はじめまして。私は現在転職するべきかどうか悩んでいる23歳の女です。
現在勤めている会社は小さな電子部品系の会社で、私はそこで経理事務の仕事を1年半ほど続けています。
家からも近く人間関係も円満で仕事にも不満はないのですが、唯一、経済面が厳しいので、現在転職を考えているのですが。

現在の給料は、手取りで13万弱。ボーナスは×0.45で年2回。
残業は一切無しで原則的に日月休み。

親からは安過ぎると転職を勧められていますし、私自身ももう少し収入が欲しいと思います。
が、不景気の真っ只中で、資格を持たない高卒の女子が高望みするなと上司に言われ、躊躇ってます。
やはり収入を目当てでの転職は高望みなのでしょうか?そして私のような資格もなく事務職を求める転職は無謀なのでしょうか?
宜しければ御意見、御聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

こんにちわ。



#5の方も書かれていらっしゃいますが、資格は自己PRでしか無く採用の決定打とはなりません。
私も高卒です。現在はIT系の仕事をしています。
資格はMOUSというExcel一般の認定試験と普通自動車免許しか持っていないですよ。
自分自身に自信をつけるために資格を取得するのはイイ事だと思います。しかし、資格を持っているから必ず転職に成功するとは限らないんです。ようは、何をしてきたか・問題が発生した時にどう対処するか・それを具体的に説明できるかなど「今までの経験」が必要なのです。それは異業種へ転職するにも一緒です。
高卒でも23歳で13万円は安すぎると思います。パート勤務じゃないんですよね?経理事務なら派遣の仕事の方が収入はいいと思いますよ。
世の中は収入目当ての転職が殆どです。やりたいこと・好きなことのために転職することが注目されていますが、収入面を考えて踏み切れない人の方がはるかに多いと思います。なので、今回yu-yaaisiroさんが転職を考えたのはワガママじゃないですよ。上司の言葉を鵜呑みにしてしまうにはもったいない年齢だと思いますよ。(たぶん募集しても同じ待遇では人は来ないでしょうからね)もちろん、この1年半「経理事務」という分野を教えてくれたことには感謝しましょうね。
現在の仕事に就くまで何をされていたかによりますが、まずは在職しながら転職活動をしてみてはいかがでしょうか。派遣会社に登録をして、自分にはどんな仕事ができそうだとか確かめるにもいい機会だと思いますよ。

がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御言葉ありがとうございます!
派遣というのも選択の一つですね。
とらばーゆで調べて興味がわきました。
派遣と言う物には賛否両論の意見を聞くので、もう少し調べてみようと思いました。
御助言本当に有難うございました!

お礼日時:2001/11/19 00:21

とりあえず、1人暮らしということでないので


自由に使えるお金は多いように思えます。
その分、お金に対しては、悲観することはないかな。
私なんて自由に使えるお金は2万円くらいです。

どこに住んでおられるかは、わかりませんが、
首都圏とそれ以外の方では、給与に差があります。

私が、あなたと同じ立場であるなら、とりあえず無駄な浪費はしない。
それと、求人誌を見て、実務経歴何年くらいなら雇ってもらえるか
考えます。1年半ということなので、あと半年やれば2年だなとか

あと、世の中狭い範囲でとらえずに、事務職にこだわらず、
いろんな仕事があると思います。

>資格を持たない高卒の女子が高望みするなと
これは余計なお世話ですね。あなたの人生を他人が決めつけるアレはありません。
かといって急に、お金もちにはなれません。

でも、こうやって若いうちから進む道を悩むのは、いい事です、
中には、何も考えずに流されてしまい。気がつけばアウト・・なんてのが
いっぱいいますからね。職安には。

今すぐ辞めることも無いと思います。でも、ずーっと今の会社にいることは
無いと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに在宅なので焦る必要はありません。
まず動いてみてから決めることにしました。
御助言有難うございました!

お礼日時:2001/11/19 00:17

残業はないんですよね?必ず休みはあるんですよね?


副業を持たれてはいけないんですか?
不満は金銭だけなんでしょ?しかもこの不景気に転職して今以上の会社があるかもしれないし、ないかもしれないなら、今の仕事を保険がわりに置いておいて、副業を見つけては駄目なんでしょうか?
現に私は、昼間は某企業で総務事務をしており、その後~夜9時までと、会社が休みの土曜は内科医院で受け付けを掛け持ちしていますよ。
しかも主婦だけど・・。自分から何かを始めなきゃね!しんどいかどうかはやってみなけりゃ分からないし、そこから新しい何かを見つけられるかもしれないでしょ?がんばれ~!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。動いてからでなくてはわかりませんね。
副業と言うのも確かに選択のひとつですね。
御助言ありがとうございました!

