昨日のニュ-ス・新聞等で紙面を賑わしたあの17歳の
少年の事件・・・・・

こうどうして、他人を虫けらみたいに安易に傷つける
行為をするんだろうか~また、考えるのか?

自分だけは他人に認めてもらいたがるのに、相手を
相手の価値を認めようとはしない・・・・矛盾してるね

相手を認めることで、自分と比較してしまうのかな~
他人より劣ると自己嫌悪しそれが、「邪魔な存在」
と、でも考えてしまうのか?

他人と比べること自体そもそもおかしなこと
自分は自分でいいじゃないか-
できの悪いとこもありの違う部分でいいところもある。
みんなそうじゃない~????
それを素のまんまの自分を好きになって、どれもこれも
いろんな面の自分をみとめて行けば・・・・・

でも、そうできない大人も子供おおいね~
他人を思いやることってそんなにむつかしいことなのだろうか~~?

こんな事件が起こるたび、耳にする都度、やるせない
感情におそわれる。

子供の事件のようにおもうが、大人も一緒だと思う。
こどもは、大人の背をみて育っている。
たてまえだらけの大人の姿から、直さなくっちゃ
子供だけに目をむけて対策練ってもなにも
解決の糸口はみいだせやしない。

大人も素のまんまんでは生きれないんでしょうか?
自分らしくあるには、まずどうすべきだと
みなさんは、どう考えますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>自分らしくあるには、まずどうすべきだと


>みなさんは、どう考えますか?

1)他人に認めてもらうことにこだわらない。
 他人の評価はあくまで「参考」。他人がどう思おうと譲れない自分の「意志」や「やりたいこと」「めざす方向」をはっきり認識すること。

2)「自分」を他人に押しつけない。
 自分の意見や価値観、好みや善悪の判断を他人に強制的に認めさせようとしない。他人の意志や好みを「尊重」し、自分のまわり以外にも様々な他人の「世界」があることを素直に認める。自分の知らない、わからない世界があっても、疎外感からそれをバカにしたり見下したり「関係ない」と無視するのはやめる。

 私は、この2つにつきると考えます。

---
【補足】「アイデンティティーの未成熟」と「素のままで生きること」について

 上記のことが、当たり前に、自然にできる人もいます。しかし、不幸にも「そうでない人」にとっては、かなりの葛藤を乗り越える必要があるかも知れません。なぜ困難かというと「そうでない人」にとって上記の考え方をとりいれることは「妥協」であり、

「今の自分がなくなってしまう」
「素のままの自分が否定される」

 と感じられるからです。誰しも「自分が否定される」ことには本能的に強い反発を覚えるものです。

 ですが、そもそも、今、私たちが認識している「自己」はモノではありません。様々に変わっていく可能性を秘めているのです。それを「今の自分」「素のままの自分」という考え方で限定する必要はありません。

 「ありのままの自分」「今の自分であり続けること」にこだわる限りは、どうしても他人の目が気になり、他人の評価が自分の行動の絶対基準になりがちです。そして他人にも無意識に「変わらないこと」を期待してしまう=押しつけてしまうようになります。

 しかし、実のところ、どう変わったとしても私たちは私たち自身でしかありえませんから、今の自分にこだわらず、どんどん自分の可能性を追究していく「発想の転換」が必要だと思います。そうすれば「変わっていく他人」「自分の知らない他人の世界」にも寛容になれるのではないでしょうか。

 したがって「自分らしくある」ための第一歩は「自分を変えることを恐れない」こと、と言えるかも知れません。ちょっと難しい用語で言うなら、これが「自分らしくある」ための「アイデンティティーの確立」につながっていくのです。

 なお、ご質問の17歳の少年は「アイデンティティーの確立に失敗した」「未成熟だった」と言えます。つまり、自己と他人の区別が、本当のところはついていなかったのです。すべては自分の世界にあり、自分以外の世界があることを認められない。だから、自分の世界の一部であるはずの家族や他人が、自分の思い通りにならないことに、私たちが考える以上に腹が立ち、許せなかったのだと考えられます。

 「素のままで生きる」という表現は、たびたび「アイデンティティーが確立できていない未熟な心のままでいる」ことと混同されがちですが、ここはきちんと区別すべきところだと思います。--a_a
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスが遅れてごめんなさい。
たくさん、「個人的意見」カキコしてくださって
ありがとうございます。
greenhouseさんのものの考え方個人的に好きです。
ただ、今回あたしの書き方がまずかったので
あたしがお聞きしたかった点とちょっと、ちがってたのが
残念だったなぁ~と・・・・反省してます。

どなたかが、いっておられたのですが・・・・
親と子は写し鏡だと、、、、

大人、親自身が、上手く大人になりきれず、親もどきの
状態で子供を育てているから一番弱い子供に影響が及ぶ
ような気がします。
リストラの嵐が吹きすさぶなか、親のこころをホロ-
してくれる(リラックスさせてくれる)場所なり機関が
もっと、あってもよさそうなのに・・・・

なぜかしら、それは個人まかせ。
なんだかおかしくないですか?
子供に手を差し伸べる機関は、たくさん設けられてきているのに・・・・

お礼日時:-0001/11/30 00:00

>自分だけは他人に認めてもらいたがるのに、相手を


>相手の価値を認めようとはしない・・・・矛盾してるね

確かに・・・。
でもこの矛盾を持っていない人が世の中にどれほどいるでしょうか?

他人を思いやることは難しいです。
どうして他人を思いやれるんでしょう?
嘘っぽいと思います。
意見の食い違う人や,理解しがたい人をどうやって思いやるんでしょう。

>他人と比べること自体そもそもおかしなこと
>自分は自分でいいじゃないか-

生きてて理不尽さを感じたことがある人はこう言いきれないところがあるはずです。他人をねたんだり、恨んだりすることって極々普通だと思います。それこそ、素じゃないですか。

この回答への補足

「意見の食い違う人や、理解しがたい人をどうやって
 おもいやるんでしょ?」

と、おっしゃいますが・・・・
自分を基準にしてものを考えれば当然自分の範疇をこえるものならわからないでしょう~
しかし、そういうかんがえかたもあるんだ。とおもえば
また違うところでわかる部分もでてくるのでは?

そうでないと、自分の考えに共鳴できる、賛同できる人以外受け入れられないということになるんじゃないんでしょうか~?

「生きてて理不尽さを感じたことがある人はこう言いきれないところがあるはずです。他人をねたんだり、うらんだりすることって極々普通だと思います。」


そうしてまいがちだ、ということは否定はしません。
ただ、それを普通だとは認識していません。
そうしてしまいがちなことも認めて、そんな部分の自分も
いると自分自身で認めた上で(欠点)いろんな人と
かかわっていけないものか?

ねたみ、恨みの感情をいだいていることをかくして
上っ面で、愛想の笑みを浮かべながらたてまえの関係を
つづけるほうが、おかしいと言いたいのです。

補足日時:2000/12/06 20:38
    • good
    • 0

一般の常識で考えてはダメなの。


こういう事件を犯す人間は一種の病気、というか、DNA異常なのです。
カウンセリングのとき、一番に行うのは、この人はいったいどのくらい「母親」あるいは「父親」に心が支配されているのかを調べることです。虐待されていたならわかりやすいのですが、心を縛られた状態にあるとこの手の異常がおきやすいのに、わかりずらい。やっかいです。
この手の人の親はいたって常識的であり、他人には優しく振舞うので世間の評判も良いものです。しかし、家の中では支配者であり、子供や配偶者の心を蝕んでいきます。支配者は常に誰かに頼りきって生きています。例えば、「あなたをこんなに愛しているのだから、あなたも私のために頑張って。」などのような言葉を常に吐きます。すると、この言葉を聞く人は、支配者の言うことを聞かないのは罪悪である、と思い込みます。また、反面、自己を実現できないジレンマにとらわれ、非常に苦しみます。困ったことに、自己実現をしようとすると罪悪感が湧き上がりどうしても出来なくなってしまうのです。
もっといろいろありますが、これは親から子へ受け継がれやすく、連鎖を断ち切るのは至難の業なのです。
自分がこういうことにならないために、親になったら子供を思いっきり可愛がることです。そうすれば子供は時期が来ると安心して自立しようとします。そのとき親は手を離すこと。そして、子供は完全に親離れすること。親離れすることは親不孝することでは無いという事をきちんと理解できる人間を育てなければならないのです。
    • good
    • 0

>他人を思いやることってそんなにむつかしいことなのだろうか~~?


 とても難しいと思います。
 人のことまで考えられるということは、自分自身に自信があるからだと思います。
 かの少年は「勉強の出来るいい子」なようですが、
 勉強が出来ることは自信に繋がらず、出来ないことはコンプレックスに繋がります。
 勉強が出来るということは同級生に嫌われ、親にはそれが当然と思われる。
 誉められることも喜ばれることも無いと自分の存在価値に疑問をもちますわな。
 「子供だから・・」といっても、子供だからこそ存在価値が欲しい。

 この辺の世代の親ですと、親も勉強しかやってなかったので
 いわゆる論理教育が出来ないのでしょう。

 細かいところははしょっちゃいましたが、K-1説です。

この回答への補足

K―1さんのレスは、あの少年が事件を何故起こしたか
という、少年の心理プロセスをつづられたようですね。
ごもっともなことと思います。

私の質問の書き方がまずかったせいか、皆さんのレスが
この少年事件に集中してしまったようですね。
ちょい!自己反省しています。

たてまえでものを言う親の背を知らず知らず見て育っている今の子供たち。
親自身が本音で語りにくくなっている人と人の関係。
「人を思いやること」あたりまえに思えて、できそうで、
できにくいことの難しさ。
わたしたち大人が、少しでもかわんなくっちゃ-
上のような犯罪もあとをたたないんじゃないかなぁ~

その為には、どうしていけば言いのだろうかといいたかったんです。

補足日時:2000/12/06 21:04
    • good
    • 0

 事件を起こした少年に関しては、この疑問は当てはまらない、と考えています。


 なぜなら彼らは、「他人を思いやる心を、何らかの原因によって正しく教育してもらえなかった」かわいそうな子供だからです。

 littlekissさんのご意見は、正しい倫理教育が正しく完了していることが前提となっていますが、すべての人間がこれらを正しく学習できているとは限りません。
 よって彼らは、このような疑問を持つことすらできないのです。

 他人を思いやることが当たり前だと思っている人にはなかなか理解しがたかもしれませんが、他人を思いやるって、実はすごい「高度な」ことなんですよ。
 それができない人間にとって、他人を思いやるとは決して「素」の状態ではありません。

 ですから、やっぱりこういうことは親がちゃんと教育しないと駄目なんです。
 もっとも、間違い電話をかけてしまった子供に対して「さっさと切りなさい」と教えているような親だと、それも難しいかもしれませんがね(--;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • むし歯・う蝕のまとめページ

    むし歯(う蝕)とはどんな病気か  むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。日本では、食生活の変化とともに多くの人が罹患(りかん)するようになっています。  6年に一度行われる歯科疾患実態調査の最近(2005年)の結果では、6歳における乳歯のむし歯および12歳における永久歯のう蝕有病歯率(ゆうびょうしりつ)(処置された、あるいは未処置のむし歯をもっている...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「自分へのご褒美」ということば

「自分へのご褒美」とよく女性を中心に言いますが、なぜわざわざ「自分へのご褒美」なんて言うのですか?
「いちいち言わないでだまって好きなもの買ってろ!」って言いたくなります。
自分がガンバっているのを人に認めてもらいたいんでしょうか?
買う理由を確認したいのでしょうか?

「ご褒美」は人からもらうものだし、たいした仕事もしてない人ほど自分にご褒美ばっかりあげている気がします。

なぜ人は「自分へのご褒美」というのですか?

個人的には自分自身に甘い人なんだ、、と思ってしまうのですがどうでしょう?

Aベストアンサー

それは人それぞれだと思います。
人から得る評価もあれば個人的な評価もあるでしょう。
自分で目標を設定した事って無いですか。
「1時間勉強したらテレビを見よう」だって見方を変えたら「自分へのご褒美」じゃないですか。
甘いかどうかは。貯金が必要な時に貯金が減っていっているなら話は別ですが、別に禁欲する事が良い意味での厳しさという事ではないと思います。
解脱を目指しているわけでもないし。

Qいろんな考えがあることを認める立場に立ちたいが、一定の勝ちは認められない・・ これは自己矛盾??

いろんな人のいろんな意見があります。
それは認めます。
しかし、僕が、どうしても認められないときがあります。
いろんな考えがあること自体を否定する考えです。

よく似たものとして、差別する人を差別することも差別なんだろうかとかも思っちゃいます。

僕はいかなる意見も認めたいです。
絶対的な意見など無いと思っています。(A)
しかし、上のように絶対的に認めたくない意見もあります。(B)

これは自己矛盾でしょうか?
Aは客観、Bは主観とも思えますが、
差別することや価値相対主義を否定することは客観的に正しくないとまでおもっています。

人と議論していて、いつもこのことに悩まされます。
いつかつつかれたらなんてつつじまをあわせればいいのでしょうか?すじを通したいのです。

たとえば、価値相対主義を否定してくる人に対して、どう言えばいいのでしょうか?そういう人の意見もわかるのですが、それはよくないと言いたい。
けど相手から、「あれアンタは価値相対主義なんでしょ?だったら僕の意見もあったっていいんでしょ?」と言われたときに、「うん、あってもいいよ、けどね・・・」 とその後どういえばいいのでしょうか??

何か自分で言ってて分けわかんなくなってきちゃいます。誰か僕の立場で、スジを通してください・・(+_+)

いろんな人のいろんな意見があります。
それは認めます。
しかし、僕が、どうしても認められないときがあります。
いろんな考えがあること自体を否定する考えです。

よく似たものとして、差別する人を差別することも差別なんだろうかとかも思っちゃいます。

僕はいかなる意見も認めたいです。
絶対的な意見など無いと思っています。(A)
しかし、上のように絶対的に認めたくない意見もあります。(B)

これは自己矛盾でしょうか?
Aは客観、Bは主観とも思えますが、
差別することや価値相対...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

私にこの件について私の考えをわかりやすく説明できるか心配ですが、一応やってみますね.

ここには、いろいろな考えを持った人たちがこの国を作ってきたと言えるほど、違った意見を持った人たちがいます. そして、違った意見をもってもいいよ、と言う社会です. つまり、人は違った考えを持っている、と言う事がまず土台となってしまっています.

つまり、最近の日本がそのようになってきた、と言う事でもあります. 昔は、みんなと同じ考えをもっていないといけない、とまで言われました. 持たなければ、協調性が足りない、社会性を無視してる、となり、一人狼になりかねませんでしたね.

私が思うに、日本はその過渡期に入っているので、調整が難しい、のではないでしょうか.

アメリカ人は自分中心だ、と言われるひとつの理由として、子供の頃から、自分の考えははっきりもたなくてはいけないよ.と言って教育/躾をします. いろいろな意見を尊ぶ社会で、自分の考えを持たない、自分の考えを言葉にしてあらわせない、と言う事は、鳥なのか地上を歩く動物なのか分からないこうもりの童話の主人公になってしまうわけです.

極端な理解をすると、自分にためになる意見だけ取り入れて後は無視! 悩まされるのは時間の無駄、と感じる、とでも言ってもいいと思います.

つまり、いろいろな意見があると言う事は、すなわち、自分でも理解できない、または、理解したくない、認めたくない意見、と言う物が実際に存在する、と言う事なんですね.

それをどのように処理するかは、一人一人の自由であり、権利でもある、ということです(社会を乱す事をする以外は). ということは、意見の違いに悩まされると言うこと自体、自分の為にもならないし、時間の無駄になる、と言う事でもあります.

では、どうするか、と言うと、理解しなくても、認めなくとも、いいことなんですね. その意見があると言う事の存在さえ認識すればいいことだということです.

