個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

男の磨き方がわかりません
頑張って磨きたいのですが、どうすればいいか・・・・・・
教えてください!
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>男の磨き方がわかりません



文字通り風呂に毎日入って、身体の垢をきれいに落とします。
ベッドシーンを意識して、髪はもとより体中を清潔に磨きます。

爪はいつでも短く切りそろえ
歯は朝晩磨く
胃が悪い人はリステリンで口をゆすぐ習慣を

カットは二ヶ月に1回は欠かさずに

下着は清潔なものを身に付ける。

さて、キレイな身体が脂肪でぶよぶよではどうしようもないです。
別にジムに通わなくても
家で、腹筋を100回 腕立て伏せを50回
毎晩入浴前にこれをやります。
腹筋は、つま先をチェストの一番下の引き出しの先にかけて
膝を曲げて捻りを加えると効果抜群。
休日は、公営のプールで1000mをゆっくり泳ぎます。

ここまででレベル1終了

次は趣味とセンスを磨きます。
デート用の服をそろえます
日常も、変な柄物を着ないで基本はモノトーンや
ニュートラルカラーの無地
GAPとかで、そこそこ似合いそうなものを選びます。
自分ではわからないからお洒落な友人かできたら女性に
つきそってもらいます。

街中で、カッコいい服装をしている男性をしっかり目にとめて
その色あわせや着こなし(インナーのシャツをアウトにしているか
インにしているか。とか、ベルトや靴の色や素材など)に注目
ことに、自分と似た体形の人のお洒落は注意して真似できる
ものはマネします。

体形を問わないというのなら
まずネイビーブルーのジャケット
無難なストレートのジーンズ
白のボタンダウン
赤み掛かった茶の靴とベルト
のような当たり前のスタイルがどうすればカッコよく着られるか
これは、レベル1をきちんとこなしたどうかで成果が別れます。
ファッション雑誌は立ち読みでかまわないから目を通します。
それと、自分の好きなショップを決めて月に1度は足を運びます。

服にあわせて徐々にお洒落なヘアスタイルに変えていきます。

ここまでがレベル2

>頑張って磨きたいのですが、どうすればいいか・・・・・・

男を磨く本はお洒落本のほかにも多数あります。
次は、センスと教養です。
まず、週に2回は大型書店をのぞきます。
自分の趣味(アニメとかフィギュアはダメです)の分野を伸ばす
ために本や雑誌を買います。
なんにもなかったらゴルフ。
これは、まず、ゴルフをやる友達から、古い道具を譲り受けるか
一緒に中古屋へいってもらって、アイアンの中古とウッドを2本
買います。ゴルフバッグとかもそろえます。
土曜日は、打ちっぱなしで練習。
たまにコースに出れば友人との交流にもなり楽しいです。
男を磨くとは、実はどこまで女から遠ざかりなおかつ孤独に
陥らないかという道でもあります。

後は、酒。
女の子ウケをならうなら、ワイン。ワインスクールに通う手もある
けど女だらけなので、ワインはとりあえずワインバーをひとつ
きめてそこのソムリエと仲良くなって薀蓄を仕入れます。
知れば興味がわきますから、3000円くらいのワインを買ってきて
家で2日で飲む。
ワインが嫌ならカクテル通をめざします。
カウンターバーで、
(1)マティーニ
(2)ギムレット
(3)ダイキリ
(4)マンハッタン
などのスタンダードカクテルの味を覚えていろいろ店を変えて
飲み比べてみます。
そんなに金の掛からない遊びです。

そして音楽
自分が好きなジャンル
ロックでも、JAZZでもビートルズナンバーでもクラッシックでも自分の
感性にあうジャンルをみつけて好きなアルバムを充実させます。
これも、従来の趣味にとどまらず「女の子に語る」という視点で
見直しが必要です。
「ウィントンマルサリスのトランペットってねぇ。とにかくテクニック
 ばかりを語られがちだけど、一度スタンダードタイムvol2を
 聴いてみたらわかるよ。本当に癒されるんだ。チェットベーカー
 だってあんなやさしい音色は出してないさ」
とか・・

そして小説
何でもいいからイマジネーション高めるためにも小説は読まなくちゃ
いけないです。ミステリーでもいいし、とにかく語れる作家を3人は持たないと。
女の子の会話で
「ねえ。最近面白い本読んだ?」
「新しいかどうかわからないけど、大沢在昌は面白いよね」
「何が面白かった?」
「新宿鮫シリーズかなぁやっぱり。短い文体が心地よいよね」
「昔TVで見たわ。館ひろしと島谷ひとみが出てた」
「あれは元は真田広之がやってたんだけどね」
「へぇ。ちょっとヤワなかんじで似合わないと思うけど・・」
なんて話題が広がります。

そして映画
とにかく名作をしっかりビデオかDVD借りて押さえておくのです。
この辺は教養です。

できれば海外旅行の2つ3つこなしておけば男磨きもかなり佳境に
入ってきますね。

「海外ってどこいった?」
「そうだな、ケアンズが一番好きかな」
くらいかましたいですから。安いんですよオーストラリアなんて。
下手な車買って虚しく高速飛ばすくらいなら、海外を一人旅
これぞ本物の男磨きですねぇ。
東南アジア・韓国厳禁。あくまでロマンの香る旅であること。

ついでに英会話も少し磨いておくべきです。
買い物にこまらない程度に

ここまでがステップ3です

さて後は女性のエスコート編ですが
櫻井 秀勲 先生の本を読むのが早いです。
http://www.muchy.com/review/onnanohenka.html

文庫でも出てます。
あとは、失敗の数を重ねる
男は女によって磨かれる

これが結論です。
ここでステップ4

そして最後が、修羅場にならない別れ方
これは人間性と本当のやさしさです。
これができたらステップ5といいいたいところですが
何のために女と別れるか
それは、自分の本当に好きな女と一緒になるためです
別れ方知らずにわけのわからない女と一緒になるから
いい加減なトラブルが耐えない

さてこうして自分にとって理想の女を手にしたら
こんどはその人が限りなくあなたの男を磨いてくれますよ。
これにてステップ5終了。


>教えてください!
>お願いします。

教えました。金とりたいくらいです(^^)
実践してください。
    • good
    • 4

私の好きな、男の磨き方。

でいいですか?
声は大きく、自信を持って。
自信を持つためには、こだわりを持って、学ぶ。

知ったかぶりはいけません。
知らないこと・判らないことは、素直に聞いたり調べて、キチンとモノにする。
もちろん興味のないことには、関わらないことでしょう。
とにかく本を読むといいですよ。
雑誌ではなく、ね。

色々な男の人生観を擬似ではあるけれど、体験する。
私はこの方法で、男とは違う、バランス感覚を学びました。
女を磨いた、といっていいかもしれません。

男としての自信を得るために、読書を。
秋の夜長に。
    • good
    • 0

 すごい決心ですね、期待してます。



 そうですねえ。やはり一に重み、ニに暖かみ、三に洗練、四に知識と判断力、五に気っ風......でしょうか。

 重み......といっても体重のことじゃありません。いつもどっしりと落ち着いていて、ヒラヒラ、ヘコヘコ、ケラケラしないこと、少々の地震ぐらいでは驚かないこと、女性なんかに何か言われたぐらいで全然気にしないぐらいの泰然自若とした態度、などなど。

 暖かみ.....といっても暑苦しいのはだめです。女性にも、お友達にも、いつも暖かい思いやりを持って接するような人、などなど。

 洗練.......さりげなく適度なマナーを見せる人、時と場合には知っているクセしてわざとマナー違反の出来る人、どこか遊びの上手な人、着こなしも上手でセンスも良ければなおgoo。

 知識と判断力.......やはり男性ともなると、アタマがいいというほどでなくていいですから、いろんな事を知っている人、何か相談してもいい判断を示してくれる人。よく本を読んでるなあと感心できる人、などなど。

 気っ風の良さ......やはり「男」はスッパリと、思いっ切りと気っ風が良くなくては野暮です。
 
 こうなると、先はなかなか遠いことでしょうね。でもまあ、少しでも、一段ずつでも向上できたら、そしていつも向上を目指しているなら、明日のあなたは今日のあなたよりもずっと素晴らしいと思いますよ。
    • good
    • 0

周りの女性の感覚から、頼りがいを感じる男を目指し頑張る事が男を磨く事かなぁと思っています。


収入・精神・力・優しさ?・結局は何でもアリかと。
自分を高める為には何が必要か考えてみてください。
    • good
    • 1

こんにちは。



味かなとおもいます。
その人自身の(意識的にせよ無意識的にせよ)味。

表面をみても、時間の経過とともに内面にも通じるような味。

結局のところ、性別はあまり関係ないかもしれないのですが・・・。

たとえば、自分がおもうなりたい自分に、
どんな具体的なことでもよいから、やっていくことから磨きは始まるような気がします。
言葉であれば、その人の実感からでてくるその人の言葉とか。。。
    • good
    • 0

どういう男になりたいんですか?


そこからじゃないですか?

みなさんから反対されるかもしれないけど、私は、ルックスから入るのもアリだと思いますよ。
服装とか整えるとそういう気分になるし、振る舞いも比例してくるものです。

私はそういう方法で今の自分になりました。
    • good
    • 0

どんな男になりたいのでしょう?



池波正太郎のエッセイを読んでみてください。
ダンディズムについて書かれています。
(私にとってのダンディズムが「鬼平犯科帳」ですので)

「身銭を切れ」ってのが、印象に残ってます。

この回答への補足

人をひきつけるような・・・・・男です。

補足日時:2005/09/26 21:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング