Difco社のYeastExtractとTryptonePeptoneの塩分濃度(成分)が知りたいのですがわかりません。または、Difco社に問い合わせる方法を教えてください。

A 回答 (1件)

Difco社のホームページは参考URLを参照してください。


Yeast Extractは578ページをご覧ください。
Tryptoneは529ページ。
Peptoneは383ページ。
です。

参考URL:http://www.bd.com/industrial/difco/manual.asp
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死海の塩分濃度

すごくしょうもない質問かと思うのですが
死海の塩分濃度は普通の海の10倍ですよね?
よく癒し系の観光地にもなっていて体にとても良いとされている死海ですが
何故こんなに塩分濃度が高いのにしみたりしないのでしょうか??
疑問に思ったので教えて下さい!

Aベストアンサー

前に聞いたことがあるのですが,しばらくつかっていると,
皮膚がとてもヒリヒリするそうですよ.
参考URLにも出ています.
あと,ご存知と思いますが,濃度が高いのは塩(塩化ナトリウム)だけじゃなくて,
いろんな成分が含まれていますね.
これが「癒し」のもとにもなっているんだと思いますが,
反面,ヒリヒリのもとになってるんだと思います.
http://www.israel.co.jp/Dead%20Sea/ds-about.html

参考URL:http://user.komazawa.com/~tessin/kaze/jordan/amman/deadsea.htm

Q"タイと金魚 仲良く同居"するための、塩分濃度は?

“タイと金魚 仲良く同居”という見出しの新聞記事を昨年末読みました。
青森県八戸市の水産科学館で、
<海水魚と淡水魚も生息できる「好適環境水」の水槽が展示され>
ているそうです。好適環境水とは、
<ナトリウムやカリウムなど、淡水魚にも海水魚にも最低限必要な成分を真水に溶かし込なだもの>
だそうです。
ところで、タイは海水魚であり、海水の塩分は3.5%程度ですね。一方、金魚は淡水魚で、塩分は0%ですね。
タイと金魚が仲良く泳げるのは、どのくらいの塩分濃度のところなのでしょうか? ナトリウムとカリウムの成分量に関係しており、それらが構成する塩には、関係がないのでしょうか?

Aベストアンサー

「海水魚にしても淡水魚にしても体液の塩分濃度はほぼ同じなので, その『生理食塩水』を作ればいい」だけみたいですね. 具体的には, #1 にもあるように 1 % くらい.

「πウォーター」だの「ナノバブル」だの「好適環境水」だのといった仰々しい名前とはあんまり関係ないみたい.

参考URL:http://www.cml-office.org/atom11archive/wwatch/intro.html

Q塩分濃度の濃い所でも生きれる生物

ピロリ菌は濃い塩酸の中でも生きれるそうで、驚きでしたけれども、濃い塩分濃度の所でも生きれる生物ってどんなのがありますか?死海では魚も生きれないと聞いたことがありますが、細菌はどうでしょう?世界の砂漠化が進行するなか、塩分濃度の濃い河川が多いと聞きます。

Aベストアンサー

飽和食塩溶液の塩田等には,特殊な古細菌が生息することが知られています。下記URLの「三角菌」もその一つです。岩塩は赤みがかつて居ますが,これら古細菌が持つ赤いロドプシン様色素による物です。

参考URL:http://www.nakamura.bio.titech.ac.jp/halo/halo.html

Qカニと塩分濃度

海水で生息するカニとその海水の塩分濃度について
カニが生息する海水の塩分濃度を変えるとカニは死んでしまうのでしょうか?たとえば、塩分濃度を二分の一、四分の一と変えてみたら。そしてまた、真水にすれば全然生きられないのでしょうか?
塩分濃度を下げると死ぬのであれば、カニの体・機能のどういうところが関係しているのでしょうか?
海水で生息するカニの種類によっても、塩分濃度の変化に対する反応は違うのでしょうか?