自分の意見を教える立場、または、その意見で人を引っ張ると言う意識と実力がなければ、聞くだけ聞いとくよ、で済ましてしまう、と言う事なんですね.

アメリカ人も人間です. 違う意見に怒りを感じる、と言う人も、また、反論したくて仕方ない、と言う人もいます. その人たちはその人なりに苦労をしてしまう、と分かっている人は、仕方ないな、で済ましてしまうと言う事ですね.

こちらでは、予断になりますが、トークショーと言って、おもにAMのラジオですが、ある、話題に対して、視聴者が自分の意見をずけずけといえる/言う番組がそこら中にあります. それを聞いていると、極端に違う理解をしている人たちがたくさんいるし、こんな事で話し合っているのは馬鹿馬鹿しいと言うだけの人もいます。 そういう違う意見を毎日のように聞いていると、人それぞれの感情、状況に合った理解をしているんだな、と言う事が分かります.

と言う事は、違った意見の一つ一つの中にも納得のいける要素と言う物が見えてくる、と言う事になります. そうする事によって、自分の意見に共鳴しない人は「必ずどこかにいる」と言う事も分かってきますし、状況によって、その意見が正しい、と言う事も分かってきます.

つまり、絶対的に正しいと言う事も、絶対的に正しくないと言う意見も元々ない、と思うことになります.

だから、自然と相手の意見を尊重するけど、自分の意見を変えるところまでは行かないよ、と言う事になるわけです. これが分からない人は、いつまでたっても、人を非難する事にもなるし、自分が一番なんだと思い込み、結局は、誰にも認められなくなってしまうわけです. 結局は自分にとって「損」だと言う事ですね.

と言う事で、アメリカ人は~、と断言的に言っている私の意見も、私個人のアメリカ人を見た全くの個人自己主張、ということになります. 私は、誰にも、私の考え方を押し付けようとも、納得させようともしていないつもりです. ただ、私の意見を受け入れてくれれば、個人として嬉しいな、と言うレベルである、と言う事です.

人を差別する事がいけないと一般が思っても、私はする!とすれば、私自身の考えであり、それに対しての、副作用が私に降りかかってくることを予測できなかったり、気がつかない、と言う事は私自身の問題であって、私自身の大人としての責任でもあるわけで、誰の問題でもないとするわけです. という事は、その副作用についても知る必要があり、それが、人の経験と言う事にも繋がってくるわけですね.

自分の言った事、自分の行動には自分で責任を持て、と言う躾がその背景となっているわけで、だからこそ、子供たちに、基本的な考えを植え付けると言うことが、結局、子供たちの為になる、と言う考え方もでてくるわけです.

何か、取り留めのないことを書いてしまった感がありますが、私はこの質問に対しての一回答として、書かせてもらいました.

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

私にこの件について私の考えをわかりやすく説明できるか心配ですが、一応やってみますね.

ここには、いろいろな考えを持った人たちがこの国を作ってきたと言えるほど、違った意見を持った人たちがいます. そして、違った意見をもってもいいよ、と言う社会です. つまり、人は違った考えを持っている、と言う事がまず土台となってしまっています.

つまり、最近の日本がそのようになってきた、と言う事でもあります. 昔は、みんなと同じ考えをもっていないといけな...続きを読む

Q自分にご褒美、してますか?

先日、糖尿病の隔月の受診を済ませ、検査結果は極めて良好でした。
ちょっと、体重は減らし過ぎのようで、主治医からは少し増やしても良いと(?)。
加えて、嬉しい事に、月に1~2度なら、食事制限を緩める日を設けても良いとの事でした。
そこで、頑張った自分に(プチ)ご褒美、という事で、およそ3年ぶりくらい?にコーラを頂く事にしました。
ただ、緩み過ぎはいけませんので、ささやかにミニ缶、160㎖ ですが(苦笑)。

皆様は、自身にご褒美をしていますか?または、どのようなご褒美でしたか?
ちょっとしたご褒美でも、豪勢?なご褒美でも、コッソリと、でも構いません。
お気軽に、回答をお寄せください。(但し、シモ系回答はご遠慮願います。)
それでは、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

訳あって、貧乏生活中。

節約生活のご褒美として、月末に余った小銭で、チョコレートと鯛焼きを買います。

夫(糖尿病+浪費家)への嫌がらせ効果で、美味しさ倍増です!。

証拠隠滅には、細心の注意を払います(笑)。

Q「まんまんちゃん、あん」の語源を教えてgoo!

