AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

最近のニュースで天井などにもアスベストが使われている可能性があるという事を知りそういえば私の部屋の天井の一部が欠けていたことを思いだしたんです。それでインターネットなど自分の調べられる範囲で調べて見ると木造住宅に吹き付けアスベストはまず使われていないことを知りました。しかし屋根材、壁材、天井材等としてアスベストを含んだセメント等を板状に固めたスレートボード等が使用されている可能性がある事も知りました。家は築35年の木造住宅です。私の部屋の天井の表面の一部にひびが入って表面部分がはがれていてそこから茶色い石綿のようなものが見えます。親にこの部屋を与えてもらった15~16年前の時からその部分が欠けていたのを覚えています。天井に触れた記憶などはなく最初に見た時から破損部分の大きさは変わっていないようにも見えるんですがただいつもその部屋で寝たり勉強したりとずっと使っていたのでアスベストに関する病気になるのではと心配です。悪性中皮腫などは極少量でも吸ってしまえばなってしまうと聞きます。
またその部屋はもともと家族のみんなが使っていたので私が生まれた時からすでに飛散している可能性があります。幼少期の体の小さな時期にアスベストを吸ってしまうと通常より早い年月で発病する可能性などあるのでしょうか。
長ったらしくなってすいませんでした。なにか教えていただける事があればよろしく願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

たびたびpapasann02です。


ふわふわの状態で石綿を使用する場合はプラントの配管の保温材として試用する場合が殆どですし、カバーもします。
 テレビでよくやっているアスベストも、ふわふわしているように見えますが、実際はコンクリート材と一緒に吹き付けていますから、触ると岩石のようにゴツゴツしています。
 ただ、拭きつけているので、アスベストの細かい粒子もむき出しになっているので施工後も飛散しやすい状態にあります。
 ですから、あなたの自宅のようにふわふわした状態でアスベストが使用される事はありません。
 ただ、その材質が何かはちょっと分かりませんので
工務店等、信用のできる専門家に聞いてみるのが一番だと思います。
 ふわふわの材質の保温材もいろんな種類がありますからちょっと断定はしにくいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も詳しい回答、アドバイスをしていただいてありがとうございます。とても参考になります。

お礼日時:2005/10/05 16:10

こんにちはpapasann02です。


長文、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 石綿とアスベストですが、私は以前プラント(コンビナート)の工事の現場で働いていたことがあるのですが、保温材としての石綿材は何種類かあったので、アスベストと、石綿と分けさせていただきました。
ただ、どちらも体には非常に悪いものであることは間違いありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご丁寧な回答本当にありがとうございます。papasann02さんがおっしゃる建材に混ぜ込むのではなく、ふわふわの状態で使用する石綿(アスベスト)のような気がします。 長期にわたり建材がみえているということなので、体に悪影響を及ぼすとは考えにくいとおっしゃられていますがこれはどうとらえたらいいでしょうか?本当に何度も質問ばかりすいません

お礼日時:2005/10/04 21:10

 こんにちはpapasan02です。


解答読んで頂いてありがとうございます。
前回の解答でも述べたように、古い住宅の建材にはアスベストを混ぜ込んだ物を使用している場合があります。
ただ使用された戸数も少ないですし、飛散するような状態での使用、例えばモルタル材(吹き付けコンクリートに大量のアスベストを混ぜたようなものですね。今一番問題になっている工法です。)の吹き付けなどは鉄筋の腐食を防止するのに使用します。
 ですから、駅や、体育館、大型の屋内駐車場の天井など、大きな鉄骨の建物に使用するので、木造住宅には、ほぼ100%使用しません。
 ですからアスベストの心配は殆どないと思います。
 話は変わりますが、石綿をご存知でしょうか?
石綿は保温性に優れ、火に強く、断熱材として沢山使用されてきました。しかし、飛散した石綿を吸い込むと、塵肺に異常をきたし、重度の塵肺障害になることがあるので、一般の使用が禁止されています。
この建材は、古い住宅にも断熱材として沢山使用されている可能性は充分にあります。
これは建材に混ぜ込むのではなく、ふわふわの状態で使用するので、もの凄く飛散します。
 他にもグラスウールと言う断熱材は、ガラスの粉末が含まれているので、大量に吸い込むと喉がイガイガと痛くなることがあります。(これは現在も使用されていると思いますし、古くなると茶色く見える場合もあります。)
 使用を間違えると怖い建材は、アスベストのほかにも沢山あります。
 ご自宅の天井は、長期にわたり建材がみえているということなので、体に悪影響を及ぼすとは考えにくいですが、ご心配であれば、工務店、配管工、保温工、のかたに見てもらうのが一番だと思いますよ。
 何もなければ安心できますしね。
 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざ何回も回答していただいて本当にありがとうございます。また質問になってしまうのですがアスベストと石綿は同じものだと認識してたのですが違うのでしょうか?

お礼日時:2005/10/04 09:58

天井に関してですが、具体的に製品の種類などがわからないとアスベストが含まれているかどうかはわかりません。


ですが、アスベストは茶色ではなかったと思います。
おそらくアスベストではなくほかの材料だと思います。
それでも気になるのなら業者さんに頼んで調べてもらってください。一発でわかりますよ。

本文中に“悪性中皮種などは極少量でも吸ってしまえばなってしまう”と書いてありますが、正しくは“悪性中皮種などは極少量吸ってしまった場合でも、なってしまうことがあるが、まれである”ということだと思います。
誤解されているのではないですか?
具体的な確率などについては、参考URLをご覧ください。

あと、次の土曜日にNHKスペシャルでアスベストについてやるようですから、それを見てみたらどうですか?

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/11/s1126-8f.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざご丁寧な回答ありがとうございます。
NHKスペシャルを見てみます。それで解決しなかったら調べてもらいます。

お礼日時:2005/10/03 07:53

 こんにちは


 まず、あなただけでなくアスベストと言う言葉に敏感になりすぎですね。
 問題になるまえから、アスベストは存在していたわけですから、もしあなたのいうとおり天井素材がアスベストで、幼少の頃から飛散していれば、なにかしらの症状がでているはずです。
 確かに古い住宅には建材の中にアスベストが含まれていましたが、建材に混ぜ込んであるのでほとんど飛散しませんし、色は茶色ではありません。
 ほとんどがグレー系の色をしていますね。
失礼ですが、ほこりではありませんか?
 あなたのおっしゃるとおりアスベストは決して体にいいものではありません。
 しかし世間の殆どの人が、その危険性を知らずにアスベストのすぐそばで、何事もなかったように生活をしているわけですから一部の方を除いてほとんどの方が敏感になりすぎているのだと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ回答ありがとうございます。
おっしゃる通りアスベストと言う言葉に敏感になりすぎていたと思います。
冷静な回答をしていただいて少し落ち着きました。
ただ表面がはがれて見えている部分はほこりには見えません茶色いもじゃもじゃっとした感じのもので触ったら飛び散りそうな感じで建材に混ぜ込んでいるようには見えなくてこの点は疑問に感じていました。これはどうとらえたら良いのでしょうか?

お礼日時:2005/10/02 08:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング