今、うちでは、アンテナ(屋根上)→室内ブースター→TV1、分配器で、分配器から、2台テレビ(TV2、TV3)になってます。TV1と、TV2は、問題なくきれいに写るのですが、TV3がかなり、ちらつきます。そこで、分配器とTV3の間に、もう一つ室内ブースターをつければ、きれいに写るでしょうか?TV3は、一番現状のブースターから、一番遠い所にあります。あと、TV3は古いってのも、関係しますでしょうか?(87年製SONY)TV1、TV2はここ1~2年の新しい物です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

我が家は4分配しています。



アンテナ(屋根)=>ブースター(室外用、VHF-UHF混合兼)=>ブースター電源供給部(1F)=>4分配器(1F)=>TV1,TV2,TV3,TV4

ブースターは、アンテナと分配器の間に入れますが、kondoru333さんの場合は、室内ブースターに分配部分が既に有るということなのかな・・・
それで、TVが古いのも多少関係しているとおもいますが、簡単に確認するのなら、TV3をTV1と取り替えてみるのが早いです。(25インチだったりすると移動は困難かもしれませんが・・・)

後は、ブースターにも色々あって、古いのとか、3千円くらいのとかだと出力調整(hirocyanさんの言うGAIN調整と同じだと思う)が出来なかったり、3分配に耐えられないものだったりします。 出力調整というのは、ブースターにダイヤルみたいな調整用のつまみがあれば強さ加減をコントロールできる、ということです。※我が家では、買ってきたままだと話にならず、調整してきれいにしました。

最後に、確認することですが、

 1.TV3が悪いのかどうか
 2.TV3に接続しているコードがきちんと接続されているか
   (抜けかかっていたり、適当につないでいないか、特にF型プラグ)
 3.分配しているコードがきちんと接続されているか
   (抜けかかっていたり、適当につないでいないか、特にF型プラグ)
 4.(ブースターに調整つまみがあるか)

をしてもらって、ダメなら、そうですね・・・調整つまみもないブースターなら思い切って買いかえる(ヨドバシカメラやヤマダ電機で6千円くらいのやつ)、その次は、分配器をネジみたいになっている(F型プラグは抜けやすい)のにして、ブースター=>分配器にしてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうがざいます。お金をかけてまでは・・・と思っていたのもあって、TV3とTV2を交換してみました。
(TV2は主に、子供のビデオモニターのため)
結果は、やはり、TV3の古さのようです。きれいに写っています。ちなみに、うちのブースターは分配2系統で、その後1つがTV1.もう一つが、分配器で、そこから、TV2とTV3に分けています。

お礼日時:2001/11/14 15:26

まづ、室内ブースターの増幅度がどうかわかりませんが、ブースターの出力側で3分配をして、各々を1V1、TV2、TV3に接続するのが一番いい方法です。


その場合には、ブースターにGAIN調整があれば、調整してみて下さい。
右回しで映りがよくなる方向です。
上げ過ぎますとビート等の障害も起きやすいので注意が必要です。
3分配器は電気店、ホームセンター等で販売しています。
何台ものブースターよりも、GAINの稼げるブースターに変更して、分配器を繋いだほうがいいです。

この回答への補足

GAINっていうのは、なんでしょうか?すいません、余り詳しくないので、教えて下さい。

補足日時:2001/11/14 13:33
    • good
    • 0

 古さも、多少影響していると思います。

分配器からTV2とTV3の距離は同じではなくて、TV3が遠くなっていると思います。同じ距離でしたら、TV3の本体側の問題だと思われます。

 分配器とTV3の間にブースターを付ければ、解決すると思います。アンテナに一番近いテレビが、ブースター無しで写るのでしたら、そこはブースターを無くして遠くにあるテレビだけをブースター経由にすると、ブースターは1台で済むかもしれませんね。
    • good
    • 0

室内ブースター → TV3、分配器、または分配器、TV3に替えてみてはいかがでしょう。


一番遠いものに一番強い送電をすることが基本ですから。
ブースターの増設はその結果を見てから判断されたほうが良いでしょう。
TVの古さの影響も判断できますので。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