工事などで攪乱された土地には、一斉に帰化植物たちが繁茂していますが、その行く末はどうなるのでしょうか?
勿論、帰化植物の種類にもよると思います。
例えば、アメリカセンダングサなどは、或る時期になりますと、ススキにとって代わられるようですし、セイタカアワダチソウにしても、入り込んだばかりの時期には、自分の体から毒素を出して、周りの植物の繁茂を拒絶すると聞きますが、やはり最終的にはススキにとって変わるという話を聞いたことがあります。
質問は、上段二行です。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

湖に放たれた「ブラックバス」の場合を例に考えてみましょう。


食欲旺盛、凶暴、圧倒的な繁殖力、既存の魚類が絶滅に瀕しています。
では、既存の魚類が絶滅した後にどうなるか、資源を食い尽くした後の人類がどうなるのかと同じくらいに難しい問いですね。
繁殖調整に入ると思います。自らが生き長らえるために、恒常的な栄養素で繁殖可能な数量に調整されるでしょう。
また、その場の環境に適した体質に変化(これを進化というのかな)するでしょう。
しかし、ブラックバスがどうなってゆくかよりも、生態系を破壊された湖と絶滅した既存の魚類の存在のほうが重要だと思います。

生態系に影響が顕著に出る動物の例ですので、そのまま植物に当てはまるわけではありませんが、速度の違いこそあれ、生態系に与える影響は看過できません。
この点からお答えすると、帰化植物の生命力が勝れば既存種の植物がかなりの数、絶滅するかもしれないし、
亜種が多く誕生し、生態系に狂いを生じるかもしれません。
済みません、植物学的にはトンチンカンな回答になってしまって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「繁殖調整」という言葉が、何か面白そうな言葉ですね。
と、言いましょうか、私の求めている答え、という気がします。
例えば、ネズミなどの集団入水、これもいわゆる個体調整、つまり、繁殖調整などと推論されています。
チシマザサの一斉枯死=寿命。
こんな見解もあるのかもしれません。
勿論、セイタカアワダチソウが、一斉枯死をするなどという事は聞いたことが有りません。
でも、何らかなの調整が行われるのかもしれませんね。
樹木のように、花をつけない、とか、結実しないとか。

とにかく、お答えをいただいた皆さんと、心ゆくまで、こういったお話でもしてみたいですね(^^)
お答えを頂きました皆さん、大変、お勉強させていただきまして、有難うございました。
また、いろいろと教えてください。
また、質問いたします。

お礼日時:2001/11/14 16:30

セイタカアワダチソウは一時のような勢いが無くなったのではないでしょうか。


彼らが日本に上陸して約100年がたち回りの日本古来の植物と妥協して生きる術を覚えたのか、日本から戦後のような荒地、放棄地が減ったのか・・セイタカアワダチソウの故郷北米南部には日本の葛が異常に繁茂して自生の潅木を死滅させているそうです。

帰化種がどのよう運命をたどるのか、専門分野の話になり手に負えませんが、繁殖に適した土壌と気候条件に恵まれて繁茂しているので、このどちらかの条件が変われば自然に減っていくと思われます。セイタカアワダチソウの競走相手は同じような環境を好むススキやアシのようですが、日光の奪い合いでススキやアシが有利なので先住者のいる地域には侵入できないようです。

植物界には多数の帰化植物がありますが、セイタカアワダチソウのように背が高く黄色い花をたくさんつけるのは目立ちすぎて敵視され嫌われます。雑草は目立たずひっそりと暮らしていけばやがて本当に「帰化」が認められるのですが・・いったん帰化が認められると人間世界とちがい日本古来種と同じ扱いを受けるのはサボテンやキュウリ、甘藷、西洋タンポポなど多くの例があります。セイタカアワダチソウは100年たっても外人扱いで同情します。

