白チャートの問題集で三角関数の問題を解いていたところ、

sinθ = 2・sinθ/2・sinθ/2



sin(x+y) = 2・sin(x+y/2)・sin(x+y/2)

というのがあるのですが、なぜこうなるのかが、分かりません。
どうか教えてくださいm(_ _)mよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

三角関数」に関するQ&A: 三角関数

A 回答 (2件)

う~ん・・・。

これは問題集の間違いか、makihiroさんの見間違いではないでしょうか?sinθ = 2・sinθ/2・sinθ/2に関してですが、計算するとsinθ = 2・sinθ/2・cosθ/2になります。計算方法は下記の通りです。

sinθ = sin(θ/2+θ/2)
= sinθ/2・cosθ/2+cosθ/2・sinθ/2 (加法定理より)
= 2・sinθ/2・cosθ/2

ですから、sin(x+y) = 2・sin(x+y/2)・sin(x+y/2) に関しても、sin(x+y) = 2・sin(x+y/2)・cos(x+y/2)となります。計算は上の式にθ=x+yを代入すればできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません。本当に見まちがえでした。m(_ _)m
それにもかかわらず、適切なご回答いただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 18:47

 


  どうもよく分かりませんが、そんなはずはないと思います。
 
  sin(2a) = 2sinacosa

  という公式があるはずで、この a を
  a=θ/2  とか、  a=x+y/2
  とかにすると、提示の式は、
  sin(2a) = 2sinasina = 2sin^2(a)
  となりますが、こんな式が成立するのは、
  sina = cosa の時のはずです。(または sina = 0 の時)
  a つまり θ/2 や、x+y/2 が一定の数になります。
 
  何か、式の展開を間違えているか、または、上の定数が答えなのではありませんか。
    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
すみません。質問が間違っていました。m(_ _)m

お礼日時:2001/11/16 18:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2=(x+2y-1)(3x+y-2)について

3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2を因数分解せよという問題で、xについて整理し、3x^2+(7y-5)x+(y-2)(2y-1)という方針で解いていくやり方と、
yについて整理し、2y^2+(7x-5)y+(x-1)(3x-2)という方針で解いていくとき方の2通りありますが、どちらで解く習慣を身につけておいた方がよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

xやyのどちらの文字で整理するかで決めるのでなく、
次数の低い方、
その文字の現れる項数が少ない方
両方とも同じなら最高次の係数が小さい方
の文字に着目して整理して解くのが基本かと思います。

例題の場合はx,yについて共に2次、項数も共に3項で同じ、最高次の係数も3と2で素数の小さな数ですから、あまり差はありません。後は好みだけの問題でしょう。同じならxと決めて置いても

他の方法としてxとyの両方に着目し2次の項の因数分解
3x^2+7xy+2y^2=(x+2y)(3x+y)
をしてから、一時項を含めた因数分解に進めます。
左辺=(x+2y+a)(3x+y+b)
定数項ab=2に着目してa,bの候補を絞れば良いですね。

Q線形です (1)を x+3y-2z=0 x-2y+4z=0 x^2+y^2+z^2=1をもちいて 答

線形です
(1)を
x+3y-2z=0
x-2y+4z=0
x^2+y^2+z^2=1をもちいて
答えが+-の答えになりました
(2)では外せきが8,-6,-5となり
おおきさの5ルート5で割ると
+-の答えにはなりませんでした
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

外積からでてきた単位べクトルは、外積の定義から、ベクトルa、bに垂直ですよね。
だからそれと正反対のベクトルも、ベクトルa、bに垂直な単位ベクトルだから、これも答えに入れれば
よいのです。つまり外積から出した単位ベクトルの各成分に(-1)をかけた成分のベクトルも答えに
なります。そしてこうして出した2つのベクトルは、先に内積で出した2つのベクトルと一致します。

QX+y=√5 ,xy=1のときの次の式の値を求めよ。 1) x2+y2 2) 1/x + 1/

X+y=√5 ,xy=1のときの次の式の値を求めよ。

1) x2+y2

2) 1/x + 1/y

3)x3 +y3

お時間ございましたら
解き方教えて下さい(_ _)

Aベストアンサー

1) x^2+y^2
=x^2+2xy+y^2-2xy
=(x+y)^2-2xy
=(√5)^2-2×1
=5-2=3

2) 1/x + 1/y
=y/xy+x/xy=y+x=√5

3)x^3+y^3
=(x+y)(x^2–xy+y^2) ← この変形は公式?をそのまま使う
2つ目の()内は1)の値を使う
=√5(3-1)=2√5

Qx+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

クリックありがとうございます(∩´∀`)∩

 ★x+y+z=0,2x^2+2y^2-z^2=0のとき,x=yであることを証明せよ。

この問題について説明をお願いします。

Aベストアンサー

おおざっぱな説明になりますが、左の式を
z=-x-y
として、それを右の式のzに代入します。
それを展開してまとめると
x^2-2xy+y^2=0
という式になります。
あとはこれを因数分解すれば
(x-y)^2=0
となるので、x=yという答えがでます。
与えられた条件がほかになければこれでいいはずです。

Q放物線y=(1/2)x^2+xと円(x-1)^2+(y+1)^2=2の

放物線y=(1/2)x^2+xと円(x-1)^2+(y+1)^2=2の両方に接する直線の方程式を求めよ

という問題が解けません。

高2が分かるような解き方がありましたら教えてくださいませんか?;w;

Aベストアンサー

求める直線をy=ax+bとおいて、
(1)放物線とこの直線が接する→(1/2)x^2+x=ax+bとしてこの二次方程式が重解を持つ
(2)円と直線が接する→円の中心からy=ax+bまでの距離が円の半径に等しい

この二つを連立させればaとbが求められます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報