ニワトリと卵はどっちが先でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中11~20件)

鶏と呼ばれている鳥類が始めて


登場したのは鶏という特異種を生んだ
親の受精卵からでしょう。
そういう意味では受精卵自体は卵ですが
その時点から鶏です。
一個の特異種が全ての交配可能近隣種に
対して優性の場合、爆発的にその特異種が
第一世代種を凌駕していく事は可能でしょう。
答え「受精卵が先」
    • good
    • 0

難しい質問ですねぇ。

僕が考えるに、ニワトリが先だと思います。
理由は、進化の過程を考えていただくとわかると思うのですが、魚で説明すると。魚が陸に上がる時はエラ呼吸と肺呼吸をすることが出来る生物が水中で誕生し、その生物が陸に上陸し、ここまできた訳ですよね。
ではニワトリの場合を考えると、鳥類と爬虫類の祖先である始祖鳥が化石で発見されているのはご存知ですよね??始祖鳥から鳥類と爬虫類に分かれていった(今のところでは仮説ですが。)と考えると、鳥類の進化の上にニワトリの祖先が現れ、そして環境の変化、もしくは人が飼いやすい様に変化させていったのかもしれませんが、今のニワトリになって行ったと考えられます。これらのことを総合的に考えるとニワトリだと思います。
ここで、たまごが先だと考えると、ニワトリの祖先の産んだ卵からひよこが誕生し、突然ニワトリと言う品種になったと考えると、繁殖には少なくとも1ペアのニワトリが必要ですよね。突然な環境変化によって卵が変異を受け、ニワトリになるというのはかんがえにくいです。
結論!!ニワトリだーー!!
文才なくてごめんなさい。
    • good
    • 0

まず、進化論を信じるかどうかというところから違ってくると思いますが、生物が個体レベルで進化するのは理論として、かなり無理があります。

現在よく知られているのは、DNAのゆらぎによって突然変異が起こり、今まで存在していた種とはちょっと違う生物が生まれ、それが適者生存によって生き残った。これが進化と考えられていますが、DNAがちょっと異なる生物が1匹生まれても、当たり前ですが、その形質は遺伝できません。たとえすごい確立で全く同じ変異を遂げた生物が一つがい、いてもやっぱり種は残りません。種が存続するためには、一つがいでは無理です。
ということで先ニワトリからニワトリが生まれると言うのは無理があります。
ニワトリの前はなんだったのかはわかりませんが、ただの細胞塊だったかもしれないのです。(これも相当無理があると思いますけど。)
ということで本当にニワトリとたまごのどちらが先か問題は現段階で答えが出るものではありません。
    • good
    • 0

ちょっと混ぜっ返してみたいと思います。


これは、「ニワトリが先ずあったのか、ニワトリの卵が先ずあったのか?」ということですよね。
ニワトリというものを、いつニワトリと認定するかは、その種の最初の1羽が成体になって種の特徴を示したときですよねぇ。とすると、卵は何だか決めがたい事になりますので(先ニワトリが生んだのなら先ニワトリが生んだという意味で先ニワトリの卵となる。)これはニワトリが先だと思います。
    • good
    • 0

◆Naka◆


一つ大切なファクターが抜けています。
その卵というのは、ニワトリの卵ということでしょうか??
それともニワトリ以外の卵でも構わないのでしょうか??

ニワトリの卵だとすれば、ニワトリが先です。
なぜならニワトリの卵はニワトリにしか産めないからです。

ニワトリ以外の卵でもよければ、卵が先です。
最初のニワトリは、ニワトリ以外の卵から産まれてきたからです。
    • good
    • 0

この答えは,「卵」を何の卵ととらえるかで異なってくると思います。



まづ,deagle さんが述べている「最初のニワトリはニワトリじゃないものから生まれた」を前提とします。この「ニワトリじゃないもの(deagle さん曰く 先ニワトリ)」としては両生類等卵から生まれるものと考えられます。

したがって,「卵」を何の卵でもよいから「ニワトリ」と呼ぶ動物が出来た元の卵ととらえると・・・
「ニワトリ」は「先ニワトリ」の卵から出来た事になり,卵が先となります。

一方,「卵」を「ニワトリ」の卵ととらえると・・・
もちろん,「ニワトリ」が存在しない限り「ニワトリ」の卵も存在しえませんから,ニワトリが先となります。

以上ですが。いかがでしょうか。
    • good
    • 0

1は卵2はトリ(ニワトリ)です。

    • good
    • 0

ニワトリです。

    • good
    • 0

 生物学的には卵が先ですが……。


 この問題に答えを出しても意味があるんでしょうか(笑)

 動物はほんのわずかずつ進化していきます。
 あるとき、ふとしたきっかけで、「先ニワトリ」――つまりニワトリになる1つ前の生き物が突然変異を起こし、それがニワトリになります。
 つまり、「最初のニワトリはニワトリじゃないものから生まれた」のです。
 よって、卵が先です。
    • good
    • 0

細胞から個体が出来上がるという点から


「卵が先」と思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卵とニワトリどっちが先

卵とニワトリどっちが先
って最近いったりしますよね?

これどういう意味ですか
答え以前に質問の意味が分かりません。
教えてください

Aベストアンサー

卵が先かニワトリが先かは、大昔から言ってますから、最近の言葉ではありませんね。
意味としては、結論が出せない事です。
ニワトリは卵から産まれますが、その卵を産んだのはニワトリでしょ?の意味になります。
ただ、個人的には卵が先だとは思います。
理由は、突然変異が進化の過程では有り得るからですが、一般的には結論が出せないのです。

Qなぜ、ニワトリは無性卵を生むのでしょうか?

 私たちが普段から食べている卵は、ヒナが生まれない無性卵です。

 卵というのは、本来は自分の子孫を残すために生むものです。

 ならば、自分の子孫が生まれない無性卵というのは、何の目的で生んでいるのでしょうか?

 養鶏場では、雌鶏だけで毎日のように卵を生んでいます。雌鶏というのは、生殖に関係なく卵を生む習性があるのでしょうか?

 もし、習性があるとしたら、それは何の為に備わっている習性なのでしょうか?

 卵を溶いていて、ふと疑問に思いました。ご存知の方、教えてください。

 

Aベストアンサー

私は生物の専門家ではありませんが・・・。

人間のメスにだって「排卵」がありますよね。
ただ、目に見えるような形で“卵”が出てこないだけで。

“卵”の形状は大きく違いますが、受精するかどうかは別として、定期的に排卵する、というシステムは大体の生物共通だという認識でいいかと思います。
魚類などは卵を産み付けて、そこに精子をかけますよね。子供を作るから卵ができるのではなく、まず「卵ありき」なのでしょう。

考えてみれば、オスだって子供を作りたい時にだけ精子を生産するわけではないですね。

Qニワトリを孵化させるとき、卵が軽くなるのはなぜ?

ニワトリの受精卵を温めて、3週間するとヒヨコが生まれますよね?
卵を温めはじめてから、1週間ごとに卵の重さを測ったらだんだん軽くなっていったんです。無事3週間後に孵化したんですが、疑問なのはなぜ卵が軽くなっていったのかです。ほんの数グラムずつですが・・・

卵黄が細胞分裂を繰り返してヒヨコになったのはわかるのですが、中の物質が外に出ない限り卵自体の重さって変わらないですよね?
卵の中でさまざまな代謝が行われて、物質が変化しても全体の重さは変わらないのではないでしょうか?質量保存の法則??
殻を抜けて、水分が蒸発したから卵がかるくなっていったのでしょうか?

発生学に詳しい方の回答をお願いします。

Aベストアンサー

生物は、発熱します。
熱量に代わっているのです。

Q鶏が先か卵が先か?

よく、たとえ話で使われるこの言葉。
本当のところはどっちなんでしょうか???

くだらない質問でスイマセン。

Aベストアンサー

以前に同じ質問がありました(QNo.16790 ニワトリ?卵?)。参考 URL に載せておきます。

様々な方が議論に参加されていますので,一度御覧になって下さい。

あ,私の「経験者」というのは先の議論に参加した経験者の意味です。「鶏が先か卵が先か?」の学問上の経験者ではありませんので。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=16790

Qニワトリの卵は細胞か

ニワトリの卵の発生は、(1)卵胞の成熟(卵黄の形成)、(2)排卵、(3)卵黄周囲膜、卵白、卵殻の形成、(4)産卵、の順だと思います。
 ここで、(2)の排卵時の細胞は卵黄を含んでいてものすごく大きいと思うのですが、本当に1つの細胞でしょうか。
 カエルの卵は植物極に卵黄を含んでいて、それ1つで細胞だと思います。おそらくいくらなども同じです。しかしニワトリだと、卵黄は3cm近くあるので、本当に細胞かどうかが疑わしく思っています。受精するにも、卵子の核の反対側から精子が入ってきた場合、核が融合するまで時間がかかりすぎると思うのですが・・・。

Aベストアンサー

<哺乳類の受精は、卵に一匹の精子が侵入する、いわゆる生理的単精に分類されます。それに対して鳥類や爬虫類では、受精の際に複数の精子が卵に侵入することから、生理的多精と呼ばれます。>
http://www.rinshoken.or.jp/news/289.htm#研究部門紹介

鳥類については知識がありませんが、魚類の場合は#2さんのおっしゃるとおり動物極付近の卵門から精子が侵入します。「魚類 卵門」で検索をかけると、数多くヒットしますが、下はその一例です。
http://otolith.ori.u-tokyo.ac.jp/2001/ind/hara/hara.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報