数年前にあった、和歌山カレー事件のその後について、何かご存じの方、なんでもいいのでおしえてください。参考になりそうなホームページなどでも結構ですので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【パリ同時多発テロ事件】パリ同時多発テロ事件の主犯格の3人が逃亡中でなぜ主犯格なのに自爆テロで英雄に

【パリ同時多発テロ事件】パリ同時多発テロ事件の主犯格の3人が逃亡中でなぜ主犯格なのに自爆テロで英雄にならなかったんですか?

もしかして自分の逃亡経路確保のために8人のジハード志願者が滞在している場所を通報したのでは?

通報した人物こそが主犯格で、警察がアパートにテロリストがいると通報を受けて集まっているときに逃げるルートを確保した気がします。

で、なにも聞かされてない8人は女性がパニクって自爆スイッチを押して全員が吹っ飛んだ。

そこに主犯格がいなかったし、そこにテロリストが潜伏してるなんて分かるのはテロリストの仲間だけですよね。

しかも、そこに主犯格がいるなんて一般市民が通報しますか?

主犯格自身が自分が逃げるために、自分がいると仲間を売って逃げた。

違いますか?

Aベストアンサー

> 違いますか?

フランス当局の発表によれば・・全く違いますね。

「目撃情報のほか、電話の盗聴や銀行口座の金の動きなどから、アジト(サンドニのアパート)を割り出した」そうだし。

首謀者の死亡も確認されたでしょ?

Q戦争に勝った方はなんでも意見が通るのですか?

戦争の後の処理についての考え方についてですが・・

日本で時々アメリカが落とした不発弾騒ぎがおきます。

その処理費用は日本もちです。

一方で、中国で日本がおいてきた地雷の処理は
日本人の責任と負担でなされています。


戦争は勝利した方の意見がなんでも通る世界なのでしょうか?

たとえ、負けても正しい意見は抹殺されるのでしょうか?

Aベストアンサー

あと、難しい事かもしれませんが
アヘン戦争ってありますよね

英国が中国に対し麻薬を売りつけようとして、中国が断って戦争になりました。
 この場合中国はどうしたらよいでしょう
1.我慢して国民が麻薬中毒になり、荒廃していくのを見守る
2.負けるの覚悟で戦争する。

 結局戦争しなくても、力の弱い国家はなき寝入りするしかないのかもしれません
 
 負ける覚悟の上の戦争は愚か者のする事という方もおられますが、人間殺されるのをわかっても、抵抗するのが本能です。
 毎日、いじめっこに苛められても、腕力で勝てない相手に、どうしたらよいか?
 自分からケンカをして負ける人は単に笑いものかのか?
 それとも、抵抗してこれ以上苛められないように喧嘩して努力をするのか・・・

 これは人によりいろんな考えがありますので正解はないのかもしれません。
 ここ最近の世論では、ダメでも抵抗しようという考えが 右翼的・・・
 何しても無駄だから無抵抗のまま死のうというのが左翼的と言われてますね。

1904年~1905年、日露戦争
1904年、アメリカは日本を仮想敵国として「オレンジ計画」を策定。
日露戦争での日本の勝利は、白人の敗北としてアメリカで排日運動が高まり、
「事後法」による移民や日系人の排斥へと推移していきます。
当時、日本人は先人の努力で黄色人種の中では世界でも特別扱いでした。
一流ホテルへ宿泊できたのは黄色人種の中では日本人だけでした。
アメリカ移民の先輩中国人は鉄道の線路工夫がやっとで奴隷状態でしたが、
日本人は農業などで次々と荒れ地を豊かな農地へ変えていきました。
それは白人にとっては魔法でした。白人より優秀な黄色は許せないことでした。
白人移民は技術も才能もなく貧乏でした。
白人は日本人の農地や店舗を強奪しても神から許されると考えました。
「事後法」による移民や日系人の排斥へと推移していきます。
1906年、アメリカで新帰化法。帰化申請を白人とアフリカ人に限る。日本人は帰化不可。
1913年、排日目的の「外国人土地所有禁止法」。
アメリカ市民になり得ない外国人(日系1世)の不動産取得、保有、使用、譲渡を禁止。
法案のなかには、日本人の営業不許可や日本人学童を隔離するものまで含まれていた。
1922年ケーブル法成立。アメリカ市民(日系2世)が非アメリカ市民と結婚した場合は市民権を失う。
1924年、「移民法」で日本人の移民を全面的に禁止。別名「排日移民法」。
これまでアジア人の中では特別扱いだった日本人についても
他のアジア諸国と同じ人種差別的な取り扱いとなる。
1941年12月7日 日米開戦、日系アメリカ人は敵国日本と同一視される。
1942年、日系人12万人の強制収容(3分の2はアメリカ市民)。ドイツ人イタリア人は自由。
日系2世がアメリカに忠誠を誓い従軍しました。
1946年、収容所が閉鎖される。日系人は家屋の破壊や資産喪失に愕然となりました。
今のアメリカ西海岸の農地の多くは日系人が荒れ地を開拓したものを強奪されたものです。

