現在構造改革なくして景気回復なしといわれていて、総理も民間でできることは民間で!ということで、行政改革が進んでおります。
 先日、造幣局内部に診療所というものがあり、これは一般の人は原則立ち入れませんし、その存在すら外部には公開されいないようです。一体、一つのお役所の中に専属の病院などは必要なのでしょうか?職員は、病気に成れば、近くの医院にみてもらいに行けばいいのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

造幣局内にどのような設備があるか、造幣局に限らず、全ての公的な機関は明らかにするべきだというのはいうまでもありません。


また、病院や診療所があることについては、産業医療的な観点からの問題とその効率の問題とあわせて考えないといけないと思います。
ただし、役所を一般の企業になぞらえると、国は本当なら会社更生法が適用されるような赤字会社のはずです。普通の赤字会社であれば、決算が悪い時点で福利厚生の部門はさっさと閉鎖されるのが常です。自分の部門は赤字で無いなどという言い訳は成り立ちません。
現在の国や地方自治体の決算の状況から判断すれば、こういった不採算部門は無くすのが『健康的な』事業体の姿だと思いますよ。
公務員は地位が保全されていますが、だからといって地位に甘んじて怠惰であって言い訳ではなく、人員の再配置を行い、例えば他の公的な福利厚生部門と統合して、採算の取れる効率的な一般の市民にも開放された病院として立ち上げるのなら何も問題は無いでしょう。

この回答への補足

他の公的な福利厚生部門と統合して、採算の取れる効率的な一般の市民にも開放された病院として立ち上げるのなら何も問題は無い:私もそう思います。統合・再編・不採算部門の削除は、企業体なら当然のはず、公的な機関だからといって甘えは許されません

補足日時:2001/11/15 18:53
    • good
    • 0

私の会社は、中小なので、自前の診療所をもっていませんが、大手の企業では、


健保及び、職員の福利厚生の意味から、企業内の診療所を持っているようです。
同じ規模あるいは、それ以上の、従業員規模のある役所に、診療所が設けられて
いる事は、なんら、問題のない事と思います。

この回答への補足

職員300人の造幣局が大手の企業に匹敵するとは思えません.現に、1日の患者(外来のみ)は、数人程度だそうです。これだけの患者が、近隣の医療機関に行ったとしても、近隣の医療機関が迷惑を蒙るどころか、患者抑制がかかり、患者数の減っている医療機関にとっては大歓迎です。要は、役所の規模と、診療所の規模がみあっているかということですが、とても見合っているとは思われず。単なる、税金の無駄使いということだと思います。このようなことが、日本全国いたるところに例はあるようですが。

補足日時:2001/11/15 00:44
    • good
    • 0

 民間のサラリーマンです。


 うちの会社は大手ですが、工場(4~5千人規模)は敷地内に診療所を持ってます。
 大学病院があるような地域は別として、千人くらいの従業員を持つ職場は、むしろ自前で持った方が地元医療機関に負担がかからないような気がします。これは官庁・私企業によって分けるべきではないと思います。
 身を引き締めるべきという趣旨だと思いますが、公務員だからいらない、というのでしたら、逆差別かも知れません。

この回答への補足

そんなことを言っていたのでは、ではいつまでたっても行政改革は進まないのではないでしょうか?民間でできるものは民間で!と総理も言っておられるではないですか。私企業がどのような設備を作ろうが勝手です。役所の設備はすべて税金でまかなわれています。道路事業でも、金融公庫でも、採算の合わないものからは撤退するというのが、政府の方針のはずです。

補足日時:2001/11/15 00:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役所で・・・・・、役所の・・・・・。

こんばんは。

役所で・・・・・、
何か申請書を書く時、
なぜ同じ内容を何枚も書かないとならないのでしょう?

役所で・・・・・、
何かをコピーして貰う時、
なぜ氏名、会社名、電話番号とか書かないとならないのでしょう?

