水晶振動マイクロバランス(QCM)などの分野で、金Au表面にチオール基がくっつきやすいのを利用して、チオール基と他の性質を持った有機化合物などが販売されています。
金とチオールはどういった力で結合しているのでしょうか? また他の金属とも結合するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

配位結合で結合しています。


共有結合と区別されることもありますが、どこの電子が結合に関与する
かが異なるだけで、一度結合ができてしまうとこの二つは区別できません。

力としては、これまでチオール基のSに所属していた電子がAuの軌道にも
入れるようになるため安定化を受けます。
(電子はより広い範囲に存在できるほど安定です。)
この安定化が結合エネルギーとなっています。

また、Sはルイスの酸塩基の定義(酸=電子対受容体、塩基=電子対供与体)
によると、塩基に分類されます。(配位原子は全て塩基性をもちます。)
酸素や窒素に比べ、イオン半径が大きく、相手を分極する程度も小さいので
ソフトな塩基といえます。

一方、Auもソフトな酸に分類されるため、Au-S間の結合は相性がいいと
言えます。

一般的に言うと、周期表の左よりは右、上よりは下の金属の方が
Sと結合しやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かみ砕いた説明ありがとうございました。おかげでよくわかりました。

お礼日時:2001/11/18 00:11

チオールの構造は



なんとか(-C-)-S-H

です。
なんとかの部分がキレート構造になっていれば.はいい結合で.
なっていなければ.共有結合で結合しています。
したがって.結合している力は.最終的には原子間引力(名称疑問.イオン結合が静電引力とまでは覚えているのですが.共有結合の場合の力の名称があいまい)ということになります。
シュレシセンガーイクエーションをといてください。

他の金属との結合性しては.
チオールは「どちらかといえばソフトな酸」に属しますので.「どちらかといえばソフトな塩基」や「ソフトなえんき」や「どちらかといえばハードな塩基」や「どちらともいえない塩基」と結合します。従って.アルカリ金属以外は大体結合しますが.アルカリ土類金属との結合力は弱いでしょう。

ところで.ハードソフト理論のはしりの頃にちょっときいただけなので.現在はより研究がすすみ.分類が変わっているかもしれません。
最新の内容を調べてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

HSAB則がつかえるのですね。わかりやすい返答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/18 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉱物から金属を取り出す方法

鉱物から金属を取り出す方法を教えてください。

ある鉱物にさまざまな金属が含まれている場合、それぞれの金属を取り出す方法には
どのようなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

鉱石は多くの場合酸化された金属ですが、鉱石を還元することによって金属を取り出す過程が製錬です。

多くの場合、高温な炉で鉱石を溶融し還元により金属を取り出すのですが、その他にも電解液中に電気を通し負電極に金属を取り出す電解製錬などもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E7%B2%BE%E9%8C%AC


これらは、工業的には大規模な設備で行われますが、実験室で鉱石から金属を取り出す方法に「吹管分析」というものがあります。

三省堂の「大辞林」によりますと、
吹管分析とは「鉱物の化学成分の簡易分析法。試料粉末と無水炭酸ナトリウムとの混合物を木炭表面に埋め込み、吹管を用いて炎を吹きつけ出来た金属球や酸化物の皮膜の形や色により試料の化学成分を分析する。現在ではほとんど用いられない。」
とあります。

学生の頃、実験でこの方法により鉱石から金属を還元して取り出したことがあります。

吹管とは真鍮で出来たL字形の細い管です。一端がラッパ状になっており、もう一方の端には白金の尖った口(先口)がついています。
ガスバーナーなどの火炎に先口を近づけ、ラッパ状の口当てから息を吹き込んでやると、炎が強まって高熱を生じます。この炎に試料の鉱石を入れて反応を見るのが吹管分析です。酸化物の鉱石の場合、炭素によって還元され金属粒が生成されることになります。

鉱石は多くの場合酸化された金属ですが、鉱石を還元することによって金属を取り出す過程が製錬です。

多くの場合、高温な炉で鉱石を溶融し還元により金属を取り出すのですが、その他にも電解液中に電気を通し負電極に金属を取り出す電解製錬などもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E7%B2%BE%E9%8C%AC


これらは、工業的には大規模な設備で行われますが、実験室で鉱石から金属を取り出す方法に「吹管分析」というものがあります。

三省堂の「大辞林」によりますと、
吹管分析とは「...続きを読む

Q金(111)とチオール分子の結合について

金表面にチオール分子を結合(化学吸着)させるには、
金表面が(111)面でなければならないのでしょうか?
金表面が(111)面でなくても多少は結合するのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

補足に対して…
リンク先を参照させて頂きました。
この方はSTMによって自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer;SAM)を観測されているようですね。私はSTMは使ったことがないのですが、どうやらこの観測装置は微視的な表面観察をするために金(111)である必要があるのかもしれませんね。

膜状は私は金ではなく銀を使ったのですが、例えばガラス基板上に銀鏡反応を施し、反応させるなどと言った手段や、箔を使ったりしました。
水溶液状は金なら塩化金酸水溶液、銀なら硝酸銀水溶液が該当します。
コロイドや膜状にすると、ラマン散乱で観測するときに表面増強が起こるので、比較的観測しやすくなるのです。これを表面増強ラマン散乱(Surface-Enhanced Raman Scattering;SERS)といいます。

私の場合は機能性分子を修飾した場合の挙動を知りたかったので、水溶液やコロイド状のほうが都合がよく、このような方法をよく用いていました。

例えば、金もしくは銀コロイドに有機溶媒(例えばクロロホルム)を加え、有機層にチオール(例えばドデカンチオール)を加えて、激しく混ぜるとコロイドが水層から有機層に移動するという現象が起こりますが、これをさらに応用した研究を行っていました。

補足に対して…
リンク先を参照させて頂きました。
この方はSTMによって自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer;SAM)を観測されているようですね。私はSTMは使ったことがないのですが、どうやらこの観測装置は微視的な表面観察をするために金(111)である必要があるのかもしれませんね。

膜状は私は金ではなく銀を使ったのですが、例えばガラス基板上に銀鏡反応を施し、反応させるなどと言った手段や、箔を使ったりしました。
水溶液状は金なら塩化金酸水溶液、銀なら硝酸銀水溶液が該当します。
...続きを読む

Qこれは値段の割に価値がある!とか値段の割に価値がない!もっと安くして!

これは値段の割に価値がある!とか値段の割に価値がない!もっと安くして!とかありますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

税金:ロクな使われ方をしない割に高すぎ&多すぎる。

Q複数の官能基を持つ有機化合物

有機化学で「複数の官能基を持つ有機化合物で、身近にあるものについて2つ調べる」というレポートを出されたのですが、なかなか見つけることができません。官能基の種類はアルケン、エーテル、エステル、ケトン、カルボン酸、アミン、チオールのうち2種類以上持つものです。なるべくたくさんの用途があるものがいいのですが…。1つはシステインにしたので、できればもう1つはアミノ酸以外にしたいと思っています。どなたか心当たりがあれば教えてください。

Aベストアンサー

酢酸ビニール CH2=CHOCOCH3 はアルケン+エステル. もちろんポリ酢酸ビニールのモノマーです.
ピルビン酸CH3COCOOH は生物学では頻出. アセト酢酸 CH3COCH2COOH というのもあるけど, これらは「ケトン」と言っていい?

Q歯の詰め物が取れたのですが、この金属に価値はあるのですか。

歯の詰め物が取れたのですが、この金属に価値はあるのですか。
2年前に自費治療で埋めた金属は金を使ったモノです。歯科では3万円ちょっと支払ったのですが、それを持ってみせると、新たに入れないとダメだ、と言われて今回また3万円ちょっとかかることになりました。
その金属、金が含まれるというのですから、何千円にかはなるはずです。歯科医院で「買い取ってもらえないのか」と聞いたら、できない、と言われました。持って帰ってもいい、と言われましたが、それを持って帰っても売る術を知りません…。
おそらく、何十個と集まれば、歯科医はそれら金属を売っているはずでしょう。
これって、患者にとっての不利益なんじゃないでしょうか。
歯科医師会にでもメールして聞いたほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

歯科で使用する金は装飾用の金ではなく、精密機器用の高品質の金です。しかし冠等を造る為には合金にしなければならず、金の量はさほど多くはありません。
更に、冠等を作る途中で幾つかの含有金属は燃えてしまうので、外した金属をそのまま使う事は出来ません。
また、自費の費用には金属代だけではなく、技術料や型を取る為の材料代、技工士への費用などが含まれています。

