A 回答 (2件)

wikipediaに載っています。


いろいろな方式があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%83% …
    • good
    • 0

おそらく、こんな感じだったといううろ覚えの話を書きますので、ちょっと怪しいです。

「回答」といっておきながらごめんなさいです。

タッチパネルは、基本的に圧電素子をちりばめたものです。圧電素子とは、圧力がかかると抵抗値が変わるものです。
タッチパネルはよく見ると格子状の線とその交点がマス目状になって存在しています。この交点の部分が圧電素子になっています。この圧電素子のちりばめられた、タッチパネルに指でふれるなどして(極端な話を言えば、ペンでも、割り箸でもかまわないのです。でも先端がとがったものを使うと傷を付けてしまうので避けたほうが賢明です。)圧力をかけると、どの位置に圧力がかかったかが、コンピューター上で判定されます。複数の点の抵抗値の変化を判定して、画面のどこに圧力がかかったかを判定しているのです。
この位置と画面上にすでに存在しているアイコンなどの位置とを計算し、一致していた項目について、プログラムなどを実行させているのです。

この判定のシステムは、Windowsなどのマウスとアイコンの関係に似ています。
コンピューターの画面上でマウスを動かすと矢印が動きますね。あの矢印の位置の変化は、マウス中にあるローラーの回転などで読みとって判断しています。
画面上のアイコンの位置(どこからどこまでの範囲にあるということ)はすでにコンピュータがデータとしてもっています。
ある位置で、クリックしたり、ダブルクリックすると、
その矢印のある位置と画面上のアイコンに関しする位置とを比較して、その位置を含んでいるアイコンの命令が作動するのです。

タッチパネルは、まさに点で、命令をする画面上の位置を指定しているのに対し、マウスは移動を連続的に捉えて画面上の位置を把握しているのです。

とこんな感じだったと思います。

ちなみに、よだんですが、デスクトップパソコンやノートパソコンで一時期タッチパネルのものが売られていたのでおもしろそうだと思い見ていまいした。そのとき、調べてみたら、タッチパネルはかなり生産コストが高いそうで、そのまま、販売価格にのせるととんでもない値段になるはずだそうです。でもそのころのタッチパネル付きのパソコンはかなり安価(他のモデルに比べて多少高い程度)で売っていたのは、儲けをかなり度外視していたらしいです。しかし、あまりニーズも無いとかで、今のパソコンでは組み込まれて売っているのは、無いのが現状です。
A5サイズのノートパソコンで売っていたのをみたのですが、A4サイズのノートパソコンで出たら買おうかと思って待っていたら、タッチパネルを搭載したノートパソコンが無くなってしまいました。とりあえず、買っておけば良かったと後悔しています。(といても、とりあえず買えるような値段ではなかったですが。)
また、あまり大きなタッチパネルにすると誤作動が大きいとかで、あまり大きな物も作れないと聞いたことがあります。そのため、ATMなどの画面も小さめのものが使われているとも聞いたことがあります。

参考にでもなれば、幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパイプライン方式での処理時間の求め方

応用情報の問題で、わからない所があります。

パイプラインの深さをD 、パイプラインのピッチをP 秒とすると、I 個の命令をパイプラインで実行するのに要する時間を表す式はどれか。
ここで、パイプラインの各ステージは1ピッチで処理されるものとし、パイプラインハザードについては、考慮しなくてよい。

 ア  (I +D )×P  イ  (I +D -1)×P
 ウ  (I ×D )+P  エ  (I ×D -1)+P

正解は「イ」なのですが、お恥ずかしながら全く腑に落ちません。

私の理解とそれによって導き出される式は以下のようになっています。
どこでまちがっているのか、教えていただけませんでしょうか。

◆私の理解
 パイプラインの深さをD:命令の中のステージ数はD個
 パイプラインのピッチをP 秒:1ピッチP秒かかる
 パイプラインの各ステージは1ピッチで処理:各ステージの処理はP秒かかる
 I 個の命令:命令がI個ある

