立体駐車場に使っているパレットが車の重みでたわんできています。

新築後、10年経過した立体駐車場のパレットがたわんで底がこすれてくるのは
早くたわみすぎのように思えるのですが、鉄も10年もたてば老朽して弾性がな
くなるのでしょうか。
はじめから、車両重量の重みに耐える材料と構造になってなかったように思えて
メーカーに文句を言えると思いますか?

助言下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 毎日2回車を出し入れしたとして、4回×365日×10年=15000回の、常温でのごくゆっくりした繰り返し荷重で明らかな塑性変形が生じたと。


 その程度が耐えられないってのは、これは素材が悪いか、構造(形や厚み)が悪いか、熱処理が悪いか、いずれにせよ、ヤスモノっぽい。

文句言えるかどうかは、「何年使えるものと想定されるか」によるでしょう。保証期間あるいは法的な耐用年数、税法上の償却期間などが根拠になるんでしょうが、これは法律の問題かな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stomachmanさん の助言を聞いて安心しました。
一度、法的な耐用年数を調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/13 09:49

いわゆる”クリープ”ってヤツですよね。


弾性限界内での繰り返し応力がひずみを生じさせてることで。

強度がないということもあるでしょうが、10年経ってますからね。
とりあえず、メーカに聞いてみてはいかがでしょう。

この回答への補足

パレットは消耗品ですから
購入者が負担すべきである という言い分です。

弾性限界内での繰り返し応力がひずみを生じることはおっ
しゃるとおりですが、50枚のうち、ひずみがあったりな
かったりしているので納得できないのが本音です。

補足日時:2001/11/15 18:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q縦弾性率からせん断弾性率及び体積弾性率の導出方法

縦弾性率E、ポアソン比νの場合、
せん断弾性率:G=E/2(1+ν)
体積弾性率 :K=E/3(1-2ν)
という式で表されますが、どのように導くのでしょうか?
よろしくお願いします。
以上

Aベストアンサー

剪断弾性係数(G)は,正方形の剪断変形の幾何学形状によって導きます。

単位長さの辺(辺長=1,対角線長=√(2))を持ち,辺ABを底辺とする正方形(左回りに)ABCDに左から頂点Dに力を加えたら,平行四辺形ABC'D'に変形します。この時,辺ABと辺C'D'は平行のままです。また,この時,角DAD'を(γ)とします。とすれば,頂点Dの移動距離は,δ=tan(DD'/辺長)ですが,辺長は単位長さ,変形角度が十分小さいとすれば,δ=γとなり,δ=DD'=CC'=γです。

ここで,四角形の対角線長は,AC=BDですが,変形後はAC+Δ,BD-Δとなります。また,対角線AC'のひずみ度は,ε=1/E・(σ+νσ)ですので,対角線の伸びは,ひずみ度と対角線長を乗じたものになります。即ち,ΔL=ε・√(2)です。

ここで,対角線ACからAC'に垂線を引き交点をEとすると,AC'=AC+ΔLとなりますが,三角形CEC'は,頂点Eを90度とする2等辺三角形になっていますので,CC'は,CC'=ΔL・√(2)となります。

ここまでを整理しますと,
γ=CC'=ΔL・√(2)=ε・√(2)・√(2)=1/E・(σ+νσ)・√(2)・√(2)
γ=2/E・(1+ν)σ
σ=2(1+ν)/E・γ=γ/G つまり G=E/2(1+ν)となります。

体積弾性率(k)は,1辺を単位長さとする直方体の6面全てに圧力(P)が作用したときの体積ひずみを(εv)としたときの変形後の各辺の長さを(1+εi),i=x,y,zとすれば,体積ひずみは,-(変形後の体積)+(変形前の体積)ですから,
εv=-(1+εx)(1+εy)(1+εz)+1
となります。ここで,この式を解いて,この変形が微小変形であると仮定し2次以上の項を省略すれば,εv=-(εx+εy+εz)となります。
各方向のひずみが等しい(εx=εy=εz)とすれば,
e=-1/E・(-p+ν(p+p))ですから,
ev=-3・1/E・(-p+ν(p+p))
ev=p・3(1-2ν)/E=p/K つまり K=E/3(1-2ν)
となります。

剪断弾性係数(G)は,正方形の剪断変形の幾何学形状によって導きます。

単位長さの辺(辺長=1,対角線長=√(2))を持ち,辺ABを底辺とする正方形(左回りに)ABCDに左から頂点Dに力を加えたら,平行四辺形ABC'D'に変形します。この時,辺ABと辺C'D'は平行のままです。また,この時,角DAD'を(γ)とします。とすれば,頂点Dの移動距離は,δ=tan(DD'/辺長)ですが,辺長は単位長さ,変形角度が十分小さいとすれば,δ=γとなり,δ=DD'=CC'=γです。

ここで,四角形の対角線長は,AC=BDですが,変形後はAC+Δ,BD-...続きを読む

Q曲げ弾性係数?弾性定数?弾性率?

下の数式は平板の曲げ弾性○○です。

弾性係数、弾性定数、弾性率のどれでしょうか?

できればで良いので、この式はどうやって求める・どこから導き出すのでしょうか?