参考URL:http://www.city.ichikawa.chiba.jp/shisetsu/haku/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、感謝いたします。
同じ帰化植物でも、マルチンさんが言われる様に、日本に馴染んでいるものと、いつまでたっても嫌われているものが有りますね。
クローバーなどは、結構好かれて?いるようです。

お礼日時:2001/11/14 16:11

帰化植物が日本国内でどのくらい記録されたのかをみてみると、1868年以前は20種類、1910年に45種類、1918年に72種類、


1931年に133種類、1950年に約300種類、1956年に390種類、1977年に716種類、1992年に1127種類と発表されているそうです。

私の子供のころの記憶では一番有名なのが「ヒメジォン」で、高さは小学校時代はススキの次に高いような気がしたものです。
あと「雀の鉄砲」も帰化植物と聞いて驚きましたが、驚くという事は早くから入り込み、日本に馴染んでいたためとも云えるでしょう。

戦後の有名人は「セイタカアワダチソウ」...これは花粉公害から嫌われてますから日本に同化するには間がありそうです。

イネと一緒に渡来したグループに「カナムグラ、イヌタデ、スベリヒユ、カヤツリグサ、エノコログサ」などがあり、その他
中国系由の渡来グループには「スイバ、ハコベ、ナズナ」などがあり、中にはヨーロッパから来たものもあると聞いています。

今目立っている帰化植物も、余程の気候の変化などない限り、居心地が良くて蔓延ったわけで、長い年月が経てばそのうち
どれが帰化植物かもわからなく同化されて行くような気がします。
問題は植物は動物よりも静かなので生態系に及ぼす影響もどのような害が出るのか予測できない点、将来の不安があるでしょう。


*不安といえば、アライグマ、ワニがメ、ピラニアなど最近のペットの問題の方が大問題になる可能性を秘めていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プレスリーさん、有難うございました。
スイバ、やハコベなども帰化植物であったとは知りませんでした。
七草であることから、てっきり、日本古来のものかと思っておりましたが、帰化植物だったんですね。

お礼日時:2001/11/14 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帰化植物?を識別お願いします。

帰化植物?を識別お願いします。
多分帰化植物だと思いますが、この10月に多摩川の河原に咲いていました。
花はサクラソウ、葉っぱはコスモスのようでした。
種類がわかりませんので、名前をご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バーベナ・テネラ です。(別名:タピアン/姫美女桜)
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/syokubutsu/SogoZukan/hishi/kumatsuzura/babenatenera/01.html

流通名はタピアンになります。バーベナと違い葉がとても細く、花も小さいです。標準の色は質問者さんが添付されたような色です。園芸品種として色は複数酒類あります。こぼれた種から野生化しているものも多いです。

※参考までにフウロソウ科の花とは全く別の花です。フウロソウ属は咲く季節もほとんど春~夏だと思います。

バーベナ・テネラ(タピアン) (クマツヅラ科 クマツヅラ属)
http://pds.exblog.jp/pds/1/200510/09/14/d0020614_2339378.jpg
http://utanilog.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_55e/utanilog/tapian-fe0ab.jpg
http://blog-imgs-12.fc2.com/o/o/s/oosam2/P9110073.jpg
http://blogs.dion.ne.jp/gikou/archives/8613691.html

バーベナ・テネラ です。(別名:タピアン/姫美女桜)
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/syokubutsu/SogoZukan/hishi/kumatsuzura/babenatenera/01.html

流通名はタピアンになります。バーベナと違い葉がとても細く、花も小さいです。標準の色は質問者さんが添付されたような色です。園芸品種として色は複数酒類あります。こぼれた種から野生化しているものも多いです。

※参考までにフウロソウ科の花とは全く別の花です。フウロソウ属は咲く季節もほとんど春~夏だと思います。

...続きを読む

Q帰化植物&帰化動物について

帰化植物&帰化動物の渡来した理由・原因などを教えてください。
そしてその帰化動植物が原生動植物に対する影響も教えて下さい。
それとできれば、そのことなどが書いてあるホームページがおれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

