4年式Z32なのですが、通常走行中にリアが滑ります。
もう年式が年式なのでいろいろとガタがきているとは思いますけど。分かる方は教えてください。

左カーブで段差があるとき後輪が段差を越えた瞬間ほんの少しだけリアがすべり少しだけハンドルを取られます。
しかし、右カーブのときはハンドルを取られる事はありません。
最近中古で購入したのでなぜか原因がわかりません。
ちなみに、足回りなど全て純正のZです。
このような症状なのですがどこが悪いのかわかるかた教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

1、直進中にリアがすべるんでしょうか、他の人に直進中の姿勢を見てもらって


  車体が僅かに斜めになって直進してることはないでしょうか?
  この場合は、後輪のアライメントに狂いがある場合が多いですが、まずサイド
  スリップの点検調整をオススメします。費用は数千円です。調整不能な場合は
  部品交換が必要な場合が多いと思います。

2、左カーブで段差がある場合、段差を越えたときリアがすべりハンドルが取られ
  る。右カーブの場合にはない。
  左カーブ時、このときは、車の過重は右輪前後にかかってます、右カーブ時に
  は左の前後輪に過重がかかります。
  平坦の直進で異常がないとすれば、右後輪のサスペンションの異常が考えられ
  ます。ハブ(軸受)ベアリングのガタに始まり、サスペンションの構成部品に
  ガタ、特にショックアブソーバーの作動不良が考えられます。ショックアブバ
  ーの減衰力低下、焼きつき曲がりスプリングのへたりによる突き上げ等により  作動不良etc
  右リアサスペンションを重点的に点検が必要と思います。

なお、四輪アライメントテスターを完備している整備工場の数は少なく、
 あって も高額な点検費用(1万円超)を請求されますので、まずは
 通常のディーラーとか車検整備の出来る工場にはサイドスリップテスターが
 あるので、サイドスリップの点検調整を合わせてオススメします。車検場が近く
 にあると、テスター屋さんがありますが、テスター屋さんではサイドスリップの
 点検調整は、部品交換の必要がなければ、5000円前後ですむと思います。
 このまま長く乗り続けるとタイアの片磨耗、ブレーキの片効きなど、症状が拡
 大する可能性が高いと思います。競技走行するのでなければ、四輪ともサイド
 スリップの調整が基準値に収まれば、車検もとおりますし四輪アライメントの
 点検調整の必要はないと思います。出来たらディーラーの経験のある人に見ても
 らってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば直線道路を走行中に左によっていくような気がします。
これは何かなのでしょうか?
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 10:38

文章だけではなんともいえませんが やっぱりアライメントでしょうね。

具体的には・・・キャンバー角度かな?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アライメントですね。調整は自分ではできないんですよね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 10:36

右リアのアライメントがずれて踏ん張りが利かなくなっているのでしょう。



2~3万円掛かりますが、四輪トータルアライメントを取り直しましょう。
なお、アライメントがずれているかどうかはタイヤの偏磨耗の具合からもある程度見当はつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アライメントはけっこうかかるんですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 10:37

アライメントがズレて来ているのでは?



年式も年式ですし、各部のブッシュ類も無交換ならなおさらです。
結構いいサス形式ですが、経年劣化でおかしい車も多いです。
サス自体の抜けもあるかもしれませんね。

これからも長く乗るのでしたら、一度しっかりと整備される事をお勧めしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

車の各部の名称が分からないのでブッシュ?がわかんないです。整備には持っていくか社外をつけようかまよっているところです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/27 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショックの抜けとはどのような症状?

こんばんは。

素人の質問で申し訳ございません。以下2点宜しくお願い致します。

1.車高調などの「抜け」とはスプリングを外してショックを押し込んだときに戻ってこない事を言うのでしょうか?

2.戻ってこない場合、O/Hでの修理は可能なのでしょうか?

以上

Aベストアンサー

1 ショックの「抜け」はスプリングの上下動を抑え込む減衰力が弱ってる症状です。ロッド周辺からオイルが漏れていたりすると目に見えますけど、そこまで行かなくてもガス抜けやオイル劣化などで減衰力が弱るのが「抜け」です。押して戻って来ないのはガスとオイルの併用ショックでは抜けの症状の代表です(ガスが抜けてるのが原因)が、最初からガスの入っていないものは新品だって押しても戻りません。

2 オーバーホールはできるものとできない(メーカーが想定してない)ものがあります。まずはショックの販売元に問い合わせるのがいいでしょう。

QMTでギアをガリガリやるのはどれぐらい車に悪いの?

