電流計には、レンジがありますよね。1mAとか・・・たとえば、1mAレンジにしたときに、0.3mA流したときに、電流系にある分流抵抗には流れませんよね。その理由をレポートで書きたいんですが、先生ちょっと変な方で、原因と結果が違うとうるさいんで・・・誰かちゃんとしたのを・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

計算 PHP」に関するQ&A: phpのfuction内での計算

A 回答 (1件)

こんにちは。

何か、「ん?!」という感じのご質問ですが・・・

分流器は電流計と並列につながっているもので、分流器をつなげている場合は、ほとんどの電流が分流器を流れます。
何かご質問に勘違いがあるような気がするのですが。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=13534

まえのご質問

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=163950

で計算方法などは示しましたが、フルスケールに比べて非常に小さい電流を流した時でも、ちゃんと分流器には流れますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流計、電圧計の切り替えレンジについて

なぜ電流計、電圧計の切り替えレンジは1,3系列になっているのでしょうか。
たとえば10[mA]の下は、半分の5[mA]ではなく中途半端な3[mA]になっているのでしょうか。

Aベストアンサー

1,3 ならばその上は 10,30 と約3倍ずつになります

1,5,10,50 だと 2倍 5倍 になるので 
1,2,5とか 1,2.5,5 とかにしないと使いにくくなりますが レンジの数が1.5倍必要になります

コストと使い勝手を勘案して決めたのだと思います

なお、ディジタル表示だと 2,20,200 となっている物が多くあります

Q電流計についてなのですが、画像の問題を読むと 回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測

電流計についてなのですが、画像の問題を読むと

回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測定回路の抵抗の変化分を補償するために直列に抵抗Rをつけた

と書いてあるのだと思うのですがなぜ抵抗Rをつけるのでしょうか。
元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけてそれによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだからわざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

電流計の耐電圧の関係かなと思いましたがそのような事も書いてありませんし、なぜわざわざ減った抵抗値を増やすような事をするのでしょうか。

Aベストアンサー

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないですが、
設問に対しては「そういう前提」と解釈して解答するだけですね。
「その理由がわからないと解答できない」ってわけじゃないですし。

で、「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」意味ですが、
例えば、実験目的で電流値をいろいろ変え、追従してRs値交換し、電流値を記録し
a,b端子間の電圧降下を算出する場合などは、一定値の方が都合がいいように思います。
計算式が1つで済むので。
そうでないと(測定時のRs値によって)計算式を変える必要がありますよね。
組合せが増えれば作業も手間だし間違える可能性も出てくるし検証も複雑になる。


「一定にする」のと「少しでも小さくする」のは両立できず、一長一短です。
どちらを取るかは状況や価値観によります。本設問では「一定にする」と読めます。

電流計はrg=0オームで回路に影響与えないのが理想なんですが、
回路のエネルギーを横取りするので、現状、どういう方法でも元の回路に影響を与えます。
(クランプ式の電流計も)
少しでも0に近い方が、それによる測定誤差はより小さくなり、望ましいのですが
素の電流計 rg 以下にはできません。誤差の要因は他にもあります。
「測定誤差はこれくらいは許容」前提な測定を行うことはママあります。

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないで...続きを読む

Qさっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないの

さっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないのでは?

Aベストアンサー

その疑問を、自分で解決できるようになると、あなたは一段階進歩します。
あなたの質問って、基礎の基礎の所を「ちゃんと読んでない」ことに起因することが多すぎます。
疑問を持ったら、まず基礎の所を読み直しましょう。
E=RIは基本中の基本です。
これがちゃんと身についてないのです。
勉強をやり直してください。
また、E=RI周辺の勉強をするのに、電荷の速さ、なんて概念は、どこにも出てこないはずです。
日本語、単語の意味を正確に読み取ってください。
ここがいい加減だと、あなたのように、先々躓くので、勉強をやり直すことになり、学習効率が上がりません。
国語力は大事です。あなたのレベルで疎かにするようなことの無いように気をつけてください。

Q電球の抵抗+電源の内部抵抗で正確な電流値の求めたい

画像のような15Vの電源並列接続で、仮に電球の抵抗を100Ω、電源の内部抵抗を5Ωとすると全体の電流値はどのように計算すればよいのでしょうか?また1つの電源が負担する電流値は単純にその値を3分の1にすれば求められるのでしょうか?