お礼日時:2001/11/19 00:15

皆さんとちょっと違った角度からアドバイスします。


世の中資格なんて大した意味を持ちませんよ。
最も大事なのは実績に裏打ちされた自信です。
たとえば、他の質問に「一級建築士、宅建あり」の方が転職の難しさを嘆いていました。
建築士の資格は、たいていの事務系の資格よりもずーと難しいのですよ。それを持っていても悩むのです。
それよりも、一つのことに常に向上心を持って取り組み、ドンドン自分のものにしていき、その結果その分野のオーソリティーになってしまえば、周りが放っておきません。
今の転職のアドバイスを見ていると「資格」ばかりが重要視されていますが、資格はその方の持つ技術のほんの一部の表れでしかありません。
実績だけ積んでもダメです。自分の自身となる経験でなくては単なる経験年数で終わってしまいます。中身が問題なのです。

現に私は、設計士であり、各種建築設備工事の国家資格を複数もっていますが、その資格を生かす場はこのサイトが主です。
実際の仕事は資格など何の価値もない「職人」の世界です。
職人は、結果がすべてです。いかに多くの資格を持っていても作ったものがすべての評価を決める世界です。
事務仕事と、職人仕事では世界が違うと思われるかもしれませんが、どんな仕事でも突き詰めれば職人芸に行き着きます。
多くの方は、それを資格と混同しています。
資格が不要だとはいいませんが、資格があることはそれほど大きな意味はないと申し上げたかったのです。
それよりも、今、与えられた仕事を、経営者が望む以上の結果を加えて完成させましょう。
それができるように努力しましょう。生活が困難な状況では、し方ありませんが、工夫すれば何とかなるなら、
今の状況で自分の能力の100%を発揮し、さらにそれを超える自分を作り上げましょう。
天職への転職を考えるのはそれからです。自分の存在が会社のスケールを超えてから考えましょう。
その時は今のような経済状態でも引く手数多です。
やっていれば資格は後からついてきます。資格のために何かをやるのではなく、
自分の能力が発揮された結果、気がついたら資格だらけになっていた、というような状況のほうが望ましいと思います。
そのためには不満はさておき、「なぜ」「どうやったら」「何をもてとめているのか」「他などうなっている」などの知的好奇心を持ち続け、常に自分と自分の仕事ぶりを改善していくことが必要です。
事務職でも一流の事務職の職人になりえます。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言有難うございました。
自分の仕事ぶりは…そうですね。もっと改善しなきゃいけないとこもたくさんあります。がんばります。

お礼日時:2001/11/19 00:26

そうですね、確かに高くはないお給料ですが、安くもないお給料ですよね。

今はご実家に住まわれてるのでしょうか?それでしたら決して「生活できないレベル」ではないと思います。

経理の仕事は同業種で転職するならば、「経験」と「資格」がものを言います。資格は最低簿記2級以上、経験は3年以上・・・といったところでしょうか。これが揃えばまず怖いところはありません。派遣でも随分と仕事があるはずです。

幸い今の会社は残業がないとの事。それを生かして、夜間に学校に通うなりして、資格取得を目指されては?簿記の資格だけでなく、PC関連の資格も持っておかれると強いです。勉強が出来るのはそういう境遇の会社に勤めているときしかないですしね(私も後悔してます・・・)。
そして転職の際、すぐに仕事が決まらなかったときの蓄えも多少(月給の3か月分くらいは)貯めて、準備が整ったらGO!でしょう。

資格・経験さえあれば、経理事務職は引く手あまたのようです。もう少し同じとこで「経験」を積んで、資格を取ってから動いたほうが、結果的には良いお給料を手にすることが出来ると思います。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございました。
資格はチャレンジしたことがないので考えてみようかと思います。
頑張って勉強しようかと思います。
有難うございました!

お礼日時:2001/11/19 00:30

皆さんが回答されているように、転職されるなら資格と、実績が大切だと


思います。幸い人間関係には恵まれていらっしゃるようだし、
自分の時間もきちんともてる環境にあるようですので、簿記の資格を
取ってはいかがでしょう?(既に持ってたらごめんなさい)
会社は、事務職の場合、結婚するまで何年働いてくれるかな?と
悔しいけれど考えるところが多いように思います。だから、経理事務ならば
若い方が転職は有利かと思います。
ただ、勤務年数が少し短い気がします。(ちょっと矛盾しちゃいますが)
前の会社でどの程度の仕事をこなしたかという実績を見られると思います。
だいたい二年から三年くらい働いていないと
「嫌になったらすぐに辞めてしまうのでは?」と思われることも考えられます。
最後に、退社は就職先が決まってからのほうが絶対よいですよ。
仕事と転職活動は忙しくて大変ですが、転職も「縁」みたいなものがありますから
決まらないときはなかなか決まらないものです。
空白が長くなると、今まで培ってきた経験を見てもらえなくなる可能性もあるし、
自分自身も焦ってきて、いいところにめぐり合えないことも考えられます。
もし結婚をいつかしようと思うのならば、変化が激しいですから、一生働くつもり
なら、慎重に考えるべきですよー。私はダンナがいきなり転職したので
引っ越す必要が出てなくなく退社して以来、正社員としての仕事は見つかり
ません。ううー。
がんばって上手にステップアップしてくださいね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございます。
働きながらの転職活動と言うのを頑張ってみようと思います。
本当に有難うございました!

お礼日時:2001/11/19 01:40

経理事務をなさっているということですが、簿記の資格はもってらっしゃらないのでしょうか?


もし、まだでしたら、その取得を目指すことから始められてはいかがですか?
転職の時にも、「売り」になると思います。

あと、できれば、もう少し(せめてもう半年)そこでがんばった方がいいと思います。
転職時にいわれる実務経験って、たいてい2年以上だったと思いますので。
このへんは、転職情報誌を見れば、のっていると思うので、確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございます。
勤務年数は確かに短いので気になっています。
資格についても考えてみようと思います。
有難うございました。

お礼日時:2001/11/19 00:32

あなたのお話はごもっともと思います。


私からアドバイスするとしたら、
(1)資格がないのでしたら、資格を取ることによってステップアップ(給料面などの)を図るという道もひとつあると思いますが、いかがでしょうか? 私に資格なんて取れるはずがない、とはじめから諦めてしまうようでは、所詮はそんなものなのかもしれません。(言葉がきつくてごめんなさい)
(2)試しに転職活動してみてはいかがでしょう? 会社を辞めないと転職活動ができないわけではないでしょうし。そうすれば、自分の客観的な実力を評価することができます。それで「ああ、こっちのほうが給料がいいから」と思ったら、転職したらいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御助言ありがとうございました!
派遣登録や面接などを受けながら資格の勉強もしようとおもいます。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/11/19 01:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己分析について

14年卒既卒です。
グーグルで「自己分析 意味ない」「自己分析 いらない」「自己分析 不要」「自己分析 必要ない」「自己分析 無駄」「自己分析 時間の無駄」等の言葉の組み合わせがヒットします。
これに関してどう思いますか?

それと、もしこの質問をkkouzi7さんとmaybe073さんが見ているのなら、
http://okwave.jp/qa/q8708131.htmlのお礼にまた質問をしたのでお答えいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

自己分析自体は必要だと思います。
ただ、その方法や内容に問題があるということだと思います。

まず自己分析の必要性ですが、当然ながら自分について語るわけですから、そもそも自己分析はやらないと話すことが無くなります。
ただ、ワークなどで自己分析として自己分析をやらずとも、それと同じようなことを他の方法でやっていれば「自己分析なんてやってないよー」という人はいるでしょう。実際は無意識的に同じことをやっているだけです。
学校などで勉強として勉強をしていたのか、趣味などを通して結果的に勉強していたのか、みたいな感じですね。
で、恐らく「自己分析は無意味」というのは、自己分析としての自己分析をやること、ワークなどをやるのが無意味と言うことだと思います。

私もあの手の自己分析ワークには疑問を持っています。
書いてあることは確かにどれも間違っていません。
ただ、現実的ではないように思えてなりません。
アレは結局、自分の過去の出来事をひたすら書き出すというものです。
まずこれ自体が効率が悪すぎるわけです。書き出したものには結局就活で使わないような情報も含まれてきます。書き出す手間、そして書き出した後にさらに取捨選択をする手間までかかります。どれを使うべきかすらわからないのに選択肢だけは多いのです。
さらに、質問者様の前のご質問にあるようにこれは「過去形」なわけです。過去の出来事を書き出したんですから当然ですね。おまけに自分を売り出すのに使える話ではなく、単に自分が印象に残っている話になりやすいのも悪いところです。

「未来形の自己分析」というのは少々違和感を覚えますが、少なくとも「現在進行形」の自己分析をするべきだと私は思っています。
いろいろ参考にしたものはありますが、以下は私のやり方。

問題です。今日あなたは何をやりましたか?
私の例では、友達数人と会ったのですが、お菓子を差し入れしました。
なぜ?→みんな喜んでくれるから。
なぜ?→気分がいいから。
なぜ?→他人から好かれたいから。
なぜ?→一人が嫌だから
自分は損するけど構わないのか?→構わない。
他人から好かれるためには、多少自分は損しても良いと思っている。
ハイ、これで1個の自己分析。

本当はもうちょっと「なぜ?」を入れてもいいかもしれません。
そしてこれをできればメモっておきます。
自分でもある程度わかっていても、いざ言葉にしようとするとなかなか出てこないこともあります。頭で考えていることを言葉にすることはなかなか難しいんです。そしてネタとして使っていることは特別なことでもなんでもないので、すぐ忘れます。だから書き出すことは必要だと思っています。

この流れでネタを何個も作ります。小さいネタでも何でも良いので。そうするとある程度傾向が出てきます。それこそが自分の「人となり」ではないでしょうか。
「昔こんなことやったから自分はこんな人だ」ではなく、「普段からこんなことやってるから自分はこんな人だ」の方が良いと思いませんか?
私はこれで通しました。
別に特別なことは何一つ無いので、自覚している人はわざわざやる必要もないかもしれません。そういう人が「不要だ」と言っているのだと思います。

自己分析自体は必要だと思います。
ただ、その方法や内容に問題があるということだと思います。

まず自己分析の必要性ですが、当然ながら自分について語るわけですから、そもそも自己分析はやらないと話すことが無くなります。
ただ、ワークなどで自己分析として自己分析をやらずとも、それと同じようなことを他の方法でやっていれば「自己分析なんてやってないよー」という人はいるでしょう。実際は無意識的に同じことをやっているだけです。
学校などで勉強として勉強をしていたのか、趣味などを通して結果的に...続きを読む

Q事務員の給料について。 私は入社2年目です。一般事務をしています。給料は13万です。 今、私ともう1

事務員の給料について。
私は入社2年目です。一般事務をしています。給料は13万です。
今、私ともう1人のおばさんと2人で事務をしています。もう1人のおばさんは経理です。
今度、このおばさんが辞めることになり、新しい経理の人が入るようになりました。
この人は、社長の知り合いの人で、私より10個以上年上で、まえから、会社は違いますが、同じ職業で働いていたそうで、色々、私より詳しいことも知ってると思います。

そこで、お給料は、私より新しいおばさんの方が上になるのは当たり前なのでしょうか?
前のおばさんは、会社設立当時からの人なので、お給料は20万ほどあって、私よりお給料が多いのは当たり前だとは思いますが、私より新しいおばさんも、私よりお給料が多い事は普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

>私より新しいおばさんも、私よりお給料が多い事は普通なのでしょうか?

それは会社の規定によるからねぇ。
社内の独自のやり方とかは最初わからなくても、ある程度時間が経てばわかるわけで
年齢や、今までの職業で得たスキルに対して会社がお金を出したいと思うなら
出すのはしかたないのでは、って思いますけど。

受け答えから、イレギュラーなトラブルの対処から考えると
3年未満の人と5年以上の人では違うってこともありますし。
その人がどれぐらいできるかは知りませんが…
一般事務と経理、でも内容が違ってきますしね。

会社によっては年齢とか年数関係なく入社してからっていうところもあるでしょうけど。

でも他から移ってもらうなら同じかそれ以上の条件出さないと来てくれないだろうし
いくら積み上げてもあなたが急に8年分の経験を身に付けることはできないですから
仕方ないのではないでしょうか。

Q自己分析

こんにちは!

最近自己分析をやらなければならない時期になりました。いくつかの自己分析を行いましたが、診断結果はよく分析好きと診断されます。

なんとなく当てはまっているな~とは感じるのですが、具体的にどんなこと?というのがいまいちピンと来ません。前に面接で自己分析が好きです!と答えたのですが、具体的にどんなことをしていますか?といわれて詰まってしまいました(-\-)

確かに自分は分析好きだとは思うのですが、どういったことが分析好きという意味なのでしょうか?この自己分析にも分析と名がつきますが、他にどんなことを分析すれば分析好きという人であるとわかるのですかね?わかる方いたらアドバイスお願いします。。

Aベストアンサー

例えば、今回の質問のように
自己を知るための手段を惜しまない、常に自分を客観的に判断する材料を求めているというのが
分析好きの一つに繋がるのではないでしょうか?

頑張ってください。

Q転職についてです。 私は現在2つの選択肢で迷っています。 1つ目は、大手企業に契約社員としての入社を

転職についてです。
私は現在2つの選択肢で迷っています。
1つ目は、大手企業に契約社員としての入社を目指し、将来的にそこの社員となり安定した暮らしを目指す道。
2つの目は、友人の親が立ち上げた小さな企業へ入社し、自分の特技を生かせる道。

現在は、上記大手企業の下請け会社の契約社員として働いています。
仕事は楽ですが、休みが年間80日程で、給与は地方レベルの普通より少し下です。

このまま会社に立ち止まることが、自分の将来的に大きくなれる可能性の芽を詰むように感じており、年内で退職する予定です。

大手企業ならば、社員になれるだけで手厚い給与及び福利厚生がつき、しっかりとした休日が得られます。終身雇用も可能です。
しかし社員になれない場合はまたそこで路頭に迷うような感じです。

もう1つの道は、今すぐにでも社員になれますが、給与は安く、福利厚生も微妙です。
休日も少ないですが、自身の能力を最大限に生かせるやりがいある職種の企業です。
しかし終身雇用が可能かどうかは、企業の成長具合というところです。

1番いいのは、2つ目の道で成功して、やりがいあり、給与よしの生活を送りたい。
つまり夢を追いかける道。
しかし現実を見れば、大手企業の社員登用にチャレンジするのが最善策といったところです。

みなさまのアドバイスを下さい…
ただし、2つ目の道は期限付きで、今年度までには回答が必要なのです。
よろしくお願いいたします。

転職についてです。
私は現在2つの選択肢で迷っています。
1つ目は、大手企業に契約社員としての入社を目指し、将来的にそこの社員となり安定した暮らしを目指す道。
2つの目は、友人の親が立ち上げた小さな企業へ入社し、自分の特技を生かせる道。

現在は、上記大手企業の下請け会社の契約社員として働いています。
仕事は楽ですが、休みが年間80日程で、給与は地方レベルの普通より少し下です。

このまま会社に立ち止まることが、自分の将来的に大きくなれる可能性の芽を詰むように感じており、年内で退職...続きを読む

Aベストアンサー

おじさんです。
その二つの選択肢、書かれている気持ちはよく分ります。
「しかし現実を見れば、大手企業の社員登用にチャレンジするのが最善策といったところです」
→あなたの考えは間違ってはいないでしょうね。
日本の一般的な評価もそうだと思います。
ご参考までに、私の考えです。
まず、大企業はそんなに楽しい職場ではないということです。
社員の個性や得意な能力は重んじられず、大組織を維持する論理に従うだけの日々です。
ただし、企業収益が安定していれば、社員の生活も安泰ではありますね。
別な比較例です。
地方で育った若者が東京の華やかさに憧れるのは当然です。
しかし、過酷な競争の渦に入ると想像を絶する大都会の厳しさがあります。
若者のうつ病も3万人を超える凄まじさです。
でも、これらは経験してみてからだと思います。
まずは、大企業への道を進んでみることだと思います。
まずは、ご自身の心身の健康を大切にしてくださいね。

Q自己分析・企業分析の意味

就職活動をするにあたって、自己分析や企業分析というものをすることをよく薦められます。

ですが、これらをやる意味について考え込んでしまっています。
というのは、一生懸命に自己分析や企業分析を行ったとしても、ある程度のミスマッチが起きてしまうことは避けられないように思うのです。

実際、私自身就職とは関係ないのですが、進学後の現在、若干のミスマッチを感じています。
進学に際して自己分析はほとんど行いませんでしたが、その学校の情報はかなり集めたつもりです。
かねてより希望していた学校に入学することができたものの、想定していたものと違う、というようなことが幾度となくありました。
そうした想定外のものは実際に入学してみないとわからないようなことばかりでした。

これと同様のことが就職後も起きてしまうのではないかと不安です。
結局のところ、自己分析や企業分析は就職後に生じるミスマッチを最小化するためのツールでしかなく、ある程度のミスマッチは絶対に避けられないのではないかと考えている状態です。

むしろ、どこに行っても何らかの形で思い悩むことになるのであれば、自己分析や企業分析の結果に振り回されずに、とにかく自分が入社したい企業に応募しまくるというのも手ではないかとも考えています。

私自身いまだに自分のことがほとんどわからず、マイナス面ばかり目につくようになってしまっている他、志望している業界以外は調べる気にすらならないという視野の狭さからこのような考えをもってしまっているのかもしれません。

不安でいっぱいの日々なのですが、自己分析や企業分析の効果はどれほどなのでしょうか?