「まんまんちゃん、あん」の語源を教えてくらさい!

なるべく、信憑性のある説明を添えていただけると助かります。
私は、ごはんをたべる幼児語だと思っていたのですけど、違うんでしょうか…。

Aベストアンサー

 「まんまんちゃん、あん」はもともと神仏を拝む動作を表すようです。
 
 小学館の「日本国語大辞典」(第2版)では「まんまんさん」が見出し語で、「なんまいだ」の項を見るように指示があります。
 
 で、「なんまいだ」を見ますと、当然「ナムアミダブツ」がなまった形であるという説明がありまして、各地の方言が紹介してあります。
 「なんまんなんまん」(島根県)、「なまなまさま・なまなまはん」(山形県)「なむなむさん」(静岡県)、「ままはん」(大阪府)その他様々な形がありまして、「まんまんさま」「まんまいさん」、それに「まんまんちゃん」の形も紹介されてあります。
 どれもだいたい、神様や仏様を、もしくは神仏を拝むことを示す幼児語として使われているようです。、仏前の鐘をたたく木のことを言ったり、お遍路さんや太陽・月などを言うケースもあるようです。
 ちなみに食事に関する用例は「日本国語大辞典」の説明にはありませんでしたが、関西では実際に使われるようですね。

 ということで、「まんまんちゃん」は結局「なむあみだぶつ」(を繰り返した形?)がなまって変化したものではないかと考えられます。

 堀井令以知さんの「大阪ことば辞典」(東京堂出版)にも「まんまんちゃん」が「南無阿弥陀仏」の転か、と記されています。

 「あん」の方はの語源は残念ながら分かりませんでしたが、「日本国語大辞典」「大阪ことば辞典」や「京ことば辞典」にはそれぞれ、頭を下げて礼をする動作を示す語として説明されています。

 ご飯を食べるときにも、神仏の前と同様に合掌・礼をするので、食事の挨拶を表す語としてもと使われるようになったのではないでしょうか。
 
 なお、参考URLは朝日放送ラジオの「東西南北龍介がゆく」の「孫の手お調べ隊」のものです。(2001年)9月17日(月)の所をごらん下さい。

参考URL:http://abc1008.com/touzai/backnumber.html

 「まんまんちゃん、あん」はもともと神仏を拝む動作を表すようです。
 
 小学館の「日本国語大辞典」(第2版)では「まんまんさん」が見出し語で、「なんまいだ」の項を見るように指示があります。
 
 で、「なんまいだ」を見ますと、当然「ナムアミダブツ」がなまった形であるという説明がありまして、各地の方言が紹介してあります。
 「なんまんなんまん」(島根県)、「なまなまさま・なまなまはん」(山形県)「なむなむさん」(静岡県)、「ままはん」(大阪府)その他様々な形がありまして、...続きを読む

Q自分ががんばった、もしくは落ち込んだときのご褒美、ショックを癒すために

自分ががんばった、もしくは落ち込んだときのご褒美、ショックを癒すために
どういうことをやっていますか?また何を自分にプレゼントしますか?

またよく美味しいものをご褒美にするとよくききますが
ご褒美じゃなくても買おうと思えば買えるのであまりありがたみを
感じることができないのですが、ありがたみを増やすコツ見たいのがあれば
おしえてください

Aベストアンサー

こんにちは。

買おうと思えば買えるけど買わない・・・ということはすぐに必要ないものということですよね?
それを後先考えずに欲しいから買っちゃおう・・・=普段我慢している物欲を解放するということではないでしょうか?

例えば私の場合。

今日は頑張ったから何かご褒美ほしいな。→普段は太るから食べないようにしてる、大好きな豚骨ラーメン食べちゃおうかな?
といった感じでしょうか?

ありがたみってよりはストレス解消に近いですけどね。

自分の中で普段我慢していることをしてみてはいかがですか?

Q認められたいという気持ちが強すぎる自分

別に負けん気が強いとか、虚栄心があるとかではないのですが、どうも私は他の人よりも自分を認められたいという気持ちが子供の頃から強いように思えます。
そのため、自分と同じぐらいの年齢の女性が感じる、小さな幸せであるとかささやかな楽しみであるとかを見落としがちで、日常のマイナス点ばかりを拾いがちです。
毎日が面白くないせいもあり、最近は休日でも外に出ない日が多くなりました。これが続いたせいか行動力が枷をされているように次第に衰えていて、望みどおりに動けない自分が悔しくてなりません。

心の平穏を保つために最近は読書に勤しんでいるのですが、少なくともそれはインプット作業であり自己表現とは逆の作業です。かといってネットの書評サイトや書店の読後コメントなどを見ていても、(恐らく書評者同士の派閥でもあるのか)あまり穏やかなものを感じません。

争うのも疎ましい、行動もブレーキがかかりがち、自分の楽しみを自分ひとりで楽しむ幸せも感じない、何か査定をしているような(この国の人たちはすぐ他人のことを気にしますから)人の目が鬱陶しい、もはや全てにおいて息苦しさしか感じません。

人に認められることと、人の目を気にせず自分の思うままに生きることとの間に筋を通し、矛盾なく一本の確立したラインにしたいのです。
塞ぎこみがちで行動の少ない自分にも喝を入れたくもあります。
どなたかお知恵をお貸し下さい。


※なお、前向きに解決したくあるので、メンタルヘルスなどのお話はご遠慮願います。

別に負けん気が強いとか、虚栄心があるとかではないのですが、どうも私は他の人よりも自分を認められたいという気持ちが子供の頃から強いように思えます。
そのため、自分と同じぐらいの年齢の女性が感じる、小さな幸せであるとかささやかな楽しみであるとかを見落としがちで、日常のマイナス点ばかりを拾いがちです。
毎日が面白くないせいもあり、最近は休日でも外に出ない日が多くなりました。これが続いたせいか行動力が枷をされているように次第に衰えていて、望みどおりに動けない自分が悔しくてなりません...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「人に認められたい」と思って、そのために試行錯誤しながら努力してたりすると、カッコ
イイと思ったりします。

人の目を気にしまくって身の回りや外見にすごくこだわる人も、そのためにスゴく努力して
たりすると説得力があり尊敬させられたりします。

個人的には、どんなにクダラナイ動機によるものだとしても、そのためにスンゴく頑張って
たりすると、逆に「ステキなやつだなぁー!」と感動させられたりすることが多いです。

世の中には、いろんな方面にスンゴく頑張っている人たちがたくさんいます。質問者様の
ように「他人より自分が認められたい」という一心で、「そこまでするか!」というくらい
頑張る人にかならずいると思います。そういう人に、書籍やネット情報などで出会うと、
元気が出ます。そして、勉強にもなります。

ぜひ、いちど試してみてください。

Q自分へのご褒美ってどんな物がありますか?

1000円以下なら スイーツなど 食べ物が中心ですが

そこで質問です

(1)自分へのご褒美で 1000円-3000円以下は 食べ物以外で何がありますか?
(2)自分へのご褒美で 3000円-10000円は食べ物以外で何がありますか?

Aベストアンサー

初めまして。

>(1)自分へのご褒美で 1000円-3000円以下は 食べ物以外で何がありますか?


『てもみん』
でしょうか。



>(2)自分へのご褒美で 3000円-10000円は食べ物以外で何がありますか?


『足裏マッサージ』
辺りでしょうかw。


(^.^)

Q自分は変えれるけど他人は変えれない?

よく一時期に「自分は変えれるけど他人は変えれない、だから自分を変えれるように努力しよう。」といった用語がでていたと思います。

これは個を重視しすぎて肥大化しすぎて、硬く荒れた空気の中で、相手が柔軟性がなくなっていて、とても変わりそうにないという意味だと思います。また新たなテクノロジーの出現で煩瑣になり、難しくとらえがちになったとか。

でも、他人への深い洞察などで、当然一変させるとかは難しくても少しずつの変化などはあるように思えます。人って集団で生きる生物かと思いますので、影響などしあったり誰かが引っ張ったりすることがあるのではないかと思います。

周囲を変える努力ってどのようなものだと思われますか?

Aベストアンサー

違いますよ。「柔軟性がなく、なかなか変わらない」のは自分も他人も同じ。
何か問題が起きた時に相手の「柔軟性の無さ」だけのせいにするなんて傲慢極まりないです。

そうではなくて、自分自身だってそう簡単に変えることは出来ないんですから、他人を変えるなんてもっと難しい、って意味だと思いますけど。


そもそも自分は、「(自分自身を含めて)人はそう簡単に変わらない」ものだと思います。少なくとも、人の「変えたい」という意思ではそう簡単には。これには理屈があるのではなく、経験上です。
少しずつの変化は確かにあるかもしれませんが、それも誰かの「変えたい」という意思によるものではないと思います。周りの状況に合わせて、人の意思とは無関係に、徐々に変わっていくだけ。大きなきっかけで変わることもあるかもしれませんが、それも人の意思ではない。

率直に言って、「(自分自身を含めて)人を変える努力」なんて無駄だと思いますよ。それを考えるのも無駄な時間。
それよりも、今ある「自分」と「他人」のままで、どう出来るか、を考えた方が現実的だと思います。

Q自分へのご褒美

こんにちは。

今自分へのご褒美を買うとしたら、何を買いますか?

私は、スキンケアやバスグッズか、ちょっとお高めの下着(可愛くて綺麗なブラ)が欲しいなと思っています。

よろしければ教えて下さい。
ただ、『自分へのご褒美』という言葉に嫌悪感を抱く人もいるようですので、そういう人はスルーして下さい。

Aベストアンサー

クルージング旅行!
誰も一緒に行ってくれない旅でしたが、最高に楽しかったです◎
何回でも自分にご褒美してあげたいです(^^)

Q愛情を知らないまま大人になるとどんな特徴の大人に

愛情を知らないまま大人になるとどんな特徴の大人になるんですか?たとえ悪く育ったとしても自分で自分を教育するなどすれば更生することはできるでしょうか。

Aベストアンサー

基本的な改善は無理かと思います。
それは人間はいろんなものを学ぶときに適した時期があるからです。

有名なのがアメリカのある少女の話です。
彼女は産まれてから中学生くらいまで精神異常者の父親に虐待され地下室に閉じ込められ話しかけられることもありませんでした。
そのため保護された時14歳くらいだったはずですが、体格は焼夷学生低学年程度、その後言葉や会話を心理学者の里親が教えましたがほとんど上達しなかったそうです。

このように愛情を一番理解するのに適した時期というものがあります。
イタリア発の女医モンテッソーリが唱えた説なんですけどね。
今では障害児保育にとり入れられていることでも有名です。
およそ愛情を一番理解するのは半年~1,2年ほどで人見知りが始まる頃だそうです。
人見知りとはだれがだれか判別できるようになったことで、自分の欲求を満たしてくれる人と信頼関係を築いていく時期です。

ですからその時期に愛情を知らず育つと基本愛情というものは知識として理解できてもコミュニケーションとして活用するのは大変困難でしょう。
訓練でもある程度しか補えないと思います。

基本的な改善は無理かと思います。
それは人間はいろんなものを学ぶときに適した時期があるからです。

有名なのがアメリカのある少女の話です。
彼女は産まれてから中学生くらいまで精神異常者の父親に虐待され地下室に閉じ込められ話しかけられることもありませんでした。
そのため保護された時14歳くらいだったはずですが、体格は焼夷学生低学年程度、その後言葉や会話を心理学者の里親が教えましたがほとんど上達しなかったそうです。

このように愛情を一番理解するのに適した時期というものがあります。
イ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報