OSはWindowsNT、Excel97です。
こんにちは。以前こちらで「見積表の抽出方法」をお聞きして素晴らしい見積表を作らせて頂きました。あの時は、数量欄に数字を入れた行のみ抽出し、さらに元に戻す事も出来るという、以下の2つの構文を教えて頂きました。

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveSheet.Unprotect
Dim i As Integer
i = 2

Do Until i = -1
If Worksheets("単価表").Cells(i, 6).Value = "" Then
i = -1
Else
If Worksheets("単価表").Cells(i, 6).Text = 0 Or _
Worksheets("単価表").Cells(i, 6).Text = "" Then
Worksheets("単価表").Rows(i).Select
Selection.EntireRow.Hidden = True
End If
i = i + 1
End If
Loop
ActiveSheet.Protect DrawingObjects:=True, Contents:=True, Scenarios:=True
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
ActiveSheet.Unprotect
Worksheets("単価表").Cells.Select
Selection.Rows.Hidden = False
ActiveSheet.Protect DrawingObjects:=True, Contents:=True, Scenarios:=True
End Sub

それでもう1つ質問なのですが、
この構文では、数量欄にゼロ(0)を入れると抽出出来ません。できればゼロを入れた時も抽出されるようにしたいのです。
つまり数量欄が空欄以外はすべて抽出されるようにしたいのです。
説明不足でしたら補足致しますので、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちょっと自信なしですが、


If Worksheets("単価表").Cells(i, 6).Text = 0 Or _

If Worksheets("単価表").Cells(i, 6).Text = _
でどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。
早速試してみます!

お礼日時:2001/11/14 15:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで、=IF(A12="a",TRUE)は =A1="a"  ???

エクセルで、
=IF(A12="a",TRUE)

=A1="a"
と省略できるのですか?

やってみるとまったく同じようなのですが、いまいち不安です。

また、=IF(D4=TRUE,"OK!","No!")も、日頃=IF(D4,"OK!","No!")と略してますが、これも正しいんですよね?
気になったものですから確認させてください。

Aベストアンサー

こんにちは。maruru01です。

IF関数について、少し補足説明します。
IF関数は、No.1にもあるように、

=IF(条件式,真の場合,偽の場合)

という書式ですが、

=IF(条件式,真の場合)

と、偽の場合を省略することが出来ます。
ここで偽の場合は、FALSEという論理値を返します。
つまり、質問欄の1つ目の例に当たります。
なお、

=IF(条件式)

と、真の場合も省略することは出来ず、

=IF(条件式,,偽の場合)

と、空欄にすると、真の場合は数値の「0」を返すことになります。
ちなみに、偽の場合も、

=IF(条件式,真の場合,)

と、引数区切りのカンマだけ付けると、空欄と見なされて(省略とは異なる)数値の「0」を返します。

次に、条件式についてですが、
条件式は、

「左辺」+「比較演算子」+「右辺」

の書式になっているものを指します。
ここで、比較演算子とは、
「=、>、<、>=、<=、<>」
を指します。
条件式は、成立/不成立の結果、TRUE/FALSEという論理値を返します。
つまり、

=A1="a"

は、条件式の戻り値そのものを表示していることになります。
それに対して、IF関数の方は、条件式を判定した結果、真の場合と偽の場合をそれぞれ実行して表示しています。
その真の場合と偽の場合が、条件式の戻り値とちょうど一致しているということです。

さて、IF関数の第1引数は、通常は上記の条件式を指定しますが、実際はIF関数は第1引数を数値として判断しています。
その判定基準は、第1引数が、
0 → 偽の場合を実行
0以外 → 真の場合を実行
となります。
そして、第1引数が条件式の場合に限り、戻り値の論理値を、
TRUE → 1
FALSE → 0
と数値に変換して判定しているのです。
これが、質問欄の後半の2つの数式の挙動の違いの原因なのです。

=IF(D4=TRUE,"OK!","No!")

は、第1引数は「D4=TRUE」という条件式です。
この場合、戻り値は必ずTRUE/FALSE(=1/0)です。
(ただし、D4にエラーが入っている場合を除く)
一方、

=IF(D4,"OK!","No!")

の方は、第1引数は「D4」で、これはセルD4の値そのものです。
で、前述のように、IF関数は第1引数を数値として判定するので、このD4が数値(と論理値)以外の場合(文字列など)はエラーになります。
D4が数値(と論理値)の場合は、前述のように、「0」かそれ以外かで判定され、真/偽の場合のいづれかを実行して表示します。

このIF関数の第1引数が数値として判定されているということを利用した例が以下のようなものです。
例えば、A列に数値が1つでもあれば"OK"、1つもなければ(つまり0)"NG"を表示する場合、意味を考えれば、

=IF(COUNT(A:A)>0,"OK","NG")

ですが、これを、

=IF(COUNT(A:A),"OK","NG")

と、A列の数値の個数(COUNT関数の戻り値)そのもので判定することが出来るわけです。

以上、長くなりましたが、補足説明でした。

こんにちは。maruru01です。

IF関数について、少し補足説明します。
IF関数は、No.1にもあるように、

=IF(条件式,真の場合,偽の場合)

という書式ですが、

=IF(条件式,真の場合)

と、偽の場合を省略することが出来ます。
ここで偽の場合は、FALSEという論理値を返します。
つまり、質問欄の1つ目の例に当たります。
なお、

=IF(条件式)

と、真の場合も省略することは出来ず、

=IF(条件式,,偽の場合)

と、空欄にすると、真の場合は数値の「0」を返すことになります。
ちなみに、偽...続きを読む

QPrivate Sub Worksheet_Calculate()のことでお聞きします

いつもgooの皆さんに大変お世話になっております
マクロの勉強を初めて2ヶ月の者です

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)にマクロを書いているのですが
「特定のセル範囲が変更されたときに処理を実行する」は分かるのですが
特定のセル範囲が変更されなくても、例えば、セルの値がインストールされているアドインで
変化した時の処理はどこに書いたらいいのでしょうか?

今現在、H列のTarget.RowとJ列のTarget.Rowにはアドインで、機器の温度が表示されていますが
この2点の温度変化で
Application.Speech.Speak "温度接近", True
などどやりたいのですが、Private Sub Worksheet_Calculate()に書けばいいのでしょうか
その場合、Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)内の
Target.Row等の値はどうやったらPrivate Sub Worksheet_Calculate()で使えますか?
それとも、もしかしたら標準モジュールに書くのでしょうか?

うまく説明できていませんが、どなたか教えてください

いつもgooの皆さんに大変お世話になっております
マクロの勉強を初めて2ヶ月の者です

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)にマクロを書いているのですが
「特定のセル範囲が変更されたときに処理を実行する」は分かるのですが
特定のセル範囲が変更されなくても、例えば、セルの値がインストールされているアドインで
変化した時の処理はどこに書いたらいいのでしょうか?

今現在、H列のTarget.RowとJ列のTarget.Rowにはアドインで、機器の温度が表示されていますが
この2点の...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

今回の質問は、ご質問者さんには、別のイベントというか、紹介しましたね。その中に含まれていたかもしれません。

今回の件は、マクロを勉強して2ヶ月の人の話ではなく、3年やっても、5年やっても知らない人は知らないことで、かなりハイレベルというか、古めかしいというか、ほとんど知られていない技術だと思います。こういう話は、1冊の本にもなっています。本来、計測メーカー側の専門業者に頼んでしまったほうが早い気もします。たぶん、彼らは、公表はしていませんが、それ専用のVBA用のマクロを持っているはずです。

>特定のセル範囲が変更されなくても、例えば、セルの値がインストールされているアドインで
>変化した時の処理はどこに書いたらいいのでしょうか?

ふつうは、どこでもよいので、
=Now()
という式を書いて、
Private Sub Worksheet_Calculate()
に、イベントを拾わせるわけです。
しかし、少し、工夫が必要で、時々、これが困った動きをします。

Calculate のイベントが、ワークブック全体に働いてしまい、どこのシートを使っても、Calculateイベントが動いてしまいます。この方針で話が本格的になった時に、この対処法は、あらためて紹介します。

>(Worksheet_Change)のTarget.Row等の値はどうやったらPrivate Sub Worksheet_Calculate()で使えますか?

