叔父が先日、肝細胞癌で亡くなりました。
今年の3月に癌が見つかり、塞栓法で治療しました。
その後退院して、普通の生活をしていましたが、10月になり急に酷い下痢と嘔吐に見舞われ、再入院して、入院して12日後に亡くなってしまいました。
10年以上前、B型肝炎で半年以上入院していました。
退院後は普通の生活を・・・といっても、仕事柄、遅くまでお客さんと酒を呑む事が多かったのもあり、心配していました。
10月に入院して1週間くらいは意識もはっきりしていたのですが、亡くなる5日くらい前から脳症による意識障害が出てきて、3日くらい前からはほぼ意識を無くしていました。
日に日に悪化していくのが良く分かる程でした。

自分なりに調べたのですが、そんなに急に悪化して、死に至る事はあるのでしょうか?
劇症化していたのでは?ともいわれました。
B型肝炎と癌を同時に発症する事はあるのでしょうか?
あまりに早すぎる進行が理解できないもので。
どういう事が起きた可能性があるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これは医師の立場からみると極めて自然な経過なのですが医療関係でない方で特に叔父さんなどが病気で本当に詳しい病状説明をご家族と一緒に聞いていなかった場合などは納得いかない気持ちになるのはよくわかります。


B型肝炎は多くの方の場合一過性の経過を取って数週間から3ヶ月程で治る病気なのですが叔父様のように半年も入院されたのはウイルスの持続性キャリアになってしまって慢性肝炎となったと考えられます。
この場合ウイルスが完全に消滅する可能性は低く急性増悪しないまでも慢性肝炎の状態は続いていたのでしょう。B型肝炎ウイルスの持続性感染となった場合肝硬変から肝臓癌になる確率はA型やC型よりも高いので肝臓癌となったのも自然な病気の流れといえます。職業柄飲酒が多かったことも病状を進めることに一役買ってしまったのかもしれません。
肝臓癌が発見されたとき塞栓療法が選択されていると言うことはすでに根治不能な転移のある状態もしくは肝硬変のため肝機能が悪すぎて根治的切除術が出来ない状態であったと考えられます。
治療は延命を目的とした物で治ったわけではなかったということです。この場合次に症状が出てくるのは本当に末期の状態になったからであり急激な経過となってしまったのでしょう。
残念ですが主治医の先生方も最善を尽くされての結果だと思われます。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
病気の経過は、同じように聞いていました。子供同然にしてもらっていましたから・・・。
叔父は確かにB型のキャリアでした。
一生治らないので、気をつけないと癌になると再三言われていました。
塞栓法をとった時、某大学病院では延命のためではなく、根治的なものの様に説明されました。
なので、身内は楽観的でいたのです。
もし、その時点で根治は難しく、あまり長くない事を告げて頂ければ、今回はそれなりの覚悟をもっていられたのに、と思います。
担当医の方はビリルビンが増えたのが原因で急に悪化したのかも、と言っていました。
尿もあまり出なかったので、脳症もひどくなったのかもしれません。
脳の機能が著しく落ちたのが直接の死因になるのでしょうか?
そういった疑問はまだありますが・・・。
とにかく急に悪化する事はありえるのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/15 12:30

B型肝炎+肝硬変+肝癌の終末像として肝性脳症で亡くなるのは自然な経過だと思います。

もちろん急に悪化します。

ほとんどの肝癌は慢性肝炎(B型やC型)肝硬変に合併します。

典型的な肝不全死だと思います。あらためて言いますが、自然な病死です。担当医が十分説明しているはずですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経過については何も疑問はないのですが、ただその早さが信じられなかったというか・・・。
下の方のお礼にも書きましたが、下痢での入院は今年何度かしていて、今回も担当医の話では、1週間くらいで治まるという事でした。
そのうち、あと1~2ヶ月しか持たないかも、と急に言われてびっくりしていたら、みるみるうちに悪化して、5日くらい前には意識もしっかりしていたのが亡くなる3日前くらから混沌としてきて、前日にほぼ消失しました。
担当医から、「急に悪化する場合がある」というのは亡くなる2日くらい前まで聞いていなかったので、身内は納得できなかった様です。
急に悪化する事は普通にありえるのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 12:16

 質問者のケースの場合、肝がんの原因はB型肝炎と考えます。

B型肝炎が進行すると肝硬変になります(このとき肝炎と肝硬変が同時に存在します)。さらに進行すると肝がんになります(このとき、肝炎、肝硬変、肝がんが同時に存在します)。
 急に病状が悪化したとのことですが、脳症になったことを考えると、次の2つのケースが考えられます。
 (1)がん組織が胆道などを圧迫し、胆汁を排泄できなくなった。
 (2)肝硬変のためアンモニアなどの処理ができなくなった(ある限界を超えると急に病状が悪化します)。
 いずれにせよ、不自然な経過ではないと考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
経過については、疑問点は持っていないです。
初めて入院した時に、「摂生しないと、また肝炎になり、肝硬変になって最後は肝臓ガンで死んじゃうよ」と本人が言われていましたので。
ただ、入院からあまりにも早い展開だったので、そんなに早く進むものかと思った次第です。
亡くなる5日前くらいから尿があまり出なくなり、かなり強い利尿剤を点滴していましたが、1日100ml前後しか出てなかったみたいです。
尿が出ないとアンモニアが溜まって脳症になると聞いていたので、それが原因と思います。
(2)の回答にあります通り、限界を超えてしまったのかもしれません。
だから急に悪化したのでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 12:06

こんにちは。


肝臓は、能力が大きいので、肝臓全体のほとんどの部分がやられてしまうまで症状が出にくいのが特徴です。

ですから、ひどい症状が出始めたときは、肝臓の組織はほとんど壊滅状態で、それからの進行は早い事が多いようです。
また、B型肝炎からの肝癌発症もあります。

激症肝炎の発症もありうる話ですが、この場合は大抵、身体中がまっ黄色~緑色く蛍光を発するようになりますから見た目で判るでしょう。

仰っている話からは最後に入院したときにはすでに相当肝臓がダメージを被っていて、最後はいわゆる肝性昏睡を発症したというのが想像されます。

肝臓でなくなる時は、およそ経験されたような経過が多いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
下痢で入院する事は今までにも2~3回あり、いずれも1週間以内に退院していたので、今回もそんな軽い気持ちだったようです。
亡くなる3.4日前にはかなりの黄疸が出ていて、体中黄色かったです。
やはり知らず知らずのうちに肝臓の殆どの機能を失っていたのでしょうか。
もしくは、劇症化した事によって、機能していたわずかな組織も犯されてしまったのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 11:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ウイルス性肝炎<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    ウイルス性肝炎とはどんな病気か  肝臓に各種の肝炎ウイルスが感染し、肝機能障害を起こす病気です。 原因は何か  A型、B型、C型などの肝炎ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなどの感染が原因です。  感染経路はさまざまです。A型肝炎ウイルスによる肝炎は、海産物(生牡蠣(かき)など)を食べたあとに多く発症します。  B型肝炎ウイルスは母子感染、とくに出産時の母体血との接触(産道感染(さんどうかんせん))が原因になります。新生児・乳幼児の一部はキャリア化し、のちに肝病変へ進行することがあります。  C型肝炎ウイルスは、以前は輸血による感染が多くを占めましたが、最近は、母子感染に...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎損害賠償訴訟問題について

集団予防接種の注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに
感染したとして、全国の患者らが国を訴えている損害賠償訴訟問題ですが、
同じく注射器の使い回しが原因とされているC型肝炎の損害賠償訴訟問題を
聞いたことがありません。
(過去にあったとしたらいつ頃で結果はどうなっているかも知りたいです)

なぜ、B型肝炎罹患者の方たちだけが訴訟を起こしてC型肝炎罹患者の方たちが
沈黙しているのかご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

C型肝炎ウイルスが比較的新しいウイルスであり現在の医学では科学的に感染経路を辿るのが非常に困難なためです。
C型肝炎ウイルスは1970年代半ばに発見されました。
B型肝炎ウイルスは戦前から確認されておりWHOより注射器の使い回しを止めるように日本政府は再三通告されてました。
政府は聞く耳持たずで予防接種を義務化し多くの乳幼児に接種し続けました。
これは1985年当時まで行われており85年以降の感染率は大幅な減少傾向にあります。
一方C型肝炎ウイルスに関しては感染経路が多数あり症状も水平感染・垂直感染共に同症状であるため集団予防接種で感染した事を見極めるのが困難であり立証する事が出来ないので訴訟に至ってません。
一方B型肝炎ウイルスは水平感染と垂直感染を客観的に見極める事が出来き、また立証出来るため訴訟に至っております。

Q薬の副作用による肝機能の悪化について

79歳の父は脳梗塞(72歳の時)の後遺症で自宅介護が難しくなり、老人ホームで穏やかにくらしています。 入居2年半が経ちました。
定期健診での血液検査の結果が気になっています。 数カ月おきの検査のたびに肝機能(AST/ALT/r-GTP)の数値が高くなり、要精検の判定が出たので再度総合病院で血液検査を受けました。 結果は「脂肪肝」でした。
老人ホームに回診に来られる主治医とお話ししたところ、「薬の副作用の可能性もあるが、運動して脂肪を減らすことが大事」との事でした。
足腰の悪い父に運動するようにというのは無茶な指導ですが、従来の薬に加え、入居後服用開始した ラミシール錠(白癬菌治療薬)、アマリール錠(糖尿病薬)、ノルバスク錠(降圧剤)は肝機能への副作用があるでしょうか。  対処法はどのようにすれば良いでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
脂肪肝はいままでの食生活や飲酒、また加齢が原因でもなります。
また、今処方されている内服薬ではラミシールが肝臓に優しくないお薬だとおもえます。
ラミシールを処方しているDrに相談するのが一番でしょう。
脂肪肝は肝硬変などに移行する可能性がありますが、水虫で死ぬ事はありませんので、内服を外用に変更していただくとか。
ご参考までに。

QB型肝炎訴訟

父が3年ほど前に、B型肝炎→肝硬変→肝臓癌(末期)で亡くなりました。
このような場合、B型肝炎の訴訟は起こせるのでしょうか?

ちなみに、父の母は亡くなっていますし、証拠になるような物がありません。(病院のカルテはあると思いますが・・・)
可能ならば、弁護士に依頼して訴訟を起こしたいのですが、よい意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなくても20年経過で時効となります。
訴訟には、原告立証責任というのがあり、相談者さんの父親がB型肝炎ウイルスに感染したのは不法行為が原因であると証明しないとなりません。

たしか、カルテの保管期間は5年と記憶していますが、父親が感染した理由が判明しないと難しいでしょう。

B型肝炎は、比較的接触での感染率が高いのはご存じでしょうか?
性行為でも、感染してしまいます。

1)感染経路の証明
2)感染させた相手(被告)の責任があるか
3)総合して、違法性があるのか
上記を、クリアーしないと難しいでしょう。

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなく...続きを読む

Q親不知の悪化

親不知の虫歯が悪化すると
脳にまでバイ菌が行ってしまうというのは
本当でしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら
よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

歯科医師HINOMIYAがお答えします。

あくまでも極論ですが、親不知にしろ、足の親指にしろ、感染症が悪化して菌血症とか敗血症になってしまえば、脳にまで感染が及ぶでしょうね。 まあ、虫歯がどうとか言う前に死んじゃいますけど。

逆に、普通の健康状態の人が、親不知の虫歯を放置していても、その感染が脳に波及することは、非常に考えにくいです。 というのも、
1.脳を栄養する動脈(内頚動脈と椎骨動脈)と、親不知を栄養する動脈(外形動脈の枝である顎動脈)は、完全に分かれていて交じり合わない。
2.静脈もまた、親不知を経由して脳に及ぶルートがない。
3.脳の実質は(通常)、脳血管関門によって、極めて強固にバリアーされており、簡単に細菌を脳脊髄液へ通過させない。 細菌どころか、分子量100くらいのものでも、ブロックするものはブロックする。
といった理由があります。