◆式
 所用時間= I × (D × P)

D×Pで命令内全ステージにかかる時間を求めたつもりです。
それに命令数をかけています。

すみません、よろしくお願いいたします。

応用情報の問題で、わからない所があります。

パイプラインの深さをD 、パイプラインのピッチをP 秒とすると、I 個の命令をパイプラインで実行するのに要する時間を表す式はどれか。
ここで、パイプラインの各ステージは1ピッチで処理されるものとし、パイプラインハザードについては、考慮しなくてよい。

 ア  (I +D )×P  イ  (I +D -1)×P
 ウ  (I ×D )+P  エ  (I ×D -1)+P

正解は「イ」なのですが、お恥ずかしながら全く腑に落ちません。

私の理解とそれによって導き出される式は以下のようになって...続きを読む

Aベストアンサー

命令の個数を7、パイプラインの深さを4、パイプラインのピッチを1秒とする。

この場合、1つの命令がパイプラインを通り抜けるには4秒かかる。

そして、それぞれの命令は、1秒づつズレながら順にパイプラインに入っていく。

図にすると、以下のようになる。

 深さ4
←──→
□□□□______ 1番目のパイプに入った命令は抜けるまで4秒かかる
_□□□□_____ 2番目の命令が入るのは1ピッチ経過後。つまり1秒後
__□□□□____ 3番目の命令が入るのは2ピッチ経過後。つまり2秒後
___□□□□___ 4番目の命令が入るのは3ピッチ経過後。つまり3秒後
____□□□□__ 5番目の命令が入るのは4ピッチ経過後。つまり4秒後
_____□□□□_ 6番目の命令が入るのは5ピッチ経過後。つまり5秒後
______□□□□ 7番目の命令が入るのは6ピッチ経過後。つまり6秒後
1 2 3 4 5 67 89 10 ←(7+4-1)×1=10

最後の命令がパイプラインに入るのは「命令の個数-1ピッチ後」であり、その命令がパイプラインを通過し終わるのは、パイプラインの深さだけかかる。

つまり、最後の命令がパイプラインを通り抜け終わるのは「命令の個数-1+パイプラインの深さ」に、1ピッチの秒数を掛けた秒数が経過した時である。

「最後の命令がパイプラインを通り抜け終わる秒数」と言うのは「全部の命令を実行するのに要する時間」そのものである。

「(命令の個数-1+パイプラインの深さ)×1ピッチの秒数」を意味する式は「イ  (I +D -1)×P」である。

命令の個数を7、パイプラインの深さを4、パイプラインのピッチを1秒とする。

この場合、1つの命令がパイプラインを通り抜けるには4秒かかる。

そして、それぞれの命令は、1秒づつズレながら順にパイプラインに入っていく。

図にすると、以下のようになる。

 深さ4
←──→
□□□□______ 1番目のパイプに入った命令は抜けるまで4秒かかる
_□□□□_____ 2番目の命令が入るのは1ピッチ経過後。つまり1秒後
__□□□□____ 3番目の命令が入るのは2ピッチ経過後。つまり2秒後
___□□□□...続きを読む

Q詳しく解説付きでお願いします! 30分以内でできたらお願いします!!!!

詳しく解説付きでお願いします!
30分以内でできたらお願いします!!!!

Aベストアンサー

点C は、y切片 y軸との交点となるので  (1)2k+1

直線が点Aを通る場合と、Bを通る場合を考えて  y=kX+2k+1 に、(3,0) (1,4)を代入して

① 0=3k+2k+1 から k=-1/5   ② 4=k+2k+1 から K=1  よって -1/5≦k≦1 (2)

三角形の面積を二等分するためには、対辺の中点を通れば良いので、Cの対辺直線AB4の中点を考える。 (2,2)

X座標 (3+1)/2   Y座標 (4+0)/2

y=kX+2k+1 に、(2,2) を代入して  2=2k+2k+1 から K=1/4  

よって求める直線の式は  y=1/4X+3/2  (3)

参考までに。

Qパイプライン方式と非パイプライン方式

パイプライン方式はどうして非パイプライン方式に比べて高速化できるんですか?

Aベストアンサー

先の#4ですが、ごめんなさい。
 以下の部分を
----
 しかし(1)~(3)は別々の回路で実行できるので、次のように同時に実行させることができます。すると、9クロックで3処理だったのが、6クロックで3処理できるようになり、高速化となるのです。

1↓ (1)
2↓ (2)(1)
3↓ (3)(2)(1)
4↓    (3)(2)
5↓       (3)
----
次のようにしてください。
---
 しかし(1)~(3)は別々の回路で実行できるので、次のように同時に実行させることができます。すると、9クロックで3処理だったのが、5クロックで3処理できるようになり、高速化となるのです。なお、3クロックめからは、1クロックごとに処理結果を得られます。3クロックごとに結果が得れれる方式に比べて、高速化されます。

1↓ (1)
2↓ (2)(1)
3↓ (3)(2)(1)
4↓    (3)(2)
5↓       (3)
---

Q【至急】 √10より大きく√30より小さい整数をすべて求めよ。 細かく解説お願いしますm(_ _)m

【至急】
√10より大きく√30より小さい整数をすべて求めよ。
細かく解説お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

√1から順に考えましょう。ルートだけで比較すると

√1 √2 √3 √4 √5 √6 √7 √8 √9 √10 √11 √12 √13 √14 √15 √16 ・・・・

そうすると、√10は √9=3 よりも 大きく √16=4 よりも小さいことが分かります
つまり、√10は 整数部分が3で、それに小数部分がつく数ということになります。

同様に、√30は、 √25=5 よりも大きく  √36=6 よりも小さいので
整数部分が5で、それに小数部分がつく数ということになります。

数直線で考えて下さい。  3.□□ より大きく、5.△△ より小さい整数は 、4と5です。

√10より大きく√30より小さい整数は、 4 と 5です。

例えば √50より 大きく、 √90より小さい整数は、 √50が √49=7 と √64=8 の間
√90は √81=9 と √100=10 の間の整数ですから

8,9 になります。

Qパイプラインについて

最近、中東問題などからよく登場する「パイプライン」ですが、ちょっと実物について調べています。

●パイプラインの大きさ(直径・長さ)
●管理などのメンテナンス方法
●安全性・耐久性
●運送量
●通過料
●どうやってパイプラインを通るのか
●敷設に関しては、国際入札を行っているのか
●敷設時の出資比率

などなど、なんでもいいのでご存じの方、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

●パイプラインの大きさ(直径・長さ)
パイプラインは、原油、天然ガス、精製後石油製品、上水などを輸送するさまざまなものがあります。直径は、液体であれば、MAX100cmくらい、気体は数mのものが可能だと思います。一般的には大きくても、液体で50cm、気体で100cmくらいでしょうかね。
総延長は、そのパイプラインの目的によって様々です。日本でも、ガス会社のパイプライン、石油会社の輸送用、空港燃料輸送用など様々がありますが、数kmから数100kmのものまであります。世界では、北米が最もパイプライン網が発達していて距離の非常に長いもの(数千km)があると聞いております。

●管理などのメンテナンス方法
通常、パイプ自体の設計寿命は数十年単位であり、可動部はないため点検する必要はありません。ただし、パイプラインは、送出基地(ポンプ、制御システムなど設置されている)、受入基地(タンクなど)、や緊急遮断弁ステーション(パイプライン途中に複数設置)との組み合わせ設備であり、そこにある機器は定期的に点検します。
パイプ自体の点検は、埋設されていたり、海中に敷設されているものも多いため、外部からはできない場合もあり、検査ピグという専用の砲弾形状の探傷装置をパイプの中に通して、パイプの肉厚測定を行なう技術があります。(超音波や、磁気による非破壊検査)