役所で・・・・・、
手数料を払う時、
銀行(庁内の)まで行って払い込み又窓口に戻ってその受け取り証を渡す、
と言うシステムに何か深い意味があるのですか?

役所の・・・・・、
食堂が意外と安くないのはなぜでしょう?

役所の・・・・・、
カウンターから一番奥の方でじっと座っている人は誰ですか?


以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>役所で・・・・・、
>何か申請書を書く時、
>なぜ同じ内容を何枚も書かないとならないのでしょう?

 恐らく、その役所がその申請書を最終的に処理する機関ではないからだと思います。
 そういう場合は、その役所の控えとして申請書を1部残し、残りを最終的に処理する機関へ送ることになります。

>役所で・・・・・、
>何かをコピーして貰う時、
>なぜ氏名、会社名、電話番号とか書かないとならないのでしょう?

 役所のコピー機はリースしていることが多く、使用した分だけリース会社に代金を払っています。
 役所の人間以外がコピーを使うときは、コピー使用簿に、氏名等をかくといったルールをもつところもあるようです。

>役所で・・・・・、
>手数料を払う時、
>銀行(庁内の)まで行って払い込み又窓口に戻ってその受け取り証を渡す、
>と言うシステムに何か深い意味があるのですか?

 役所の中にある銀行窓口は役所の一部ではありません。
 役所の外にある銀行と同じです。
 銀行で料金等を支払ったことはそこで発行された領収書を、役所に提出しないと分からないからです。

>役所の・・・・・、
>食堂が意外と安くないのはなぜでしょう?

  役所にある食堂が、その場所を借りて営業しているだけの場合は、それなりの家賃を支払うわけですから、あまり安くはなりません。
  安い場合は、役所が職員の福利厚生のために、食堂を優遇(家賃をタダにするとか、運営費の一部を補助するとか)している場合か、その食堂が薄利多売で営業努力をしている場合かと思います。

>役所の・・・・・、
>カウンターから一番奥の方でじっと座っている人は誰ですか?

 その部署の一番偉い人です(恐らく課長か所長か)。
 そういう人の仕事は、部下の仕事の管理ですから、机の書類ではなく、フロアー全体をみているのだと思います。

>役所で・・・・・、
>何か申請書を書く時、
>なぜ同じ内容を何枚も書かないとならないのでしょう?

 恐らく、その役所がその申請書を最終的に処理する機関ではないからだと思います。
 そういう場合は、その役所の控えとして申請書を1部残し、残りを最終的に処理する機関へ送ることになります。

>役所で・・・・・、
>何かをコピーして貰う時、
>なぜ氏名、会社名、電話番号とか書かないとならないのでしょう?

 役所のコピー機はリースしていることが多く、使用した分だけリース会社に代金を払って...続きを読む

Q外郭団体改革について(どのように改革を進めるべきなのか?)

 最近、自治体の外郭団体(土地開発公社・住宅供給公社・道路公社、財団・社団、第三セクターと呼ばれる株式会社、社会福祉法人等)の改革がおこなわれているそうです。ですが、どうも改革の方向性が見えてきません。ですので、以下の観点のどれでもいいですので、教えていただければ幸いです。

・外郭団体改革の事例・現状・改革の方向性は?(自治体に限らず、省庁の外郭団体改革、海外の外郭団体改革についてでも結構です。)

・個々の外郭団体組織の改革に対する取り組みは?

・なぜ外郭団体改革が要請されているのか?そもそも外郭団体改革は必要なのか?

・どのように外郭団体改革を進めるべきなのか?
(廃止、民間委託への転換、「天下り」の禁止、経営評価の確立など)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特殊法人や外郭団体は減らす方向ではありますが、遅々として進まないと言う感じです。

外郭団体が、自分の組織を改革するというケースは聞いたことがありません。その能力すらないでしょう。

外郭団体は必要ありません。公務員に税金を流し込むことと、議会に隠れて金をつかうためだけに存在しています。

公務員の天下りは、恩給のマイナーチェンジとも言えます。そもそも公務員は、国民から生涯楽に食べさせて貰うべき階層という認識を持っているのでしょう。
そこを変えない限り、外郭団体を全て潰しても、他の手法で税金を懐に入れます。
一部の省庁では、法律で特定の機器や装置の設置を義務づけ、そのメーカーに天下るという手法をどんどん拡充しています。国土交通省や消防庁。
こうしたことも、あわせて明らかにしないと、問題の本質が見えてきません。

社会主義(公務員制度)を維持するには、大量の奴隷が必要なのです。
日本は奴隷を食い尽くしたので、若い人たちに借金を負わせる形で新たな奴隷を消費しているのが現状です。

Q悪逆非道な役所職員たちと言われている役所もありますが。

ある役所ではある職員の不眠症をある病院に非定型精神病と言う事にさせていたので、住民の人達に、役所は真面目な人はいじめ殺されるところで、役所の死んだら地獄に落ちる人達はやることが違うと言われていて困っているそうですが、他の役所ではどうでしょうか。

Aベストアンサー

年金機構です。
指示された事をやらないだけで対象の住民の生活を簡単に追い詰めます。

Q大蔵省/財務省の造幣局と印刷局について質問です。

大蔵省/財務省の造幣局と印刷局について質問です。

この両局ですが, 大蔵省/財務省の銀行局や主計局などと同じく
直轄の局だったのか, それとも局という名前ではあれど
国税庁のような外局や付属機関のように独立した扱いだったのか
どちらだったのでしょう?

又歴代局長はやはりキャリア組だったのでしょうか?

Aベストアンサー

国立印刷局ホームページの沿革
http://www.npb.go.jp/ja/guide/enkaku/index.html
によれば、昭和18年以降は
 大蔵省の外局(印刷局)
→ 〃 (印刷庁)
→大蔵省の附属機関(印刷局)
→大蔵省の特別の機関( 〃 )
→財務省の特別の機関( 〃 )
だったようです。造幣局も同様かと。

ちなみに「庁」だった時代(昭和24年の大蔵省設置法制定時から昭和27年の改正まで)は、第24条に証券取引委員会、国税庁と並んで大蔵省の外局として挙げられていました。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_housei.nsf/html/houritsu/00519490531144.htm

印刷局(庁)の歴代局長・長官は wikipedia の国立印刷局の項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%8D%B0%E5%88%B7%E5%B1%80
に列記されていますが、見たところ本省キャリアである(局生え抜きではない)ような気がします。

国立印刷局ホームページの沿革
http://www.npb.go.jp/ja/guide/enkaku/index.html
によれば、昭和18年以降は
 大蔵省の外局(印刷局)
→ 〃 (印刷庁)
→大蔵省の附属機関(印刷局)
→大蔵省の特別の機関( 〃 )
→財務省の特別の機関( 〃 )
だったようです。造幣局も同様かと。

ちなみに「庁」だった時代(昭和24年の大蔵省設置法制定時から昭和27年の改正まで)は、第24条に証券取引委員会、国税庁と並んで大蔵省の外局として挙げられていました。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_housei.n...続きを読む

Q規制改革について

すごく基本的な質問なのですが、そもそも、なぜ今規制改革が必要なのでしょうか。
できるだけ分かりやすく教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>なぜ、規制緩和(改革)でなければならなかったのか。
いくつか考えられると思います。

1.外圧によるもの
アメリカからの外圧によって保険・証券・輸送分野の規制緩和圧力があったから。

2.国に痛みが生じないから
経済を活発化させるためには消費税を下げるか、廃止すれば簡単だと思いますが、
それが出来ないので、競争社会を作れば経済が活性化されると思ったから。

経済を活性化させるために規制緩和だけではなく
金利の引き下げや所得税減税なども行ってきましたが
結局どれも役に立たなかったので
これから痛みを伴う改革を行おうとしているのでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報