生産要素がAとBからなり、生産関数がY=√(AB)であるとする。
また、生産要素価格がW1とW2であり、生産物価格が1であるとする。費用最小化から費用関数を求めよ。

上のような問題を授業で当てられました。どう考えても経済学の心得のないボクには全く分かりません・・・。どなたか詳しく回答お願いします。

※√(AB)は根号内にAとBの積(掛け算)があるという意味です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


では。No.2,No3.のかたがたが、細かく説明してくださったので、具体的にこの問題を解いてみましょう。

No.3さんのおっしゃるように、費用関数は要素価格と生産量に依存します。
これはとても直感的にもわかりやすいですよね。

一般的には、Y(最終財)を一単位作るときに、一番安くできるように生産要素の組み合わせを考えるのが費用最小化問題です。

まず、第一歩として、
Yを1つ作るのに、
生産要素をそれぞれA、Bだけ必要とするとしましょう。
そうすると、与えられている要素価格から、
Yを1つ作るのにかかった費用はW1*A+W2*B ですよね。

そして、われわれは、最終財を1つ作るという条件(制約)のもとで
かかった費用を最小化したいわけです。

つまり、数学的に言いますと、

  min W1*A+W2*B
s.t. (AB)^(0.5)=1 (ABの二乗根という意味)

ということになります。
(s。t。とはsubject toの略で、~の制約の下でという意味になります。)

この問題を解きますと、
A=(w2/w1)~(0.5)
B=(w1/w2)~(0.5)
となりまして、
一単位あたりの費用関数は
C=(w2/w1)~(0.5)*W1+(w1/w2)~(0.5)*w2=2(w1*w2)^(0.5)
  (w1とw2の積のルートを取ったものに2がかかっている)
となりまして、
Y作るのにかかる費用関数は、
Cost = 2(w1*w2)^(0.5)*Yとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんと!専門家でいらっしゃいますか!?
こんな阿呆に丁寧にご説明いただきありがとうございました m(_ _)m

一つすみません。上から29行目のA=(w2/w1)~(0.5)と言うのはA=(w2/w1)^(0.5)のことですよね?おそらく打ち間違いだろうと思いますが・・・
それから33行目の「C」というのは次に出てくる「Cost」の略なんですか?

お礼日時:2001/11/15 00:54

jun95さんが詳説して下さったので、答えを提示しましょう。



生産関数:Y=f(A,B)のもとで、費用:1×W1+1×W2を最小にする費用最小化問題を考えよう。
この費用最小化の解、つまり、望ましい産出水準を生産するのに必要とされる最小の費用はW1、W2、Yによって決まります。
よって、費用関数は c(W1,W2,Y)となります。

この回答への補足

すみませんc(W1,W2,Y)の「c」って何ですか?
アホな奴なんですみません・・・

補足日時:2001/11/15 00:46
    • good
    • 0

多分経済学がらみの問題だと思いますが、生産要素というのは、たとえば、わらじを作っているとすると、わらという生産要素とわらを縫うという労働力という要素が入ります。

それを、AとBで表しているのだと思われます。Yというのは、わらじと考えてもいいでしょう。そういう状態の中で、わらにはわらの価格があり、労働力も価格があります。それを、W1とW2で示すことにしたのでしょう。
さて、その組み合わせを曲線で表したのが、生産関数と言われるものです。生産されたものに価格を掛けると、企業でいうと収入に相当するものが決まります。企業が利潤を最高にするときどうなるかを考えるのを生産関数と関連づけると、費用関数というのは、その逆だというのが分かると思います。費用を最小化すれば、もっとも利潤が増えるからです。こういう風に、具体的に考え見られるといいと思います。
なお、すでに指摘がありますが、Yという関数(function)が、AとBで表されるという意味です。
わたしも学校で習ったことはあるのですが、卒業して何年もたつので、関数をどう結び出すのか忘れました。でも、基本的な考え方だけを押さえておけば、教科書でも引っ張り出してくれば思い出せるでしょうから、分からないなら分からないなりに回答を考えていかれるといいでしょう。
どのように考えたが重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り、経済学の問題です。
大学の講義に経済学を取ってみたんです。
でも、ボクは完全なる理系で数学は得意ですが、こういう計算が一番苦手なんですよ(T_T)何故にこの講義を取ったかというのは聞かないでください・・・(汗

