最新閲覧日:

幼い頃から、心臓あたりがプチッとなにかがはじけるような感じのことがよくあります。
それは左側(つまり心臓側)を下にして寝ていたり、大声で笑ったりした時などに起こります。
上記のことを行ったから必ずというわけではないのですが、かなりの確立でなります。
小学生の時に「肺胞」という言葉をおぼえ、それからは「きっと肺胞がプチッとはじけてるんだ。」と思い納得してきましたが、よくよく考えたら肺胞がプチプチはじけてたら大変なことですよね。
別にレントゲンとか心臓の検査(健康診断とかでやるやつです)では今まで異常はありませんでした。

今までに同じような症状(胸のあたりがプチッとなって何かがはじけるかんじがする人)の人に一人だけ会ったことがありますが、その人も別に何か異常はなかったようなのです。

これは病気なのですか?
それともよくあることなのでしょうか?

A 回答 (2件)

 可能性ですが、痛みがまったくないのでしたら骨が鳴ってるのかもしれません。

指をパキパキ鳴らす奴。
 1度鳴るとしばらく鳴らなくなるということでしたら、その可能性がけっこう高いかもしれません。
    • good
    • 2

それは、あばらが引っ掛かってるのではないでしょうか?


こんな事が起きるのかどうか知りませんが・・・
実は私も大きく伸びをした際に心臓(かその辺の筋肉か)がつったような引っ掛かったような感じがして(コリッとなるようなプチッてなるような)あせってドツキまくった経験があります。
KODAMARさんと同じかどうかはわかりませんがビビリました。
そして、私もレントゲンで引っ掛かったことはないです。
私は勝手に納得して放ってますが、同じ症状でないかもしれませんし、気になるのでしたらお医者さんに相談した方が良いかもしれません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