歯医者では外した金属はまとめて廃棄物業者に売り、手数料を引いた金額は収入にはなります。しかし、かなりの量を集めてからでないと、分析料や精錬料、仲介業者の手数料などを差し引くので、冠一個(およそ6g)では数千円どころか、逆に手数料を出さなければ引き取ってくれないでしょう。
全部が金合金の自費の冠であれば別ですが、保険の金属もとなれば、少なくとも1.5リットルペットボトルくらい集めなければ、ナカナカ元は取れません。
それに、金歯ばかりを外すような歯医者がいたら、怪しまれるのが先ではないでしょうか。

それでも、患者さんが高額な費用を支払ったのですから、申し出れば持ち帰ってよいと言う事になっています。

これは常に問題になり、ほかに回収方法がないので認められている方法です。従ってどこに訴えても、歯医者が「持って帰ってよい」と言っている以上、問題はないのです。

歯科で使用する金は装飾用の金ではなく、精密機器用の高品質の金です。しかし冠等を造る為には合金にしなければならず、金の量はさほど多くはありません。
更に、冠等を作る途中で幾つかの含有金属は燃えてしまうので、外した金属をそのまま使う事は出来ません。
また、自費の費用には金属代だけではなく、技術料や型を取る為の材料代、技工士への費用などが含まれています。

歯医者では外した金属はまとめて廃棄物業者に売り、手数料を引いた金額は収入にはなります。しかし、かなりの量を集めてからでないと、...続きを読む

Q有機化学の分野で質問があります。写真の問題なんですけど、この化合物を合成するためには3-ブロモヘキサ

有機化学の分野で質問があります。写真の問題なんですけど、この化合物を合成するためには3-ブロモヘキサンか3-クロロアルカンのハロアルカンとCH3O-(メトキシドイオン)の求核剤だと思ったんですけど。この物質で反応させたらSN2反応になりますか?

Aベストアンサー

はっきり立体選択的生成物が出来る事になっていますね。
通常SN1は解離が先行するので、立体選択性は落ちます。
特に、アルカン鎖が長いとカチオンは安定化してしまうので、立体選択性は極度に低下します。
ということでSN2を選ぶことになります。
上記の中に理由を含めましたが、読み取れますか?

Q値段の違いよる価値の違い、分かります?

同じように見える商品でも、値段が違いがある場合ってありますよね?
そんな時、皆さんは値段の違いによる価値の違いって分かりますか?

ちなみに私の場合、値段の違いによる価値の違いが分からないことが多いです。

ジーンズは西友の2000円のとランズエンドの1万円のものを1着ずつ持っています。
が、縫い目とかに触ってやっと手触りが違うのに気づく程度で、履いてもはき心地の違いが分かりません。

ワインもボトルで800円の銘柄と3000円の銘柄の違いが分かりません。
ビールなら国産の”エビス”と1缶90円くらいの韓国産の”ビールのまがい物”の違いは、目隠ししてもわかるのに...。

Aベストアンサー

おはようございます。
価格による違いや価値とは、難しいものですね。
私も、違いがわからない物が多いと思います。
私は副業で趣味の道具を作り、少量ですが販売しています。
売り手として、正直価格というのが一番悩ましいものでした。
ブランドとしての知名度、ネームバリューがないですので、高ければ売れないのかもしれませんが、あまり安くてもいけないようです。このあたりは、専門のショップ様のご意見などを参考にしました。
例として上げられた、3000円のワインでも、心血注いで作っているメーカーもあるでしょうし、知名度のみで利幅を持たせて売っているメーカーもあると思います。
やはり、実際に買って、試してみるしかなさそうです。
価格が高い物のほうが、明らかに良いなら、次も同じ物を買いたいでしょう。
価格が高いが、安い物との差がわからない物なら、安いほうを選ぶのも良いと思います。
価格の差は、商品によって味、性能、耐久性などの違いもあるのでしょうが、一番は「所有する満足感」の差なのかもしれませんね。

Q水の物理的性質の中に、水が水素や酸素の化合物であることを暗示する性質はありますか?