考えることはできますが、やっぱり黒板に書く以上、当たってた方がホっとしますのでここでお尋ねしてみたんです。こんなに早く回答していただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 00:46

>生産関数がY=√(AB)であるとする。



Y=f(A,B)の間違いじゃないかな。

この回答への補足

いえ、Y=√(AB)のようです・・・
かっこはつけなくてもいいですね。だから
Y=√ABです

補足日時:2001/11/15 00:37
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特定企業の生産関数や費用関数を求める

ネットからの情報のみで(例えば企業ホームページのIRなど)生産関数や費用関数を求める事は可能でしょうか。IRにある情報をひと通り見たのですが、そういった情報が無いように感じたのですが。。。
お手数ですがご教示ほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

code007008さんの知識や関心度合いが、質問履歴を非公開にされているのでわかりません。

 生産関数 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%96%A2%E6%95%B0
 費用関数 http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/micro.files/cost.htm
 
ある期間(今日、あるいは、2月、今期など)の生産の実績は一つしかありません。
1万個、1千トン、1億円などの特定の値です。 
関数というのは、ある項目と、別の項目の量的な関係を示すもので、生産量は(設備稼働時間と投入原材料等)とある関係式で見えるようなものを言います。
判明するのが特定期間の一つの実績値であっては、要素間にどのような関係があるのかは、良くはわかりません。
生産高(販売高でも良い)の実績が、100,120,95のようにいくつかの期間について判明し、その各期間の各要素の実績が判明すれば、ある程度の関係式を推定することが可能になります。ただし、その期間に、生産方式が変わった、生産品目が変わった、設備やシステムが変わった等のことがあるのと、そうした異なる期間のデータから関係式を推定しても、その関数は何を示しているのかは言い難いものになります。
 
どうせ生産関数や費用関数はわからない、仮想の道具だと考えれば、実際にどうであるかは別として、特定の期間のIRデータからでも、関数は作れないことはありません。
 
http://www.nsc.co.jp/ir/data/20090821173213_1.pdf
P23にセグメント別の生産の値があります。
P36に事業所別の設備状況があります。
P18にセグメント別の従業員の状況があります。
P19にセグメント別の売上と営業損益があります。
セグメント別の投入原材料とエネルギー、諸経費、労務費などはわかりませんが、推定、仮定を沢山設定すれば、当該期間の生産、売上についての作文的関係を作ることは可能でしょう。
元々、生産高が倍増、半減するような実際があるときには、基本の経営構造から変わるのが普通でしょうから、生産関数や費用関数を想定しても実際的意味はないです。
データを入手できた期間の状況から時期も大きく異ならず、市場や価格の条件も大きく変わらない、設備や従業員、使用原材料の構成も(生産高の変動も微量で)(生産高に対する使用原材料比率もほとんど変わらない)という前提をおけば、その前提下の生産と関数的関係を持つのは使用原材料(生産品目によっては投入エネルギー量)だけになります。
IRで公開されるセグメント別情報には、原材料費、エネルギーコスト、労務費、減価償却費などは通常ありませんから、データをにらみながらエイヤ!と原材料費、エネルギーコストを決めざるを得ません。そんなことをすれば、公開情報でえたデータを基にプラスマイナス一割程度の範囲の生産に対する関数は作れる(作文的ですが)と思います。


なお、通常セグメント別は事業運営上一体にとらえた方が良いものをまとめてあると思いますが、例えば原油のような一つの原材料から、複数の種類の製品を作る場合、設備も原材料もほぼ同じで、市場の状況で生産品目を調整するタイプの事業があります。採算は品目によって異なりますが、市場にあわせて品目の生産量を変えるタイプの場合だと、公表情報から生産関数や費用関数を推定するのはまずムリだと思います。

code007008さんの知識や関心度合いが、質問履歴を非公開にされているのでわかりません。

 生産関数 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%94%A3%E9%96%A2%E6%95%B0
 費用関数 http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/micro.files/cost.htm
 
ある期間(今日、あるいは、2月、今期など)の生産の実績は一つしかありません。
1万個、1千トン、1億円などの特定の値です。 
関数というのは、ある項目と、別の項目の量的な関係を示すもので、生産量は(設備稼働時間と投入原材料等)とある関係...続きを読む

Qミクロ経済学 1生産要素 結合生産

ある生産物が労働のみを可変的な投入物として生産されているとする。

生産物が2つの結合生産の場合、

MRT=Px/Py=MCx/MCy=MPy/MPxが成り立つらしいのですが、MRT=MCx/MCy=MPy/MPxが成立する理由がわかりません。

どなたか解説をして下さると助かります。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>MRT=MPx/MPy, MPx=∂H/∂X, MPy=∂H/∂Yと書かれてありましたが、MRT=MPy/MPx,1/MPx=∂H/∂X 1/MPy=∂H/∂Yとなるから、MRT=Px/Py=MCx/MCy=MPy/MPxが成立するということであっているのでしょうか?

おっしゃる通りで、私の回答No1に訂正が必要です。もう少し詳しく書くと以下のようになります。
まず、MRTの導出ですが、変換曲線L=H(X,Y)についてLを一定と置いて両辺をXで微分すると

0 = ∂H/∂X + (∂H/∂Y)(dY/dX)

よって

- dY/dX = (∂H/∂X)/(∂H/∂Y)≡ MRT

となる。つまり、MRTとは、変換曲線L=H(X,Y)のグラフを、Lを一定と置いて、Xを横軸に、Yを縦軸にとって描いたとき、グラフH(X,Y)=Lの傾きをあらわしている。このグラフは通常上に向かって凸(原点に対して凹)の、右下がりの曲線のかたちをしている。このグラフの最適点はこの変換曲線上で、傾きMRTがPx/Pyに等しくなる点で与えられる。
 いま、L=H(X,Y)において、Yを一定と置いて、両辺をLで微分すると

1 = (∂H/∂X)(∂X/∂L)

よって、

MPx ≡ ∂X/∂L = 1/(∂H/∂X)

を得る。同様に、Xを一定とい置いて、L=H(X,Y)の両辺をLで微分すると

MPy ≡ ∂Y/∂L = 1/(∂H/∂Y)

を得る。これらを用いるなら、

MRT =(∂H/∂X)/(∂H/∂Y) = MPy/MPx

と表わすこともできる、ということです。

>MRT=MPx/MPy, MPx=∂H/∂X, MPy=∂H/∂Yと書かれてありましたが、MRT=MPy/MPx,1/MPx=∂H/∂X 1/MPy=∂H/∂Yとなるから、MRT=Px/Py=MCx/MCy=MPy/MPxが成立するということであっているのでしょうか?

おっしゃる通りで、私の回答No1に訂正が必要です。もう少し詳しく書くと以下のようになります。
まず、MRTの導出ですが、変換曲線L=H(X,Y)についてLを一定と置いて両辺をXで微分すると

0 = ∂H/∂X + (∂H/∂Y)(dY/dX)

よって

- dY/dX = (∂H/∂X)/(∂H/∂Y)≡ MRT

となる。つまり、MRTとは、変換曲線L=H(X,Y)のグラフ...続きを読む

Q競争企業の限界費用がMC=2Xで与えられているとき、生産量が4単位の場合の可変費用はいくらか。

個人で調べてみたものの理解できないので投稿させて頂きます。
経済学経済原論(ミクロ経済)の問題ですが、
下記の問の答えと考え方をできたら詳しく教えていただけたら嬉しいです。