よろしくお願いします。

E:ヤング率
hm:厚さ
ν:ポアソン比

Aベストアンサー

>弾性係数、弾性定数、弾性率のどれでしょうか?
次元解析すればすぐ分かる。

>この式はどうやって求める・どこから導き出すのでしょうか?
板理論の教科書の最初に解説してある。

Q弾性ボールと非弾性ボールの違いは何?

恐れ入ります。
高校などの理科の授業で使う、弾性ボール・非弾性ボール(ゴムボール)について質問させてください。
床などに二つのボールを落としたとき、弾性ボールはスーパーボールのようによく弾み、非弾性ボールはほとんど弾みません。(反発係数が0に近い!?)
この2つのボールは何が違うのでしょうか?(材質が違うのでしょうか?どう違うのでしょうか?)
どなたか教えていただければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

弾性ボールとは何のことを言っているのかわかりませんが、通常はねかえり係数は衝突するお互いの材質によって決まっているはずです。

たとえばスーパーボールの場合、かたい床相手だとはねかり係数は1に近くなるかもしれません。
# それでも完全弾性衝突をするとは思えませんが。。。

逆に、衝撃を吸収するようなやわらかい材質相手だと跳ね返り係数は0に近くなりますよね。
# 一時期「卵を落としても割れない!」とかいう CM をやっていた
# ナイキ社のアルファゲルなんかの上に落としても、ほとんど跳ね返らない
# と思います。

一応、完全弾性衝突をするものとして有名なのは、象牙同士の衝突ですね。
ビリヤードの球なんかに使われているようです。
# 流通品はのビリヤードの球には硬質プラスチックのものが多いようですが、
# 反発係数ではやはり象牙に劣るようです。

Q弾性力学(弾性論、連続体の力学)のわかりやすい本

弾性力学(弾性論、連続体の力学)を独習しようとしているのですが、初心者には敷居が高く、難しいです。ページ数が多くても解説がやさしく、例題やその回答が親切なものなら、値段にはこだわりませんので、誰か教えてください。以下の本は見てみました。
ISBNで4254135823、4339040371、4339043419

Aベストアンサー

自分はティモシェンコ/グーディア著の「弾性論」(多分,コロナ社)で勉強しました.わかりやすかったけど,多分,古典になっちゃうんでしょうね.最近の本は,カラーだったりして,もっとわかりやすいと思います.

えっと,ひとつお聞きしたいのは,どういう分野への発展をお考えなのか,ということです.物理学なのか,機械なのか,建築なのか,有限要素などの解析なのか.

それによって,オススメの図書も違ってくると思いますよ.具体的なアドバイスは(ぼくからは)できないんですけどね.

Q非弾性衝突と弾性衝突

非弾性衝突は、運動量は保存されるが、力学的エネルギーは保存されない。また、弾性衝突は、運動量・力学的エネルギーはともに保存される。
非弾性衝突と弾性衝突の違いは何ですか。また、2つの問題の見分け方は何ですか。

Aベストアンサー

>非弾性衝突は、運動量は保存されるが、力学的エネルギーは保存されない。また、弾性衝突は、運動量・力学的エネルギーはともに保存される。

書かれているとおりです。

「弾性」ですから弾む性質です。
「よく弾む」か「あまり弾まないか」です。
よく弾むと言っても程度がわかりませんのでエネルギーが保存する場合には完全弾性衝突という方が分かりやすいでしょう。弾んでもエネルギーをいくらか失っているというのが普通の場合です。その場合弾んでいるから「弾性衝突」だと考えたくなりますね。
全く弾まないというのは衝突後くっついて一緒に運動してしまうという場合です。弾まないのですから「非弾性衝突」というイメージになります。エネルギーと対応させた場合の「弾性衝突」「非弾性衝突」と「弾む」「弾まない」という言葉の意味との間に意味にずれが生じています。
私としては
e=1 完全弾性衝突
1≧e>0 弾性衝突
e=0 非弾性衝突
がいいと思っています。「弾性」という言葉のイメージに合います。

でも実際は
e=1 弾性衝突(エネルギーが保存する)
1>e≧0 非弾性衝突(エネルギーは保存しない)
という使い方がされているようですね。

運動量保存は作用・反作用の法則から出てきます。
外力の働かない場合、重心の運動は保存するという内容だと考えても同じです。
普通2体衝突では何時も成り立つと考えてもいいものです。

エネルギーが保存しない場合が多いのはエネルギーの存在の仕方のバリエーションが多いからです。衝突で変形した、振動した、回転した、・・・が全てエネルギーの減少と捕らえられています。別の形のエネルギーに移っただけなんですが初めに考えていた枠組みから出てしまうので減少したと理解されているのです。

>非弾性衝突は、運動量は保存されるが、力学的エネルギーは保存されない。また、弾性衝突は、運動量・力学的エネルギーはともに保存される。

書かれているとおりです。

「弾性」ですから弾む性質です。
「よく弾む」か「あまり弾まないか」です。
よく弾むと言っても程度がわかりませんのでエネルギーが保存する場合には完全弾性衝突という方が分かりやすいでしょう。弾んでもエネルギーをいくらか失っているというのが普通の場合です。その場合弾んでいるから「弾性衝突」だと考えたくなりますね。
全...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報