単に、モジュール変数を使って橋渡しするのか、それとも、同時で働くということなら、 Worksheet_Calculateのイベントでなくてもよいはずです。どのように使うのか、こちらではわかりかねます。本来、別の働きをするものです。もちろん、キーで入力した際は、Worksheet_Calculateのイベントは、起動します。

>Application.Speech.Speak "温度接近", True
>などどやりたいのですが、Private Sub Worksheet_Calculate()に書けばいいのでしょうか

ActiveX コントロールで入ってきた値が、どのように加わっていくのかにもよりますが、セルの位置は、Worksheet_Changeイベントのようにセルの位置は感知しませんから、インプットの場所が動いていくのでしたら、マクロで最後尾を探さなくてはなりません。

>それとも、もしかしたら標準モジュールに書くのでしょうか?
同様のコマンドで、標準モジュールに書く方法もあります。とても古い方法で、オブジェクト・ウィンドウにも出てこないはずです。しかし、まだ、同様の働きはしますが、今は、シートモジュールが主流になっています。

こんばんは。

今回の質問は、ご質問者さんには、別のイベントというか、紹介しましたね。その中に含まれていたかもしれません。

今回の件は、マクロを勉強して2ヶ月の人の話ではなく、3年やっても、5年やっても知らない人は知らないことで、かなりハイレベルというか、古めかしいというか、ほとんど知られていない技術だと思います。こういう話は、1冊の本にもなっています。本来、計測メーカー側の専門業者に頼んでしまったほうが早い気もします。たぶん、彼らは、公表はしていませんが、それ専用のVBA用の...続きを読む

QEndモードにしないEndキー

EXCELでEndキーを押すと,ステータスバーに「END」モードの表示が出ます。ENDモードにしないで,アクティブセルと同じ行の一番右端(データの含まれている範囲で)に移動させるにはどうしたら良いのでしょうか?
EXCEL2000です。

Aベストアンサー

こんにちは。

以下のマクロで、試してみて下さい。

Private Sub auto_Open()
Application.OnKey "{END}", "Set_EndColumn"
End Sub
Sub Set_EndColumn()
wRow = ActiveCell.Row
Range("IV" & wRow).End(xlToLeft).Select
End Sub

'マクロ貼付
(1) Alt+F11 (ツール → マクロ → Visual Basic Editor) →「挿入」→「標準モジュール」で表示される画面に貼り付け
(2) Excelを再起動して試しください。

QRange(Cells(32, 14)).Value = "S" がエラーになります

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんに大変お世話になっています。
エクセルは2013です

Range(Cells(32, 14)).Value = "S" がエラーになります
メッセージは「Range メソッドは失敗しました Worksheet オブジェクト」です

32行目の14列にSを書き込みたいので、ネットで調べてやってみたのですが
よく理解できません

14という数値を使って書きたいのですが、どう書き換えたら良いでしょうか
どなたか教えてください

Aベストアンサー

この場合一つのセルですから
Cells(32, 14).Value = "S"
これだけです。Rangeは不要です。

QエクセルVBAで Cancel=Trueの使い方

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
If Target.Address <> "$A$1" Then Exit Sub
Cancel = True
MsgBox "キャンセルしました"
End Sub

Private Sub Worksheet_Deactivate()
Cancel = True
MsgBox "キャンセルしました"
End Sub

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
Cancel = True
MsgBox "キャンセルしました"
End Sub

以上のように使ってみましたが、どれも「キャンセルしました」とメッセージは出るものの、直前の操作(入力、シート切替、セル移動)はキャンセルされませんでした。
どこが間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

> セルへの入力を取り消す場合でいいです。
> たとえば、A1に5と入っていたのに3を入力されたので、5(というか以前の値)にもどす。

それでしたらこれが一番簡単な方法ではないでしょうか?3が入力されたらUndoしちゃうんです。

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
If Target.Address <> "$A$1" Then Exit Sub
If Target.Value = 3 Then
Application.Undo
'MsgBox "キャンセルしました"
End If
End Sub


人気Q&Aランキング

おすすめ情報