浣腸と摘便どちらが腸壁に刺激が少ないか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

浣腸がいいとは思いますが、回数を何度も


すると体にあまりよくないようです。
摘便はいたみをともなうので我慢できるかどうかですね。
医師の方にもぜひ相談してみることをお勧めします。

参考URL:http://satulog.biz/kantyou/
    • good
    • 4

老健でしたか・・・宿便陥頓になっている訳ではないのですよね、摘便するにはまだ少し早い様な気がしますが、摘便の後は浣腸はしていますか?どちらにしても宿便陥頓以外であれば、摘便や浣腸の後は多めの水分補給と老健の通常の食事よりも消化の良い繊維質の多めの食事に切り替える事が必要です。

ご老人は筋力が衰えている為に多少の”固め”の便であっても排便出来なくなってきますので、いつまでも摘便ばかりやっていては担当の看護婦やヘルパー、そしてなによりその”ご老人”が大変です。
摘便の後に浣腸を施行しているのであれば、腹部の圧迫は必要有りませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

今後とも、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/11/14 08:56

どちらが刺激が少ないか・・・浣腸は比較的簡単に出来ますが、希に腸の穿孔がある場合がありますし、摘便はかなりの苦痛を伴う処置です。

腸に”刺激”自体が少ないのは、摘便でしょうね。しかし、通常その”摘便”で糞塊を摘出した後に通常は浣腸を行いますので、宿便陥頓(しゅくべんかんとん)となっていない状態であれば、私は浣腸をお勧め致します。ちなみにこの宿便陥頓と云うのは便秘の便が、肛門のすぐ手前の直腸で、大きくかたまってしまって、ボールのようになって、はさまってしまったようになり、いきんでも、気張っても、さらには、浣腸しても、全く便が出ず、全く自分では便が出せなくなった状態を言います。外科医からでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
老健に勤める看護婦です。高齢のうえ、やっと車椅子生活をしているかたが、多いので、腹圧もかけれず、トイレで、便がでそうででないこともあり、時々てきべんしています。浣腸は、あまり使わない方針で、根拠は、あまりよくわかりませんが、、、。でもどうしてもでないときは、使います。寝たきりに近いかたもオムツ交換のとき肛門が、ふくらんだり縮んだりしているとき腹部を圧迫して、摘便します。それは、どうでしょうか?
今後ともアドバイスお願いします。

お礼日時:2001/11/13 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浣腸 我慢について

皆さんに教えてもらった便秘解消法が、うまくいかなかったので初めて市販の浣腸をつかいました。充分便意が強くなるまで我慢しなければならないと書いてあるけど、入れてすぐに我慢できなくなってしまいます
充分便意が強くなるまでとは どれくらい我慢すれば好いのか教えてください。

Aベストアンサー

人によって時間は様々です、すぐに便意が強くなる人もいれば、数分かかっても便意が起きない人もいます。

ただし、浣腸に慣れると、通常に排泄できなくなる可能性が高くなりますので(依存度が増すと、余計便秘になったりするそうです)、医師に相談したほうがいいです。

Q高齢者の胃の全摘手術について

父の胃癌の手術のことで相談いたします。父は現在、76歳ですが、前回の手術で既に胃を三分の二ほど摘出しています。一年後、癌が再発し、今度の手術では胃の全摘になるそうです。それでお尋ねしたい内容というのは、
(1)76歳という年齢ですが、胃を全摘するような手術に父の身体は耐えられるでしょうか?
(2)もし、手術に成功したとして、余命はどれくらいでしょうか?
(3)たとえば高齢者が胃の全摘をしたケースについて、その寿命を調査した統計資料などはあるのでしょうか?
(4)また、手術をせず、癌と共生する方法はあるのでしょうか?
もし、身近にご高齢の方で胃の全摘手術をした方がおられましたら、是非ともご教示頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 まずご本人の状況(合併症,体力,病状への理解など)と病気の進行度で話が全く違ってくることはご承知下さい。

