最新閲覧日:

菌が生成するスライムって何者なのでしょうか?
生成する機構や、その特長について、ご存知の方は教えてください。
また、防かび剤などで殺菌効果が200~500ppmで発揮するようなものでも、スライムコントロールに関しては10~25ppmで効くといわれているのはなぜなのでしょうか?ご存知の方教えてください。

A 回答 (1件)

こんにちは。



カビなどが、成長、分裂し菌糸を伸ばしたのと、カビ自体の代謝産物、カビが付着した物の分解物などが混ざってどろどろになったものです。

防カビ剤が量が少なくて済むのは、カビが死ななくても活動しなければスライムは発生しないからです。

カビを殺すには胞子まで殺さなければなりませんが、胞子自体は活動をしていませんから、スライムにはなりません。
胞子は薬品や環境に非常に強いですが、活動している菌糸などの菌体は、比較的薬品や乾燥などに弱いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。どうもありがとうございます。
参考になりました。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/12 17:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