帰化動植物が渡来した原因理由はいくつかあります。

(1)第二次世界大戦時もしくはそれ以前の食糧難のときに食用として輸入された動植物。食糧難がすぎたとき、味や品質などの問題で食用とされなくなり放置されたものが、増繁殖し、日本の各地に定着してしまった。

(2)海外から観賞用として持ち込まれた植物が、自然界で増殖・交配され定着した。 
・・・一般に『ブタクサ』と間違われて呼ばれている鮮やかな黄色の花をつける植物は『セイタカアワダチソウ』という名前の植物です。この草がかなり急激に増えたのには理由があります。じつはこの植物は根にアミンという毒をもっていて、他の植物はこの毒のために枯れてしまうのです。渡来した由来は、東京オリンピックや大阪万博などで大量に輸入された木材にこの草の種がついて運ばれたとのことようです。

(3)ペットとして持ち込まれたものが逃げ出した・あるいは故意に逃がした事が原因。最近のワニガメなどもその一例です。
そのほかにも、あまりに有名ですが、ブラックバスやブルーギルなどフィッシングの対象にされている魚もそうです。特にタチが悪いのは、ブラックバスです。元々いた魚を食べてしまうにもかかわらず、新しいダムが出来ると、わざわざブラックバスを放流する悪質な人がいるようです。

その他参考になればと思いましたので・・・参考になれば・・・
●岐阜県に生息する帰化植物の図鑑です。
http://www.crdc.gifu-u.ac.jp/zukan/kika/menu.html

●帰化動物はなぜ増える?
http://www.athome.co.jp/academy/zoology/zoo17.html

あまりお役に立てなかったかもしれませんが、少しでもお役に立てたらいいなと思います。では・・・

参考URL:http://www.crdc.gifu-u.ac.jp/zukan/kika/menu.html    http://www.athome.co.jp/academy/zoology/zoo17.html

帰化動植物が渡来した原因理由はいくつかあります。

(1)第二次世界大戦時もしくはそれ以前の食糧難のときに食用として輸入された動植物。食糧難がすぎたとき、味や品質などの問題で食用とされなくなり放置されたものが、増繁殖し、日本の各地に定着してしまった。

(2)海外から観賞用として持ち込まれた植物が、自然界で増殖・交配され定着した。 
・・・一般に『ブタクサ』と間違われて呼ばれている鮮やかな黄色の花をつける植物は『セイタカアワダチソウ』という名前の植物です。この草がかなり急激に増...続きを読む

Q浅間山(せんげんやま)の帰化植物

府中市にある浅間山の植生について大学でレポートを書くのに、帰化植物の植生を調査しようと思っています。ただ、しらみつぶしに全て同定していくのは厳しいので、ある程度ターゲットを絞ってやろうと考えています。そこで、浅間山に生息する主な帰化植物について教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるほど。浅間山で見られた植物を同定するときに、日本国中の植物が載っている植物図鑑で調べるのでは、効率が悪いですよね。候補の種を絞ってから同定したほうが正確になります。
こういうときに役に立つのが植物誌(その地域にある植物の全種のリスト)ですが、東京都にはないんですよね。神奈川にも千葉にも埼玉にもあるのに。東京都はそういう身近な生きものを調べようというつもりがないのですかねえ。それどころか、伝統ある高尾自然博物館を廃止してしまいましたから、活動拠点もなくなりましたねえ・・・「オリンピックとどっちが大切なの?」って知事に言ってあげてください。他の県から「民度が低い」と言われてしまいますよ。
だいぶ脱線しましたが、比較的近い多摩市には2004年に「多摩の植物目録」という資料が出されています。パルテノン多摩で売っています。これは種名のリストですが帰化植物には(帰化)と付記されています。買いに行くついでに学芸員に相談するのもいいでしょう。
お隣の神奈川県には『神奈川県植物誌2001』という植物誌があります。こちらは検索表や形態図、分布図などがあり、東京都でも使える資料だと思います。これが一番おすすめの手段です。大学の図書館にあるでしょう。なければ買ってもらうといいです。
あとは、近隣で公共工事が行われたときの環境アセスの植生調査資料を開示請求するぐらいかなあ・・・・

