出産前後の痔にはご注意!

水晶振動マイクロバランス(QCM)などの分野で、金Au表面にチオール基がくっつきやすいのを利用して、チオール基と他の性質を持った有機化合物などが販売されています。
金とチオールはどういった力で結合しているのでしょうか? また他の金属とも結合するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

配位結合で結合しています。


共有結合と区別されることもありますが、どこの電子が結合に関与する
かが異なるだけで、一度結合ができてしまうとこの二つは区別できません。

力としては、これまでチオール基のSに所属していた電子がAuの軌道にも
入れるようになるため安定化を受けます。
(電子はより広い範囲に存在できるほど安定です。)
この安定化が結合エネルギーとなっています。

また、Sはルイスの酸塩基の定義(酸=電子対受容体、塩基=電子対供与体)
によると、塩基に分類されます。(配位原子は全て塩基性をもちます。)
酸素や窒素に比べ、イオン半径が大きく、相手を分極する程度も小さいので
ソフトな塩基といえます。

一方、Auもソフトな酸に分類されるため、Au-S間の結合は相性がいいと
言えます。

一般的に言うと、周期表の左よりは右、上よりは下の金属の方が
Sと結合しやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かみ砕いた説明ありがとうございました。おかげでよくわかりました。

お礼日時:2001/11/18 00:11

チオールの構造は



なんとか(-C-)-S-H

です。
なんとかの部分がキレート構造になっていれば.はいい結合で.
なっていなければ.共有結合で結合しています。
したがって.結合している力は.最終的には原子間引力(名称疑問.イオン結合が静電引力とまでは覚えているのですが.共有結合の場合の力の名称があいまい)ということになります。
シュレシセンガーイクエーションをといてください。

他の金属との結合性しては.
チオールは「どちらかといえばソフトな酸」に属しますので.「どちらかといえばソフトな塩基」や「ソフトなえんき」や「どちらかといえばハードな塩基」や「どちらともいえない塩基」と結合します。従って.アルカリ金属以外は大体結合しますが.アルカリ土類金属との結合力は弱いでしょう。

ところで.ハードソフト理論のはしりの頃にちょっときいただけなので.現在はより研究がすすみ.分類が変わっているかもしれません。
最新の内容を調べてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

HSAB則がつかえるのですね。わかりやすい返答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/18 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金(111)とチオール分子の結合について

金表面にチオール分子を結合(化学吸着)させるには、
金表面が(111)面でなければならないのでしょうか?
金表面が(111)面でなくても多少は結合するのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

補足に対して…
リンク先を参照させて頂きました。
この方はSTMによって自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer;SAM)を観測されているようですね。私はSTMは使ったことがないのですが、どうやらこの観測装置は微視的な表面観察をするために金(111)である必要があるのかもしれませんね。

膜状は私は金ではなく銀を使ったのですが、例えばガラス基板上に銀鏡反応を施し、反応させるなどと言った手段や、箔を使ったりしました。
水溶液状は金なら塩化金酸水溶液、銀なら硝酸銀水溶液が該当します。
コロイドや膜状にすると、ラマン散乱で観測するときに表面増強が起こるので、比較的観測しやすくなるのです。これを表面増強ラマン散乱(Surface-Enhanced Raman Scattering;SERS)といいます。

私の場合は機能性分子を修飾した場合の挙動を知りたかったので、水溶液やコロイド状のほうが都合がよく、このような方法をよく用いていました。

例えば、金もしくは銀コロイドに有機溶媒(例えばクロロホルム)を加え、有機層にチオール(例えばドデカンチオール)を加えて、激しく混ぜるとコロイドが水層から有機層に移動するという現象が起こりますが、これをさらに応用した研究を行っていました。

補足に対して…
リンク先を参照させて頂きました。
この方はSTMによって自己組織化単分子膜(Self-Assembled Monolayer;SAM)を観測されているようですね。私はSTMは使ったことがないのですが、どうやらこの観測装置は微視的な表面観察をするために金(111)である必要があるのかもしれませんね。

膜状は私は金ではなく銀を使ったのですが、例えばガラス基板上に銀鏡反応を施し、反応させるなどと言った手段や、箔を使ったりしました。
水溶液状は金なら塩化金酸水溶液、銀なら硝酸銀水溶液が該当します。
...続きを読む

Qチオール基と金をくっつける処理について

両端をチオール化したDNAをSiO2チップ上に作成した金電極上にくっつけたいのですが、どういった手順で処理すべきでしょうか?

とりあえず、緩衝液(EDTA)中に上記DNAを用意し(DNAの濃度は2~3uM)、スポイトを使ってSiO2チップ上に上記溶液を数ml垂らして、2,3分放置したのちN2ガスを吹き付けて乾燥させるということをやってみたのですが、これで果たしてDNAと金がくっつくのかいまいちよくわかりません。
どなたかお願いします。

また、こういう処理の手順が詳しく載ってる本や論文がもしありましたら紹介していていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

乾燥させて使いたいなら,緩衝液成分も除かないとだめでしょう.
緩衝液成分が乾固して残っていていいなら別ですが.
その後どういう実験に使うか知りませんが,乾燥させるならその前に純水のようなものですすぐプロセスもいるってことです.

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Qチオールについて

チオールは酸化されるとジスルフィドになるということですが、
酸性条件とアルカリ条件とではどちらのほうが酸化されやすいのでしょうか?
ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

既にお答えが出ているので、蛇足だけ。
アルカリ性ではR-S^-1(つまりーS:)になっており、酸素(三重項酸素(・O≡O・)は容易に電子を硫黄上から奪ってスーパーオキシドアニオンラジカル(・O≡O:^-1)と硫黄ラジカルになります。
一方酸性ではR-S^+-H状態ですので硫黄上の電子密度は低く酸化されにくくなります。
脂肪族チオールのpKaは通常8.3近辺ですのでかなり酸化されやすいと言えます。

Q金コロイドの合成方法を教えてください

10nm未満の金コロイドを作りたいのですが、ご存じの方、教えてください。
私は、窒素雰囲気下にて0.29wt.%のクエン酸ナトリウム溶液60mlに塩化金酸(HAuCl4・4H2O)0.12molの10ml水溶液を滴下し、60℃で反応させる方法で粒径約10nmのコロイドを得ることが出来ました。でも、もっと小さなコロイドを作りたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

反応容器はテフロンコートされたダブルジャケットの反応容器を使用しています。
試しの実験では使い捨てのPPの容器を使います。
窒素パージなどせず、大気開放です。

経験上
 液面に金属光沢をもった金が析出してくるようならガラスのせいで、
 黒い固まりが凝集しているようなら、還元剤が多い・反応濃度が濃い・保護 能をもった物が少ないせいだと思います。
 液面に薄い膜が張ったり、壁面に析出する場合は還元速度が遅いせい?
と思います。

反応容器は完全に綺麗にしとかないと、洗い残したコロイドを核にメッキ状態になる場合もあります。

DMABが金コロイドに配位しているかどうかは分かりません。
そこまで調べない物で(^^ゞ
水素化ホウ素ナトリウムが10倍モルは多すぎです。
もっと少ない量で還元は終了します。思い切って量を振って観て下さい。

反応後のコロイドはどのような処理していますか?

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む

Qシランカップリング処理とは?

よろしくお願いいたします
金属の処理にシランカップリング処理という言葉が
でてきました。
なんだか高校だったか大学の教養だったかで習った覚えも
ある言葉ですが、忘れてしまいました。
どんなものなのか概略をご教授いただけたら幸いです

Aベストアンサー

一般に金属の表面には水酸基があります。
シランカップリング剤のアルコキシシリル基を加水分解させたシラノール基と金属表面の水酸基とを結合させシロキサン構造にします。有機官能基部分は有機物と親和性があるので、結果として有機質と無機質の接着性を上げる効果が得られるといったところでしょうか。
また補足として、硫黄原子含有シランカップリング剤だとさらに金属への接着性が上昇すると言われています。

Q剥がれにくい金薄膜を作成する方法

絶縁体の上に導電性の金属膜のパターンを型紙などを用いて作成しようとしています.

スパッタでガラス上に金を成膜したのですが,簡単に剥がれてしまいます.ガラス上に剥がれにくい金薄膜を作成するテクニックがあれば教えてください.

または,基板は絶縁体であれば良いので,ガラス以外で適して基板があれば教えてください.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

20年ぐらい前、高周波用のICパッケージの開発を担当、ご質問のような仕事も、その範疇でした(金配線そのものは。自分が担当したわけではありませんが)。
型紙? メタルマスクのことでしょうか。どの程度の線をお書きになりたいのかわかりませんが、メタルマスク+蒸着で描けるのはたしかL/Sが数十ミクロンだたと記憶していますが。型紙?不思議な言葉ですね。
さてガラスに金を成膜とのことですが、まずスパッタとのこと。通常金は真空蒸着もしくはメッキで成膜します。また金とガラスというか、酸化物は接着力に欠けるため、チタンとかニッケルなどを被覆した上に金を被覆します。それでも金と下地膜との接着強度が不足するため、熱処理して接合強度を稼ぐことが通例(メッキの場合ですが)ですね。ただスパッタなら真空蒸着とことなり、基板との接合強度を稼ぐことも出来なくわないとおもいます。どうしても直接被覆したいとおっしゃるならば、ANo.2さんのおっしゃるように、スパッタ条件を選べばそれなりの接着強度が得られるかも知れませんね。接着強度をかせぐには、ガラス基板の表面がある程度粗であることが良いようですが。
ただ、スパッタで成膜した膜には通常、大きな残留応力が入っているため、厚く積むと、膜がぱらぱら剥離しますのであまり厚く積めません(1ミクロン程度)。電気を通すという点では?ですね。
なおガラス(ガラスとは熱膨張が大きすぎるという印象で、決して小さすぎることはないはずですが)以外の基板ということですが、通常はアルミナ(電子部品の場合の熱膨張のスタンダードですね)、シリコンに熱膨張をあわせたいなら窒化アルミ、熱膨張が小さいほうが良いという場合は石英をつかいますね。通常はなにも考えなければアルミナ基板が一般にもちいられます。
用途がわからないため、あまり具体的なご回答が出来ませんが、ガラス基板上に金で配線するなら、うまい下地コーティングをさがし(多分ニッケルとかチタンのはず 複層つんだはずですね)、金を真空蒸着(抵抗過熱の安物真空蒸着装置で良い)すればよいはずです。

20年ぐらい前、高周波用のICパッケージの開発を担当、ご質問のような仕事も、その範疇でした(金配線そのものは。自分が担当したわけではありませんが)。
型紙? メタルマスクのことでしょうか。どの程度の線をお書きになりたいのかわかりませんが、メタルマスク+蒸着で描けるのはたしかL/Sが数十ミクロンだたと記憶していますが。型紙?不思議な言葉ですね。
さてガラスに金を成膜とのことですが、まずスパッタとのこと。通常金は真空蒸着もしくはメッキで成膜します。また金とガラスというか、酸化物は接...続きを読む

Q分子の大きさの調べ方

分子の大きさをどのように測定したり、調べたりするのか教えていただければと思います。
たとえばテトラクロロエチレンの大きさが何nmくらいか、分からないでしょうか?

Aベストアンサー

> たとえばテトラクロロエチレンの大きさが何nmくらいか、分からないでしょうか?

実測ではありませんが,計算化学で推測することもできます。先ほど,テトラクロロエチレンについて簡単な分子動力学計算をしてみました。結果は,ビシナル Cl 間の距離が約 0.29 nm,シス Cl 間の距離が約 0.32 nm となり,Cl の VDW 半径(約 0.18 nm)を原子の大きさとすると,分子サイズは凡そ 0.50 x 0.47 x 0.18 nm くらいになりますね。これで宜しいでしょうか?

Q半角の×(かける)は?

半角の×(かける)はどうやって入力するのでしょうか?宜しくお願いします!

Aベストアンサー

英語のXではだめでしょうか。X(全角)、x(全角)、X(半角)、x(半角)です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング