現在農産物を扱う会社におります。
最近野菜の青パパイヤ(グリーンパパイヤ)の取り扱いを開始したのですが、販売が伸びず困っています。
テレビや新聞などで時々紹介され健康に良いのはそこそこ知れ渡っていると思うのです。しかし消費者の需要が読めなく大規模な宣伝になかなかでれません。
そこで、少しでも一般の方の青パパイヤに対するイメージを教えていただければと思います。
1、青パパイヤ(野菜)をご存じでしょうか?
2、食べてみたいと思いますか?
3、加工品(サプリメント、石鹸、漬け物等)であったらいいもの、購入してみたい物がありますか?

皆様の意見をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.知りません。


2.思いません。
3.効能がはっきりしないので、何とも言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この業界の努力不足を感じます。「食べたい」と思われるものを作っていきたいと思います。

お礼日時:2005/10/13 13:43

青パパイヤというのは知りません。


また正直なところ、おいしそうと言うイメージもわきませんし、食べてみたいとも思いません。
健康に良いのであれば、そこから宣伝をするのが一番効果的でしょう。
多くの人は「健康」という言葉にに敏感です。
健康食品ブームに便乗するしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
このごろの健康食品ブームはすごいと思っています。
日本で昔から食べられている食品が見直されている感じも受けますが、パパイヤも沖縄ではポピュラーなのでいつか注目を浴びると思っています。

お礼日時:2005/10/13 13:42

青パパイヤ知ってます


映画の「青いパパイヤの香り」で知って興味をもちました
日本でもベトナム料理屋さんとかでおいてあって
見かけるとよく食べます^^
食べるのはいつもサラダだけど・・・他の料理には
どんなのがあるんでしょうね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちゃんぷるーにしてもおいしいと思います。酢豚のパイナップルの代わりに使うとお肉が柔らかくなりますよ。
パパイヤの効能はいろいろあるので需要もあると思うのですが。

お礼日時:2005/10/13 13:38

青パパイヤの存在は


テレビではじめて知りました。

沖縄料理屋さんの特集で
青パパイヤのチャンプルを紹介してました。

そのテレビを見た後、
いつも良く行く沖縄料理屋さんに行ったら
青パパイヤおいてありました。

それまでは全然知らなかったせいか
興味がなかったせいか、
メニューにあることに全然気がついてませんでした。
知名度はかなり低いと思います。

でも沖縄料理は最近はやってて、
いろんなところに店舗を見かけますよね。
それに便乗して(?)

『沖縄料理で使われるポピュラーな野菜!』

みたいなかんじで売るのはどーでしょう?

ゴーヤだって最初はそんなに売れてなかったのに
いまや普通に家庭の食卓に
ゴーヤチャンプルが出てきますよね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最近増えてきていますね。沖縄料理のお店。
ゴーヤと同様有効な食材として食べられているのは事実です。
ゴーヤに負けず広めたいと思います。

お礼日時:2005/10/13 13:36

青いパパイヤ、知ってます。


でも日本で売っているのを見たことはありません。
食べてみたいと思います。

でもほとんどの人は、パパイヤといえば果物の
イメージのほうが強いでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たしかにフルーツのイメージは強いですね。
野菜としても魅力があるので普及に努めたいと思います。

お礼日時:2005/10/13 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青パパイヤの食べ方

青パパイヤを頂いたのですが 食べ方が分かりません。

美味しい食べ方をご存知の方、どうぞ教えて下さい!
お願いします、

Aベストアンサー

青パパイヤ、けっこう美味しいですよ。
サラダが、お勧めです。
剥く時に手がべたつきますが、食べると意外にあっさりしています。
(でも、少し青臭いです)
参考URLにお料理のレシピが載っていますので、参考にしてください。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~bigone/sub14.htm

http://www.tv-tokyo.co.jp/kusuri/backnumber/032.html

http://www3.diary.ne.jp/user/309888/

http://homepage1.nifty.com/yukoyuko/yasai36.htm

参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~bigone/sub14.htm

Q宣伝の方法

はじめまして。 英会話スクールを経営しています。 新規の生徒さんを募集しているのですが、どうも生徒の集まりが悪く今月もとても苦しいです。チラシをつくって新聞に折り込みちらしを作ったり、ポスティングに行ったり、道で配ったり、いろいろしているのですが、他に何かいい宣伝方法はないでしょうか? 効果的に宣伝できる方法があれば教えてください。 

Aベストアンサー

今の生徒を使って口コミによる「無料体験コース」などは企画して見られたでしょうか・・・?

Q青パパイヤについて

青パパイヤを手に入れました。料理法を教えてください。

Aベストアンサー

インドネシア在住中に、よく使いました。生のまま細く切ってサラダにしたり、茹でてカレーやスープに入れます。

下ごしらえとして、まずへたの部分を1センチぐらい切り落とすと、白い粘っこいものが出てきます。切り口どうしを擦り合わせて粘りをとります。(これは個体差があってそれほどでないときもあります)縦半分に割ると真中に種があるので、スプーンで取ってください。

その後カレーだったら2センチ角に切ってから、少しだけ塩を入れた水から茹でます。やや硬めに茹でておくと持ちがいいです。茹でたものをタイ風のさらっとしたカレーに入れたりします。

サラダ(和え物?)の場合は千切りにしてから塩をふってしばらく置くとしんなりさせます。これに茹でた豆モヤシと鶏笹身の茹でたものを細く裂いて、ピリッとする中華風のドレッシングなどで味付けすると美味しいです。

日本でいう冬瓜のような感じで、だしで煮てひき肉そぼろのとろみあんかけなども美味しいです。

余談ですがバリには「ジャパン」というそれこそ小型の冬瓜のようなものがあって、これも青パパイヤと同じような料理法で親しまれていましたよ。

暖かい部屋の中だと熟れてしまうので、早く調理されたほうがよいかと思います。

インドネシア在住中に、よく使いました。生のまま細く切ってサラダにしたり、茹でてカレーやスープに入れます。

下ごしらえとして、まずへたの部分を1センチぐらい切り落とすと、白い粘っこいものが出てきます。切り口どうしを擦り合わせて粘りをとります。(これは個体差があってそれほどでないときもあります)縦半分に割ると真中に種があるので、スプーンで取ってください。

その後カレーだったら2センチ角に切ってから、少しだけ塩を入れた水から茹でます。やや硬めに茹でておくと持ちがいいです。茹...続きを読む

Q通信教育の宣伝

主に大学生や男性、就職活動中の人たちに
(主に東京近郊~全都道府県へ)
通信教育の宣伝をしたいと思っています。

すでにビラは業者にお願いして作ってあります。
(しかし1枚の値段が高いのでムダな人にはあまり配りたくないという感じです。)

今考えているのが・・・
(1)大学の掲示板にお願いする。
(2)大学前でビラくばり。
(3)ホットペッパー、ぱどに広告を載せる。
というものです。

他にいい広告方法があれば教えてください。
また大学生や男性がよく見るものでそんなに広告費が高くないフリーペーパーなどあれば教えてください。
よろしくお願いします。
ちなみに会社は東京です。

Aベストアンサー

こんにちは。通信販売事業をしている物です。

オーバチュアなどの広告では、顧客を呼び込むまでは有効ですが
その後、注文までに至るにはサイトでの訴求力にかかってきます。

現状、既にチラシをご用意されているとの事ですので、
(1)ターゲット層の多いところに配置する
(2)住宅地の新聞に折り込み、またはポスティング
などが比較的有効かと思います。

また、ご自身で挙げられている掲示板やビラ配り、
ポスティングと言うのも現状あるチラシを有効活用できる方法かと思います。

ホットペッパーやぱどは、OL・主婦層が読者の中心なので効率はあまりよくないでしょう。

チラシの内容や具体的な商材がわからないので難しいですが、
まず最初は無料での資料請求を募った方が効率が良い場合が多いです。

Q時々苦いソムタム(青パパイヤサラダ)

たまに自分でソムタムを作りますが、時々苦い事があります。
原因が解かりません。
時間がたっても苦いのです。青パパイヤのせいか、合わせる材料のせいか、どなたか、おしえて~。

Aベストアンサー

こんにちは、

パパイヤのせいのようですよ。次で、「青パパイヤは堅くて苦い」と記述があります。
http://plaza.rakuten.co.jp/tsumuratakumi/diary/200609100002/

Q需要予測の仕方

競争戦略(相対評価、シェアの奪い合い)の中での需要予測についてご相談なのですが、例えば過去5年の財務諸表があり、その中で販売実績を基に移動平均法で需要予測をするという方法をとったのですが、あくまでも自社だけであればそれでいいのですが、他社(例えば、他に4社、自社含め合計5社の競争市場の場合)が存在する場合の需要予測の仕方を教えて頂ければありがたいのですが。長い質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

通常は、
1)市場全体がどう伸びるか、そして
2)そのなかでシェア割がどう変化するか
という2段階で予測するのが簡便的なやり方ではないでしょうか?

なお、1)を予測するときに、dd2000jpさんの示唆されているような、過去の移動平均からの予測というのは、
需要変化が安定しているようなプロダクト/サービスであればいいですが、そうでなければ、ヒストリカルなデータに将来予測が引きずられるということになってしまい、あまりよい予測方法とはいえないかと思います。

もう少し、諸要素との関連を考慮したモデルをつくって、複数通りの試算をされ(→一種の「感応分析」です)
そのうえで、需要予測をされたほうがよいように思いますよ。

Q青パパイヤダイエット

最近、脂肪燃焼とか、脂肪が溶ける、しかも短期間で!というような
うたい文句の青パパイヤ酵素(?)が入ったダイエット商品をネット上
で、よく見かけます。

こういう青パパイヤ商品を飲まれた方に質問ですが、本当に
短期間で痩せますか?
効いた話、効かなかった話を、教えてください!
また、こういう物って、身体に害はないのでしょうか?

また、効いた!という方は、もし良かったらどれを飲んだのかや、
値段や、買ったお店なども答えられる範囲で教えてください!(≧▽≦)

今年の夏こそは、痩せたいと思っているので、宜しくお願い
します!

Aベストアンサー

夢を壊して悪いのですが・・・
夏に痩せた体を晒したいなら、冬から痩せる努力をしていなければダメです。

脂肪燃焼は体のいろんなプロセスを通って起こる現象です。
また、細胞中の脂肪が直接溶けることはありません。
焼き肉の牛脂じゃないんだから。

何かを飲み食いして痩せる物などありません。
あったとしても、食事制限を簡略化した物です。

おおかた、お金と時間の無駄遣いです。

Q携帯電話の需要

世界的に見て、携帯電話の需要は増えるでしょうか??
それから、2003年、2004年~の携帯カラー率、カメラ率などってどれくらいになるでしょうか?
私としては、ネット上の情報ほど、携帯需要は増えないと思うのですが。。。
いろいろな意見を聞きたいので、情報等ある方いらっしゃったら御回答下さい。

Aベストアンサー

日本はもう頭打ちだと思いますが、まだまだ携帯普及率が低い、米国、中国は、伸びると思いますよ。
その意味で、世界的には、まだまだ伸びる気がします。
米国は、携帯電話については遅れている印象があって、持っていても、ストレートタイプの電話だけの端末が多い印象だったのですが、昨年、1年ぶりに米国に行ったら、それまでほとんど見かけなかった、多機能の折畳式の携帯電話が異常に増えていて、びっくりしました。
中国も、リッチな層はそんなに多くないのですが、人口の母数が大きいので、普及台数の面ではあっという間に日本を追い抜くでしょう。

Q青パパイヤの効能について

先日、母が青パパイヤドリンクを買ってきたのですが、どんな効能があるのかよく分かりません。どなたか知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

↓にパパイヤのことが色々載っています。

お母様は、多分ダイエット目的で買っていらっしゃったのだと思います。

参考URL:http://www.farmthefuture.jp/papaya/kounou.htm

Qハイブリッドカーの需要について

現在、ハイブリッドカーは好調な売れ行きを示していますが、こうした特定の商品にのみ需要が集中するのはなぜなのでしょうか?
また、ハイブリッドカーを扱っていない自動車メーカーにはどのような対抗策があるのでしょうか?

これは、大学の授業でディスカッションする予定の論題ですが、意見や参考できるURLを教えていただけたら幸いです!

Aベストアンサー

カテゴリから判断すると、これってマーケティングに関する質問なんですよね?。
質問内容が「物」にこだわりすぎでしょう。マーケティングとは顧客価値の創造と伝達と説得なんですから、非ハイブリッドのブランドの価値や魅力を作り出し、ターゲットとする客層に価値をどう伝え、どうやって取り込んでいくか、が問題なのでは?。
特定のハイブリッドが売れているのは、環境問題と優遇税制という法による強制パワーを背景に、マーケットの多数を構成する一般消費者層に、入手可能な製品という選択肢が実質プリウスとインサイトの二つしかない、ということです。需要に対して非常に狭い土俵しか与えられていないのですから集中してしまうのは当然。
非ハイブリッドのブランドを作るなら、ブランドのコアバリュー・価値の根幹は何かを定義し、STPを設定し、それを製品という具体的な入れ物に落とし込まなければなりません。製品には商品本体以外にセールスプロモーションやコミュニケーションも含まれます。
ビジネスではなくディスカッションだけなら技術的実現性はあまり考えなくてもよいので、空想的な技術も織り込みながら魅力的なブランドを考えればいいのでは?。タタの空気自動車とかね。「これが好き」という印象を与えるセールスプロモーションも。マツダのTVCFもおもしろい(自社製品は、ハイブリッドじゃないけどハイブリッドと同じ土俵で比較されてますよ、ハイブリッドにはない魅力を評価されていますよ、という内容)。

カテゴリから判断すると、これってマーケティングに関する質問なんですよね?。
質問内容が「物」にこだわりすぎでしょう。マーケティングとは顧客価値の創造と伝達と説得なんですから、非ハイブリッドのブランドの価値や魅力を作り出し、ターゲットとする客層に価値をどう伝え、どうやって取り込んでいくか、が問題なのでは?。
特定のハイブリッドが売れているのは、環境問題と優遇税制という法による強制パワーを背景に、マーケットの多数を構成する一般消費者層に、入手可能な製品という選択肢が実質プリウ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報