Aベストアンサー

海水中の塩分濃度は約3.3%~3.5%。
カニの体内の塩分濃度は約0.9%。

海水の塩辛さの正体はナトリウムイオンが主体ですが、ナトリウムイオンは、二つの面で生物に対して害を与えます。

一つめの害は、ナトリウムイオン自体の毒性。
カニの細胞内にナトリウムイオンが入り込んでしまうと、血圧を押し上げるなどの悪影響を及ぼします。
そのため、すべての生物細胞(我々人間も)の細胞膜には、細胞内に侵入してきたナトリウムイオンを体外へ排出する仕組みを持っています。
この仕組みはナトリウムポンプと呼ばれています。

二つ目の害は、浸透圧による脱水性です。
海水中で生活するカニは、高い塩分濃度が持つ脱水力と戦っています。
水には「浸透圧」という特徴があり、半透膜を通して薄い濃度のものから濃い濃度のものへ移動する(濃度の低い方から高い方へ移動)性質を持っています。
カニの体細胞の塩分濃度は0.9%なので、もし海水がそのまま体内に侵入すると、エラや関節から細胞内の水が外に流れ出し、脱水状態になり死に至ってしまいます。

飲んだ海水のナトリウムイオンは胃で吸収され血液に入った塩分は、腎臓で抽出され、塩分の濃い尿として排出されます。
海水性のカニは強力な腎臓を持っています。

> カニが生息する海水の塩分濃度を変えるとカニは死んでしまうのでしょうか?たとえば、塩分濃度を二分の一、四分の一と変えてみたら。

塩分濃度は海水の75%程度まで薄めても問題無く飼育出来ます。
海水の50%「二分の一」でも直ぐに死ぬことはありませんが、繁殖は出来なくなります。

> そしてまた、真水にすれば全然生きられないのでしょうか?
「四分の一」または淡水では、今度は逆浸透圧の関係になり、カニの体内の塩分濃度の方が飼育水よりも高くなります。
このため、カニの体内にドンドン水が染み込んでブヨブヨの状態になります。
海水性のカニは、このドンドン水が染み込んでブヨブヨの状態への対応策を持っていません。
従って、体内の水分量が増えすぎて、体内の塩分量が薄まりすぎて、やがて死んでしまいます。

海水中の塩分濃度は約3.3%~3.5%。
カニの体内の塩分濃度は約0.9%。

海水の塩辛さの正体はナトリウムイオンが主体ですが、ナトリウムイオンは、二つの面で生物に対して害を与えます。

一つめの害は、ナトリウムイオン自体の毒性。
カニの細胞内にナトリウムイオンが入り込んでしまうと、血圧を押し上げるなどの悪影響を及ぼします。
そのため、すべての生物細胞(我々人間も)の細胞膜には、細胞内に侵入してきたナトリウムイオンを体外へ排出する仕組みを持っています。
この仕組みはナト...続きを読む

QDNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

DNAの濃度(モル濃度)について教えてください。

先日シークエンスする機会がありました。
プロトコールにprimerは6.4pmolとあったのでPCR用(10μM)を
10000000倍希釈(1pM)にして6.4μl(final volume14μl)使用したところ結果は全滅。

先輩に聞いたところ1μMを6.4μl使えばOKとのことでした。
この数値はメーカーが推奨している、とのことです。
確かにそれで結果は出たのですが、釈然としません。
先輩に聞いたところ「bp数と分子量の関係で・・・」と説明してくれましたが
よくわかりません。

どなたか高校生程度の化学理解力でわかるように教えてください。

Aベストアンサー

>大文字のMはモル濃度で小文字のmolはモル数、でいいのでしょうか?
そうです。
高校なんかでは、molもMも「モル」と言うようになっていたかもしれませんが、正しくは、molは「モル」、Mは「モラー」(molar)と発音します。
Mはモル濃度(molarity)の単位で、1 Lの溶液に何molの溶質が入っているかを表します。
Mは国際単位系では、正統的ではないけれど慣習的に使用を認めるというような範疇に入っていて、mol/Lを使うほうが望ましいとなっていたと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報