場違いならごめんなさい。でもちょっと困ってます。どなたか教えてください。事務所を建築する場合に、インターネットの設備としてその建物にどういった設備を施しておくべきなのでしょうか?電話は各階に引くつもりですがそれだけでいいのでしょうか?(ADSLか光ファイバーを予定してます。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

SEとして色々な会社のネットワーク設計~施工をしてきました。


専門家兼経験者としてお答えします。

No.2の方の回答の通り、10BASE-Tや100BASE-TXはHUBの接続台数(カスケード段数)に制限がありますが、スイッチングHUBを使えばその制限はなくなります。スイッチングHUBは低廉化しているので1台5000円程度で入手できます。

一昔前なら10BASE-2(同軸ケーブル)を使っていましたが、今は同軸ケーブルにするメリットはほとんどありません。(工場などでノイズの多い場所なら有効です)
しかも10-BASE2だと最大で10MBpsしかでませんが、100BASE-TXなら100MbpsまでOKです。

できれば100BASE-TX用UTPケーブルを配管内に2~3本敷設しておいたほうがいいと思います。
3階建てビルの場合は、「1F~2F」「2F~3F」「1F~3F」の3本あるといいですね。

あと、各階を結ぶ配管はできるだけ太い物にしておいてください。後で光ファイバーを敷設することになったときに細い配管だと作業が大変になります。
ビル内でLAN構築するときに配管が細いことが多いんです。配管内はすでに電話線等でいっぱいになっていてLANケーブル等を通す隙間がないんです。業者の立場から言わせていただければ「できるだけ太い配管にしてください」ということです(^^;
あと、配管をあまりクネクネ曲げないでください。ケーブル敷設が大変になるんですよ(^^;

あとですね、床をフリーアクセス(二重床)にしたほうがいいです。床を10~15cm程度底上げしておけば、オフィス内のLAN配線や電源ケーブルがすっきりします。床の上にケーブルを敷設するとつまづいて転ぶ人もいるので危険です。

ついでに言うと電源コンセントは三極アース付きがよいです。
やっぱり電気機器(パソコン、ルータ等)はアースにつないだほうがいいです。

まとめると

・配管はケチらずに少し太いものを選ぶ
・各階をつなぐ配管内に予め数本の100BASE-TXのLANケーブル(カテゴリー5UTPケーブル)を敷設しておく
・フリーアクセスにする
・電源は三極アース付きにする

とりあえず思いついたのはこんなところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さらに、詳しいご回答、本当にありがとうございます。素人にもとてもわかりやすいです。専門家の人に相談しようと、思っていたのですが、具体的にどういうべきかということが、教えていただいてわかってきました。大変感謝しております。

お礼日時:2001/11/16 14:28

全員がPCを1台以上持つ環境では、電源やネットワークの配線のスペースや装置の置き場所が問題になる場合があります。



ここでいう設備とは電源の分電盤やネットワークの統合配線のパッチパネルやEther switchの入ったラック(キャビネット)のことです。

統合配線する場合は100baseTXの配線距離が100mであることから、コネクタでの損失などを考慮するとユーザの手元の情報コンセントからラック内のパッチパネルまでのケーブル長は70m以下がいいと思います。(このとき、両端のパッチケーブルはmax 10mを仮定)

また、床下の配線長が最大70mということは電源線を回避しながら配線する必要があるので最悪の場合はラックから一番遠い席までの直線距離で40m程度になるとおもってください。

この際、ラックの設置場所やラックの冷却の問題とか、ラックやラック内部のLAN機器やPCサーバなどの装置が発生する音がうるさいなどの問題があるので機械室のような専用の年中冷房の効く部屋が確保できない場合は部屋のレイアウトがかなり制限される場合が出てきます。
フロア間のネットワークの配線は光ケーブルを推奨しますし、電源にはアースが取れるような電源配線をしたほうが良いでしょう。

