ワイン産地の「山梨県・甲府市」と「フランス・ボルドー市」の気候を比較研究しています。

探してみたところ、甲府地方気象台では365日の天気出現率と気温平滑平年値が提供されていました。

・甲府の天気出現率
http://www.tokyo-jma.go.jp/home/kofu/menu/siryo_ …

・甲府の気温平滑平年値
http://www.tokyo-jma.go.jp/home/kofu/menu/siryo_ …

そこで「ボルドー市の365日分の平均化された気象データ」も入手して比較したいと思います。ボルドー市はフランスのジロンド県の観測ポイントとなっています。

フランスの「メティオ フランス」を探しましたが、こちらでは該当データにたどり着けませんでした。

・メティオ フランス
http://www.meteo.fr/

インターネットで該当する気象データのURLがフランスか海外にあれば教えてください。



なお、霞ヶ関の気象庁の気象相談所に問い合わせたところ、気象庁で閲覧できる海外の気象観測ポイントのデータには気温平滑平年値の項目が無いそうです。

ですから、閲覧室のデータを印刷してもらって、自分で入力処理する必要があるようですので、すでにまとまっていれば助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1のものです、コメント有難うございました。




ブドウの生育には、単に気温だけではなく、水はけその他も大きく影響してきます。
(甲府盆地でブドウ生産が多いのは、火山地形(扇状地etc.)のため水はけがよく、結果的に地中海性気候と近い土壌を生み出している部分がある・・・ということは、地理などで修められてご存知のことと思います。
また、ブドウ栽培も厳密には、甲府市街地ではなく、笛吹市、塩山市等、甲府とやや離れ、標高もやや高いところが主流です。従って、甲府市の気温がそのままブドウ栽培に適した気温といえるかどうかは吟味必要な状況ありです。)

更に、ワイン作りを踏まえた場合は、日中と夜間との寒暖差も影響してきます。

こういった点を踏まえると、日別平滑平年値をもし比べることが出来たとしても、そこから導き出せる結論は非常に限定的であり、
本当に差異を追求したいのであれば、その他の周辺情報も一通りきちっと押さえる必要があることが明らかと思うのですが・・・。いかがでしょうか?



なお、日本でも本来、日別平滑平年値は、書物に収められているものですよね。(便宜上ウェブでも公開しているわけです)

ですので、もしどうしても、ボルドー付近の日別平滑平年値が欲しい、ということであれば、
メティオフランスに、メールなりお電話なりで問い合わせてみるのが一番ではないでしょうか?

また、やや古いものであれば、大きめor専門の図書館などで見つけることできるかもしれません。そういうルートも検討されて良いと思います。


shuheisterさんが、本件にどこまで真剣でいらっしゃるか、ちょっと分かりかねるのですが!?!?!?、
もし本当に気合入れるのであれば、いろいろと策はあるでしょうし、また他に手がけるべきこともあるのでは?

という意味での補足でした!


以上ご参考いただける部分あれば幸いです。
    • good
    • 0

ワインの名産地ということで気温を比較されようとしているのでしょうか?



それ以前に、それぞれの土地で栽培・生産されているブドウ・ワインの異同をお調べになったほうが良いと思います。


ワインは世界各地で生産されていますが(イタリア、米カリフォルニア、チリ、オーストラリア、ドイツ、スペインetc.)、
それぞれの地域の気候に合った生産方法が確立しているはずです。そしてこれらは、(同一部分もあるでしょうが)異なる部分も少なくないはずです。

例えば、お米の名産地ということで、バンコクと新潟の気候を比べても厳しいでしょう(そもそも作られている品種が違うため・・・)。


甲府と比較するのが、果たしてボルドーで適切なのか、まずはそこから確認されたほうがよいように思いますが、いかがでしょうか?


なお、このあたりは、山梨大学・山梨県などで研究機関を設けていますので、問い合わせてアドバイスいただくのも1つかと思います。
http://www.wine.yamanashi.ac.jp/
http://yamanashi.visitors-net.ne.jp/~wine/ken_01 …


追伸:
甲府と海外の気温を比較する際ですが、ウェザーニューズに相談してみる手もあるかもしれません。。。
http://weathernews.com/fr/c/

この回答への補足

Chuck_GOO様
早速のお返事ありがとうございます。

「甲府と比較するのが、果たしてボルドーで適切なのか」という件についてのご指摘もありがとうございます。

”生産”するという産業の面では、お米などの例を挙げていただいように比較対象の選定作業が非常に重要だと思います。

国内にもいくつも関係機関があることも参考になりました。機会があれば問い合わせてみようと思います。

しかしながら、一般消費者の立場では単純にワイン売り場の「甲府ワイン」と「ボルドーワイン」を比較してしまいがちですので、明らかな気候の違いに踏み込んでみたいと思っております。

