最新閲覧日:

JIS K0102の付属書によるとフロリジルカラムによる分離により定量していますが再現性が低いといわれたことがあります。何かほかに簡便で投資額の少ない方法で分析できないでしょうか?

A 回答 (1件)

こんばんは


動植物油の様な極性物質を吸着して分離するのはやはりフロジリルが一番信頼性が高いと思います。
水質汚濁防止法等の法律に定められた分析方法はJISに定められた方法ですから、基本的にはフロリジルカラムで分離して分析しないと、分析結果としては使えないものと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
確かにおっしゃるとおりだと思います。
ただちょっと気になるのが再現性という点で
知見・経験がないもので・・・
なにか参考になるようなものがあればまた教えてください。

お礼日時:2001/11/14 09:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