 当時の日本は抵抗する道を選びました。
 自ら死ぬことを抵抗し、なんとか生きようとするのを 見苦しいと取るか(どーせ負けるなら、抵抗せずに素直に自殺しよう)
 自分は人間だから、何とか生きようと努力することを生きようとすることが(0.1%でも可能性があるなら、なんとか生きよう)よしとするかは、それぞれ人の判断しだいです

 当然、負ける可能性が高いなら戦わず、素直に自殺しよう。勝てる可能性が無いのに戦うなんてトンマでアホ臭い・・というのも一つの考え方です。
 

あと、難しい事かもしれませんが
アヘン戦争ってありますよね

英国が中国に対し麻薬を売りつけようとして、中国が断って戦争になりました。
 この場合中国はどうしたらよいでしょう
1.我慢して国民が麻薬中毒になり、荒廃していくのを見守る
2.負けるの覚悟で戦争する。

 結局戦争しなくても、力の弱い国家はなき寝入りするしかないのかもしれません
 
 負ける覚悟の上の戦争は愚か者のする事という方もおられますが、人間殺されるのをわかっても、抵抗するのが本能です。
 毎日、いじめっこに...続きを読む

Q詐欺事件について

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070215k0000m040155000c.html
このような詐欺事件をきいてふと思ったのですが、、、

詐欺事件、、、たまにありますよね。。。

うまい話には乗るな、必ず裏がある! と誰もが知っていると思うんです。

人の弱みに付け込んで、、騙す方が明らかに悪いのは分かるのですが、

詐欺で騙される方は後を絶ちません。。。

『儲かります!私にお金を預けてください!』という人には、誰一人として信じてはいけませんよね?

実際、うまい話で、儲けた方っていらっしゃるのでしょうか?

やはりうまい話で儲けた方なんて、いないですよね?

Aベストアンサー

こんにちは。

やはり、もちかけた側でしょね。

それと、少しズレますが・・・

たまにある移植の寄付などでしょうか。
法的にはなんら問題はない。 マスコミに取り上げられれば、最近の事例のように自分の財産は使いたくないようなお金持ちでも大金を手に入れられる。
それに、手術を結局しないで、どこかに寄付もせずお金を自分のものにした極悪な親もいますしね。
寄付したからにはその人のお金でしょうけど、子供をダシに使って金を儲けた奴もいるので、うまい話っちゃうまい話かなと。

もちろん、ほとんどの方達が全ての財産を投げ打って、残りを寄付して欲しいと呼びかけているというのは知っていますよ。
ただ、一部金のことしか考えていない奴らもいるということで。

あとは、凄いなと思ったのが、
外国の女性ですが、夜な夜な遊びとおして借金を何千万?つくったのですが、HPかなにかでで寄付して欲しいと色々な反省文などを書いたら、さっさと寄付で借金を返したってのも聞いたことあります。
文才があったのでしょうけどね。正直羨ましい笑

詐欺ではないですが、上手い話っちゃ上手い話かなと思って書いてみました。

こんにちは。

やはり、もちかけた側でしょね。

それと、少しズレますが・・・

たまにある移植の寄付などでしょうか。
法的にはなんら問題はない。 マスコミに取り上げられれば、最近の事例のように自分の財産は使いたくないようなお金持ちでも大金を手に入れられる。
それに、手術を結局しないで、どこかに寄付もせずお金を自分のものにした極悪な親もいますしね。
寄付したからにはその人のお金でしょうけど、子供をダシに使って金を儲けた奴もいるので、うまい話っちゃうまい話かなと。

もちろ...続きを読む

Q東電OL殺人事件

マイナリ容疑者の再審が開始されるようですが、一方で、彼は不法滞在で
国外退去となるらしい。流れとしては、彼は無罪になるみたいですが、
有罪となる可能性もあるわけですよね。そんな人を国外退去にしたら、
もし有罪になったときに、収監することに困難があると思うのですが、
それでも、国外退去になるのですか?