 一般的に健康な76才であれば胃全摘にはたえられます。一般的な外科医である私でも80代の人への胃全摘は経験があります。もちろん無事退院なさいました。逆にもっと若くても手術できない人も,術後合併症を起こす人もいます。

 余命については,病気の進行度によります。早期癌であれば胃癌は寿命と関係しなくなる可能性の方が高いでしょう。手術でとりきれない場合は極端な場合は数ヶ月ということもあります。

 高齢者胃癌の治療法,予後の研究はかなりされています。残念ながら各施設ごとの集計が多いですし,癌自体様々な状況が関与するので,なかなかはっきりこうだといえる資料はあまりないでしょう。
一般的には,根治的な手術が可能であればやった方が寿命が延びる。ただし,体の負担が大きくなりすぎる手術(他臓器の合併切除など)はやってもあまり寿命に関与しないという意見が多いようです。

 癌との共生という場合,早期癌をもっていても癌がゆっくり進行するばあいと進行癌に無理に手術をしないというのは意味が違います。後者の場合最近は癌の休眠療法というのが注目されているようです。検索するとかなりヒットすると思います。ただし怪しげな食品の話のこともありますのでご用心を。

 繰り返しますが癌に限らず病気とそれに対する治療は人ごとに違います。主治医とよくご相談なさって下さい。

参考URL:http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/55koza_3.html

 まずご本人の状況(合併症,体力,病状への理解など)と病気の進行度で話が全く違ってくることはご承知下さい。

 一般的に健康な76才であれば胃全摘にはたえられます。一般的な外科医である私でも80代の人への胃全摘は経験があります。もちろん無事退院なさいました。逆にもっと若くても手術できない人も,術後合併症を起こす人もいます。

 余命については,病気の進行度によります。早期癌であれば胃癌は寿命と関係しなくなる可能性の方が高いでしょう。手術でとりきれない場合は極端な場合は数ヶ...続きを読む

Q浣腸の常用について

私は便の出が悪く、ほぼ毎日というほど浣腸を常用しています。

そこで、人間ドックで直腸がせまくなっていると言われました。

浣腸の常用でこのようなことが起きたりするのでしょうか?

また、浣腸の常用による症状をご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 oollooさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 人間ドックで直腸が狭くなっているとの判断だそうですが、なぜ腸が狭くなっているとと言う説明はありましたか???例えば腸の中にポリープが出来ていて細くなっている等です。まずはなぜ直腸が狭くなっているかを追求すべきだと私は思います。そのまま放って置いたら、#1さんが言われる通りの「腸閉塞」になってしまう可能性が考えられますので・・・・。

 今回の症状は、ほぼ浣腸が原因で起こってないと私は思います。浣腸の主成分は「グリセリン」で、グリセリンがそう言う悪さをするとは考えられませんので・・・。

 浣腸の働きは、グリセリンの刺激によって腸の蠕動運動と言う便を押し出す力を活発にさせる事と、硬い便を柔らかくする働きです。本来の排便のメカニズムは便が腸に貯まる→腸から頭に「便が貯まったよ」と言う信号が行く→頭から「排便しなさい」と言う信号が腸に来る→その信号によって腸が動いて便を出す という一連の作業で排便が起こる事になります。便秘の多くは、このうちのどこかがスムーズに行かなくなって起こすものです。多くの便秘薬の働きは、腸の動いて便を押す出す働きの手伝いをして、薬の力で無理やり腸を動かして便を押し出す力を強くすると言うものです。浣腸の場合はそう言う働きと、便を柔らかくして軽い力でも便を押し出して排便し易くする働きとの両方を兼ね備えた便秘薬という事になります。
 全ての人間は、元々は怠けるように出来ています。例えば便秘薬(含む 浣腸)を使うことで腸を無理やり動かす事で、人間自体の元々の腸を動かして排便する力を使わなくても排便できると勝手に考えてしまいます。したがって元々ある腸を動かして便を押す出す力が怠けてしまう事があります。現状で元々ある腸を動かして便を押し出す力+便秘薬による腸を動かして便を押し出す力でスムーズに排便が起こっていたとしても、続けて長期間便秘薬を使う事で人間が怠けてしまって「元々ある腸を動かして便を押し出す力を使わなくても排便できるよね」と勝手な解釈をして、元々ある腸を動かして便を押し出す力が湧かなくなってしまう場合が有ります。この場合元々の力+便秘薬の力で腸が動いていた所が元々の力が無くなる訳ですから、腸を動かす力が足らなくなって排便が起こり難くなってしまいます。そう言う詳しい事は実はどうなっているかなんて敏感に人間は感じませんから、単に「排便が起こらない=便秘薬の量を増やせば良い」と勝手な解釈をして、便秘薬の量だけが増えてしまいます。これが毎日の様に浣腸を使う事の弊害(副作用)で、今まで使っていた量の浣腸では徐々に排便が起こらなくなってしまう事が考えられます。そして浣腸の使用量が増えてくると言うのが浣腸を長期間使う事の副作用です。