参考URL:http://nh.kanagawa-museum.jp/kenkyu/plant/florakanagawa2001/index.html

なるほど。浅間山で見られた植物を同定するときに、日本国中の植物が載っている植物図鑑で調べるのでは、効率が悪いですよね。候補の種を絞ってから同定したほうが正確になります。
こういうときに役に立つのが植物誌(その地域にある植物の全種のリスト)ですが、東京都にはないんですよね。神奈川にも千葉にも埼玉にもあるのに。東京都はそういう身近な生きものを調べようというつもりがないのですかねえ。それどころか、伝統ある高尾自然博物館を廃止してしまいましたから、活動拠点もなくなりましたねえ・・...続きを読む

Q上映が終わったフィルムの行く末は…?

ロードショー公開が終わった映画のフィルムは、
裁断して海洋投棄すると聞いたのですが、本当なんでしょうか。

たぶん10年位前に何処かで 読んだか聞いたかしたことなんですが、
今でもそうなのかなと、ふと思ったので質問しました。

「フィルム 海洋投棄」で検索かけるといくつか記事が出てくるのですが、
映画フィルムについての記述を探すことは出来ませんでした。

どなたか上映が終わったフィルムの
1:現在の処分方法と
2:その理由
についてご存知の方、情報いただけると有り難いです。

Aベストアンサー

こんばんは。
 なるほど富士写真ではそういうことをやっているのですか。現在ある程度まではフィルムのベースとして再生使用しているとは知りませんでした。
 昔ならすべて参考ページに有るように焼却処分でしたが、実はこれにはフィルム膜状の乳剤に含まれている塩化銀の回収というもう一つの目的がありました。もちろん今でも同様のことは行われている筈です。
 著作権という問題があるのも事実ですね。映画のプリント(35ミリ版)は会社から映画館に対して貸し出されているもので、売却の対象には絶対になりませんから。

 ついでですのでもう一つ。どうして中にはまだ状態がかなり良いプリントも有って、これからも当分は使えるはずなのに、それでも廃棄処分にするのか?
 現在では例えば大手邦画会社の封切り作品だと100本以上のプリントが作られます。しかし封切りが終わると会社は1本か2本のみを残してほかはすべて廃棄します。もちろんそんなに大量のプリントを保存するには倉庫費も大変なものになってしまいますが、それにしても、それほどまでに商品価値が無くなってしまうものなのか?
 実は理由はもっとほかのところに有って、これらを廃棄処分にしないと、それにも資産としての価値が有るとみなされて税金がかかってくるためです。しかしこの措置の結果、映画ファンはプリントが無いため(ネガではありませんので注意)観られない作品がどんなに多く存在して、どれほど悔し涙を流さずにはいられなかったことか・・・。
 国が映画を文化と考えていない証拠はこんなところにも有ります。

こんばんは。
 なるほど富士写真ではそういうことをやっているのですか。現在ある程度まではフィルムのベースとして再生使用しているとは知りませんでした。
 昔ならすべて参考ページに有るように焼却処分でしたが、実はこれにはフィルム膜状の乳剤に含まれている塩化銀の回収というもう一つの目的がありました。もちろん今でも同様のことは行われている筈です。
 著作権という問題があるのも事実ですね。映画のプリント(35ミリ版)は会社から映画館に対して貸し出されているもので、売却の対象には絶対に...続きを読む

Q帰化植物の交雑の例

帰化植物が、在来種を絶滅の危機に追いやる可能性についてなんですが、
その理由として、帰化植物と在来種との交雑によって新しい種ができ、在来種が子孫を残しにくくなるという理由もあると思うんです。

このような、帰化植物と在来種の雑種の例があったら教えてください。また、その雑種が何か生態系に影響を及ぼしていたら、それについても教えてください。

Aベストアンサー

小笠原における在来のオガサワラグワと外来種シマグワの交雑例が比較的知られています。

http://www.affrc.go.jp/seika/data_ffpri/h11/99-12.html

オガサワラグワ(絶滅危惧IA類)の遺伝子がシマグワとの交雑により失われてようとしていますが、雑種個体が生態系に何らかの影響を及ぼしているということはありません。オガサワラグワの種存続危機の理由は、まったく別なファクターによります。

近年では地域亜種であるキヨスミツツジと、園芸種のツツジ類との交雑個体が、キヨスミツツジの増殖地で確認されたという例、在来ノジギクと外来のシマカンギクの交雑例などが報告されています。

雑種個体が強靭で生態系に影響するという例は、海外で事例があるようですが、国内ではまだ確認されていません。
もっとも例えばギョウギシバのように、汎世界的な雑草は過去に様々な交雑を積み重ね現在のようになったといわれています。これは遺伝子数に様々なバリエーションがあることから推測できます。

Q公園指定植物

国立・国定公園指定植物というのが定められていますが、ネット上でその植物リストを見れるのでしょうか。

Aベストアンサー

国立公園指定植物のリストは以下のURLで見ることができます。指定理由等の説明ものっています。

参考URL:http://www.sizenken.biodic.go.jp/park/info/datalist/plant1.html

Q帰化植物群落の行く末

工事などで攪乱された土地には、一斉に帰化植物たちが繁茂していますが、その行く末はどうなるのでしょうか?
勿論、帰化植物の種類にもよると思います。
例えば、アメリカセンダングサなどは、或る時期になりますと、ススキにとって代わられるようですし、セイタカアワダチソウにしても、入り込んだばかりの時期には、自分の体から毒素を出して、周りの植物の繁茂を拒絶すると聞きますが、やはり最終的にはススキにとって変わるという話を聞いたことがあります。
質問は、上段二行です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

湖に放たれた「ブラックバス」の場合を例に考えてみましょう。
食欲旺盛、凶暴、圧倒的な繁殖力、既存の魚類が絶滅に瀕しています。
では、既存の魚類が絶滅した後にどうなるか、資源を食い尽くした後の人類がどうなるのかと同じくらいに難しい問いですね。
繁殖調整に入ると思います。自らが生き長らえるために、恒常的な栄養素で繁殖可能な数量に調整されるでしょう。
また、その場の環境に適した体質に変化(これを進化というのかな)するでしょう。
しかし、ブラックバスがどうなってゆくかよりも、生態系を破壊された湖と絶滅した既存の魚類の存在のほうが重要だと思います。

生態系に影響が顕著に出る動物の例ですので、そのまま植物に当てはまるわけではありませんが、速度の違いこそあれ、生態系に与える影響は看過できません。
この点からお答えすると、帰化植物の生命力が勝れば既存種の植物がかなりの数、絶滅するかもしれないし、
亜種が多く誕生し、生態系に狂いを生じるかもしれません。
済みません、植物学的にはトンチンカンな回答になってしまって。

Q植物汚染

自然破壊で一番最初に影響を受ける植物はなんですか?