MTを運転されている方の多くは、
シフトレバーの操作が完全に終わっていない状態でクラッチを離してしまい、
ガリガリ!というすさまじい音を聞いてはっと驚いた、
なんて経験をされていると思います。
実は私、けっこうそれをやる頻度が高くて、
1~2ヵ月に1回ぐらいのペースでガリガリやってたりします。
(現在の車も新車で購入後8ヵ月で既に5~6回ガリガリやっています)
音から察するに車のどこかに少なからずダメージがありそうだというのはわかりますが、
その程度がどれほどのものか、興味として知りたいと思いました。
ということで、ガリガリやってしまったときに、
・具体的にどの部位にダメージがあるか
・どれぐらい車を傷めるか(またはどれぐらいやると壊れるか)
についてお教え下さい。

Aベストアンサー

#4の方が言われるスリーブとはシャフト上を移動できるようになっているもので、このスリーブにあるスプライン(周囲がギザギザになってる部分)とギアのスプラインが噛合う事によって、ギアとシャフトがロックされるようになっています。シフトレバーはシフトフォークと呼ばれる先が二股に分かれたレバーを介して、このスリーブを移動させ、必要なギアのみをシャフトとつなげるようになっています。このスリーブのギアと噛合う部分は先端が斜めにカットされていて、容易にギア側のスプラインと噛合うようにできていますが、この部分が当たった状態の時にクラッチを離してしまうと、噛合いそうになっていたスプラインがはじかれたガリガリと音を立てるのです。

Qショックやサスのヘタリ具合の判断方法について

標記の質問ですが、どこで判断するのでしょうか?走行中突き上げ感が大きくなったとか?

Aベストアンサー

車重、普段の荷物の積載量などによりけりですが、おおよそ普通に使ってれば7万kmないし、7年程度でショックが抜けて気が付く頃だと思います。

抜け始めを感じたら後は完全に抜けるまで時間の問題です。走行中の突き上げが大きくなる場合、タイヤが原因である事もあります。サイドウォールが硬かったり、扁平率を落とす、空気圧が高いと乗り心地に響きます。

完全に抜けた場合は、車高が落ちるので見た目で判断もつきますね。良く見るのは平成1桁、それも前半だと大抵の車が抜けて車高ぺたぺたになってます。
要はショックが抜ける→スプリングのみで車高維持→スプリングもすぐへたる→ストローク量0ですから一番車が沈んだ状態になります。乗り心地は最悪ですよ。

QMT車の停止状態からのフル加速

突然なんですが、MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?
先日、友人が運転したときに停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつないでいました・・・があまり早いスタートには感じなかったことと、あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・(>_<)
もう二度とあんな走り方はしないようにしたいと思いますが、車にはどんなダメージが残ると思いますか?これまでそんな走行をしたのはその時1回だけです。
また、正しいスタートダッシュのテクニックがあればぜひ教えてください。
ちなみにテンロクのノンターボ車です。新車から1000キロ越えたところです。
よろしくお願いします
m(__)m

Aベストアンサー

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順次シフトアップ(例えば2→3速)していくのが、1番早いでしょうね。

例えば、停止状態から1速発進全力加速し、レブリミット手前7000回転でクラッチペダルを踏み2速へシフト、その速度での2速の回転数にまでエンジン回転が下がったら(下がり過ぎたらアクセルペダルを踏みその回転数まで回転を上げてやる)クラッチペダルを戻しクラッチをつなぎ(この時、エンジン回転が急激に上昇したり下降したりするのであれば、その回転数分だけエンジンとトランスミッションの回転が合っていない、という事です)、再び全力加速・・・これを繰り返せば、ディスクの磨耗も最小限に抑え、かつ1番早く加速出来るのです。

●あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・

→車が温態時(走行開始から20分以上経過し、エンジン等の部品が充分温まった状態の事)ならば、レブリミットぎりぎりまで全力加速する事は、通常の加速よりは負荷は大きいものの、メンテナンスがちゃんとされている車ならば問題はありません。
・・・が、あなたの車はまだ走行距離が1000km越えたばかりで、大体の慣らし(新品部品のなじみ)が終わったばかりなので、まだこの様な走行はしない方がいいと思います。

●車にはどんなダメージが残ると思いますか?

→あなたの友人は車にうとい方、ではないでしょうか?車の知識がある人は、この様な摩擦材であるディスクを傷めるつなぎ方はしないと思います。(1000kmそこそこで、レブリミット全力加速をする事もしないでしょう)

さて、どんなダメージが残るかですが、この一気にクラッチをつなぐ(クラッチペダルを一気に離す)事を数回繰り返した位では、ディスクが滑る程の磨耗には至りませんので安心して下さい。
各メーカー共クラッチペダルの耐久試験はしていますし、この程度で一気に滑り出してしまう物では不合格になってしまいます。
・・・が、普通のつなぎ方(エンジンの回転とトランスミッションの回転を合わせてからつなぐ)よりもディスクの磨耗が増すので、これを何10回と繰り返せばディスクが使用限界まで磨耗し、滑り出してしまいます。
エンジン等への悪影響も、この程度の走行を1回してしまった程度でしたら、まず問題は無いと思います。

*新車後1000km越えたのでしたら、エンジンオイル(エンジンオイルフィルター)やトランスミッションオイルやトランスファオイルやデフオイル(4WDのみ)の交換をすると良いですよ。
過酷な走行をする事が多いのでしたら、オイル交換等のメンテナンスも普通以上に念入に行いましょう。

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順...続きを読む

Qアライメントの狂いを調べる方法

先日、左後輪を縁石にぶつけてしまいました。
ホイールカバーは、割れてはないのですが、傷がやや深く、わずかに歪んでいます。そこで、心配なのがアライメントの狂いです。
一般的にはハンドルを真っ直ぐにして真っ直ぐ進まなかったらアライメントが狂っていると言われますが、逆にハンドルを真っ直ぐにして真っ直ぐ進めばアライメントは絶対に狂って無いのでしょうか?
絶対に狂って無ければ良いのですが、気になるので、もし自分で調べる事が可能なら、日曜か月曜にでも自分で点検してみようと思うのですが、可能ですかね?
整備士ではないので、専門的な機会や工具も無く専門的な知識もありませんが、ブレーキパッドの交換ぐらいなら自分でしているので、基礎的な範囲で調べる事が出来そうならやってみようと思いますが、どうでしょうか?

ディーラーに持って行って調べてもらえば確実なのでしょうが、お金がかかるみたいなので、厳しいです。ハンドルを真っ直ぐにして真っ直ぐ進まなかったら、ディーラーに持って行ってアライメントの調整をしてもらおうと思っていましたが。

Aベストアンサー

 普通に走行していても、ブッシュ類のへたりによって、アライメントは少しずつ狂ってきます。
 従って、ぶつけていなくてもある程度走行した車をアライメントテスターに掛けると、基準から外れた数値が出る場合が多いです。
 しかし、ワイドなハイグリップタイヤを履いた車で無い限り、アライメントには敏感で無いので気にする必要は有りません。(よくミニバンなどにワイドタイヤを履かせて、真っ直ぐ走らないなどとクレームを付ける人もいますが)
 アライメントテスターに掛けると2万円程度しますが、気になるのであればチェックしてみるのも良いですが。
 普通はサイドスリップチェック程度(うまくすればデイラーでただでやってくれるでしょう)で十分ですが、リアをぶつけて、ハンドルのセンターが狂っていないので、おそらくサイドスリップも正常でしょう。

Q10年前の未使用タイヤ、使っても大丈夫?

10年間、倉庫代わりのコンテナの中にしまいこんでいた未使用(未組)タイヤがあります。
このタイヤ、使っても大丈夫でしょうか。
タイヤは国産の一級グレードのものです。

ネットでは一般的にタイヤのゴムは数年で劣化するから論外だと言われそうですが、
他にも、タイヤは熱を入れて初めて劣化がはじまるから、保管状態が悪くなければ長期保管は問題ないという、
タイヤメーカーの見解を載せているタイヤ屋のブログや(そのブログでは、とは言っても…と引き気味ですが)
ミシュランでは10年前に製造したタイヤでも保存状態が悪くなければ普通に売っても良いとしている、
というサイトもありました。
なんだか、エンジンオイルの交換次期における、量販店と車メーカーの言い分の違いのようでもありますが。

ちなみに、今ついているタイヤは2003年もの、走行距離にして約3万キロ。
このタイヤを(あとしばらくは)付け続けているよりはマシな気がするのですが…。

タイヤのプロの方、実際にゴムの劣化が原因のトラブル事例を知っている方など、意見をいただきたいです。

Aベストアンサー

未使用(未組)タイヤはまだいける可能性が高いと思います。
※熱が入ってませんから・・・・・。
(熱が加わってませんから、まだタイアとして完成品では無いんです)

私なら、エアを(1.3倍)入れて1週間様子を見てからにします。
ひび割れや、突起が出ないか見てからにしますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報