 便秘が改善するとは、便秘薬を使わなくてもスムーズな排便が起こる事を目標にするわけです。現状で解っている「直腸が細くなっている」と言う事から便が柔らかくないと腸を通過しない状態でしょうから、現状の通り浣腸で便を柔らかくしないと今は腸を便が通過しないでしょう。そう言う状態自体が間違いな状態なんです。ですから、冒頭で言った通り「何が原因で直腸が細くなっているか」の原因を確かめてそれを改善する治療をまずはするべきです。それと長期間浣腸を使い続けた結果としての腸の便を押し出す力が怠けているでしょうから、その怠けを元に戻す事をしなければなりません。もし私に相談されたら「六君子湯」(「りっくんしとう」と読みます)と言う漢方薬をまずはお勧めするでしょう。この「六君子湯」は、口~肛門までの管(消化管)を本来有るべき働きが出来る状態に整える漢方薬なんです。この「六君子湯」を服用する事で、徐々にでは有りますが腸の便を押し出す力が戻っていますから、怠けによって失われた腸の便を押し出す力を戻す事が出来ますから、言ってしまえば便秘薬の量を少しづつでも減らす事が可能になるわけです。それとoollooさんの場合は「直腸が細い」と言う便の通過を邪魔している状態が存在していますから、それを改善しないと本来の浣腸を使わない状態には戻らないと思います。

 一度内科を受診されて、まずは「直腸の細くなっている」理由を突き止め、その対策をされる事をお勧めします。その治療が終わった後、それでも便秘薬を飲まないと排便が起こらない時には、腸の怠けを元に戻す治療をされると良いでしょう。

 色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。

 oollooさん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 人間ドックで直腸が狭くなっているとの判断だそうですが、なぜ腸が狭くなっているとと言う説明はありましたか???例えば腸の中にポリープが出来ていて細くなっている等です。まずはなぜ直腸が狭くなっているかを追求すべきだと私は思います。そのまま放って置いたら、#1さんが言われる通りの「腸閉塞」になってしまう可能性が考えられますので・・・・。

 今回の症状は、ほぼ浣腸が原因で起こってないと私は思います。浣腸の主成分は...続きを読む

Q出産直後 浣腸薬の使用について

出産直後に使用できる浣腸薬があったら教えてください。

Aベストアンサー

私は出産経験がないのですが
妊婦さんでも普通に使っていましたし
出産後でしたら市販のイチジク浣腸で良いかと思います

私も時々お世話になっています

Q胃全摘後の食事について

父が胃癌で胃の全摘出をし、今日退院します。
退院時に栄養士や主治医から自宅での食事をどのようにしたら良いかを聞かされる予定です。私自身は立ち合えないのですが、父は点滴をはずした頃から少し痩せてきました。手術してまだ3週間なので、流動食しか食べていないため、これから痩せていくのだろうとは思います。おそらく10kgぐらいは痩せるのだろうと予想しています。
私としては食品で栄養がとりにくくなった分、飲料水で栄養を補充できたらと思っています。ミネラルはミネラルウォーターでまかなえると思いますが、ビタミンやアミノ酸類や電解質を私としては清涼飲料水で摂れればいいなと思っています。ただ、胃の全摘出ですから、糖分が入っている清涼飲料水は、ダイレクトに糖分を吸収してしまうため、体に何かしらの影響があるのではないかと素人判断ですが思うのです。
消化の良いものしか食べられなくなった現状では、おそらくまともにビタミン・ミネラル・アミノ酸類を摂取するのは非常に難しいのではないかと思うわけです。
お聞きしたいのは、点滴で摂取していたぐらいのレベルの栄養分を、胃を全摘出した人が摂るにはどのようにしたら良いのかということです。私の希望している「清涼飲料水(ポカリスエットみたいなも)」は少しぐらいなら飲んでも良いのでしょうか?
また、塩分と糖分のどちらに関しても、どのくらい摂取して良いのか素人目では判断しにくい部分があります。
塩辛は当然無理としても、塩分控えめのお味噌汁や、少し塩分の入っている漬け物など、父が食べたいものに関しては普通に食べても良いものなのでしょうか?
専門家の方、一般の方、どのような方でもかまいません。ご存知の方がおりましたら、お知恵をお貸しください。よろしくお願いいたします。

父が胃癌で胃の全摘出をし、今日退院します。
退院時に栄養士や主治医から自宅での食事をどのようにしたら良いかを聞かされる予定です。私自身は立ち合えないのですが、父は点滴をはずした頃から少し痩せてきました。手術してまだ3週間なので、流動食しか食べていないため、これから痩せていくのだろうとは思います。おそらく10kgぐらいは痩せるのだろうと予想しています。
私としては食品で栄養がとりにくくなった分、飲料水で栄養を補充できたらと思っています。ミネラルはミネラルウォーターでまかなえ...続きを読む

Aベストアンサー

お父様へのご心配のお気持ち、文章からとても感じ取れ、お役に立てればと思い再び参上しました。
#4です。

しかし・・・
お父様と実際にお会いしてませんし、病気・治療の経過がよくわかりませんので、お父様の様子が緊急性のある問題なのか、時間と共に解決する問題なのかが判断できかねています・・・適切なアドバイスができていれば幸いですが・・。

ただ、一般的に食べれていない時期は、制限食を避けることよりも食べたい食品を食べていいように思います。
調理法や摂取量を考慮すれば、食べれてはいけない食品は
ないと思っても過言ではありません。
蒸したり、煮込んだり、細かく切ったり、ジューサーやミキサーを利用することで食べれる食品も広がります。

副食の献立例として良いとされているものは・・
 肉団子の甘辛煮、そぼろ、シチュー、茶碗蒸し、オムレツ、湯とうふ、など。
間食として適切なもの
 牛乳、クッキー、ホットケーキ、クラッカー、カスタードプリン、サンドウィッチなど。

食べれそうな物があるでしょうか??

調理法などを工夫しても摂取量が維持できなければ、医師の指示のもと「エンシュアリキッド」や「ハーモニック」などの高栄養剤を摂取するのも一つの方法だと思います。
(高栄養剤の味が苦手であれば、コーヒーや青りんご、  ヨーグルト、パイン味などの粉末を加えることができ  す。試してみてください)
高栄養剤は医師の指示箋のもと医療保険適応内で薬局で処方されると思いますので主治医にご相談してください。


通常、食欲がでてくるのは術後6ヶ月ごろだとの事です。
時間の経過で解決できることをお祈りしています。

お父様へのご心配のお気持ち、文章からとても感じ取れ、お役に立てればと思い再び参上しました。
#4です。

しかし・・・
お父様と実際にお会いしてませんし、病気・治療の経過がよくわかりませんので、お父様の様子が緊急性のある問題なのか、時間と共に解決する問題なのかが判断できかねています・・・適切なアドバイスができていれば幸いですが・・。

ただ、一般的に食べれていない時期は、制限食を避けることよりも食べたい食品を食べていいように思います。
調理法や摂取量を考慮すれば、食べれて...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報