LANケーブルを通じてアースの電位差から変な電流が流れる可能性はなくはないですよ。

本当はよくわかっている工事業者を呼んで合い見積もりで提案させるのが一番良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく詳しく書いていただいて、ありがとうございます。実のところ、難しい言葉でわからないところもありますが、私も努力してがんばります。あと、少し補足ですが、建物はもっと小さいものなので、たぶん教えていただいたような、立派なものは必要ないかもしれません。でも、参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 14:32

仕事の事務所で数階のビルとして、フロア内は後でLAN結線が何とか出来ますが、フロア間の結線が出来ないことがあるので、フロア間だけでもLANケーブルを通しておくと便利です。


接続台数が多いなら10-BASE-2の同軸をバックボーンとして通しておくことをお勧めします。

**-BASE-T系統はカスケードに制限があるので1フロアにHUB1~2台程度ならカテゴリ5or6を入れておけば高速100BASE・1000BASE等に対応が可能です。

フロアも高価になりますが松下電工のシステムフロアにすれば、配線が隠れてきれいです。

出来れば各階を通したダクトを入れておけば、後々通信回線以外でも必要な電線の追加がやりやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。そうなんです、フロア内はなんとかなりそうに思っていたのですが、フロア間はどうするんだろう?と思っていたのでよくわかりました。ちなみに、難しい言葉はわかっておりません(カスケードとかいろいろ)。でも、そこは専門家の人にお願いすればいいんですよね。

お礼日時:2001/11/16 14:24

 それでいいです !!


 ッて言うより それぐらいしかやる事はないです !
それでOKですよ ! では頑張って設置して下さい !
 でも、もし光ファイバーなら ちとうらやましい~・・ (~o~)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一番にお答えをいただいてありがとうございます。光ファイバーって、そんなにすごいんですか?でも高くつきそうですね。

お礼日時:2001/11/16 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐用年数を過ぎた建物の減価償却費の計算

平成25年1月1日から個人事業主となりました。これに伴い現居宅を事務所兼住宅として使用します。
将来、青色申告する際に経費として建物の償却費を計上することを考えていますが、
問題は建物の法定耐用年数が今年で終了することです。
以下の内容について教えていただけませんか。

前提条件
(1)建物の内容     建物構造  軽量鉄骨ALC造3階建
(2)建築年月      1986年1月(27年経過)
(3)建築費        4000万円

教えていただきたい内容
 1.来年確定申告時(青色申告)に建物の減価償却費を計上するための税務署への申請
  手続きその他。
 2..上記の条件で計算される減価償却額の実額と計算過程。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐用年数、法定耐用年数の1.5倍とし、1年未満の端数は切り捨て。
非業務用期間の1年未満の端数は、6か月以上は1年とし、6か月未満は切り捨て。

転用時の未償却残高=取得価額-非業務期間の減価の額。

国税庁>質疑応答事例>非業務用資産を業務の用に供した場合
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/17.htm

軽量鉄骨ALC造・住宅用の法定耐用年数が27年の場合、
非業務用の耐用年数、法定耐用年数27年×1.5=40.5年(1年未満の端数は切り捨て) → 40年、
旧定額法40年の償却率は0.025。
非業務用期間は取得年月1986年1月~転用年月の前月2012年12月=27年0か月 → 27年。

非業務期間の減価の額=40,000,000×0.9×0.025×27年=24,300,000円、
転用時の未償却残高=40,000,000-24,300,000=15,700,000円。


2.旧定額法の計算 (平成19年3月31日以前の取得に適用)
償却費=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×使用月数÷12。
本年分の必要経費算入額=償却費×事業専用割合%。(←事業用と家庭用に兼用する時は、按分比%を入れ計算)
期末残高=取得価額又は転用時の未償却残高-償却累積額。

取得価額の95%に達する迄は上記の計算式で計算します。

前年の期末残高-取得価額の5%の金額が前年の償却費を下回る年が95%に達する年です。

償却累積額が取得価額の95%に達する年の、
償却費=前年の期末残高-取得価額の5%、
期末残高=取得価額の5%。

95%に達した翌年より、残り5%より1円を控除した金額を5年間で均等償却します。
尚、5年間の均等償却時の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%の金額です。

均等償却費=(取得価額の5%-1円)÷5年≒取得価額の1%、
均等償却5年目の期末残高に1円(備忘価額)を残します。

国税庁>タックスアンサー>No.2105 旧定額法と旧定率法による減価償却(平成19年3月31日以前に取得した場合)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2105.htm


1986年1月に4千万円で軽量鉄骨ALC造・住宅用・法定耐用年数27年を家庭用として取得し、
平成25年1月に事務所兼住宅用・事業専用割合?%に転用した時の償却額の計算例。
旧定額法27年の償却率0.037。

H25年~H34年の償却費=40,000,000×0.9×0.037×12か月÷12=1,332,000円。(10年間同一金額)
H25年~H34年の本年分の必要経費算入額=1,332,000×?%=?円。(10年間同一金額)

H25年の期末残高=15,700,000(転用時の未償却残高)-1,332,000=14,368,000円、
H26年の期末残高=15,700,000-1,332,000×2=13,036,000円、
H27年の期末残高=15,700,000-1,332,000×3=11,704,000円、
H28年~H33年の期末残高は計算して下さい、
H34年の期末残高=15,700,000-1,332,000×10=2,380,000円。

H35年、前年の(期末残高:2,380,000円-取得価額の5%:2,000,000円)が前年の償却費:1,332,000円を下回り95%に達する年です。

H35年の償却費=2,380,000-2,000,000=380,000円、
H35年の本年分の必要経費算入額=380,000×?%=?円、
H35年分の期末残高=2,000,000円。

尚、H36年分~H40年分の「償却の基礎になる金額」は取得価額の5%:2,000,000円です。

H36年~H39年の償却費=400,000円、(1%均等償却、4年間同一額、摘要欄へ「均等償却」と記入)
H36年~H39年の本年分の必要経費算入額=400,000×?%=?円、(4年間同一額)
H36年~H39年の期末残高=160万円(H36年)、120万円(H37年)、80万円(H38年)、40万円(H39年)。

H40年の償却費=400,000-1円=399,999円、(摘要欄へ「均等償却」と記入)
H40年の本年分の必要経費算入額=399,999×?%=?円、
H40年の期末残高=1円。

償却資産を取得し非業務(家庭)用から業務用に転用した場合
1.非業務用期間における減価の額を計算します。
2.転用後の減価償却費の計算をします。

国税庁>タックスアンサー>No.2109 新築家屋等を非業務用から業務用に転用した場合の減価償却の具体的な計算
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2109_qa.htm


1.転用時迄の非業務期間の減価の額・転用時の未償却残高の計算
(この計算は常に旧定額法で計算します)
非業務期間の減価の額=取得価額×0.9×旧定額法の償却率×非業務用期間。
非業務用の耐...続きを読む

Q3階木造(1階30メガ→3階)では無線LANは繋がりますか?某大手電気屋さんには厳しいと言われました。

こんにちは、みなさん。

私は現在、無線LANの導入を考えているのですが、某大手
無線LANメーカーのHPを確認して、3階でも届くというよ
うな説明もあり、早速購入しようとしました。

そして、某大手量販店の方に確認したところ、実際は3
階建木造(1階~3階)はかなり厳しく、2階でもつなが
らない事もあると言われました。

もちろん、繋がらなかった時の返品はなしという事です。
無線で無理であれば、プロバイダー契約をもう1つしな
ければ行けないので、大変悩んでいます。ちなみに、有線
で1階から引っ張ってくる事はできない家の構造になって
おります。

どなたか、3階でも繋がった事ある方あるいは、繋がる可能性のある物をご存知でしたら教えて下さい。

私の家のプロバイダーはケーブルTVで30M(最高速)で契約
しています。

お手数ですが、ご存知の方いらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

え~と、某大手メーカーの説明と言うと、これですか?
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wireless_test/3f_1f_hip.html#

ま~、実際、無線LANはやって見ないと分かりませんので(なんせ、目に見えない、電波が相手ですので・・・)、「絶対繋がるか」と言われれば、某大手量販店の店員さんの言うとおり、「分かりません」「繋がらない事も有ります」としか言いようが有りません(だって繋がらなかったら、苦情を言われて、返品を受け付けなければなりませんから・・・)、私だってそう言います・・・(笑)

そうは言っても、私の数少ない経験で言うと、木造2階建てですと1階から2階ではだいたい繋がりました(ノーマルパワーで、速度低下は有りますが)、ただ3階は経験が有りませんので、アドバイスとしては・・・
1.ハイパワー版の無線LANブロードバンドルーターにする。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/whr-hp-g54/
2.内蔵無線LANでは仕方有りませんが、後付なら子機もハイパワー版にする。
http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/w/wli-cb-g54hp/index.html
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/wli-u2-amg54hp/index.html
3.もし繋がらなかったら、まずは親機の無指向性のアンテナを水平にする、または角度を変える(無指向性と言っても、電波が広がる方向に特性は有ります)。
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wireless_guide/pu02.html
4.それでも駄目なら、指向性の外部アンテナを取付ける。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/wle-at-dah/
5.まだ駄目だったら、無線LANの親機をもう一台購入して2階辺りの設置、「WDS」(無線中継機能)を使って接続する。
あるいは、無線LANの子機が11aも使えるのでしたら、中継機にされてもOKです。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/wrp-amg54/

残念ながら、そべて対処法となります(泥縄とも言う?)・・・(笑)

お役に立てば幸いです、では!

こんにちは。

え~と、某大手メーカーの説明と言うと、これですか?
http://buffalo.jp/products/catalog/network/wireless_test/3f_1f_hip.html#

ま~、実際、無線LANはやって見ないと分かりませんので(なんせ、目に見えない、電波が相手ですので・・・)、「絶対繋がるか」と言われれば、某大手量販店の店員さんの言うとおり、「分かりません」「繋がらない事も有ります」としか言いようが有りません(だって繋がらなかったら、苦情を言われて、返品を受け付けなければなりませんから・・・)、私だって...続きを読む

Q青色申告の減価償却と耐用年数について

H25に店舗を建て、貸し始めました。
H26に白色申告にて、
建物と建物に付属するものの減価償却耐用年数を申告会場にて、教えてもらい申告しました。
建物に付属する物のうち、減価償却費を計上しないよう言われた物が4つありました。
今年も、その4つは減価償却費を計上しないよう言われましたが
なぜ計上できないのか、わかりません。
教えて下さい。今年は青色申告しようと思っています。


1.エアデッキ購入額¥1,010,000:耐用年数8年
2.長尺シート購入額¥345,000:耐用年数3年
3.パーテーション購入額¥175,000:耐用年数3年
4.網戸購入額¥34,000:耐用年数3年(こちらは10万未満なので、購入年に消耗品処理でしょうか)

Aベストアンサー

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化されているのでない限り、建物付属設備として建物本体とは別に減価償却することは、ごく自然なことです。
耐用年数も 8年と 3年で合っていると思いますよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2015/pdf/35.pdf

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>昨年、経費にはしていないが償却している ということ…

そうなります。

昨年、一昨年に経費にしなかった分を経費にしたかったら、昨年分、一昨年分の確定申告をそれぞれ年ごとに訂正しなければいけません。
税金が安くなる方向での訂正を「更正の請求」といいます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>青色申告の特別控除は¥100,000しか控除…

1棟だけでは事業的規模ではないので、10万円しか取れません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm

それから、建物自体と一体化さ...続きを読む

Qマンションの、共用光ファイバーなのですが、このマンションの世帯は各部屋全部同じIPアドレスなのでしょうか?

マンションの、共用光ファイバーなのですが、このマンションの世帯は各部屋全部同じIPアドレスなのでしょうか?

ちなみに、プロバイダーは、フュージョンです!

Aベストアンサー

IPアドレスは所帯ごとに必ず違います。
ただどのようなIPアドレスが割り振られているかはいろいろあります・
1.固定グローバルIPアドレス・・たいてい別料金が必要
2.可変グローバルIPアドレス
  接続するたびに変わることがある
  動的IPアドレスともいう
3.プライベートIPアドレス・・プライベートとグローバルの翻訳はプロバイダが行う

一般家庭の場合2もありますがマンション共用ならDHCPとのからみで2はないかも
しれません。

Q耐用年数を経過しいた公用車の減価償却について

会社で使用している公用車が、耐用年数の6年を経過しました。減価償却費を計算する場合、耐用年数を経過したので減価償却費は計上しなくてもよいのでしょうか?それとも、使用している限り減価償却費を計上するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

95%まで償却できますから、実際には 6年よりもう少し長く償却できることになります。
その車を使っている限り「未償却残高」として、残りの 5%をずっと帳簿に記載しておくことになります。この間の減価償却費はゼロです。
廃車したとき、残っていた 5%は、「除却損」として経費になります。

QADSLから光ファイバーへ

現在私は、NTT東日本のフレッツADSL12Mを利用しています。下りスピードは1Mが出る程度ですが、ADSL24Mに変更するともう少し早くなりますか。また、光ファイバーへの切り替えには、現在の環境の大幅な変更がいるのでしょうか。ADSLターミナルは買い取りです。また、自宅はマンションです。

Aベストアンサー

ADSLの評価するにはつぎの4項をまず確認しましょう

1、リンク速度~~~可能な最高速度で通常80%迄行きます、中にはフルリンク(100%)行く方も居るようですが プロバイダーにメールで確認可能(yahoo)下記の2項も同じメールで回答頂きました
2、線路距離、減衰量~~~NTTのサイトで調べられます
東 http://www.ntt-east.co.jp/line-info/
西 http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html
3、PCのOS~~WIN98,MEの場合はMTU,RWINの調整要 私のはこれで2割アップしましたがリンク速度の80~85%でした
こちら 
http://members.at.infoseek.co.jp/mimi1014/ 
他にもありますが
後はノイズ対策ですね
http://www.asahi-net.or.jp/~vj5y-tkur/dengen.html

上記の4項 リンク速度、線路距離、減衰量(伝損)、PCのOSが解りまますと的確な判断が出来ます
実速度がリンク速度の80%以下でしたら改善の余地有りです
24Mは2Km迄が限界と言われます。

ADSLの評価するにはつぎの4項をまず確認しましょう

1、リンク速度~~~可能な最高速度で通常80%迄行きます、中にはフルリンク(100%)行く方も居るようですが プロバイダーにメールで確認可能(yahoo)下記の2項も同じメールで回答頂きました
2、線路距離、減衰量~~~NTTのサイトで調べられます
東 http://www.ntt-east.co.jp/line-info/
西 http://www.ntt-west.co.jp/open/senro/senro_user_index.html
3、PCのOS~~WIN98,MEの場合はMTU,RWINの調整要 私のはこれで2割アップし...続きを読む

Q減価償却 耐用年数

白色申告です。
収支内訳書で車を減価償却していますが、耐用年数とは、減価償却できる期間なのでしょうか?
13年2月取得の車は、耐用年数4年ですので、今年度の申告では2ヶ月分しか償却できないということなのでしょうか?
おわかりになるかた教えてください。

Aベストアンサー

そもそもは、耐用年数というか、償却率は、取得価額の9割に達するまで償却するように率が設定されていますが、税法上では、取得価額の95%に達するまで、償却できる事とされていますので、耐用年数を過ぎても、取得価額の5%になるまでは償却できます。

ですから、今回も、引き続き使用されている車であれば、月数は12ヶ月で計算して、その結果、未償却残高が、取得価額の5%を下回ってしまう場合は、前年からの繰越残高と、取得価額の5%の差額について、本年の減価償却費として計上して、結果的に、所得価額の5%が未償却残高となる事になります。
(もちろん、当たり前に償却しても、なお取得価額の5%に達しなければ、当たり前の金額で償却する事となりますし、もし5%まで達すれば、来年以降は、資産そのものは残しておかなければなりませんが、減価償却費は0円となります。)

QADSLより、光ファイバーの方が安いのでしょうか?

