お友達から、「北海道では、日本脳炎の予防接種はないから、そのぶんラクだ。」と聞きました。
どうして、北海道では日本脳炎の予防接種がないのですか?
別の質問の回答で、ブタにいる病原菌を蚊が運んで、人間を刺すことによって発病すると出ていましたが、ブタや蚊がいないわけではないだろうし・・・?
誰か知ってたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


北海道には日本脳炎ウイルスをもつ蚊、豚はいないそうです。

でも、一生北海道から出ないと言う事はないでしょうから(旅行、転勤など)出来れば受けておいた方が良いそうです。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~funairi/infect/jen …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、蚊がいないんじゃなくて、ウイルスを持っている蚊やブタがいないんですね。
北海道には、何年か前までゴキブリもいなかったらしいですね。
蚊もそのうち、同じように荷物に混じってとか、入り込んでくる可能性はありますね。
あとは、寒い冬を越せるかどうか・・・?

お礼日時:2001/11/16 09:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本脳炎の予防接種について

現在、日本脳炎の予防接種は
「積極的勧奨差し控え」となっているため
昨日、市役所でも説明を受け「同意書」に
サインするかどうかといった段階まできております。

お恥ずかしいながら、我が子は第2期の接種を受けておらず
今月末で、第2期の接種期間が終了してしまいます。
(7歳6ヶ月)
本来なら、新型ワクチンが出来るまで待ってもよいのでしょうが
期限がきてしまうということで、接種するべきか
新型ができるまで待ち、有料で受けるべきか迷っています。

新型ワクチンが出来るまでの救済処置は無いのか問い合わせてみたところ無いとのことでした。非常に残念です。

Aベストアンサー

こんにちは。
参考URL程度の情報は既に得ている事とは思いますが一応。

確かに副作用が問題になってますが、重篤なものは可能性としては大変低いですので、受けてしまっても99%以上の確率で大丈夫でしょう。

でも確率の問題なので、当たってしまうことがないとはいえないのが悩ましい所です。

現在は今までのワクチン普及の恩恵で、流行が起こってませんのでしばらくはかなり安全な状態だと思います。

ただ、どの位、無接種期間が続くかで、流行が起きてしまう可能性がないとはいえません。
基本的にウィルスはそこら中にいると思っていいしろものです。

保健所に副作用が出てしまった場合の対処、治療状況などについて、説明を貰ってから考えるのもいいでしょう。

ちなみに、もし私の子ならハンコついても受けさせます。

参考URL:http://www.city.kita.tokyo.jp/h-center/2-1_10.htm

Q日本脳炎予防接種を受ける時期

日本脳炎予防接種について、今では任意になっていますが、子供には受けさせようと思っています。
予防接種は何回かに分けて打つものだと思うのですが、その時期(年齢)を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/nouen/index.html

のQ6のところですかね。

Q日本脳炎の予防接種時期について

現在11歳の子供についてです。
日本脳炎の予防接種ですが、1期の2回を9歳、1年後10歳8ヶ月で追加接種をしました。(無料の時期を過ぎていたので自費で受けました)
2期を受ける時期ですが、無料期間は9歳から13歳未満となっており、ギリギリの12歳11ヶ月で受けるとしても前回から2年3ヶ月しか間が空きません。

2期の接種時期は1期終了後4、5年後が望ましいみたいなのですが、2年後では短いでしょうか?

2期を無料で受けられないと、次の3期も自費になってしまうので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
日本脳炎の予防接種で4年程開けるというのは、その位すると本来のワクチンの効き目が切れるから追加接種という意味です。
前の接種の影響が出るわけではありません。
なので、その分、折角受けたのに有効期間を損するという意味です。
おそらく希望すれば受けられるでしょう。

Q小4の日本脳炎予防接種の必要性

薬剤師の友人から、日本脳炎の注射の成分に水銀が含まれているので
接種しないほうが良いとのアドバイスがありました。
どうなのでしょうか?
また、水銀が含まれていない注射はないのでしょうか?

Aベストアンサー

 参考URLを参照して下さい。

参考URL:http://www.aruke.com/sih/news/tio/news_text/no13.htm

QA型肝炎予防接種の追加接種の時期について

2006年12月に、中国赴任を控えてA型肝炎の予防接種を2回受けました。
その後、6ヶ月~1年後に追加接種を受けるとのことでしたが、一時帰国のタイミングが合わず、1年7ヶ月経った現在まだ受けていません。
1週間後に一時帰国するのですが、今から追加接種を受けても、効果は得られるでしょうか?

Aベストアンサー

2つの検討すべき要素があり、一つは環境であり一つは個人差です。
中国は比較的A型肝炎が多い地区で、日本よりはA型肝炎ウイルスに接触する機会が多いと考えられます。このようば場合は、ブースター効果が自然に得られますので、1年以上経過して発症していないなら十分な抗体があると考えられるかと思います。
次に個体差ですが、通常は2回でほぼ100%に近い抗体価が得られます。しかし、どのくらいこれが維持できるかは国産のワクチンについては検討されていないと思います。B型肝炎についてはよく調べられていますが、CDCは一度抗体がつけば後は接種する必要はないとしているのに対し、日本の肝臓病学会は抗体価が下がれば再接種を呼びかけているなど、よく調べられているB型肝炎ワクチンですら共通の認識を得られていない状況です。よって、誰もA型肝炎ワクチンで3回目をどうするかは一般的な答えはできないと思います。
印象としては、中国にいて一般住民と同じようなものを食べていたのなら3回目はいいかなと思いますが、念のため、3回目を打たれてもいいと思います(特に副作用の増加はありません)。抗体価を調べてもいいかとは思いますが、有効な抗体価がいくつかというのはB型肝炎の例をみても混沌としていますのであまり意味がないかもしれません。

2つの検討すべき要素があり、一つは環境であり一つは個人差です。
中国は比較的A型肝炎が多い地区で、日本よりはA型肝炎ウイルスに接触する機会が多いと考えられます。このようば場合は、ブースター効果が自然に得られますので、1年以上経過して発症していないなら十分な抗体があると考えられるかと思います。
次に個体差ですが、通常は2回でほぼ100%に近い抗体価が得られます。しかし、どのくらいこれが維持できるかは国産のワクチンについては検討されていないと思います。B型肝炎についてはよく調...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報