ウェザーニューズではありませんが、海外の現在の気候についてはここでも配信されております。7時間の時差がありますので丁度お昼です。

・ボルドー地方の現在の天気
http://www.wunderground.com/global/stations/0751 …

更新日時: 2005年 10月 03日 12:00 CEST
Observed At: Bordeaux, France
Elevation: 200 ft / 61 m
55 F / 13 ℃
曇時々晴
湿度: 77%
露点温度: 48 F / 9 ℃
風: 6 mph / 9 km/h from the 北北西
気圧: 30.39 インチ / 1029 hPa
視界: 6.2 マイル / 10.0 キロ
UV: 4 out of 16
Clouds: Few 1500 ft / 457 m

補足日時:2005/10/03 19:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコルクではないワインのキャップの開け方を教えて下さい

お土産でもらったカナダのワインですが(CANADIAN MAPLE WINE)、キャップがコルクではなく、しかし、コルクのような形で4cm位の長さでボトルに入っています。
多分プラスティックだと思います。
通常のワインオープナーでは硬くて刺さりません(開けられません)。

方法をご存知の方、お願いします!

Aベストアンサー

プラスティック製だとしたら、中へ押し込んでしまうのではないでしょうか?
コルクの栓もそうしてしまう人を見たことがあります。

Q気象予報士と気象庁の役員の違いを教えてください!

気象庁の役員と気象予報士の違いが気になったので質問します。
違いはなんですか?知っている人教えてください。

Aベストアンサー

気象予報士は気象予報の資格を持っている人です。
気象庁の役員には必ず必要なモノではありません

Qワインの開け方

いつもお世話になってます。早速なのですが今晩,軽い気持ちでワインを買ったのですがワインオープナーが自宅に無いことを考えていませんでした。そこで・・・少々乱暴ですがオープナー以外でコルクを抜く方法がもしあれば教えていただけませんでしょうか??
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

切れ味が良く、かつ細身のナイフを差し込んで、
コルクの栓を真っ二つに綺麗に切って、
ビンの中に落としてしまえばいいんです。
そうすればヘンな屑は出ません。
そうそう、まずはビンの口の上端で水平に切って、
それからグサッと中に差し込んでいくんですよ。

螺旋のオープナーを使わず、ナイフだけで開けるバーテンさんもいます。
もちろん、プロはそれでも栓を綺麗に外に出してしまいます。
中に落とすなんてことはしません。

なお、文房具のカッターナイフはダメです。
あれだと、途中で折れちゃったら危ないですので。

それとか、千枚通しでも何でも手段を選ばず栓を粉々にしてしまい、
あとから茶漉しとかコーヒーのフィルターみたいなのでろ過しながら
飲むとか、荒業もありです。

Q圏界面の気温の求め方について。地球の高度0mの平均気温は15度である。このとき、圏界面の気温は

圏界面の気温の求め方について。

地球の高度0mの平均気温は15度である。
このとき、圏界面の気温は、何度になるか。
対流面の平均的な気温減率は0.65℃/100m
、圏界面の高度を11kmとする。

という問題なのですが、

11km=11000m
11000÷100=110
0.65×110= 71.5

という求め方であっていますか?

Aベストアンサー

地学基礎ですね!(違ったらごめんなさい。)
今示されている考え方はまだ途中で、今求めた71.5℃ってのは11000m上昇した際の気温が『低下』する温度差です。
だから、地上の温度15℃から71.5℃を引いた-56.5℃が正解じゃないかなと思います。

Qワインの美しい開け方

ワインのコルクを抜くときに使ってるオープナーは、
女の人がスカートはいてるみたいな形の物(仮に★とします。)使ってるんですが、
頭の所、くるくる回すと両手がバンザーイとなって、
最後に両手をぐいっと下げるとコルクが簡単にはずれるヤツです。
このタイプのオープナーでないとうまくコルクが抜けません。

ですが、まわりに付いてるフィルムがうまくはずせません。
ナイフの付いたオープナーも持ってるので、それで一旦切ってるんですが、
きれいにはずせた試しがありません。
いつも破れちゃうので、ビリビリ手でむいてます。

きれいにフィルムをはずすのにはどうしたらいいのでしょうか?
また、★のオープナーを使うときには、ナイフも別に使って開けるものでしょうか?
それとも★のオープナーのみで開けることもできるんですか?

どなたか知ってらっしゃる方お願いします。

Aベストアンサー

★式のワインオープナーはウイング式というみたいです。
コルクの周りについているフィルム状のものは、ウイング式だけでは開けられませんので、ナイフやカッターで切ることになります。ナイフで上手に切るのは熟練を要しますよね。そこで「フォイルカッター」なるものがあります。ワインの口の少しくびれた部分に回転式のカッターがついたフォイルカッターを当て、カッターを軽く握りながらぐるっと半周させるときれいにフォイル部分が取り外せます。

文章にするとややこしいのですが実際は1,2秒で簡単に切ることが出来ます。ウイング式のコルクオープナーとセットになった同じデザインのものも売っています。私も愛用しています。

ワイン屋さんや輸入雑貨屋さんで売ってると思います。とりあえず「フォイルカッター」で検索してみてください。価格も高いものではありませんよ。

Q今年の梅雨のような天気は異常気象?一般的な気象?

今年は西日本で未だに梅雨のような夏ですがこれは異常気象なのでしょうか?
また、梅雨明けはまだしていないのでしょうか?

また、梅雨のような天候ですがこれは異常気象なのでしょうか?
それとも、ある程度一般的な気象なのでしょうか?

Aベストアンサー

WMO(国際気象機関)の定義では、
「異常気象」とは、30年に一度程度の希な現象とされています。
統計的には、西暦の下一桁が0となる前、30年間の平均値を「平年値」と呼びます。
「平年値」は、毎十年ごとに改訂されます。
統計値の中には、観測項目毎の「極値(=最大値、最小値)」も含まれて居ます。
これらの極値と比較して、上位(下位)記録を更新する様な値が観測された時、異常値と見なされます。
この数年、最高・最低気温や短時間或いは一日降水量等の記録更新が、全国各地から報告されています。それらの現象については、観測地点での異常気象値として取り扱われますが、年間を通じての平均値という点からは、12月31日までの平均値が、平年値と比較して異常値を示した場合に、その気象値について異常であったことが確定されます。
梅雨明け発表後の「梅雨のような天候」は、時折あります。7月中なら「梅雨の戻り」などと表現したりしますが、今年の場合は8月も下旬になって居ますので、梅雨という表現は使えません。
現在日本付近に停滞している前線、「梅雨前線」は不適切ですし「秋雨前線」と呼ぶにも早すぎる感じで、気象庁も困っているかと?
似た様な雨の多い年も過去にはありましたし、「梅雨明け」が確定されなかった年もあります。
降水日数や降水量、最高・最低気温が多くの地点で異常値を示した時は、今年末観測結果の統計を以て「異常気象年」と呼べるかどうかが判定されます。

WMO(国際気象機関)の定義では、
「異常気象」とは、30年に一度程度の希な現象とされています。
統計的には、西暦の下一桁が0となる前、30年間の平均値を「平年値」と呼びます。
「平年値」は、毎十年ごとに改訂されます。
統計値の中には、観測項目毎の「極値(=最大値、最小値)」も含まれて居ます。
これらの極値と比較して、上位(下位)記録を更新する様な値が観測された時、異常値と見なされます。
この数年、最高・最低気温や短時間或いは一日降水量等の記録更新が、全国各地から報告されています。...続きを読む

Qワインの開け方がわかりません

ワインを頂いたのですが、
コルクの上に金具のような硬いものがついていて、
カッター等で切っても傷一つ付きません。
ソムリエカッターとかいうのが必要なんでしょうか?

家にある道具で開けられないのですか?

Aベストアンサー

ソムリエナイフが適していると思いますが、カッターやナイフなどでも切れますよ。
切るときはフチの段になっているところに沿ってクルっと一周切りはがします。
伝わるか不安ですが頑張ってくださいね。

Q平年並みはあるのに、閏年並みはない?

よくテレビで「降水量は平年並み」などといいますが、
「降水量は閏年並み」とはいいませんよね。
やっぱり4年に1度しか来ず、統計が少なすぎるためなんでしょうか??

Aベストアンサー

用語の意味として、「平年」というのは、過去30年間の平均値を用いています(気象庁)。なので、閏年が多く見積もってみても30分の7回となり、その中の1日というふうに考えても、統計上の誤差の範囲になると思います。
ちなみに、今年(2008年)の平年値は、1971年~2000年までの平均値を用いて作成されており、次回、平年値が変更になるのは2011年になります。

あと、異常気象という語句が他の方の回答の中にありましてので、若干補足を。
「異常気象」とは普段あまり見られない気象現象としてよく使われていますが、これもきちんとした定義があり、現象が統計的に見て30年に1回あるかないかくらいの現象であるとするときに用いられる用語です。

参考URL:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/toki.html

Qスパークリングワインの持ち運び及び開け方

私はワイン初心者の者です。
宜しくお願いいたします。

来週会社の先輩の家で忘年会があり、
いつもお世話になっているので感謝の意味を込めて
人生で初めてのスパークリングワイン(自分の財力では高級です。笑)を買いました。

割と有名なものなので
喜んで頂けるかな、とも思っていたのですが、
噂ではスパークリングワインは持ち運んでから開けると吹きこぼれてしまうというのです。

それが本当かどうかはわかりませんが
実際持ち運んで先輩の家で無事に開けることは可能なのでしょうか?

忘年会自体は朝まであるようなのですが、
できれば一番盛り上がるときにでも開けれるといいなと思っております。

どなたか詳しい方、知恵をお貸しください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

既に回答されている方の中には、スパークリングワインとシャンパンとを別物のように考えておられる方々もおられるようですが、発泡性のワイン全体を、英語でスパークリングワインと呼びます。

フランスでは、ヴァン・ムスー、
ドイツでは、シャウムヴァイン、
スペインでは、ヴィノ・エスプモーソ、
イタリアでは、ヴィノ・スプマンテ、
と言い、いずれも各国の言語で、発泡性ワインのことです。

フランスの発泡性ワインで代表的なものが、シャンパーニュ地方でシャンパン方式で造られるシャンパンなのです。
シャンパンは瓶内で二次発酵を起こさせ、その際に発生した炭酸ガスで発泡性を持たせます。
同じフランスでもそれ以外の地方の発泡ワインには、シャンパンの名称は使用できません。
例えば、ソミュール・ムスー、ブランケット・ド・リムー、クレマン・ダルザスなどの名称が与えられます。
フランス全体の発泡性ワイン生産量のほぼ3分の2が、瓶発酵法です。

ドイツでは、瓶発酵法のものは10%にも満たず、大部分がタンク発酵法で、密閉タンクで二次発酵を行わせ、無菌濾過後、瓶詰します。特定の基準を満たしたものがゼクトと呼ばれます。

スペインでは、90%が瓶発酵法です。シャンパン方式によるものが、カバと呼ばれます。

イタリアでは、10%が瓶発酵法で、他はタンク発酵法です。

製造法としては、カーボネーション法もあります。
ワインを冷却し炭酸ガスの溶解度を大きくした状態で炭酸ガスを吹き込み、発泡性を持たせるものです。
私の経験では、この方法で造られたスパークリングワインは、瓶発酵法やタンク発酵法で炭酸ガスが生成されたものに比べ、抜栓後の泡立ちの持続性は短いように思います。
自然に溶け込んだ炭酸ガスの方が、細かい泡がいつまでも続きます。

以上は、ご質問への回答ではありませんが、まずスパークリングワインというものを正しく知って頂くために、最初に説明させてもらいました。

<割と有名なものなので>
とのことなので、上記のどのタイプのものなのでしょうか?
<高級>
だというからには、シャンパンのような気もしますが。

いずれにせよ、スパークリングワインを供するのは冷えた状態でなければなりません。
レストランなどでは、冷えた氷水を入れたバスケットに瓶を浸けておいて、テーブルまで持ってくるものです。
購入されたスパークリングワインが、今あなたの家に置いてあるのなら、まず冷蔵庫で冷やしておきましょう。
忘年会の会場までは、新聞紙のようなものに包んで、手提げ袋に入れて持ち運べば、振り回したりしない限り、特に問題はないと思います。
会場では、氷水を入れたバケツを用意してもらって、実際に抜栓する時までその中で浸けておきます。
十分冷やしておけば、スパークリングワインの栓を抑えているワイヤーをはずせば、割合容易に栓は抜くことができます。
ただし、瓶の口は、人がいない方向に向けておきましょう。
栓を手で必ず押さえておいて下さい。「ポン」という音で栓は抜けます。
よく栓を飛ばしてみたがる人もいますが、正式にはこの音をさせることの方が重要だと言えます。
あまり冷えていないような時には、ガス圧が高まって暴発することもありますので。

既に回答されている方の中には、スパークリングワインとシャンパンとを別物のように考えておられる方々もおられるようですが、発泡性のワイン全体を、英語でスパークリングワインと呼びます。

フランスでは、ヴァン・ムスー、
ドイツでは、シャウムヴァイン、
スペインでは、ヴィノ・エスプモーソ、
イタリアでは、ヴィノ・スプマンテ、
と言い、いずれも各国の言語で、発泡性ワインのことです。

フランスの発泡性ワインで代表的なものが、シャンパーニュ地方でシャンパン方式で造られるシャンパンなのです。
シ...続きを読む

Q過去の特定の地域の最高気温と最低気温を知りたいのですが

過去の特定の地域の特定の日の最低気温と最高気温を知りたいのですが、そのようなことを検索できるサイトはありませんか。気象庁のサイトを見てみましたが、探し方が悪かったのでしょうか、見つかりませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気象庁のサイトの中ですがここは見られましたか?
http://www.data.kishou.go.jp/etrn/index.html
http://www.data.kishou.go.jp/

参考URL:http://www.data.kishou.go.jp/etrn/index.html,http://www.data.kishou.go.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報