Aベストアンサー

先ず、お断りしておきますが植物の専門家ではありません。
しかし、非常にスケールの大きな質問で、専門家(植物か?環境か?)にも答えにくいと思います。
「自然破壊」が、「どのような自然を破壊するものなのか」によって影響を受けやすい植物は変わると思います。質問に「汚染」という言葉が見られますので「汚染」に弱い植物ということなのでしょうか?
例えば「水質汚染」なら、陸上植物より水生植物の方が影響を受けやすいし、水生植物のなかでも茎が水につかっている程度の抽水植物や浮葉植物より、葉まで水につかっている沈水植物の方が影響を受けやすいです。

Q帰化植物?を識別お願いします。

帰化植物?を識別お願いします。
多分帰化植物だと思いますが、この10月に多摩川の河原に咲いていました。
種類がわかりませんので、名前をご存知の方お願いいたします。

Aベストアンサー

ブッドレア

別名は、バタフライブッシュ、フサフジウツギ(房藤空木) 

野生化もしていますが主に園芸品種で、花色は紫、赤、ピンク、オレンジ、白、黄など多彩。「紫・ピンク・白」が多いです。
大きくなれば花芽も多くつきますが、品種によってもバラツキがあります。

【ブッドレア】 フジウツギ科フジウツギ属
http://img11.shop-pro.jp/PA01056/733/product/23235768.JPG?20100903230158
http://pqrpqr.up.seesaa.net/image/P1030563.JPG
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/99/0000148599/88/img1cbf68eezikdzj.jpeg
http://homepage3.nifty.com/RieLiving/top-flwr/top-bttflybshx.jpg

http://yyplants.dg.shopserve.jp/SHOP/zoomitem.cgi?IMGURL=http://yyplants.dg.shopserve.jp/pic-labo/llimg/br1.jpg&ITEMNAME=%A5%D6%A5%C3%A5%C9%A5%EC%A5%A2%A1%A1%A3%B1%A3%B5%A3%E3%A3%ED%A5%DD%A5%C3%A5%C8&IMGALT=%A5%D6%A5%C3%A5%C9%A5%EC%A5%A2%A1%A1%A3%B1%A3%B5%A3%E3%A3%ED%A5%DD%A5%C3%A5%C8

ブッドレア

別名は、バタフライブッシュ、フサフジウツギ(房藤空木) 

野生化もしていますが主に園芸品種で、花色は紫、赤、ピンク、オレンジ、白、黄など多彩。「紫・ピンク・白」が多いです。
大きくなれば花芽も多くつきますが、品種によってもバラツキがあります。

【ブッドレア】 フジウツギ科フジウツギ属
http://img11.shop-pro.jp/PA01056/733/product/23235768.JPG?20100903230158
http://pqrpqr.up.seesaa.net/image/P1030563.JPG
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/99/0000148599/88/img1cb...続きを読む

Q事業用地内の貴重植物は伐採してもよいのでしょうか?

更地だった事業用地でその3年後に工事を行おうと思ったら、貴重植物が生息していることが判明しました。事業用地は広くその他の雑草もうっそうとしているため、貴重植物の場所や生息数は確認することは困難です。
このような場合で、全てを雑草として伐採することは出来るのでしょうか。
ちなみに、3年前のアセスメントでは、事業用地の周囲で貴重植物が生息していることが確認されています。

Aベストアンサー

こんにちは。
建前ですが、その事業用地が種の保存法による管理地区等に指定されていないとすると伐採は可能と考えます。
しかし、3年前の環境アセスで周囲に貴重植物が群生(?)しているにも係らず、当該事業用地での開発が
環境に与える影響がない(少ない)という結論が出たとは考えにくいので、何らかの処置(ミティゲーション)を
行うことを条件としたうえで開発許可が下りている可能性もあります。
3年経てば更地が変移することは容易に想像できますので・・・。
そこのあたりを確認するくらいは事業の進捗にさほど影響は与えないと思いますがいかがでしょうか?

> 雑草として伐採
失礼かも知れませんが、これは私の考え方とは異なります。
貴重植物であるが、生態系に与える影響と事業開発による何らかの恩恵を比較して、生態系に与える影響は
ほとんど無視できるという評価結果のもと伐採するんです。
規制を受けないとしても、貴重植物を伐採する事実は変わりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報