますよ。意味も充分通じます。and もその人の言葉の使い方 或いは young people をどういう風に限定するかで or が良いという意見があるかもしれませんね。まあ これは私の考えですから。ご参考までに。

2番の「元気いっぱいの医師」って面白い日本語ですね。要するに「健康な」ということですね。

「立場になって考える」は言い回しがありますよ。

Doctors must put themselves in patients' places ・・・

「心身共に健全である」にしてみましょうか。

even if they are mentally ane physically sound.

学校の課題ですか。
私だったら 喋るのだったら 
even if they are healthy
にするか「どんな場合にも」とかで
in all cases
とかつけますけどね。

ご参考までに。

an intellectual job

intellectual occupations
日本語の 仕事 と 職業 の違いですね。この場合は occupation の方が適語と思います。

It is important for young people who are to become doctors,engineers,or pharmacists in the furute.

The same thing happens to young people who will be doctors, engineers and pharmacists.
「当てはまります」に苦労されたようですが 「・・・にも同じことが起きる」とすれば英語では表せます。become は「(変化して)・・・になる」状態を表し...続きを読む

Q臨床検査技師のできる業務範囲の認識が、院長や上司と合わずに困っています。 臨床検査技師です。超音波が

臨床検査技師のできる業務範囲の認識が、院長や上司と合わずに困っています。
臨床検査技師です。超音波が学べるという透析専門のクリニックで働き始めました。透析に携わったことも無く技師としての経験もまだ浅いです。
•体重測定
•透析針の穿刺
•透析回路の接続
•脱血
•返血
•返血時の(回路から)薬剤投与
•返血後の抜針
•止血
•薬剤の調整
•回路の組み立て
以上のように超音波検査や心電図など生理検査の他、透析に関する一連の作業もできる様になって欲しいそうです。穿刺は確実に業務違反にあたると思うのですが、それ以外は記載がなくよく分かりません。

これらの業務を臨床検査技師の免許のみで行った場合、業務違反に当てはまるものはいくつありますか?

Aベストアンサー

臨床検査技師は採血は認められていますが、透析のための穿刺はできません。

•透析針の穿刺
•透析回路の接続
•脱血
•返血
•返血時の(回路から)薬剤投与
•返血後の抜針
•薬剤の調整

は、NGだと思いますが。

Q衛生検査技師と臨床検査技師の違いについて

他大学のホームページを見て、ふと思ったので投稿しました。その大学に医学部があるので、理学部の化学科の学生も所定の単位を取得すれば衛生検査技師や臨床検査技師の資格を得られるらしいのです。資格申請科目として、いくつかの科目が列挙されていましたが、衛生検査技師の取得を希望する人は、この科目を、臨床検査技師の取得を希望する人は、この科目をとりなさいという類の文章がありませんでした。ただ、臨床検査技師は、衛生検査技師と違い、所定の単位を取得するだけでなく、国家試験に合格しないと資格は与えられないという類の文章はありました。私は、普通自動車免許で言うところのAT車限定に当たるのが、衛生検査技師で、AT車、MT車関係なく乗れるAT車限定ではない方が臨床検査技師なのかと思っています(たとえが分かりにくくてすみません。)要は、臨床検査技師が、衛生検査技師にはできない別の仕事ができるのかな、ということです。私自身が、化学科の者で色々な資格が取れる、他大学のホームページを見てうらやましいなと思って投稿しただけです。すいませんが、暇なときでよろしいので応えてくださる方いらっしゃいましたら、お願いいたします。

他大学のホームページを見て、ふと思ったので投稿しました。その大学に医学部があるので、理学部の化学科の学生も所定の単位を取得すれば衛生検査技師や臨床検査技師の資格を得られるらしいのです。資格申請科目として、いくつかの科目が列挙されていましたが、衛生検査技師の取得を希望する人は、この科目を、臨床検査技師の取得を希望する人は、この科目をとりなさいという類の文章がありませんでした。ただ、臨床検査技師は、衛生検査技師と違い、所定の単位を取得するだけでなく、国家試験に合格しないと資格...続きを読む

Aベストアンサー

衛生検査技師の資格は、学校での所定の単位をクリアすれば、取得できます。
臨床検査技師は、所定の単位(衛生検査技師より多い)だけでは不十分で、学校では国家試験の受験資格が与えられるだけです。資格の取得には、国家試験に合格しなければなりません。

業務上の一番分かりやすい違いは、臨床検査技師は、医師の監督下なら患者から血液を採取できますが、衛生検査技師はできません。

Q臨床検査技師、臨床工学技師について

 良く分からないのですが、臨床検査技師、臨床工学技師の大きな違いとは何ですか?
 今、どちらの道に進もうか悩んでいます
 将来性のあるのはどちらのなりますか?
 また、年は大卒(化学系)で新たな進路として頑張ってみようと思うのですが、年が25になります
 就職する頃には28になりますが、就職はありますか? 少し心配です いろいろ教えてください

Aベストアンサー

臨床工学“技士”です(“技師”では無いのでお間違え無きようお願いします)
NO.2さんの説明に補足します。

就職に関しては、検査技師より工学技士のほうがまだ余裕はあります。
私のいる地域では、検査技師の新卒で病院に勤められるのはごくわずか(10~20%)です。後は検査センターなど病院以外の施設や一般の会社、検査技師とは全く関係のない仕事に就くようです。
(昔に比べて病院の検査業務に外注で間に合う分野が増えたことが主な原因です)

工学技士は、病院にとって必ずしも雇わなくてはならない要員ではありません。業務独占分野(この資格でなくてはできない業務)が無いからです。
例として、レントゲンを取れるのは医師と診療放射線技師だけと法律で決まっています。工学技士にはこのような業務が無いのです。ただし人工透析室、心臓血管の手術室、ICUを有するような病院では工学技士を雇っている所が多いです。

実は私も大卒から専門学校に入りなおして工学技士の資格を取ったのですが、卒業時に27歳、しかも女でしたが就職は何とかできました。年齢制限ありの募集もありましたが、20代であればまだ大丈夫かと思います(大規模、有名病院は厳しいかもしれませんが)。
地域によっても差がありますから、養成校の入学体験などで先生を捕まえて詳しく就職状況を聞いてみてはどうでしょうか。

ただし元々のご専門が化学ということですから、本来であれば検査技師のほうが近いですよね。工学技士はその名の通り「工学」主体です。

臨床工学“技士”です(“技師”では無いのでお間違え無きようお願いします)
NO.2さんの説明に補足します。

就職に関しては、検査技師より工学技士のほうがまだ余裕はあります。
私のいる地域では、検査技師の新卒で病院に勤められるのはごくわずか(10~20%)です。後は検査センターなど病院以外の施設や一般の会社、検査技師とは全く関係のない仕事に就くようです。
(昔に比べて病院の検査業務に外注で間に合う分野が増えたことが主な原因です)

工学技士は、病院にとって必ずしも雇わなくてはならない...続きを読む

Q離島などで、臨床検査技師の資格は役に立つのでしょうか。

離島などで、臨床検査技師の資格は役に立つのでしょうか。

将来、検査技師としてできたら離島で働きたいなと思っています。

検査技師は、離島に必要でしょうか

Aベストアンサー

昔離島の病院で働いたことがありますが、検査技師さんにはお世話になりましたね。
ただ、離島だと設備が整っていない上にいろんな作業を少ない人数でこなさなくてはならないので、幅広い知識と経験が必要です。

また、離島で働くためには、施設が必要です。
ちゃんとした病院がないと検査技師を必要とはしませんので、ある程度の大きさの島じゃないと雇ってくれません。
看護師が1人いたほうが役に立ちますからね。

あと、離島の場合、一度就職したらなかなか辞めませんから、人員に空きが出ることがほとんどありません。
資格を持って離島で働きたいと思っても、就職先が見つからない可能性がありますね。
離島が好きで働く人が多く、そのまま定住してしまいますから、定年になるまではたらっきぱなしのことが多いみたいです。

Q「医師」か「臨床検査技師」か・・・?

私は先日珍しい病気にかかり、長期間の入院と手術をしました。
培養検査?や遺伝子検索やMRI等々の様々な検査をしてもずっと原因が分からずにいたのですが、良き先生達で、諦めずに原因究明と治療方法の向上に向けてずっと検査を続けたり文献等を読んだりしながら色々としてくれた結果、現在はだいたい解明できつつありますし、体もほとんど回復しました。

この経験から、“検査をすることで人の病気を治すことに繋げる”というお仕事に興味を持ちました!!

そこで、

(1)上記のように、病院などで検査等々をして原因を突き詰めていくのは、検査部などにいらっしゃる医師(病理専門医??)さんなのでしょうか?それとも、臨床検査技師さんなのでしょうか?

(2)私は今20代半ばの会社員(女)なのですが、20代後半や30代でも医療系の学生っているものですか・・・??

(3)医療関係者の方へ
元患者が自分の勤務先に職員として入ってきたらどう思いますか…?(^^;)

どれかひとつでもよいので、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
薬剤師資格を有していて、某製薬会社で基礎研究に携わっていた者です。

>上記のように、病院などで検査等々をして原因を突き詰めていくのは、検査部などにいらっしゃる医師(病理専門医??)さんなのでしょうか?それとも、臨床検査技師さんなのでしょうか?

病院等の臨床現場においては、これは主として医師の仕事の範疇になると思われます。臨床医と病理医の共同作業と捉えて差し支えないと思いますね。但しこういった判断基準の種となる基礎的な研究のレベルになると、医師だけでなく生物学や分子薬理学の専門家、更にはIT技術者や数学関係のような方々まで、多くの分野の専門家が携わっていると思いますよ(私は臨床薬理を専門としていますが、仕事の半分は偏微分方程式との格闘でした・・笑)。

>私は今20代半ばの会社員(女)なのですが、20代後半や30代でも医療系の学生っているものですか・・・??

数は多くありませんがいますよ。他大学を卒業後に学士入学でおいでになる方もいます。私の従姉妹もその口で、某国立大学の理学部を卒業後に、20代後半になってこれまた某国立大学の医学部に再入学していました。今、精神神経科の医師として頑張っています。

お役に立てば幸いです。

こんにちは。
薬剤師資格を有していて、某製薬会社で基礎研究に携わっていた者です。

>上記のように、病院などで検査等々をして原因を突き詰めていくのは、検査部などにいらっしゃる医師(病理専門医??)さんなのでしょうか?それとも、臨床検査技師さんなのでしょうか?

病院等の臨床現場においては、これは主として医師の仕事の範疇になると思われます。臨床医と病理医の共同作業と捉えて差し支えないと思いますね。但しこういった判断基準の種となる基礎的な研究のレベルになると、医師だけでなく生...続きを読む

Q臨床検査技師の仕事について教えてください

臨床検査技師という職業についてお聞きしたいです。

臨床検査技師の仕事内容ですが、具体的にどのようなことをするのでしょうか。
もちろん自分なりにある程度調べていますが、実際の生の声が聴きたいので、
業務内容、一日の仕事の流れ、特に患者さんとどの程度接するのかといったことを教えてください。

また、次のような条件のひとが臨床検査技師として就職することは現実的に可能でしょうか。
<32歳 男性 専門学校卒業したてで、臨床検査技師の国家資格は取得済み>

また女性が多い職種とも聞いていますが、男性で臨床検査技師として活躍していくことについてはどう思われますか。


複数の質問で恐縮ですが、出来れば現役の臨床検査技師さんやそれに近い医療系の業務に携わっておられる方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

基本的には検体(血、尿等々)を検査分析機器を使って行う検査業務です。放射線技師は直接患者と関わりますが、検査技師は主に検体が対象ですから患者と接する機会は少ないです。(採血等は技師は行いませんからね)
病院の技師として院内の検査部門で働く場合と、民間会社の技師として院内の検査部門で働く(病院が検査をアウトソーシングしている)場合、民間会社の中の検査部門で働く場合(検体がクリニック等から持ち込まれる)等があります。
患者相手の仕事ですから検査部門は夜間も稼働が必要なため、交代で夜勤があります。
職場は、放射線技師とは違い確かに女性が比較的多いですが、もちろん男性でも問題ありません。就職は、結構競争率が高いので必ずしも容易ではありません。経験者を優先することもあるでしょうし。

Q臨床検査技師から放射線技師  

私は今、国立の臨床検査専攻のある大学に通う四年生の女の学生です。

今就職活動を考えいるのですが、いろいろ調べるうちに、このままでいいのかなと思ってしまっています。
そして、同じ学校にある科だからかもしれませんが、放射線技師の学校(国立大や専門学校)に入って、やり直そうかと思ったりしています。
 
その場合、同じような専門をとっているので、編入などで、なるべく短期間でできないかなと思っています。
でも、センターや受験勉強をやり直すのは少し乗り気になれません。


なにか似たような経験をされたかた、このような方法があるなど知っている方、もしよかったら教えてください。

また、この安易な考えに対してのご意見ももらえたらうれしいです。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

臨床工学技士(CE)を目指してる臨床検査技師(MT)です。
放射線技師の大学に編入するためには放射線技師の専門学校や短大を卒業していないと無理だったと思います。
診療放射線技師法に国家試験の受験資格は『文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した診療放射線技師養成所において、3年以上診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終えたもの』と記載されていますので最低3年間勉強する必要があるはずです。基礎医学などの履修は免除されるかもしれませんが卒業までの年数は短くならないでしょう。
MTが短期間で取れる資格ならCEぐらいじゃないかと思います。これなら1年で取れます。需要はMTより多いと思います。治療に直接関われるのでやりがいはあると思います。


人気Q&Aランキング