就職活動をするにあたって、自己分析や企業分析というものをすることをよく薦められます。

ですが、これらをやる意味について考え込んでしまっています。
というのは、一生懸命に自己分析や企業分析を行ったとしても、ある程度のミスマッチが起きてしまうことは避けられないように思うのです。

実際、私自身就職とは関係ないのですが、進学後の現在、若干のミスマッチを感じています。
進学に際して自己分析はほとんど行いませんでしたが、その学校の情報はかなり集めたつもりです。
かねてより希望して...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

会社の人事総務で教育研修や採用などを担当してきました。

自己分析は実際に行われたことはありますが?
自己分析というと大げさな難しいというイメージや疑問などがでるのはいたし方ない面も確かにあるかと思います。
企業分析(どの部分を中心に分析するかにもよりけりとして)

もうすでにkorochamaさんがまさにご質問の通りに自分のことが分からないと言っておられる状態が自己分析や客観的にご自身を冷静に把握されていない状態そのものかも知れないと思いました。
また広義では、korochamaさんの現在不安に思われている面、つまり視野が狭くなり自分の考えに固執しているのかも知れませんね。

まさにご質問内容にある「ミスマッチ」をしないために自己分析や客観的に「自分とは何ものか」ということをご自身が「受け入れる」ことも大切な要素でしょう。

自己分析といっても、今のkorochamaさんの状態から脱却して、自分を客観的にに、どういう個性や特性があり、どこで何をどのような事がしたいか、自分には何ができるのか…など「あくまで自分という主観的な」ことを客観的にどう捉え、自分の適性(検査ではありません)や目標、また会社からどういう思われて印象づけられているのか「ミスマッチ」を「マッチ」させることで説得性ややる気など、可能な限り会社とのズレを狭くして同期するようなものかと思っています。(間違いだったらすみません)

会社の分析なども同様かと思います。

効果というより習慣的なものかと思います。

人間関係においても同じことが言えるのではないでしょうか。

私もかつて実験をしたことがあります。
あるセミナーで自分を客観的に見るという作業をしてメモなどして、全く今までお会いしたこともない人から自分を見てもらうと、いかに自分という主観的に思っている以上に良くも悪くも「これだけズレがあるのだ!」と衝撃をうけたこともあります。

またその手の書籍や媒体を利用されるのもひとつの方法かと思います。

私事で恐縮ですが、転職の際、人材紹介会社に面談に言ったときに、自分にとってかなり厳しい見方をされたことがあります。逆に人材紹介会社の担当の方など、プロなので、自分の思い込みや特に弱点などズバリと指摘いただき、落ち込むどころか、かえって良かったと思いました。

人材紹介会社はあくまで企業と転職を希望する人の橋渡し的な面からいうと、人によっては怒りだすくらい親身になっていただき、無事転職できたことがあります。
会社や担当者の方の個性もありますが、他人に見てもらう方が正確な自己分析というか、自分を把握するちうことは仕事に限らず大切なことかと今でも思っております。

参考程度にでもなれば幸いです。

こんばんは。

会社の人事総務で教育研修や採用などを担当してきました。

自己分析は実際に行われたことはありますが?
自己分析というと大げさな難しいというイメージや疑問などがでるのはいたし方ない面も確かにあるかと思います。
企業分析(どの部分を中心に分析するかにもよりけりとして)

もうすでにkorochamaさんがまさにご質問の通りに自分のことが分からないと言っておられる状態が自己分析や客観的にご自身を冷静に把握されていない状態そのものかも知れないと思いました。
また広義では、ko...続きを読む

Q転職について悩んでおります。 私、32歳女性、現在無職です。 2つの会社で真夜っております。 ①

転職について悩んでおります。
私、32歳女性、現在無職です。
2つの会社で真夜っております。


8時半から17時半
給料20万程
ボーナス年2回計4ヶ月分
残業代あり 毎日残業3時間以上
通勤時間1時間(電車、バス)
ほぼ立ち仕事


9時から18時
給料20万程
ボーナス年2回計2.5ヶ月分
残業代あり 月25~30時間
通勤時間30分

どちらがいいと思いますか?
今日①の面接に行って来ました。
残業を毎日9時10時までやっているという部分がひっかかりました。
是非きてほしいと思っていますと言われました。今週の金曜日に電話で連絡をくれるとの事でした。
②は明日面接で、場所が近いことから②の方がいいのですが、②の結果の前に①の返事をしなくてはなりません。

Aベストアンサー

個人的に1は絶対に無し
毎日何にもできません。帰って掃除も出来る時間じゃないし料理もいわんや。
私個人は外反母趾なのでそもそも夜まで立ち仕事が不可能というのもあるんですが、体壊しちゃう。
それで20万じゃ低すぎるし…

私は休日に張り切って家事が出来るタイプではないので、
1のタイムスケジュールでは日々暮らすのでいっぱいになって、
100%生活が荒れます。

なので2が落ちようがとにかく1はナシ
個人的感想です。
他にないからとはいっても行かない方がいい職場はあります。良くお考えになって決めてくださいね。

Q自己分析というものはどこで切りをつければいいのでしょうか?

似たようなタイトルの質問が多くありましたが、
なかなか納得できる答えが見つかりませんでしたので
質問させていただきます。
就職活動が始まった現在大学3年の女です。

タイトル通り、自己分析というものはどこで終わらせればいいのでしょうか?
自己分析をしなければなぁと、いろいろ調べ始めました。すると、
『自己分析ばかりやって、自分探しになってはいけない』というアドバイスを就活サイトで見かけます。
一方で
『自己分析が浅く、面接で失敗した』『自己分析が足りなかった』という先輩のコメントも見かけます。

自己分析自体は、自分史・短所長所を書きだすetcやり方がいろいろあることはわかるのですが…。

結局自己分析で何が分かればいいのですか?
アピールするために自分について理解する…といろいろ書いていますが、人間性ってそんなに簡単に理解できるものなのでしょうか?
一生かけても行きつけないような問題のようにも思うのですが…。

やりすぎても駄目、やらな過ぎても駄目…なアドバイスで結局何が分かるまでやればいいのかわかりません。

人間性はいろいろなので、切りを付けるところも人それぞれなのかもしれませんが…。
どこまで考えて、『よし!わかったぞ!』という状態になるのかいまいちイメージがつかめません。

終着点も見えないまま見切り発車をするといつも失敗するので、
よろしければアドバイスを戴きたいです。
よろしくお願いいたします。

似たようなタイトルの質問が多くありましたが、
なかなか納得できる答えが見つかりませんでしたので
質問させていただきます。
就職活動が始まった現在大学3年の女です。

タイトル通り、自己分析というものはどこで終わらせればいいのでしょうか?
自己分析をしなければなぁと、いろいろ調べ始めました。すると、
『自己分析ばかりやって、自分探しになってはいけない』というアドバイスを就活サイトで見かけます。
一方で
『自己分析が浅く、面接で失敗した』『自己分析が足りなかった』という先輩のコ...続きを読む

Aベストアンサー

マニュアル世代か?

ま、それは置いといて
言い換えれば「適正」ですよ。
人に限らず、世にあるものすべてに適正ってあるよね。
筆でご飯食べるのは難しい。箸で字は書けない。
それと同じで、人には適正がある。自分がしたい仕事がそのまま自分にあった仕事かどうか?自分がやってみたい仕事は自己分析などする必要ないよね。出来なくても良いわけだから。

自分はどんな人間か?どう言った適正があるのか?
人と話したり、関わるのが好き!とか、その逆。
何かを創造するのが好き!逆に、与えられた条件の中で何かに挑むのが好きとか。
メカが好き!、逆に苦手。
執着心が強い、逆に冷めやすい・・・等々
自分が目指しているものや、どうしたいか?などを全く考慮しない、客観的見方が必要。

自己分析の不出来が直接、面接で不利にはならないと思うが。会社の面接試験程度で、面接官が「自己分析不足」を見抜ける事があれば、そいつは余程「挙動不審」だったんじゃない。面接官は、もともと「そいつの」(君の)人間性を知らないんだから。
自己分析が重要だとすれば、それは試験に合格し、実際に職に赴いたとき、「自分には合わない」と仕事をやめることが無いように、先に適正にあった仕事を探すことにある。でも、それとて長い就労人生において、昇進や転勤、配属変えなどで、適正外の仕事をする時もある。

それと、自己分析に納得なんてあるわけない。
し、仮に100%分析できたとして大した意味も無いしね。

自己分析と書くと理屈っぽいが「己を知る」と言うことだ。
細かく分析してもそこに意味は無い。
もっと大雑把に、右か左かで十分。物事は大きく2つに(対極に)分けることが出来るでしょ。好きか嫌いか?イエス、オア、ノー?黒、白?
何かに対し、自分はどっちなのか。適正がある事案か、無いのか。

人は強い憧れや願望があると、自分の適性の無いことに挑む場合がある。
己を知っている人は、そこで考える事が出来る。
そのまま、挑むも良し、適性が無いと避けるも良し。

マニュアル世代か?

ま、それは置いといて
言い換えれば「適正」ですよ。
人に限らず、世にあるものすべてに適正ってあるよね。
筆でご飯食べるのは難しい。箸で字は書けない。
それと同じで、人には適正がある。自分がしたい仕事がそのまま自分にあった仕事かどうか?自分がやってみたい仕事は自己分析などする必要ないよね。出来なくても良いわけだから。

自分はどんな人間か?どう言った適正があるのか?
人と話したり、関わるのが好き!とか、その逆。
何かを創造するのが好き!逆に、与えられた...続きを読む

Q歯科事務から医療事務への転職

こんにちは。
私は近い将来、歯科受付として働きながら歯科事務の資格を取ろう
と思っているのですが、病院の医療事務の仕事にも大変興味があり、
次に医療事務の資格も取ろうと考えています。
もし機会があって医療事務に転職する場合、
歯科事務としての仕事は経験として有利になるのでしょうか?

Aベストアンサー

歯科事務と医療事務は、その内容が全然別物ですので、その知識を双方に応用する事は不可能かと思いますが、
「医療機関で働いた事がある」経験値としての、評価は買っていただけるかも知れません。
窓口での患者さんへの応対や、地域住民の方々との会話のコツ、または高齢者や
体の不自由な方も歯科医院には数多く見えますので、様々な方々への臨機応変な
対応のコツみたいなもの・・・
全く畑の違う、未経験者の方より場慣れした、的確な対応ができるであろうと、
ある程度予測もつきやすいのではないでしょうか。
医療事務でも、最近では雑誌などでの広告掲載頻度が高いので、取得者が多数いらっしゃることから、
なかなか空きが少ない状況ではあるらしいです。事務知識は元より、専用のレセコン(医療コンピュータソフト)を駆使できるか否か、
また募集要項にも「経験3年以上」とうたっている所も少なくありませんので、
ご希望の職場にありつけない困難さも、ご検討されておいた方がよろしいかと思います。
そして医療事務の点数改正などの変動も多々あり、現場では何より「早さ」が要求
されますので・・・
医療事務講座を終えてから、なるべく期間が開かない内に就業できるのが本当は望ましいのです(蓄えた知識を使ってないと結構すぐ忘れます^^;)
私が出たスクールでは、講座終了後も就業へのサポートを開いておりましたが、
医療事務の求人は時給700~800円台の薄給で(社員の求人はナシ)、
自分で求人誌を見て探そうにも、未経験だと門前払いだったりで、なかなか難も多かったです。
月末~月初めの総括の際に、医院などに出向いて、数日で集中的に勤務するやり方もありますが、
大抵そういった所は、ベテランの方が既に在籍していたり、また常勤じゃないので経済的には苦しいですね。
・・・と難点ばかり申し上げてしまいましたが、あくまで都心での話ですので、
過疎地域ですと、また状況が違ってくるかも知れません。
医療事務という仕事に対する熱意と、売り込み力があれば大丈夫です!頑張って下さい。

歯科事務と医療事務は、その内容が全然別物ですので、その知識を双方に応用する事は不可能かと思いますが、
「医療機関で働いた事がある」経験値としての、評価は買っていただけるかも知れません。
窓口での患者さんへの応対や、地域住民の方々との会話のコツ、または高齢者や
体の不自由な方も歯科医院には数多く見えますので、様々な方々への臨機応変な
対応のコツみたいなもの・・・
全く畑の違う、未経験者の方より場慣れした、的確な対応ができるであろうと、
ある程度予測もつきやすいのではないでし...続きを読む

Q自己分析の方法ばかり考えてしまう

現在4年で就職活動中です。内定はまだ1個ももらえていません。
先日面接官に「自己分析が足りてないのでは?」と言われました。
一応自分史を作ったりしていましたが、幼い頃に事故や精神的ストレスから高校までの記憶が殆どない状態で(それでカウンセリングに行ったことがあります。)何も思い出せません。小学校の文集を読んでみましたが、まるで別人のように性格と思考(成長で変わったということもありますが)が違っていて正直役に立ちませんでした…。
自分史も上手く作れず、正直どうやって自己分析をすればいいのかわかりません。友達や母から聞く他己分析や就職関係のサイトにある診断を使ったりしてますが、いまいちです。
あと自己分析云々も大切ですが、一番の原因は唐突な質問をされてると一瞬言葉に詰まったり、しどろもどろになって結局何言いたいの?となってしまうことだと思っています。(自己分析よりも相手に伝える、簡潔に考える能力が劣っているのだと思います…。)

そこで考えたのが唐突な質問に答えられるように友人に協力してもらい練習、また聞かれるかもしれない質問集を作り解答(文章ではなくキーワードなど)を用意する、というものなのですが、これも自己分析の方法に入るのでしょうか?

最近面接で落ちまくりでモチベーションも下がっており「本当に自分は就職したいのか?」とまで考えるようになってきてドン詰まり状態です。
自己分析も面接官に言われたことがずっと頭にあり方法論ばかり考えてしまっています。

よくわからない文章になってしまい、申し訳ありません。
ようは
1.就職活動をした方はどうやって自己分析をして、どのように活かしたか?
2.上記で書いた「質問集を作って答えを考える」は有効か?
この2つの質問の回答をお願いします。


しようと思っています。これは自己分析の1つとなるのでしょうか?

現在4年で就職活動中です。内定はまだ1個ももらえていません。
先日面接官に「自己分析が足りてないのでは?」と言われました。
一応自分史を作ったりしていましたが、幼い頃に事故や精神的ストレスから高校までの記憶が殆どない状態で(それでカウンセリングに行ったことがあります。)何も思い出せません。小学校の文集を読んでみましたが、まるで別人のように性格と思考(成長で変わったということもありますが)が違っていて正直役に立ちませんでした…。
自分史も上手く作れず、正直どうやって自己分析を...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

自己分析ですが、「自分史」にこだわる必要はないですよ。
覚えている範囲でいいので、
◆好きなこと&得意なこと
◆嫌いなこと&苦手なこと
を、大学1年の時は…大学2年の時は…とページを変えて、とにかく箇条書きで書いてみましょう!
高校や大学生活の中でも、毎日色々なことがありますよね。
挨拶すること、電車に乗ること、文章を書くこと、本を読むこと、絵を描くこと、計算すること、一人でいること、料理を作ること等。
どんなに小さいことでもいいから、とにかく箇条書きでたくさん書いてみてください。もちろん、学年別で書いているので、「去年と同じだよ」なんて言わずに、1年ごとに新しい気持ちで書いてみてください。
そしたら、よーーーーーくページを見比べてみてくださいね。
新しい発見があると思いますよ。

そして、もう一つ。
あなたがどんな人になりたいかを、別のページに箇条書きで書いてみてください。これは仕事内容ではなくて、○○な人…みたいな感じで書いてくださいね。

以上が、必要な自己分析ですよ!

面接官は、人を見るプロです。
「自己分析が足りないね」と言われたなら、多分足りないのでしょう。
いきなり唐突な質問をされて「え…」みたいになってしまうのは、みんな同じです。どんなに言葉に詰まっても、どんなに話が長くても、面接官はあなたを理解してくれます。
「結局何が言いたいの?」というのは、自己分析が足りないから起こるのですよ。
自己分析は、自分を知ることです。面接は、あなたのことしか聞いていません。「結局何が言いたいの?」の意味は、「あなたのことなのに、話が一貫してないね」というものです。
面接官は、あなたのことが知りたいんです。
だから、自分のことをよく知って、面接官に教えてあげましょう!

とにかく、だまされたと思って上記の自己分析やってみてね。

一つ上の就職活動経験者より。

こんばんは。

自己分析ですが、「自分史」にこだわる必要はないですよ。
覚えている範囲でいいので、
◆好きなこと&得意なこと
◆嫌いなこと&苦手なこと
を、大学1年の時は…大学2年の時は…とページを変えて、とにかく箇条書きで書いてみましょう!
高校や大学生活の中でも、毎日色々なことがありますよね。
挨拶すること、電車に乗ること、文章を書くこと、本を読むこと、絵を描くこと、計算すること、一人でいること、料理を作ること等。
どんなに小さいことでもいいから、とにかく箇条書きでたくさ...続きを読む

Q御観覧有難うございます。私は、調剤薬局の事務として働いている者です。 私は働き始めて約一年経った頃

御観覧有難うございます。私は、調剤薬局の事務として働いている者です。

私は働き始めて約一年経った頃、退社される事務の方の仕事を引き継ぐ形となり任される仕事が増えたことのプレッシャー、朝から晩まで事務が自分一人のことも多く身近に頼れる方も居なかったストレスから徐々に体の調子が悪くなり、ある時鬱病と診断されました。病院の先生から『明日からでも休職した方がいい』と診断書が出され、医療関係ということもあり直ぐに理解頂けて、一ヶ月の休職を頂きました。
それから復帰し新たな店舗に配属したものの、調子は戻らず正社員の雇用形態からパートに変更して頂き、復帰から約一年経った現在、一ヶ月程お休みを頂いている状態です。会社の方は本当に良心的で『体をゆっくり休めて』『たまには気分転換とかするんだよ』と申し訳なくなる程優しいです。

ただ、私の家族が鬱病に対して全く理解がなく、1度目の休職をする際父親に話をした所『今まで甘やかされてきたから、こうなったんじゃないのか。』と私が鬱病で自宅療養することに対し母親の育て方が悪いんじゃないかと怒り、私が復帰するまで家族内がピリピリしていて正直療養所ではありませんでした。そんなことがあった為、二度目の今回は父親には言えず仕事に行った素振りを父親の前ではしていて元気を装っている状態です。
また、一度目は何も言わなかった妹には『何で居るの』『行きたくないの?』とキツく当たられ、母親にも『迷惑かけっぱなしで本当申し訳ない』『いつ治るのかしら』としつこく言われしんどいです。基本は凄くいい家族で大好きなのですが、ふとした時に家に居る私に対してこの様に言葉を投げてきます。じゃあ、一人暮らしは?となると思いますが上記にも書きました通り現在パートで一人暮らし出来る程の収入もなく貯蓄もあまりありません。

私自身早く復帰しなくてはと大変焦っていますし、このままでは駄目だとも痛いくらい分かっています。そこで、鬱病とは無縁だった私が鬱病となるきっかけとなってしまった現在の職場を離れ新たな職場を見つけた方がこれから上手く行くと思いますでしょうか?それとも、 鬱病で休職することに対し家族に理解を求めもう暫く休職し現在の職場に居るべきなのでしょうか?
職場にも家族にもはっきりと自分の答えを出したいのですが考えれば考える程分からなくなります。
長々と書き、読みにくいかと思いますが皆様であればどうするかお答え頂けたらと思います。

御観覧有難うございます。私は、調剤薬局の事務として働いている者です。

私は働き始めて約一年経った頃、退社される事務の方の仕事を引き継ぐ形となり任される仕事が増えたことのプレッシャー、朝から晩まで事務が自分一人のことも多く身近に頼れる方も居なかったストレスから徐々に体の調子が悪くなり、ある時鬱病と診断されました。病院の先生から『明日からでも休職した方がいい』と診断書が出され、医療関係ということもあり直ぐに理解頂けて、一ヶ月の休職を頂きました。
それから復帰し新たな店舗に配属し...続きを読む

Aベストアンサー

いくら療養のための休暇をくれても、そもそもの原因の

職場環境(責任も重く、同じ業務を担当する仲間も相談する相手もいなく、

長時間労働 etc)の改善に期待できないのであれば、

転職したほうがいいと思います。

いくら規模の小さな店舗で事務は1人しか置けないとしても

仕事内容は違えど同じ店舗の人たちと仲間意識とか交流が

乏しければ誰でも参ってしまいますよ。

事務より体を動かす仕事がいいかも!!

スポーツは鬱にも効果があるんですよ。

家族の人には相談しないで、新しい職場で働くといいですよ。

まじめなひとは鬱になりやすいって聞きます。

ご家族だけに愛情からとはいえ、遠慮のない言葉を言われて

辛いって事ありますよね。

ハローワークなんか親切でいいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報