私は電話回線の引いてないアパートに住んでいるのですが、価格どっとこむで見てみると
ADSLでは
http://kakaku.com/bb/ranking_ADSL1_220001509911111090000012/?sort=3&page=000&button=0&zip=3360931&sc=11&count=20&terminal=900&Hsystem=2&Hlower=2
一番安いのが
1,066円/月(実質費用初年度)
3,285円(月額費用)
回線:12M
ですが、
光ファイバーでは
http://kakaku.com/bb/ranking_VDSL_220001509911111090000012/?sort=3&page=000&button=0&zip=3360931&sc=12&count=20&terminal=900&Hsystem=2&Hlower=2
一番安いのが
1円/月(実質費用初年度)
3,969円(月額費用)
回線:100M
です。

「実質費用」と「月額費用」とどちらの値段を見ればいいのかわかりませんが、
光ファイバーの方が安いと思っていいのでしょうか?

私は電話回線の引いてないアパートに住んでいるのですが、価格どっとこむで見てみると
ADSLでは
http://kakaku.com/bb/ranking_ADSL1_220001509911111090000012/?sort=3&page=000&button=0&zip=3360931&sc=11&count=20&terminal=900&Hsystem=2&Hlower=2
一番安いのが
1,066円/月(実質費用初年度)
3,285円(月額費用)
回線:12M
ですが、
光ファイバーでは
http://kakaku.com/bb/ranking_VDSL_220001509911111090000012/?sort=3&page=000&button=0&zip=3360931&sc=12&count=20&terminal=900&Hsystem=2&Hlow...続きを読む

Aベストアンサー

実質費用初年度、と書いてある通り、キャンペーン等で初年度が安い変わり、次年度からの月額が「月額費用」になります。
今ではだいぶ価格が近くなってきたのと、ADSLは基地局という場所から遠かったりすると、回線スピードが遅かったりするので、光が良い場合が多いです(ただし光回線が建物にきていればですが)。

ちなみにADSLもイー・アクセス社が出している「ADSL・セット」という方がお得です。光並みの値段なのにADSLくらいの速度しかでない「フレッツADSL」は選択しないように注意してください!(私はそれで泣きをみました)

Q中古機械の減価償却(耐用年数)

こんにちは。
よろしくお願いします。

当方、法人にて町工場をしております。

・このたび中古の機械(NC旋盤1台・使用後12年経過)を購入いたしましたが、決算にあたり、減価償却費を計上する際に問題がおこりました。

・当方の考え
法定耐用年数12年を経過している機械なので、中古資産の耐用年数(簡便法・2年)で減価償却できるのでは?

・顧問の税理士さんの回答
機械については総合償却資産(一括して耐用年数が決められている)とされるので、法定耐用年数(12年)で減価償却しなければならない。

・疑問点
総合償却って?
1)プラントや生産レーンのように、全体として一つと考えられるものに適用されるのではないの?
今回は単品の機械、しかも中古。なのに総合償却なの?
2)総合償却は個別の減価償却費を計算しないやり方じゃないの?(グループとして計算するんじゃないの?)うちではちゃんと個別に計算しているのに・・・。

どうしても納得いきません。。。
誰か教えて下さいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用年数の全てを経過しているものにも法定耐用年数を適用することは実情にそぐわないとお考えになる気持ちも分かりますので、税理士さんを通して税務署に意見(耐用年数2年)を伺ってもらえばどうでしょうか。顧問であれば、納税者有利になるようお話だけはしていただけると思いますが。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sonota/700525/01/01_05.htm
1-5-8

http://nzeiri.sppd.ne.jp/syokyak/19/tutatu/taiyo/1-5-8.htm

総合償却資産とは機械及び装置並びに構築物で、その資産に属する個々の資産全部を総合して定められた1つの耐用年数を適用して償却費を計算する資産を言います。

機械及び装置のような総合償却資産は、設備を構成する機械のうちの一部について中古資産を取得しても、その機械だけについて中古資産の耐用年数を適用することは認められません。