●安全性・耐久性
漏洩を検知した瞬間に、ところどころに設けられた緊急遮断弁により遮断します。漏洩の検知は、送出基地と受入基地の流量差検知、漏洩発生時の圧力波検知などいくつかの方法を組み合わせて行なっています。
漏洩検知システムを専用に製作・販売している会社もあります。

●運送量
配管サイズによって当然異なり、流速は3m/s(液体の場合)くらいが最大です。輸送量はパイプ断面積と、流速から計算してみてください。

●通過料
残念ながら知りません。

●どうやってパイプラインを通るのか?
人が入る方法と解釈しましたが、
通常は人は入りません。入る必要もありません。相当特殊な補修をする場合には入ることがありますが、大変危険な作業であり、その方法は細かく知りません。

●敷設に関しては、国際入札を行っているのか?
国際入札です。P/L専門のコンサルティング会社や、エンジニアリング会社もあります。日本では、大手鉄鋼メーカが、パイプの供給のみならず、敷設工事に応札しています。

●敷設時の出資比率
事業により様々ですが、大規模なものでは、その国の政府、他国政府援助、銀行団、石油会社などが出資した事業会社が設立されます。


パイプラインといっても、思っていらっしゃる以上に広い世界ですので、目的を限定して質問いただければ、さらに役立つお答えができると思います。

●パイプラインの大きさ(直径・長さ)
パイプラインは、原油、天然ガス、精製後石油製品、上水などを輸送するさまざまなものがあります。直径は、液体であれば、MAX100cmくらい、気体は数mのものが可能だと思います。一般的には大きくても、液体で50cm、気体で100cmくらいでしょうかね。
総延長は、そのパイプラインの目的によって様々です。日本でも、ガス会社のパイプライン、石油会社の輸送用、空港燃料輸送用など様々がありますが、数kmから数100kmのものまであります。世界では、北米が最もパイプライン...続きを読む

Q先生でも解説しきれませんでした!わかりやすく説明をお願いします

先生でも解説しきれませんでした!わかりやすく説明をお願いします

Aベストアンサー

BP+PMが最小になる時は、展開図ABCDを考えたときにBMは直線になってる必要があることは分かるでしょう。そうすると、三角形PAMとPCBは相似なので、AM=1とするればCBは2なので、1:2の相似な三角形となります。つまりAP:CP=1:2であるはず。

こんな感じでしょうか?

Qパイプラインの段数とクロックの関係について

Pentium4って、パイプラインの段数の構造が20段になったんですよね…?
パイプラインの段数を2倍にすると、動作クロックって大体何倍になるんでしょうか…?

変な質問して申し訳ありません。

Aベストアンサー

それは、わかりません。

一般には1.1倍かもしれないし、1.9倍かもしれません。下手すると、1倍より
下がるかも知れません。

Pentium4 に限っても、単純に段数を倍にしただけで性能を上げているんでは
なくて、それ以外の様々な改良を加えて、ようやく 2GHz 版が量産できるよう
になったはずです。それを考えれば、パイプラインの段数だけの効果では、
1.5倍も行ってないような気もします。

Q数IIIの定積分の問題を教えてください。 根本的にわかっていないので詳しく解説もお願いします。

数IIIの定積分の問題を教えてください。
根本的にわかっていないので詳しく解説もお願いします。

Aベストアンサー

いちいち積分の基本にかえって積分を行うわけではなく、「公式」を利用します。
積分の基本が理解できれば、具体的な関数の積分は「公式」として覚えればよいです。

例えばこんなサイト。
http://mathtrain.jp/integral_matome
http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/sekibun/henkan-tex.cgi?target=/math/category/sekibun/iroirona-kansuu-no-sekibun.html

これを使えば

(1)∫(1/x)dx = log|x| + C
ですから
 ∫[-2~-1](1/x)dx = [ log|x| ][-2~-1] = log(1) - log(2) = -log(2)

(2)∫(2^x)dx = 2^x /log(2) + C
なので
 ∫[-1~1](2^x)dx = [ 2^x /log(2) ][-1~1] = 2/log(2) - (1/2)/log(2) = (3/2) / log(2) = 3/[2log(2)]

いちいち積分の基本にかえって積分を行うわけではなく、「公式」を利用します。
積分の基本が理解できれば、具体的な関数の積分は「公式」として覚えればよいです。

例えばこんなサイト。
http://mathtrain.jp/integral_matome
http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/sekibun/henkan-tex.cgi?target=/math/category/sekibun/iroirona-kansuu-no-sekibun.html

これを使えば

(1)∫(1/x)dx = log|x| + C
ですから
 ∫[-2~-1](1/x)dx = [ log|x| ][-2~-1] = log(1) - log(2) = -log(2)

(2)∫(2^x)dx = 2...続きを読む

Qパイプライン処理の処理能力について

現在、ソフトウェア開発技術者試験の勉強をしているものです。
お忙しいところ、誠に申し訳ございませんが、
以下の問題の考え方について、アドバイス頂けないでしょうか?

頭を悩ましているのは、以下の問題です。

一つの命令を構成する各処理を
表に示す時間で行うプロセッサがある。

各処理を、それぞれパイプラインの1ステージに
割り当てる5段パイプライン構成のプロセッサの
命令処理速度は、パイプライン化していない
プロセッサに比べて何倍になるか?

<処理名>:<最大処理時間(単位:ナノ秒)>
命令フェッチ:100
命令デコード:50
オペランド読出し:100
演算処理:80
演算結果書込み:100

答えは、4.3倍だったのですが、どうも解答に納得できません。

例えば、2命令を実行した場合を考えた時、

<通常>
□□□□□□□□□□□□□□□
430(100+50+100+80+100)×2=860ナノ秒

<パイプライン>
□□□□□
 □□□□□

1処理あたり最大100ナノ秒なので、
2命令実行するのに600ナノ秒かかる。

つまり、860÷600≒1.4倍だと思いました。

解答の考え方は、
パイプラインでの処理能力を500ナノ秒の間に、
5命令実行可能だと解釈しています。

□□□□□
■□□□□
■■□□□
■■■□□
■■■■□
※■:前の命令のステージを表す。

たぶん、納得できないのはここの解釈だと思うのですが…。

現在、ソフトウェア開発技術者試験の勉強をしているものです。
お忙しいところ、誠に申し訳ございませんが、
以下の問題の考え方について、アドバイス頂けないでしょうか?

頭を悩ましているのは、以下の問題です。

一つの命令を構成する各処理を
表に示す時間で行うプロセッサがある。

各処理を、それぞれパイプラインの1ステージに
割り当てる5段パイプライン構成のプロセッサの
命令処理速度は、パイプライン化していない
プロセッサに比べて何倍になるか?

<処理名>:<最大処理時間(単...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1さんの回答で納得できない場合の為に補足しておくと、

□□□□□
■□□□□
■■□□□
■■■□□
■■■■□



■□□□□
■■□□□
■■■□□
■■■■□
■■■■■

になる為には「何ナノ秒」必要か考えてみましょう。
あと、上記のようにパイプラインのステージが一歩進むたびに命令の実行が1個ずつ完了する事が理解(というか納得)出来るでしょうか?
(5個あるうちのどれか1つが必ず命令実行完了となる)

パイプラインを生産ラインと考えれば、xxナノ秒毎に生産(実行)完了した命令が一個ずつアウトプットされているという風に理解しやすくなるかな。

Q至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします! を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致

至急宜しくお願い致します!今日からまた宜しくお願いします!
を英語にできる方居ましたら宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

Please take care again from today.でどうでしょう?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報