タイトル通りなのですが、素人には気づかない何かがあるのかと思ったものですから・・・

Aベストアンサー

分析手法としての実用的意味はともかく、単に理論的な話であれば、次のようなことが考えられると思います。

(1)水蒸気の密度から、水の分子量は約18と求められますので、構成する原子は、原子量の合計が約18になる組み合わせに限られます。
(2)水の誘電率が大きい(0℃の比誘電率は約88)ことは、分子の中に正電荷と負電荷の偏り(極性)があることを示唆します。
(3)水蒸気の熱容量から、分子の自由度が6(分子の位置のx,y,zで3つ、回転角が3つ)と求められるので、少なくとも3原子分子以上です。
(4)他の物質と比較して、分子量が小さいのに融点・沸点が高いことから、水素結合があることがわかります。つまり、水素があります。しかも、分子量が同じくらいで同じように水素結合のあるNH3, HFよりさらに融点・沸点が高いので、もっとも効率よく水素結合を作れる「1分子当たり2本の水素結合」になっていることが示唆されます。
氷にX線を当てて結晶構造を調べることでも水素結合の本数がわかると思います。

Q絵の価値、値段のつけ方について

今晩は。お世話になっております。

ギャラリーによくいくんですが、
美術大学の学生さんたちの、個人的な個展もその中に
入りますが、絵の価値などは、個人の価値観や感覚に
よるとは思うんですが、作品を書いている人たちは、
何を基準にして、自分で、この値段だという価格を
出してるのでしょうか・・・?

美術は見るだけなので、自分では描いたりしませんが、
素人からみても、額縁がついての値段、キャンパスに
描ききる大きさが大きければ、お道具に値段はかかって
ると思うんで、まだ世に出てない学生さんのでも、
数万円という値を出していても、そんなもんかいなー?
って思ってしまうのですが・・・。

もし、同じ美術系の専門家=同業者なんかになると、
こいつ、ぼったくりーとか思う作品展なんかもあるん
でしょうか・・・?

具体的にでも、だいたいでもいいので、
お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プロは画商がつける場合がありますが
アマチュアはほとんど自分でつけると思います

その時例えば油絵などでは1号いくらで(たいてい顎の値段も入っています)で、1号30,000円なら6号サイズは180,000円ということに成ります。

ご質問ですが
個人の価値観でつけるので
もちろん適正かどうかは
その絵の価値を判断する「買う立場の人」によって変わってきます
それはプロもアマチュアも立場は同じです。

ある意味、アマチュアなのに途方もない値段でも
売れれば適性価格と言えるかもしれません。

自分で考えた価格は
作家の自己評価です

買う人がお金に見合う作品であると
評価すれば、それは適性価格なのですが
ある顧客にとっては適性でも
ある人にとっては「ぼったくり」になるのかも知れません。

また割合の高い人が作品に添わない価格だと判断すれば
恥をかくことになるかもしれません。
それでも自己評価がはじき出した価格なので
問題はありません。

プロの絵でも同じことが言えます
買う人が目を肥えさせて
本物(アマチュア作品でも本物はあります)
を、適性価格の作品を買えばいいので
たくさん見て
いつかは自信の1枚を手に入れるのも
見る楽しみに相乗効果が生まれて楽しいと思います

プロは画商がつける場合がありますが
アマチュアはほとんど自分でつけると思います

その時例えば油絵などでは1号いくらで(たいてい顎の値段も入っています)で、1号30,000円なら6号サイズは180,000円ということに成ります。

ご質問ですが
個人の価値観でつけるので
もちろん適正かどうかは
その絵の価値を判断する「買う立場の人」によって変わってきます
それはプロもアマチュアも立場は同じです。

ある意味、アマチュアなのに途方もない値段でも
売れれば適性価格と言えるかもしれません。

...続きを読む

Q有機化合物と無機化合物の結合

化学初心者です。有機化合物の結合なのですが、あるテキストには,一般的には、共有結合である、と書いてありました。「一般的には、」ということは、有機化合物には、共有結合以外もある、ということだと思うのですが、他にどのような結合があるのでしょうか?また、無機化合物はイオン結合とだけしか書いてないテキストとイオン結合と共有結合と書いてあるテキストがありました。どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的な考え方として、
有機化合物=主に共有結合
無機化合物=主にイオン結合
でいいと思います。

例外はいくらでもあります。ヘモグロビンやメチル水銀などは金属を含んでいますので、
共有結合だけではありません。弱い結合として水素結合を分子内に含むものも多いです。
無機物でもH2SO4、NH3などの金属を含まない物は主に共有結合のみでできています。

そもそもが、共有結合とイオン結合の境界線もあいまいなのです。
H-H の結合は共有結合ですが、H-Cl ではClの電気陰性度が大きく、
Hが正にClが負に帯電します。ですから、かなりつよくイオン結合性を持ちます。

>また、無機化合物はイオン結合とだけしか書いてないテキストとイオン結合と共有結合と
>書いてあるテキストがありました
イオン結合のみと断定すると間違いですが、「主に」の意味ならばどちらも正しいですし、
化学において重要なことではありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング