最新閲覧日:

 DNAを構成するプリン塩基やピリミジン塩基はなぜ塩基というのですか?私には塩基というとアルカリとしか思い浮かばないので・・・

A 回答 (2件)

「酸」と「塩基」の定義を思い出してください。


水素イオンを放出する物質が酸で.水素イオン受け取る物質が塩基と.したのが.最初の頃の定義でした(たしか.ブレンステット酸.ブレンステット塩基)。
(「水素イオン」と記載しましたが.現在はめいしようが変更になっています。現在の名称を忘却)

最近は.電子の授受で定義しています(ルイス酸.ルイス塩基)。

ということで.核酸の結合反応式を書いて.電子の授受をみれば.答が分かるでしょう。
    • good
    • 0

「塩基というとアルカリとしか思い浮かばない」とのことですが、アンモニアやピリジンは


「塩基」としてピンと来ますでしょうか?
似たような塩基性がプリンやピリミジン含まれる窒素原子の「一部」にあるのです。
ちなみに、ヌクレオチドが「酸」と呼ばれるのは、糖を介したリン酸エステルの酸性によります。

中途半端な回答ですが、学生さんとのことですので化学系の参考書も漁ってみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

核酸のことまで教えていただいてありがとうございます。調べてみます。

お礼日時:2001/11/16 03:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