ただし、脳ではなく、心臓への影響となると、致命的な結果をもたらす場合があります。
親不知から出る静脈は、翼突筋静脈叢と内頸静脈を経て上大静脈へ流れ込みます。 実質、一気呵成に心臓へ流れ込むと考えてもいいでしょう。
もし、親不知付近で重篤な感染症を起こし、かつ、心臓に基礎疾患がある場合、原因菌は一気に心臓へ流れ込み、傷ついた心臓に取り付き、歯性心内膜炎を惹起する可能性があります。
もし心内膜炎を発症し、処置を怠れば、100%死亡します。 また治療を行っても、全生存率は 70%です。

歯科医師HINOMIYAがお答えします。

あくまでも極論ですが、親不知にしろ、足の親指にしろ、感染症が悪化して菌血症とか敗血症になってしまえば、脳にまで感染が及ぶでしょうね。 まあ、虫歯がどうとか言う前に死んじゃいますけど。

逆に、普通の健康状態の人が、親不知の虫歯を放置していても、その感染が脳に波及することは、非常に考えにくいです。 というのも、
1.脳を栄養する動脈(内頚動脈と椎骨動脈)と、親不知を栄養する動脈(外形動脈の枝である顎動脈)は、完全に分かれていて交じり合わな...続きを読む

QB型肝炎訴訟 母死亡のため証明書類が難しい場合は?

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていましたが、
最近和解したことを知りました。

予防接種で感染した証拠となる書類が必要との事ですが、
祖母は今から9年前に亡くなっております。
医療機関に問い合わせてみますが、カルテが破棄されていた場合、
他に証明する手立てとしては「年長」の兄弟の血液検査結果が必要との事。
ですが、母は長女のため年長の兄弟がおりません。
その場合は、訴訟を諦めるべきでしょうか。

B型肝炎医療費助成制度があるようですが、キャリアには適用されないのでしょうか?

以前、定期的に検査をしていた時期もありましたが、2ヶ月に一度、5,6千円程かかり
6ヶ月に一度1万円。
結構経済的に苦しいので、痛い出費です。健康のためには仕方ないとはいえ…

アドバイスよろしくお願いします。

私は30台後半、B型肝炎無症候性キャリアです。
定期的な検査を必要と感じていますが、経済的につらい事もあり、
訴訟後和解して、検査費用を支援してもらいながら定期検査をしたいと思っています。

母は60台半ば、同じくB型肝炎無症候性キャリアで、以前職場で検査して判明したとの事。
もう20年近く前の事ですが、祖母にも検査してもらったところB型肝炎ウイルスが検出されず
おそらく予防接種で感染したのであろう、とのことでした。
そのころは、その様な訴訟が起こされていた事も知らず、忘れていまし...続きを読む

Aベストアンサー

お母さんが母子感染でないことを証明するのに
(1) 祖母さんのHBc抗体陰性か低力価→これはムリ
(2) 年長の兄弟が陰性→ムリ
(3) その他、医学的知見を踏まえた個別判断
という条件があり、このうち一つを満たす必要があります。で、(1)(2)はムリなので、
(3)の可能性を探るしかありません。すなわち、弁護士に検討してもらうしかありません。

Q脂肪肝?肝炎?

24歳男です。
会社の健康診断でGPTが62にで再検査となりました。
GOTとr-GTPは正常です。
今までは何も引っかかった事はなかったのですが、
最近、運動不足で太り気味だったのですが肝炎、脂肪肝の可能性があるのでしょうか?
尚、最近気になる事としては、たまに吐き気がします。

Aベストアンサー

GOT<GPTは脂肪肝 と文献にも記されています。一度肝エコー検査を受けられる事をお勧めします。

放置すると、脂肪肝→慢性肝炎→肝硬変→肝癌・・と云う経過が予想できますので、早めに治療されると良いですね。最大の治療は『ダイエット』です。

吐き気の原因は判りませんが、肥満によるインスリン過剰放出で、血糖値の乱高下が起きていることが予想されます。
その結果、カテコラミンの過剰分泌から"吐き気"がでるのかも知れませんね。

QB型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

B型肝炎訴訟について、ご教示お願い致します。

45歳の男性です。私は現在B型肝炎の抗体を持っております。抗原は全て-です。
その当時の医師には、知らぬ間にかかって治ったのでは?と言われました。
そんな私でも、予防接種感染ということで国から賠償を受け取る事ができるのでしょうか?

