エチレンオキサイドガス滅菌では、滅菌後ガス抜きをしますが、なぜ、ガス抜きが必要なんですか?ガス抜きをしないとどのような問題があるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

爆発限界」に関するQ&A: 水素ガスの爆発限界

A 回答 (3件)

>水と反応して発火するのですか?


場合によると.物や条件が異なるかもしれません(殺菌用の場合に不純物として安定剤が含まれている可能性があります)。

-O-CH2-CH2-

の閉じた3いん環化合物で.オキソ化合物(名称疑問)系天然物を作っている方に聞いた話ですから。

この時の説明では.この配管の中にはエチレンオキサイドという発ガン物質が入っていて.医療機器の殺菌にも使われている。配管からもれると大気中の水と反応し発火する可能性がある
と.説明を受けています。爆発限界内でのプラントの操業が禁止されているために.この使用時には窒素で薄めて使っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
我が社で、EOG滅菌が廃止になるので、どんな滅菌か聞いてみたかったのです。

お礼日時:2001/11/16 19:40

生理活性については1の方が書いているのでそれ以外に



水と反応して発火する性質があります。
環状エーテルのためにたしか.β位のCを攻撃し.かいかんしてエーテルを生成し.条件によってはエーテル結合が切れてかるぼんさん又はアルコールになります。ということで.通常では考えられないような化合物ができます。
不安定なエーテルを作るので.切れやすく.切れた場合にラジカルを生成し.変な反応が急速に進むことになります。この事が発火性をもつことになります。

エチレンオキサイドは空気中の水や水を含む(前述の反応で水を放出する場合を含む)物質と反応し.場合によっては発火する可能性があります。

ということで.爆発しやすい(ラジカル反応を起しやすい)ので使いたくない物質です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 EOGは水に溶かして処理すると聞いていたのですが、水と反応して発火するのですか?

お礼日時:2001/11/15 18:55

有毒な気体で引火、爆発性があるためでしょう。

許容濃度も設定されています。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/amano/matsuo/oh/chap4/cha …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

EOGには発ガン性があったのですね。はじめて知りました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか

MRIとCTは原理に違いがあるとのことですが、
両者の原理で共通なのは何でしょうか。
MRIとCTの原理はどこまでが共通でしょうか。

Aベストアンサー

コンピューターで信号を処理する以外はほとんど同じところがありません。同じように輪の中に入って検査するので勘違いされがちですが、CTは放射線を体に当てて検査をします。あくまでもレントゲンの3次元版といったところです。MRIは輪から数テラバイトの磁気が発生しておりその磁気で原子核にエネルギーを与えて磁場を与えその磁場の変化を見て検査をします。

Qエチレンオキサイドとアンモニアの反応について

アンモニアとエチレンオキサイドからモノエタノールアミンを生成する反応の反応速度がわからず困っています。
律速が何かもわかりません。
本当に何もわからないんです。
触媒(Y:イットリウム等)を用いて液相で反応させるんですが・・・
わかる方、もしくは文献等、何でもよいので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>本当に何もわからないんです。
図書館で調べたのでしょうか・・・???
さらに、何も分からずに実験する程危険なことはないですね!!

調べるのも実験(研究)の一部ですよ!!

例えば、ネット検索でも以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「モノエタノールアミン新製法の開発」触媒誌 40('98)
目的の合成方法とは異なるかもしれませんが、イントロ部分に他の合成方法の記載があるかもしれませんが・・・?

記載があるかどうか確認してませんが、合成関係の成書(OS等)あるいはChemical Abst.等で調べてください。
化学大辞典等に簡単な製法に関しては、記載があるかもしれませんが・・・?

ご参考まで。

合成の専門家のフォローお願いします(^O^)!

本当に何もわからないんです。

QMRIでのRFパルスについて

MRIでの原理的なことなんですが,均一な磁場でRFパルス(90度パルス)をかけると磁化方向が90度傾くのはなぜなんですか。

Aベストアンサー

RFパルスというのは(短時間だけ)回転する磁場と同じです。その回転周波数がスピンのラーモア歳差周波数と同じ場合(これが共鳴条件)、回転磁場とスピンは互いに止まっていることになります。この時スピンは、静磁場中の場合と同様に、この”回転磁場にも”ラーモア歳差運動します。これにより、スピンを自在に傾けることが可能となります。つまり、適当な時間でパルスを止めると90°傾いた状態にも、45°や180°傾いた状態にもできます。

スピンの状態は、α状態(低エネルギー;s=1/2)とβ状態(高エネルギー;s=-1/2)の波動関数の線形結合で表されるので、スピンの向きの変化にはエネルギー変化を伴っています。変化したエネルギー状態が、再び熱平衡状態に戻る過程が、緩和過程(T1)です。

Qエチレンオキサイドの直ぐ後に出るピークは?(HS-cGC)

ヘッドスペースキャピラリーガスクロ(検出器はFID;水素炎イオン化型検出器)にてエチレンオキサイド(酸化エチレン)の定量を行っていますが、このピークの直ぐ後(0.5分以内)にピークを検出した検体があり、このピークが何かが問題になっています。
仮説としてエチレンオキサイドが環化二量化して生成されたジオキサンが分解してジメチルエーテルが生成され、これがエチレンオキサイドの直ぐ後に検出されるのではと考えました。
この仮説がありえるものなのか、また、この物質の特定方法(ガスマス等)はあるか教えて下さい。

