最新閲覧日:

71歳の母ですが,昨年の8月にくも膜下出血を発症し,開頭手術(クリッピング)、
シャント術を受け,昨年の10月末に退院し、退院から1年経ちました。

以前からだるい、と言う症状を訴えており、先日血液検査をしたところ、
肝臓には異常がないとのことでした。それゆえ,降圧剤による急激な血圧低下が原因と思い,医師に相談したところ,利尿作用のある降圧剤の服用を中止しました。
そして、現在は血圧も安定していますが,「だるい」と言う症状は治りません。
また、健康診断で尿に潜血があるとのことで、腹部エコーをとったところ、
膀胱の壁が厚いということだけで,異常はないとのことでした。
また、胃のむかつきもよく訴えるので先日、胃カメラをとったところ、ポリープが見つかりました。
しかし、パナルジンを継続的に服用しているため,細胞を取ることは出来ませんでした。最近は背中の痛みも訴えています。

脳外科の医師に聞いても小さい脳梗塞はたくさんある、とのことで気にしてもしょうがない,とのことです。

他に、「だるい」と言う症状に対する原因は何が考えられるでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

腎臓機能低下、自律神経系統の調性がうまく行かない、肺機能低下、心機能低下、


ホルモン異常、そのほか多くの病気に、だるいという症状は、一緒に出てくる症状です。
だるいだけでは、なんの疾患とは、断定できません。それに、伴う症状が、あれば
何の病気と医師が、判断できると思います。ですが、だるいのみでは、命にかかわる肝臓、腎臓など、かなめとなる器官に異常がないか、みているようなので、
経過観察に、なると思います。
経験から申しますと、2回全身麻酔で、手術を、受けたことがあるのですが、
術後、1-2年は、だるかったです。
背中の痛みに対しても、先生に相談されたのでしょうか。
OP後に、日常生活の範囲や、体の動きなど変化は、ないのでしょうか。
筋力が、低下したことによるだるさは、考えられないでしょうか。
だるさが、オペ前、後変わらずあるのか、いつからあるのか、だるいことによって、実際行動の範囲が減っているかなど、どうなのでしょう。
「小さい梗塞があるから」という、医師の答えに、納得できないのなら、
別の、病院の先生に相談するということも、少しずつですが広まってきています。
今の病院から、CT、血液検査データなど、借りられますから、借りて、他の病院の先生に診てもらっては、いかがですか。
これは、本来担当医師を、信用してないから行うのではなくて、更に担当医との
信頼を、築きスムーズに治療が行えるようにする為に、アメリカでは当たり前に
おこなわれていることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
経過観察をすることにします。

お礼日時:2001/12/11 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