抗体については検査にて判明したのですが、全く自覚症状はありませんでした。唯一以前に肝機能(GOP、GPT)上昇し発熱が1ヶ月続いたことがありました。がその際は原因がはっきり解らず単核球症という病名でした。
現在でもγーGPTのみが大幅に正常値を超えています。自覚症状はなく定期的に病院で血液検査を行っている程度で薬の服用も特にしておりません。
前述症状はB型肝炎抗体には因果関係はないと思いますが?

以上を踏まえて賠償訴えの可否について、ご教示いただくと幸いです。

Aベストアンサー

質問文からは、肝炎治療もされたことが無いようですが、
そもそも質問者さんは、どういった事(損害)に対する賠償を求めるおつもりでしょう?
質問文からは、そこが不明なのですが。

下記URLの「訴訟をお考えの方へ」を、よくお読みください。

http://www.b-kan-sosho.jp/index.html

QC型肝炎 HCV抗体

いつもお世話になっております。
友人が妊娠発覚時に行った血液検査で、HCV抗体が引っかかってしまったようなのです。

結果は1.29
1.0以下は陰性、異常は陽性だと言われたそうで、これから精密検査をするそうです。

これはC型肝炎陽性という事なのでしょうか?
それとも疑陽性という事はあるのでしょうか?

かなり落ち込んでいて少しでも力になってあげたいのです。
今は発症していなくてもいずれ発症するレベルなのでしょうか?

小さなことでも良いので教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

病院などには、肝炎ウイルス検診の陽性例に対する2次(精密)検査依頼では、HCV抗体の力価で2次(精密)検査法を変えるようになっています。というのは、低力価だと過去の感染を示し現在感染していない可能性が高いからです。(HPの詳Q6)
検査法が示していないのではっきりはしませんが、おそらく低力価群に入るので、過去の感染を意味し現在はRNAが検出限界以下の可能性が高いと思います。とはいえ、2次(精密)検査を受けて安心された方がいいかと思います。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/02.html

QB型肝炎の訴訟は何人でもできますか?

私を含め、娘、息子の三人がB型肝炎であることが検査の結果わかりました。
いろいろ検索したのですがわからなかったので、質問させてください。ネットなどでは本人のみの訴訟について書かれていますが、私のように自分の子供も感染している場合、何人までなら訴訟できるなど詳しく書かれていませんでした。私のような場合、訴訟はできるのでしょうか?体調も思わしくないので早めに解決したいです。どこに相談に行ったらよいかなど、教えてください。

Aベストアンサー

給付金の支給の対象となる方は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)です。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

なので、あなたが集団予防接種などにより感染した疑いが強い場合は、母子感染されたお子様も対象となります。 相談は、弁護士事務所でそのようなケースをとり扱っているところにされるのが良いでしょう。

Qc型肝炎について・・・

15年前、友人のお父さんがc型肝炎で亡くなりました。その家庭には3人の子供がおりいずれも検査を受けてc型肝炎ウィルスは体内には無い事を確認しています。

ただ・・・奥さんが今まで、検査をしていない事が判明しました。夫婦関係も長年に渡りあったと思いますので確実に奥さんの体内にはc型肝炎ウィルスが入っていると思うのです。今現在、75歳なのですが何ら体に変調はありません。この場合でもc型肝炎ウィルスは体内に入っていると思ってよろしいのでしょうか?又、発症する時はどのような場合なのでしょうか?

Aベストアンサー

「奥さん」というのは、ご友人のお父さんの奥さん、ご友人のお母さんという事でしょうか?75歳と書かれていますから、お母さんですよね?

夫婦間での感染の可能性はありますが、感染しているかどうかは分かりません。ご夫婦の間で必ず感染するとは言えません。感染してもウイルスを排除できる場合もあります。

現在、感染しているかについては、血液検査を受けて頂くしかないです。

万が一感染していたとしても、慢性肝炎なのか肝硬変に移行しているのかでも変わってきますし、無症状で経過する事も珍しくありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報