Aベストアンサー

ジメチルエーテルが有力なら、ジメチルエーテルを測定してピークの位置を見ればいいのではないでしょうか。
ジオキサンが分解するのか見たければジオキサンを入れてみればよいかと。
両者とも違うのであればGC-IRやGC-MSなど別の検出方法を使って情報を得て、そこから推定するのが普通でしょうね。

通常は直後にピークを検出しないというのであれば、検出したものとしないもので何の条件が違うのかがわからないと、その仮説がありえるかどうかは判断するのが難しいと思います。
エチレンオキサイド以外の物質が混合しているかどうか、熱処理を行っているのかなど、サンプルがどんなものかによって全然違うでしょうから、可能な限り情報提供したほうが詳しい議論ができると思います。

QMRIを受ける時の注意

母親が右半身をしびれを訴えて、病院に行きました。
大事には至りませんですが、医者よりMRI検査を勧められましたが、数年前に肩に金属が入っているためにこの病院のMRIはできないと言われました。

MRIの性質上、金属があると、磁界の影響を受けるというのは分かりますが、今の医学の進歩を考えれば、体内に入った金属に影響を受けないようなMRI装置はあると思います。

今回は単に、受診した病院のMRIが古いだけなのでしょうか?それともMRIの性質上どこの病院でも同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのようなものです。

電子レンジに金属を入れてしまうと、火花が出たり、その付近の食物が焼け焦げたりします。
http://www.chemistryquestion.jp/situmon/shitumon_kurashi_kagaku28_microwave_metal.html

下記リンクを読みますと
「体内に金属がある人は検査ができない可能性があります。医師に申し出てください。」
とか
「体内に金属クリップがある場合でも、最近使われている非磁性体のクリップであれば検査を受けられます。」
という、ソフトな書き方がされていますが、

私が思うに、
電子レンジに比べてエネルギーの大小はあるものの、電磁波を使っている点は似ていますから、
お母様の体において、金属に熱が発生し、その付近の細胞が火傷のような状態になってしまうような予感がします。

つまり、
その部位に殆ど電磁波を当てないような検査をするしかなさそうです。

http://www.fureaihosp.or.jp/minano/comedical%20folda/X-RAY/mrigif.html

http://www.yhanet.jp/hitachi-totsuka/mri.html

http://www.hitachi-medical.co.jp/gen/5.html

http://www.hosp.niigata.niigata.jp/shimin_hosp/bumon/x_ray_gijyutu.htm

http://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp/deprad/MRI.html

http://www.hosp.go.jp/~skyoto/bumon/mri.htm

http://www.okamoto-hp.or.jp/oka2/XP/xp/mr/mr3.HTM


下記サイトには、
「(CTは)MRIと違って、検査のスピードが速く、体内に金属があっても問題がない」
という書き方がされています。
http://www.rr.iij4u.or.jp/~kanchan/lungca.htm


残念ながら、
「金属が入っていても大丈夫(である可能性があります)」
という肯定的な書き方をしているサイトは、1個も見つけられませんでしたし、装置構成も全て似たり寄ったりです。

MRIというのは、「核磁気共鳴」という、主として水素に特有の物理現象を利用する「測定」の原理です。
つまり、
「水素が沢山あるところ」とそうでないところとを見分けるものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4

X線(CTも含む)は、固いところ(高密度)と柔らかいところ。

超音波エコーは、音波の反射や透過。

をそれぞれ見分けます。

核磁気共鳴を起こさせるためには、強い電磁波を当てることになります。
それは、電子レンジのような...続きを読む

Qリンゴからはエチレンガスが出ると学校で学んだのですが、このことを確かめ

リンゴからはエチレンガスが出ると学校で学んだのですが、このことを確かめる方法について、以下の方法で大丈夫でしょうか。
「リンゴを容器に入れ、発生してきた気体を水上置換法で集める。集めた気体を臭素水に通して脱色するかどうか確認する。」
この実験をする場合、リンゴはどの程度の色のものが適切でしょうか。青~赤まであると思いますが。
またこの実験をしているとリンゴが赤くなってくるのでしょうか。以上です。欲張りで申し訳御座いません。

Aベストアンサー

その実験では、出ている気体が「エチレン」であるのかどうか不明です。
不飽和結合がありさえすれば、臭素水の脱色はおこるからです。
おそらく、家庭でやるレベルでは「エチレンである」という確認まで取ることは難しいのではないかと思います。
また、リンゴがエチレンを出しやすい植物だとしても
ppmレベルでしょうから、臭素水を目視できるほど脱色できるとも思えません。

リンゴの色、が熟し方の話をしているのであれば赤く熟したものが適していると思いますよ。
リンゴ自身のエチレンに対する反応は「やけど」だと記憶しています。
これが、どのような状態を指すのか私にはよくわかりませんが…。

QMRIを借りたい

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、B整形外科を受診し、今もお世話になっています。
B整形外科に通いだしてからはA整形外科を利用しておりません。
B整形外科には背骨のMRI画像があるのを伝えておりません。
B整形外科から子宮のMRI画像の提出をいわれています。

私が思っているのは、
腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?

どうか、ひとつでもいいので、回答いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

この3ヶ月間に4つの病院を利用しました。

A整形外科
B整形外科
J病院(A整形外科の紹介でMRI撮影をした病院。MRI;背骨→フィルム;A整形外科にある)
N病院(MRI;子宮→CDデータ取得済)

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?
    もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?
質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?


現在の状況;腰の治療(腰椎椎間板ヘルニアになる一歩手前)のためB整形外科に通っています。

A整形外科には何も言わず、...続きを読む

Aベストアンサー

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少なくとも質問者さんが整形外科医に見せても意味がないと判断するのはいかがなものかと思います。


>腰の治療のためにA整形外科にある背骨のMRI画像を借りたほうがいいのか?
これもB整形外科医が判断することです。質問者さんが「A整形外科に**年前撮影した背骨のMRIがある」ことを申し出て判断してもらってください。

>腰の治療のために子宮のMRI画像は有効なのか?
それはB整形外科医が判断することです。子宮のMRIでも骨盤部の骨はうつっており、それで判断することも出来るかもしれません。

>子宮のMRI画像を頼まれているのに背骨のMRI画像を提出したら顰蹙を買ってしまうのか?
質問者さんが信頼を失うことになるだけでしょう。「この人は嘘をつく、隠し事をする」という先入観を植え付けることになるでしょうね。

質問(1)整形外科間のMRI画像の貸し借りは可能なのでしょうか?もし可能だった場合、どのように借りたら良いのでしょうか?

ドクター同士のやりとりであれば、可能です。
他の回答にあるようにB整形外科から紹介状を書いてもらう必要があります。
子宮のMRIが必要ならN病院宛に、背骨のMRIが必要ならA病院宛に書いてもらう必要があります。

質問(2)子宮のMRI画像は、整形外科に見せても有効なのでしょうか?
それを判断するのはB整形外科医です。
その医師が有用であるといえば、それは意味のある行為です。
少な...続きを読む

Qエチレンガス吸収の仕組み

最近野菜保存袋、野菜保存シートという名称で野菜から出るエチレンガスを吸収し長持ちするという商品が出ています。
調べてみると、竹の成分だとか、蓬の成分だとか書いてあるのですが、そのエチレン吸収の仕組みは何でしょうか。
また、プラスチックの袋にエチレンを吸収させるための添加物は何ですか。

Aベストアンサー

> プラスチックの袋にエチレンを吸収させるための添加物は何ですか。

竹にはエチレンを酸化する酵素が含まれており,この酵素はエチレンをエチレングリコールにすようです。

参考URL:http://www.appi.keio.ac.jp/shiratori/seimei/kiji/01/010716.html, http://www.appi.keio.ac.jp/shiratori/index.html

Q肩にMRI

3月の事だったと思われますが3回目の膝をやってからMRIを今度こそ撮らねばと強く思いました
そして3月に決行したのですが一番安いところでしょうと思い問い合わせをしている中でふと肩の事がかすめたので膝にMRIなら肩にMRIでわ?と思いついでに聞いたところ『肩にMRIする人なんて聞いたことないです』と普通は、しないよって感じで言われてしまいました
以前肩のレントゲンを撮ったのですがわからなかったのでMRIを撮ればと思ったのですが
おかしい人のレッテルを貼られた感じです
肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?
レントゲンで写らないならMRIでわ?
無知なので教えてください

Aベストアンサー

>肩にMRIを撮るのは、おかしいですか?

いいえおかしくありませんよ。例えば腱板損傷と言われるものでは、MRIが非常に有効な診断ツールになります。他には超音波なども使うことがあります。


ご参考になれば幸いです。

Qイオンの形成について質問です。希ガスではない原子が希ガスの電子配置と同じになろうとする時に電子を放出

イオンの形成について質問です。希ガスではない原子が希ガスの電子配置と同じになろうとする時に電子を放出したり受け取ったりして〜価の陽イオンになったり〜価の陰イオンになったりすると思います
ですが、水素はヘリウム原子の配置にはなりたくないのでしょうか安定するのに
H+はいったい誰の配置になったんでしょうか?

Aベストアンサー

形式的にHeの電子配置になることはあります。その時にはH-になります。
H+は電子を持ちませんが、実際の溶液などにおいて、H+がそのままの状態で存在することはありません。何かとくっついた状態になります。たとえば水中であれば水とくっつきます。そのため、H+ではなく、H3O+と表記することが多いです。H+側のイオンとは異なり、電子を持たず、原子核だけなので、比較的容易に他の物質の電子対を利用した結合を作ります。
希ガスの電子配置なりたいとか言ったことはもののたとえであり、当然、原子がそういう願望を持っているわけではなく、そういう状態が安定であると考えれば物事の説明をしやすいというレベルの話です。したがって、常にそれが絶対的な判断基準になるわけではありません。


人気Q&Aランキング