Aベストアンサー

高裁で再審ですから、検察の異議申し立てで再審開始が取り消されないと、拘留は無理でしょう。新証拠が証拠たりえないと検察が証明するか、高裁が拘置を認めるか、どちらも読みとしては薄いです。

となると、残るは入管法の違反、資格外就労やら在留期限を越えて残留したやらと色々あるでしょうが、入管としては粛々と退去強制手続きに乗せることになります。

日本の裁判手続きにおいては、地裁は無罪、高裁は色々あったものの、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」と認めています。要は再審したら地裁と同じく無罪判決になるよ、と認めているわけです。ここまで来ると「やった」、「やってない」もありますが、「捜査、訴訟手続きの不備があったら、そりゃ無罪だよ」という原則論に立つわけです。

再審の結果、有罪もしくは有罪が強く疑われるとあったとしたら、在ネパール日本大使館経由で訴状は届けられます。届かなくても、日本とネパールの広報に告示されることにより、届いたことになります。その後、本当に日本に向かうかどうかは分りません。

でも、15年間拘束し、当初の捜査時から無罪を主張し、当時証言した同居ネパール人は既に退去強制となり、証拠を吟味したところ「犯人と思える合理的理由がない」となったら、既に抵触している入管法の罰として追い出すのは適当ではないでしょうか。

高裁で再審ですから、検察の異議申し立てで再審開始が取り消されないと、拘留は無理でしょう。新証拠が証拠たりえないと検察が証明するか、高裁が拘置を認めるか、どちらも読みとしては薄いです。

となると、残るは入管法の違反、資格外就労やら在留期限を越えて残留したやらと色々あるでしょうが、入管としては粛々と退去強制手続きに乗せることになります。

日本の裁判手続きにおいては、地裁は無罪、高裁は色々あったものの、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」と認めています。要は再審したら地裁と同じく...続きを読む

Qイスラム国人質事件

質問ではありませんが、毎日ニュースになってます。おかしいと思いませんか?自分の意志で危険な
地域に立ち入り拘束された人です。それをなぜ大騒ぎして国をあげて救出する必要あるのでしょう。
何の過失もなくたまたま事件に巻き込まれ人質になった人なら国として救出すべきですが、今回のような場合は放っておけば良いのです。多くの税金を使われていることに憤りを感じます。

Aベストアンサー

>それをなぜ大騒ぎして国をあげて救出する必要あるのでしょう。

質問を回答すると、主権国家は個人の権利を守る義務があるからです。


>今回のような場合は放っておけば良いのです。

実は国民の立場としてはそれが正解。もう「自己責任。知らん。」で良い。結局国民の関心が高いから、報道需要が増すのです。テロリストにとっての悪夢は、何も大きな事件にならない事です。彼らは、事が大きくなればなるほど「今回の活動の成功」を実感する事でしょう。そして次もこれ以上の成功を目指してやります。



一番駄目なのは「テロの要求に応じてでも救出すべき」「テロリストにも言い分がある。まずはそれを聞こう。」という論調。これは無意識にテロを支援しているだけです。

今まで日本は、テロリストにとってはローリスク、ローリターンでしたが、多額の身代金やヨルダンとの人質交換に使えるとなると、ローリスク、ハイリターンと認識されるので、今後のテロを誘発します。その為に人質を救出するにしても、テロリストの要求に応じるかではなくほかの方法ですべきです。


「個人の権利を守るのが主権国家」ですので、政府としては裏では非公開に救出の策は講じるべきでしょうし実際にしているでしょう。テレビでは「政府は何もしていない」と政府批判をしていますが、去年の8月からヨルダンに現地対策本部なども設置していたそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150128-OYT1T50023.html?from=tw

この手の問題は、マスコミ報道が人質の危険に繋がる場合もあります。情報があまり出てこないのも性質上当然です。一番大事なのは、政府の対策は万全かとかより、一番悪いのは誘拐犯と言うのを忘れない事です。

>それをなぜ大騒ぎして国をあげて救出する必要あるのでしょう。

質問を回答すると、主権国家は個人の権利を守る義務があるからです。


>今回のような場合は放っておけば良いのです。

実は国民の立場としてはそれが正解。もう「自己責任。知らん。」で良い。結局国民の関心が高いから、報道需要が増すのです。テロリストにとっての悪夢は、何も大きな事件にならない事です。彼らは、事が大きくなればなるほど「今回の活動の成功」を実感する事でしょう。そして次もこれ以上の成功を目指してやります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報