原則はこうなっておりますので顧問税理士さんが仰ることは正しいのですが、当該機械が単体で一体としての使用単位とみなすことが出来るものであれば、既に法定耐用...続きを読む

Q各階でネットを有線でしたいのですがどうしたらいいですか

こんにちは。
無線ではなく有線で各階でインタネットをしたいのですが、各階にTEL回線があればできるのでしょうか?
TEL回線が各階にあっても各部屋でするとなるとNTTに各部屋の電話線工事をしてもらうお金が発生し、工事してもらうとOKできるようになりますか?
光回線は現在きていません。ADSLで現在使用しています。
新築なので配線はどうともんばると思いますが、そのどうというのがわかりません。
「まとめてネット」など聞いたり、PLCアダプタなど聞きましたがよくわかりません。
そこで、建築では、インターネットをする部屋にはTEL回線をいれておけばいいでしょうか?
という質問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2さんが説明されていますが、光電話も使える「フレッツ光プレミアム」にした場合は、ルーター(CTU)までがNTTからきます。
これ以降が各ユーザーの責任になり、
 1. 光終端装置
 2. ルーター
 3. 光電話アダプター
の3つの機器を置く事になります。
もし改築なら置き場所と電源を考えておいてください。
知人宅では、新築ですからヒューズボックス内にスペースを確保して入れました。
新築なら設計士と相談して、この3つの機器が置けるスペースとACの差込、それと停電を考えればUPSも(UPSは停電時の非常用電源で、最近はめったにないので一般家庭では要らないと思います。 一応紹介だけ)

http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_38974471_71_218_42588573/11938315.html

家は一生物ですから、NTTのショールームなどで実際に見て納得してから配線を決めてください。

http://www.ntt-west.co.jp/nagoya/nattoku/

ADSLなら光電話アダプターが要らないので、#2さんの図になりますかね。
いずれにせよルーターからLANケーブルを各部屋に配線しますが、ルーターの差込が足りない場合(通常は4個ほど差し込めます)は二股ケーブルのような「ハブ」を使って分岐させます。

「配線方法」
http://www.katch.ne.jp/~art/htm37/web-lan.html

「ルーター」
http://corega.jp/product/list/router/

「ハブ」
http://corega.jp/product/list/hub/

部屋には差込口を設けておきます。
ケーブルですけど、カテゴリー5とか6とかは規格で、主な違いはデーターの速さです。
現状ならカテゴリー5でも十分で、100Mbpsの転送速度があって、ADSLは勿論、光でもインターネットなどは十分対応しています。
しかしながら、1階からGBクラスの動画ファイルを2階のパソコンに転送するという話になりますと、この100Mbpsでもストレスが出てきて、現在その上の規格である、カテゴリー6(1Gbpsの転送速度)が出ていますから、将来を考えればそれほど高いものではないので、こちらの方をお勧めします。
もっともルーターやハブが対応してなければ、100Mbpsしか出ませんから、無駄と言えば無駄ですけど、数年後は分かりませんから、上位規格の方が将来性はありますよ。
ワイヤレスより有線の方が安定しますから、ご質問者の考えは賢明と思います。

#2さんが説明されていますが、光電話も使える「フレッツ光プレミアム」にした場合は、ルーター(CTU)までがNTTからきます。
これ以降が各ユーザーの責任になり、
 1. 光終端装置
 2. ルーター
 3. 光電話アダプター
の3つの機器を置く事になります。
もし改築なら置き場所と電源を考えておいてください。
知人宅では、新築ですからヒューズボックス内にスペースを確保して入れました。
新築なら設計士と相談して、この3つの機器が置けるスペースとACの差込、それと停電を考えればUPSも(UPSは停電時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報