NTドメインからW2Kドメインにアップデートしたのですが、この際マニュアル本に従ってローカルドメイン名(といっていいのか)をグローバルドメイン名と同じ名前のPcompany.co.jpとしました。

その後、社内のネットワークもインターネットも特に問題なく処理できていたのですが、レンタルメール会社にホスティングしているグローバルドメインを使用したインターネットメールだけは、「POP.Pcompany.co.jp」が見つからないとなり使用することができません。

おそらくドメインのラベルが同名であるためにローカルドメイン上のDNSを探してPOP.Pcompany.co.jpが見つからずにエラーがでていると思いますが、このような場合のために、ISPから取得したDNSアドレスでフォワーダーも設定しており、実際、他のドメインを使ったインターネットメールやWEBは問題なく接続できます。

フォワーダーは、同じドメイン名であればDNSにレコードがなくても外部のDNSへ探しに行ってはくれないのでしょうか。
アドバイスお願いします。

尚、ご参考までに設定状況は下記のとおりです(アドレスやドメイン名は架空ですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

DNSのフォワーダーは同一ドメイン名の場合はフォワードされません。

これはbindの使用のはずです。
ですから、globalサイト(外向け用)のDNSと内部用で2重管理する必要があるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかしDNS初心者の私には、bindやDNSの2重管理などは乏しい知識の範囲外でして、またこれを勉強しなくてはならないのかと思うと、トホホな気持ちになります。
ADのウィザードに従って、勧められるままに登録されたドメイン名をそのままADのドメインにしたのに、こんな落とし穴があるなんて。私同様に同じ過ちを犯した初心者も多いと思いますが・・・・

お礼日時:2001/11/14 18:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCopyright (c) 年号 会社名 Co.,Ltd. All Rights Reserved.って?

会社のホームページの各ページの最後に
Copyright (c) 年号 会社名 Co.,Ltd. All Rights Reserved.ってありますよね?
どういう意味なのでしょうか?
掲載情報の著作権関係のことであるというのはわかるのですが、年号の書き方が様々ですよね。

↓このページの一番下のNTT Resonantのように・・・
Copyright (c) 2005 会社名. All Rights Reserved.という年号がひとつだけの形と、

↓その上のOK Webのように・・・
Copyright (c) 1999-2005 会社名. All Rights Reserved.と年号のところがなっている場合とがありますよね?

あと初歩的な質問ですが、英語で会社名のあとにつく、Co.,Ltd.やInc.の使い分け等も教えてください。
どなたか詳しい方、どうかよろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

「Copyright」は著作権「(C)」は Copyright の略記号(本当は丸の中にCを書きます)
「19xx-20xx」は最初に著作権が発生した年と最終更新の年、会社名は著作権を有する会社
個人が著作権をもっている場合は個人名になります。「All rights reserved.」は
「すべての権利は著作者が持っている」という意味を示します。

日本の法律では創作物を作成した時点で、自動的に著作権が発生しますので、特にこの
表記をしなくても守られます。しかし国によっては、公的機関などによる登録を経て初めて
著作権が認められるという制度をとっている国があります。
そういう国に持ち込まれても国際条約によって、このCopyrightの書式を守った表記を
していれば著作権が保護される事になっています。

Co.,Ltd.やInc.は著作権とは関係なくて、株式会社(有限会社)が自社の名前の英語表記を
どう決めているかによって変わってきます。つまり、Co.,Ltd.までが会社名です。

Co., Ltd は Company, Limited の略
Inc. は Incorporated の略
Corp. Corporation は Corporation の略
厳密に言うと意味が違うようですが、よくは知りません。

日本の商法では、正式な株式会社の名前には、「株式会社」という文字を入れる事と
定められていますが、英語表記をどうするかは、特に決められていませんので、各会社が
自由に決めています。
最近は、Corp.やInc.が多いようで、歴史が古い会社は Co., Ltd が多いようです。

「Copyright」は著作権「(C)」は Copyright の略記号(本当は丸の中にCを書きます)
「19xx-20xx」は最初に著作権が発生した年と最終更新の年、会社名は著作権を有する会社
個人が著作権をもっている場合は個人名になります。「All rights reserved.」は
「すべての権利は著作者が持っている」という意味を示します。

日本の法律では創作物を作成した時点で、自動的に著作権が発生しますので、特にこの
表記をしなくても守られます。しかし国によっては、公的機関などによる登録を経て初めて
著作権が認め...続きを読む

Q汎用JPドメインか、gTLDドメインかで悩んでいます

汎用JPドメインとgTLDドメイン、どちらで取得しようか悩んでいます。
金銭面と、好みの問題が大きいと思うのですが、
ドメインを取得する時、どういった方針で
汎用JPドメイン、gTLDドメインを選びますか?
曖昧な質問で済みませんが、現在ドメインを取得なさっている方、
何が決めてでそのドメインにしたのか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>また質問なのですが、ドメイン取得の時に、自分名義にするか、代行業者名義にするか選べますよね?
>自分名義にすると、自分の住所とか名前が公開されてしまうようですが、
>皆さんはどうしてますか??

gTLD(com,net,org)は登録者、管理担当者、技術担当者、経理担当者と4項目ありますが、登録者と管理担当者は自分名義にしています。

やはり個人情報の観点から公開したくないという気持ちもありますが、全部業者名義にしてしまうと、途中で登録情報の変更が自分で出来なくなります。
#そういった方をたくさん見ていますし

よほど信頼出来る業者なら全ての名義を業者さんにしてしまっても良いかもしれませんが、あまりオススメは出来ません。

汎用JP(.jp)は登録担当者と公開連絡窓口の2種類あるので、これは前者は自分名義にして、後者は業者名義にしておくと良いと思います。

登録担当者は登録者名だけはWhoisデータベースに公開されるので、登録者名だけはホームページの名称等にしておいて、他の氏名は自分の名前にしておくと良いでしょう。

あとJPドメインは高いといいますが、
汎用JPに限っては、JPRS公式レジストラが価格競争をしているので、安いところではJPRS卸値に近い値段(年\2,000~\3,000台)で登録できるところもあります。
ただし、安ければよいというわけではないので、価格とサービスを比べてレジストラを選んだ方が良いでしょうね。

参考まで

>また質問なのですが、ドメイン取得の時に、自分名義にするか、代行業者名義にするか選べますよね?
>自分名義にすると、自分の住所とか名前が公開されてしまうようですが、
>皆さんはどうしてますか??

gTLD(com,net,org)は登録者、管理担当者、技術担当者、経理担当者と4項目ありますが、登録者と管理担当者は自分名義にしています。

やはり個人情報の観点から公開したくないという気持ちもありますが、全部業者名義にしてしまうと、途中で登録情報の変更が自分で出来なくなります。
#そういっ...続きを読む

Qドメイン取得に際して、.jpとco.jpいずれで取るべきでしょうか?

会社法人のホームページ作成のため、ドメインの取得を予定しております。
日本の会社と分かるよう、.jpかco.jpどちらかで取得しようと考えているのですが、この2つには取得した後の運営等で、何か差や違いがあるでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の記憶に残っている、ずいぶん前で、インターネットで悪さをするようなものも少なかったころの話です。

「.co.jp」ドメインは、日本に確実に会社が存在しているから安心できる。
と、ある種ブランド的なイメージであることを書かれた本を読んだことがあります。
「.jp」は日本人であればだれでも取れるので、「日本の会社」とわかるよう、「.co.jp」のほうが、見る側でのイメージも違ってくるのでは、というのが私の考え方です。
ただ、「.co.jp」ドメインは、一つの法人に一つしか割り振られない、というルールがあったような気がするので慎重に選んだほうがよいでしょう。
1000円ぐらいでとれるxxx.comではないですから。

Q自分のサーバー名、ホスト名、ドメイン名、IPアドレス

自分の会社のWebサーバーのホスト名、ドメイン名、IPアドレスの調べ方を、教えてください。自分の使用しているPCから、調べられるのですか?

Aベストアンサー

ysasさんこんにちは
下記のサイトでIPアドレスはすぐに調べられます。
その他の詳しい情報も調べられると思いますが…。
会社で使用されているPCからアクセスして下さい。
もしかしてysasさんが求めているものでなかったらごめんなさい
という意味で「自信なし」です。

参考URL:http://www3.plala.or.jp/hiro-mg3920/ipcheck.html

Qホスティング業者との契約:ドメイン移管

ホスティング業者と契約し、クライアントを斡旋、毎月ホスティング料金の何パーセントかを手数料としてバックしてもらうことを検討しています。
ただ、一つ下記に挙げるような懸念事項があります。
もしそれに関して良い情報や対処法をお持ちの方がいらっしゃいましたら、情報の御提供をよろしくお願い致します。

・ホスティング業者が破産等で業務を停止した場合、クライアントのドメインを他業者へスムーズに移行することが可能か?

※補足しますと、このホスティング業者はJPRS指定業者であり、ドメイン管理まで行っています。
また、実際提携する際に紙面で契約書を交わす予定ですので、もし上記懸案項目を解消できるような方法があるならば契約書に盛り込んでもらうことも交渉したいと考えております。

Aベストアンサー

この場合、ドメインの所有者は誰になるのでしょうか?所有者がホスティング業者である場合、所有権の移行はかなり面倒です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報