Aベストアンサー

電球の抵抗値が点灯して安定状態の抵抗値とします。
また、電池の電圧や内部抵抗も3個と同じ状態として計算します。
この接続状態での計算方法を貼り付けましたので参考にして下さい。

説明図を接続図(1)として示してあります。
3つの電池の電圧と内部抵抗が同一としますと接続図(2)として表す
ことができます。
3つの電池と3つの抵抗の間に縦の接続線で接続した状態となります。

電池は代表の1つで表すことができますので、接続図(3)となります。
抵抗値をそれぞれR1、R2、R3としますと3つの抵抗器が並列に接続
した状態になります。
3つの抵抗器を合成した1つの抵抗器をR0としますと次の式にて計算
できます。

(1/R0)=(1/R1)+(1/R2)+(1/R3)
(1/R0)=(1/5)+(1/5)+(1/5)=(3/5)
R0=(5/3)=1.667[Ω]

電池(DC15V)に合成抵抗器(R0)と電球の抵抗器(RL)が直列に接続
した状態となります。
この時の回路電流Iは、次により計算することができます。

I=E/(RL+R0)=15/(100+1.667)=15/101.667
I=0.14754
I=0.148[A]

回路電流は0.148[A]となります。
なお、前提条件上の値ですので、「正確な電流値」とは断言できま
せん。

「電池1個当たり負担する電流は1/3になります。」と単純に言い
たいところですが、実際には 3つ電池が発生する電圧にバラツキが
あります。また、内部抵抗も同様です。

電圧の差と内部抵抗値の差がかなり小さい値と考えられますので
実際には個別に測定器を挿入して測定して確認する必要があります。
また、測定器にも内部抵抗がありますので、挿入したことによる
影響も考慮する必要があります。

電球の抵抗値が点灯して安定状態の抵抗値とします。
また、電池の電圧や内部抵抗も3個と同じ状態として計算します。
この接続状態での計算方法を貼り付けましたので参考にして下さい。

説明図を接続図(1)として示してあります。
3つの電池の電圧と内部抵抗が同一としますと接続図(2)として表す
ことができます。
3つの電池と3つの抵抗の間に縦の接続線で接続した状態となります。

電池は代表の1つで表すことができますので、接続図(3)となります。
抵抗値をそれぞれR1、R2、R3としますと3つの抵抗器が並列に接続...続きを読む

Q電圧計電流計法

こんにちは!
学校で出された課題の答えがわかりません…

直流電源、電流計、抵抗器を直列につないで、
(1)電圧計を電流計と抵抗器をはさんで並列接続する場合

(2)電圧計は抵抗器のみをはさんで並列接続する場合

の2通りの回路を使って抵抗値の計測をする実験をしました。

そこで抵抗値を求めるとき、(1)だったら電流計の内部抵抗を考慮して
測定値の傾きを補正して抵抗値を求め、
(2)だったら電圧計の内部抵抗を考慮して抵抗値を求めました。

内部抵抗を考慮に入れてどちらも抵抗値の計算をしたのですが
(1)(2)で得られた抵抗値は異なる場合があるそうです。
この理由を考えなさい、という課題でした。

すみません、どなたか知恵を貸してくださると幸いです!

Aベストアンサー

(1)V=I(R+ri)
R=(V/I)-ri
電流計の内部抵抗riに比べて十分大きな抵抗でない場合Rの測定誤差が大きくなる。R>>ri

(2)I=V{(1/R)+(1/Rv)}
1/R=(I/V)-(1/Rv)
電圧計の内部抵抗Rvに比べて小さな抵抗でない場合Rの測定誤差が大きくなる。R<<Rvであること。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報