競争企業の限界費用がMC=2Xで与えられているとき、生産量が4単位の場合の可変費用はいくらか。ただし、財は分割可能とする。またこの時、競争市場の価額が10円のとき、この競争企業の利潤はいくらになるか。

Aベストアンサー

No1の残りは自分で解いたんでしょうか?
X=4のときの可変費用は、X=4を求めたVC(X)=X^2に代入して
VC(4)=4^2=16(円)
となる。
利潤が最大化されるのは、P=MCとなる生産量だから
P=10なら、10=2Xとおいて
X=5(単位)
このときの利潤Π
Π=PX-C(X)=PX-[VC(X)+FC]=10×5- [16+FC] = 50 - 16 - FC = 34 - FC
となる。固定費用FCについての情報が与えられていないので、これ以上は分からない。FCの情報が問題に与えられているなら、その値をFCへ代入すればよい。

Q生産要素としての情報の位置づけ

 経済学で生産要素といえばヒト・モノ・カネの3つですが、情報はどのような位置付けなのでしょうか?

 たいていの学者さんはモノに含めていますが、
 私個人としては、発信するのも人・集めるのも人・分析するのも人、という点で知的財産・人的資源という意味でヒトに入れてもいいように思いますし、
 いっそのこと、どれにも相容れないものという見方から、第4の生産要素にしてもいいのではないか、とさえ考えています。

 このことについて、皆さんから多くの賛成意見・反対意見を聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

> たいていの学者さんはモノに含めていますが、

あくまで私の見た限りでは、ですが、モノに含めている人は、きちんとした研究を行っている人の中では、最近はあまり見かけません。生産要素をヒト・モノ・カネ・情報と4つとしている学者の方が多いですね。
ですので、

> いっそのこと、どれにも相容れないものという見方から、第4の生産要素にしてもいいのではないか

という見方は正しいと思います。

Q国際貿易:企業の生産要素の量決定の恒等式

こんにちは。
International Tradeの授業でRicardian Modelについて学んでいます。
そのprimary assumptionの定義で少し躓いているので教えて下さい。

前提:perfect competition in output&factor markets
(a)perfect competition in output markets
→これはOK
(b)perfect competition in factor markets
wAY(AYは添え字)=VMPL AY =P AY・MPL AY=P AY・(1/a LY)
wAX=VMPL AX=P AX・MPL AX=P AX・(1/a LX)
この最後に、なぜ(1/a LY)及び(1/a LX)が出てくるのかが分かりません。
これはリカードモデルの前提であって、あまり大切でないのかもしれませんが・・・宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

・先ほどの点と、最後の結論部分に書き間違いがあったので訂正も含め、全文再掲します。

Ricardian Modelでは生産関数は線形であると仮定されます。
たとえば、X=BLx、Y=CLyです。
BとCは定数で、LxとLyは労働投入量を表しています。ここで、
 MPLx=B、MPLy=C ・・・*
に注意しましょう。
perfect competition in factor marketsでは、VMPL=wとなることはいいでしょう。また、
 VMPL=P・MPL ・・・**
と変形できます。
一方、input-output coefficientをそれぞれA(Lx)、A(Ly)としましょう。カッコ内は添え字です。
input-output coefficientは、その財1単位を作るために必要なコストですから、それぞれA(Lx)=1/B、A(Ly)=1/Cとなります。
したがって、*よりMPLx=1/A(Lx)、MPLy=1/A(Ly)と書けることになります。
これと**より、VMPLx=P・1/A(Lx)となります。

・先ほどの点と、最後の結論部分に書き間違いがあったので訂正も含め、全文再掲します。

Ricardian Modelでは生産関数は線形であると仮定されます。
たとえば、X=BLx、Y=CLyです。
BとCは定数で、LxとLyは労働投入量を表しています。ここで、
 MPLx=B、MPLy=C ・・・*
に注意しましょう。
perfect competition in factor marketsでは、VMPL=wとなることはいいでしょう。また、
 VMPL=P・MPL ・・・**
と変形できます。
一方、input-output coefficientをそれぞれA(Lx)、A(Ly)としましょう。カ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報