中小企業の働き方改革をサポート>>

私は不登校だった予備校生です。
今までどうしようもない状態で、何をやっても中途半端でした。悲しいことに自分の心が安定しないことに、自分自身へ大きな不信感をいつも抱いていました。

そんな時、昨日JNN系列で放映された細木数子先生の番組内で「生かされて生きてる。」こと、そして「生きる為に、人が最低限しなければならない事。」という事を知らなく、また現状の私に実際に抜けていることと感じ、大きく心に残りました。だからこれを学ぼうと思いました。

そこでその中で一番初めに細木数子先生がおっしゃられた、「命の尊さを知ること」というのが、具体的にどうやって知ればいいのか解りません。皆さんは「人の命の大切さ」というのは、具体的にどんなときに感じられましたか?総合や道徳の授業、講習会、テレビ番組、それとも何かの出来事ですか?


私は予備校生であるにも関らず学習も中途半端で、予備校に行くことでさえ心が悪い方向へ動いてしまい、行けないことがよくあります。でも根本原因がこれならば、出来るだけ早くこの学習をして、現状を脱却したいと思いました。
このようなどうしようもない私ですが、どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

苦しく辛い状況の中で何とか前向きに取り組んで、乗り越えようという強い決意が感じられる真摯な質問ですね。



「人の命の大切さ」を私は質問者様のような方を見ると、とても強く感じます。

質問者様はご自分のことを
「どうしようも無い状態」とか
「何をやっても中途半端」とか
「悲しい事に心が安定しない」
などとおっしゃいますが、今苦しみながら、もがきながら、何とか脱却したいと、ご自分を奮い立たせ、出口を捜していらっしゃる。・・・

それこそ、その姿こそ、質問者様の努力と決意こそ
「命の尊さ」を体現している、と私は感じます。

人が自分の置かれた、又は未熟さにより自ら招いてしまった、恵まれない、辛い環境を何とか乗り越えようと又向上しようと必死で取り組んでいるとき、何より命を輝かせ、尊い光を放っています。

ですからそんなに卑下しないで下さい。
自己否定しないで下さい。

質問者様は「命の尊さ」を他者に教えてくれているのですよ。

何事も、結果より過程が大切です。
結果自体は、良いも悪いも、成功も失敗も、将来ひっくり返る可能性があります。

成功と思ったことが、結果的に後日、その人に不幸をもたらしたり、失敗と思われたことが、後の大成功のきっかけになることはよく有ります。
人生万事塞翁が馬ですね。

でも、努力した過程はいつまでもその人の宝となり、身に付きます。
質問者様は今その宝を積んでらっしゃるのです。

現在の苦しい状況の体験が後になってきっと役にたちますよ。何度も言いますが、「結果」より「過程」です。

向上を目指し、努力する限り、今すぐではなくとも、絶対、良い結果がついてきます。
質問者様の望むような結果がすぐでなくても、将来きっと質問者様の希望する人生に導かれていきますよ。

「自分の命の尊さ」をしっかり噛み締めることだと思います。
自分の命を例えようも無く尊いと思うとき、きっと他者の命もかけがえなく大切に思えるようになると思います。
それが「人の命の大切さ」を分かるということではないでしょうか。
    • good
    • 0

ls77さんの求道心に感服致します。


私自身も特にそういったことは学習したことがないですが、私生活の中で脳を使えば専門的ではないかもしれませんが、可能になると思います。

例えば、日頃気にもとめないことに対して、思慮深く接してみてはいかがでしょうか?
『命の大切さを知る』という観念を頭の中で持ちつつ、例えば、人の笑っている姿をみて、あの人は笑っているけれども世界には、残酷に悲しんでいる人も今この時にいる、今生きたいけれども死んでいる人もいる、当たり前だと思うこと全てが、こうやって思慮深く見ていけば、全てが当たり前ではないんだ、大切じゃないものなんてないんだという風な結論に至ると思いますが、こういう方法もありだと思います。
私は物事に対して、思慮深く接していけば、命の尊さを知ることは誰にでも出来ると思います。

なにか参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

昔、ある先生から教えていただいた言葉


「今日、君がなんとなく過ごした時間、それは、
昨日亡くなった人が一番大切に思い、欲しかったもの」・・・・今でも大事にしている言葉です。
これを聞いたときは凄くショックでした・・。
    • good
    • 0

難しい質問ですね。


私は自分がどうして今ここに居るのか?両親がいてそのまた・・・では、その初めは???
これがきっかけで、どのように生きるべきか?さらに、どのように死ねばよいかと・・・武士道のような。
「でも、あなたは明日死にます。」と言われたら慌てるでしょ。まだ遣り残したことがぁ・・・と。
それに向かって頑張れば、きっと良い青春を謳歌できますよ。
私が遣り残して悔やみきれないことは、親孝行です。
ご両親がご健在なら、是非心がけてみて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報