「Plant Cells on Earth and in Space」の和訳を知っている方、これに近い文献の和訳を知っている方、大至急教えてください。お願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まさか「Plant Cells on Earth and in Space」


自体を和訳してくれということなのかな?と思ったのですが、
念のため論文検索をしたら、

「Plant Cells on Earth and in Space」
Korean Journal of Biological Sciences. 4(3). September, 201-214. 2000.

という論文がヒットしました。
もしかしたら、この論文の和訳を探していると言うことでしょうか?
それとも、他の論文とか、「Plant Cells on Earth and in Space」というセンテンスが記載されている何かの文章でしょうか?
論文のタイトル(?)だけ言われても、それが載っているジャーナル名、巻号、ページを教えて頂けなければ、
koufuku0609さん以外の人は、何のことなのか分からないと思います。

もし、上記論文のことだとしたら、おそらく大学生以上のレベルの方だとお見受けします。
そうであるなら、自分で努力して下さいとしか、私からは言えません。
論文自体が手に入りませんし、論文がらみの質問だと、ゼミかレポートかなと
ついつい邪推してしまいますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ramuramuさん、ありがとうございます。論文を読まなくてはいけないのですが、探して訳さなくてはならないもので・・・。「Plant Cells on Earth and in space」はMarkus Braun and Andreas Sievers のもので、P201ーP214です。

やっぱり自分で訳さなくてはいけないですよね・・・・(当たり前ですかぁ)。研究のために読むので、論文がたまって仕方ありません。

教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 00:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCell LineとPrimary Cellの違い

こんにちは。細胞培養の初心者です。
素朴な疑問があります。

例えば、同じRatの骨芽細胞でも、
継代培養して不死化させたCell Lineと、Primary Cellでは、細胞の増殖、分化に違いは絶対生じるものなのでしょうか?

Cell Lineはどこか染色体異常を持っているため、In vitroの実験結果を、生体内で起こる反応として考える上で、より確からしいとしていいのは、Primary Cellの方と考えて細胞生物学的によろしいのでしょうか?

基礎中の基礎と思いますが、どなたかご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

動物を解剖し、細胞を分離して得た初代培養細胞は、一般的に株化細胞に比べて増殖が遅く、培養を続けると脱分化するなど、培養を維持するのが難しいです。しかしながら、正常性が高く元の臓器と類似した性質をもつという点で重要な位置を占めています。
逆に、特定の性質をもち長く継代可能な細胞を株化細胞といいますが、染色体数は2倍体から異倍体になっています。細胞の性質の保持は株化細胞の方が安定していますが、そのような異常な細胞であることから、必ずしも生体の反応を忠実に反映しているとは限りません。したがって研究内容によって使い分けます。
実験内容によっては、株化細胞のほうが刺激に対するレスポンスが高く、きれいな結果が出ることが多いことから株化細胞に飛びつきがちになりますが、先ほどお話しした通り、実際の生体反応を反映している保障はできませんので、結果を客観的に見る必要があります。
つたない説明ですみません。ご参考になれば幸いです。

QPCV(Packed cell volume)とは何ですか?

多分とても初歩的な事だと思うのですが、この用語の意味を教えてください。
文献にPCVという略語が出てきました。
色々と調べてみると、どうやらPacked cell volumeという用語の略のようで、回収した細胞の量を示す単位らしいのですが、この量は一体どうやって測るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的にはヘマトクリット値と呼ばれているものと同じです。
血液を細い管に入れて遠心分離すると細胞成分と血漿成分に分離しますが、これがどれだけの割合になるかで測ります。脱水だと細胞成分が多くなったりします。

Q近交係数と近縁係数

大学の「育種論」という授業で近交係数と近縁係数というものの説明を受けたのですが、全くわかりません。
どなたかできれば例を付けて説明してもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近縁係数(血縁度・血縁係数)は、血縁関係にある2個体が、俗な言い方をすればどれだけ血が濃い関係かということの指数です。ある遺伝子座(相同対なので2アレルからなる)から一方のアレルを無作為に選んだとき、それが2個体間で共通祖先から受け継いだ同じアレルになる確率はいくつかという計算です。すべての遺伝座について同じ確率なのでゲノム全体で同祖アレルを共有している遺伝子座の割合ということでもあります。
親子だと1/4、兄弟でも1/4、異母(異父)兄弟で1/8、いとこで1/16です(ただし血縁関係のないもの同士の交配の結果とする)。

近交系数は、ある一個体である一遺伝子座が同祖アレルのホモ接合になっている確率です。すべての遺伝子座について同じ確率なので、ゲノム全体でホモ接合になっている遺伝子座の割合と考えることもできます。近交系数が高いという事は、ホモ接合になっている遺伝子座が多いということで、それだけ純系に近いということを示します。

ある個体の近交系数は、その親同士の近縁係数と一致します。
子を親に戻し交配してできた子や、兄弟姉妹をinbredしてできた子は近交系数1/4、いとこ婚でうまれた子の近交系数は1/16、これの意味するところは全遺伝子のそれぞれ1/4、1/16がホモ接合になっているという事になります。または、ある1遺伝子座についてホモ接合となる確率がそれぞれ1/4(4個体につき1個体の割合)、1/16(16個体につき1個体の割合)ということでもあります。

計算の実例を書こうと思いましたが、筆力が足りなくて挫折しました。講義を受けても理解できなかったことが、こういう場で伝えきれるはずもなかったですが。

大学生とのことなので、図書館にでも行って遺伝学の教科書で勉強してください。さしあたり、J. F. クローの「遺伝学概説」を推薦します。

近縁係数(血縁度・血縁係数)は、血縁関係にある2個体が、俗な言い方をすればどれだけ血が濃い関係かということの指数です。ある遺伝子座(相同対なので2アレルからなる)から一方のアレルを無作為に選んだとき、それが2個体間で共通祖先から受け継いだ同じアレルになる確率はいくつかという計算です。すべての遺伝座について同じ確率なのでゲノム全体で同祖アレルを共有している遺伝子座の割合ということでもあります。
親子だと1/4、兄弟でも1/4、異母(異父)兄弟で1/8、いとこで1/16です(ただし血縁関係の...続きを読む

Q免疫組織染色はin vivo?in vitro?

目的の組織を固定(ホルムアルデヒド,ブアンなど)して,
抗体で蛍光タグをつけ,
コンフォーカルで観察するは,
「in vivo」ですか?「in vitro」ですか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

「in vivo」、「in vitro」は実験系について言う言葉です。
医学生物学では「目的の組織」が、例えば、効果を調べたい薬剤を投与されたネズミからのものだったら「in vivo」の実験です。しかし、「目的の組織」がネズミから取り出され、試験管内で薬剤を投与されたものだったら「in vitro」となります。
注意しなければならないのは、「in vivo」と「in vitro」区別は相対的なもので、同じ実験が研究分野によっては「in vivo」の実験と言われたり、「in vitro」の実験と言われたりします。生きた細胞や組織を使っていれば全て「in vivo」の実験と言う分野もあると思われます。

Q論文における in vitro、in vivo の記載の仕方(大文字、小文字、イタリック体など)について。

日本語での論文を書いておりますが、in vitro、in vivoと言う言葉の記載の仕方について教えていただければと思います。

1.in vivo、in vitro は常に小文字でよいのでしょうか? 文頭においても小文字でいいのでしょうか?
2.イタリック体にするのでしょうか?

私は、文頭でも常に小文字で、イタリック体が基本だと思っておりました。しかし、いろんな報告をみると、イタリック体でないものも多くみられますし、文頭でIn vitroと大文字にしてる方、文中でもIn VitroとVも大文字の方なども見られます。他にはin-vitroとハイフンを付けてる方など。企業等のパンフレットでも、小文字で始まるのが若干多い気もしますが、まちまちでした。

自分で調べましたところ、
http://www.safe.nite.go.jp/risk/files/manual_ver2_20070115.pdf
の101ページ目や、
http://www.nifsmbc.co.jp/nifsmbc_news/pdf/news04_04.pdf
の4ページ目には、イタリック体で、文頭でも小文字にすると記載されておりました。
しかし、投稿規定などでは、イタリックにしないや、文頭は大文字にするという様なことが書かれているのもありました。

実際問題として、一般的にはどうなんでしょうか? こだわるほどのことではなくて、どれでも間違いではないのでしょうか?私としてはイタリック体で文頭でも小文字がなんとなくしっくりするような気がするのですが・・・。
ちなみに今書いているのは博士論文でして、特にそこまでの投稿規程は指定されておりません。
みなさまのご意見よろしくお願い致します。

日本語での論文を書いておりますが、in vitro、in vivoと言う言葉の記載の仕方について教えていただければと思います。

1.in vivo、in vitro は常に小文字でよいのでしょうか? 文頭においても小文字でいいのでしょうか?
2.イタリック体にするのでしょうか?

私は、文頭でも常に小文字で、イタリック体が基本だと思っておりました。しかし、いろんな報告をみると、イタリック体でないものも多くみられますし、文頭でIn vitroと大文字にしてる方、文中でもIn VitroとVも大文字の方なども見られます。...続きを読む

Aベストアンサー

英文雑誌の投稿規程でも完全には統一されていないので、回答としては「どちらでもよい」だと思います。

外来語であればイタリックで文頭でも小文字にするのが正解だと思いますが、in vivo、in vitro、et al.などは既に英語として定着しており、イタリックにする必要は無く、文頭に来た場合は大文字にするという規定を採用している雑誌が多くなって来ている気がします。

特に規定がないのであれば、よく読まれる雑誌、投稿する予定のある雑誌などの投稿規定を参考にして書かれるとよいのではないでしょうか?
いずれにせよ、同一論文中では最後まで統一することが重要です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報