人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

基本的な質問で申し訳ありません。
会社の本社にいる常務取締役へレターを書くことが多いのですが、宛名は「○○常務」で良いのでしょうか?常務という言葉が常務取締役の略なのか、それとも別の役職なのかどうかがわかりません。
比較的フレンドリーな会社でもあり、話す時は「○○さん」と呼ぶのですが、やはり文書では役職をつけます。普段役職で呼んでいないので、どう呼べば良いのかわからないので、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 「常務」というのは「常務取締役」の略称です。


 ただ、宛名に書く場合は略さない方がいいでしょう。あくまでも会話の中での呼び名、と捕らえるべきだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり略称だったのですね。ニュースで「○○会社の常務が・・・」というのを聞いていて、常務と略するのだろうかと気になったのがきっかけです。

お礼日時:2005/10/03 21:48

#3です。



もはやビジネスマナーが変わってきている
ようですね・・・
十数年前、営業の基本として「役職+様」は
常識的に絶対につかってはいけないと
教えられたものです。これも日本語の移り変わり
なのでしょうかねぇ・・・。
なので“私の周りでは「役職+殿」が一般的です。”
と訂正させてください。

ちなみに以前ここでも話題にあがっているようです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=645771& …

それと私は今回の質問は社内文書についてかと
認識したのですが、社内であまりに丁寧な書き方を
するのもビジネスマナーとしてはおかしい気がします。
(これも私見ですので世の中一般とは違うかも)

内規および不文律の内規があると思いますので
先輩や上司に聞いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も回答していただき、ありがとうございます。
はい、今回は社内文書の中でも、どちらかというと簡単な文書について疑問を持っていました。

皆様の回答を参考に、また明日から仕事を頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/03 22:01

こんにちは。



『常務取締役 ○○ ○○ 様』

  ○は氏名です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。社内便の中でも重要なものについてはそのように書いています。合っているのか自信がなかったので、勉強になりました。

お礼日時:2005/10/03 21:53

今は役所でも,殿は見下している言い方と様に切り替えています.殿はやはり目下につかうものと思います.


様なら間違いないです.意外と偉い人は気にしているものです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/03 21:52

前回答がきになったもので・・・



役職に様はおかしくないでしょうか?
略すなら「○○常務殿」ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。私も、様か殿か迷っています。本によって違うんです。

お礼日時:2005/10/03 21:51

あて先は「○○常務様」としたほうが良いでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただき、ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/03 21:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q封筒の宛名、敬称は?

主人が自営業で取引会社に請求書を郵送するのですが教えてください。
「株式会社○○ ××常務」なのですが、このままで良いのでしょうか?
それとも『殿』や『様』を付けた方が良いのでしょうか?大事な取引会社ですので、間違いがあっては困るため、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「常務」というのは、平素はそのように呼ぶ(「先生」「部長」「社長」というように、です)ことが多いにしても、中途半端な表現です。郵便の宛名でしたら、「常務取締役」と完記すべきでしょう。
  XX株式会社
  常務取締役 〇〇〇〇殿
が正しい書き方です。肩書きが先にある場合は、「様」でなく「殿」です。ただし、実際には「様」の使われてることが多くなっているようですが・・・。  

Q自社の執行役員の敬称

部長や課長なら○○部長、○○課長とメールに書きますが、執行役員の方の場合
はなんて書けばいいのでしょうか?
○○執行役員 でいいのですか?
というか、「○○執行役員からお電話ありました」というメールを部長に送っちゃったのですが。

Aベストアンサー

別に呼び方としては問題ないと思いますが、一般的には略して「○○役員」と呼んでいるケースが多いのではないでしようか。
もしくは、「執行役員の○○さんから・・・・」という使い方でしょうね。

Qメールで送信したい会社社長宛の場合の敬称

メールである会社の社長に御礼のメールを出したいのですが、
文面では、最初に会社名の下に、XX社長の後に御中とか入れた方が良いですか?
XX社長だけだとなんだか失礼のような気がしますし、社長のあとに様もなんだかしっくり行かないような感じで、アドバイスしていただけたら助かりますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

○△株式会社
代表取締役社長 ○△▲□様

で良いと思います。

社長で終えたい場合は
○△株式会社
○△▲□社長

です。
社長の後に「様」や「御中」は必要ありません。

Q自社の社長や課長宛のメールや郵便での敬称について。

自社の社長や課長へメールを送ったり、手紙を書くことがあります。
その際に敬称をどうすればよいのか?毎回悩んでいます。
○○社長様、としているのですが、これでよいのでしょうか?
殿は何となく威圧感があるので、使ってはいけないような気がして使っていません。
私一人の営業所なので、他に聞く人が居なくて、
大変困っております。
どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

役職者への敬称は、非常に難しい問題だと思います。

まず、外部の会社の人に対しては、
役職者には、「社長 ○○ △△ 様」と、「役職名+フルネーム+様」とします。
時々「殿」を使う例がありますが、これは本来、目下の相手に使いますので、間違いです。ただ、日本の場合、官庁が民間より上という歴史があり、今でも官庁からの書類は「殿」を使うことが多いので、「目下に使う」という意味が薄れて「会社で使う」に誤用されることに結びついていると思います。
※私も、子供の勤務先である大手の銀行の頭取から、「殿」で手紙をもらい、驚き、あきれました。

次に、社内の役職者への敬称は、前述の考え方からすると、
・「殿」は失礼
・「社長様」は、敬称がダブる
・「社長 ○○ 様」では、よそよそしい
ということで、適切な使い方がないと思います。

そこで、各社が慣習に従って使っており、対外的なことではないので、それでもいいのではと考えます。

ちなみに、私は転職する前の会社は「社長様」で、現在の会社は「殿」で、すごく抵抗があります。が、上司・同僚におかしいと言っても、誰も不自然に思っていません。

結論になりませんが、ご質問者の本社で使われている敬称を確認して、それに合せればよいと思います。

役職者への敬称は、非常に難しい問題だと思います。

まず、外部の会社の人に対しては、
役職者には、「社長 ○○ △△ 様」と、「役職名+フルネーム+様」とします。
時々「殿」を使う例がありますが、これは本来、目下の相手に使いますので、間違いです。ただ、日本の場合、官庁が民間より上という歴史があり、今でも官庁からの書類は「殿」を使うことが多いので、「目下に使う」という意味が薄れて「会社で使う」に誤用されることに結びついていると思います。
※私も、子供の勤務先である大手の銀行の頭取...続きを読む

Q役員の敬称について

敬称について教えてください。

他の会社の人に対して「紹介」及び「呼称」するとき下記の場合「敬称」は必要ですか?
(社外の人に対して社内の人を呼ぶときは「さん」はつけませんが下記の場合はどうすべきでしょうか?・・・と言う事です)

(1)役員の場合は敬称は必要か?
(2)社外役員の場合の敬称は必要か?
(3)連結子会社の人に対する敬称は必要か?
(子会社ですので厳密に言えば社外の人ですが・・・)
(4)出向している人の敬称は必要か?

Aベストアンサー

(1)
社外の人に、社内の人を紹介する場合は、敬称は付けません。紹介をするのですから、補足の説明が必要かと思いますので、その場合は、「社長の○○です。」とか「取締役の△△です。」とかの表現にします。○○社長、△△取締役のように、名前の後に役職を付けると、その役職自体が敬称となりますので、社外の人への紹介としては不適切です。

(2)
社外役員の場合は、紹介する相手に、社外役員であることを伝える場合は、さん付けでもいいと思います。「社外役員をして頂いている○○さんです。」
社外役員であることを伝えない場合は、「取締役の○○です。」と紹介すべきです。

(3)
連結子会社であろうと、100%子会社であろうと、社外の人には違いないので、社外の人として対処すべきです。

(4)
自社から出向している人であっても、出向先の社員として働いているのですから、社外の人です。社外の人として対処すべきです。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q常務取締役とは。

どのような役職なのでしょうか?


お付き合いをしている彼が今月から、常務取締役になるとの
事です。基本的には社長の補佐役として職務にあたるのでしょうか?
彼は「青年会議所(JC)」にも所属しています。益々、やりがいが
出てくるとは思いますが・・。

詳しく分かる方がおりましたら、回答をして頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるのです。実際にはその大分前に内定してはいますがね(苦笑)。

常務の職務が社長の補佐であるとは一概には言えません。代表権を持つ社長はじめ他の取締役らと共に法を遵守して会社の経営に当たり、株主の期待する配当が出せるように働くことです。会社によっては常務が営業本部長を兼務し、実質的な営業や販売リーダーとして先頭に立つこともあります。

しかし常務や専務の責務は会社によりまちまちであり、特に専務や常務が複数いるときは、大きな会社ほど担当分野(総務、経理、労務、人事、経営企画、販売、広報宣伝、生産部門、顧客管理など)を持たせて分担をさせるのが普通です。

青年会議所のメンバーなら、これからも先が楽しみですね。

常務取締役といえば、ヒラ取締役(部長職が多い)からワンランク昇進したものです。文字通り経営者、雇用者側になったことですから、本人にとっても大きな出来事です。一般的には常務以上を「役付き役員」と言いますね。

しかし常務も専務も、そして社長や会長といえどもこれらの役職名は法律(会社法)には出てきません。会社法で決めているのは簡単に言えば、取締役だけです。株主総会で選ばれるのはあくまでも取締役であり、誰が社長になり、誰が常務になるかは総会後の取締役会という会議で決定されるので...続きを読む

Q社長、専務、常務、取締役って何?

はずかしくていまさら聞けない内容ですが、そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか。また会長、社長、専務、常務などの違いも分かりません。私はよく名刺交換するのですが、代表取締役会長とか、取締役社長、専務取締役、取締役本部長など、肩書きの意味が全く分かりません。だれか教えてください。

Aベストアンサー

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだすことなどできません。
そこで出資者は、経営のプロを連れてきて会社の運営を任せます。これが役員です。出資者は年に1回、株主総会で役員の会社運営について意見をいう機会があり、投票で同じ役員に任せるかどうかを決めるのです。
ただしこの投票は、1株1票ですので、株を持っている人の意見が通りやすくなります。ですので株を一生懸命集めて、多数を取れるようになれば、会社を乗っ取ることもできます。堀エモンや村上ファンドがやったのは、外資の資金を借りて株を集めて、会社を乗っ取ることでした。
(乗っ取りというと聞こえは悪いですが、お金が基本なので資本主義である以上、悪いことばかりではありません)

このように役員は任命されて、会社の経営を担うのですが、会社の組織である以上、序列が必要です。
代表取締役は会社をどのように運営するか最終的に決定し責任をとる立場です。その下の役員は、執行役員として会計・営業・製造などの各部門の責任を持って会社の運営にあたります。
このときは肩書きの序列はあまり関係なく、むしろ社長の次に有能な人や、出資者の意向で序列が決まります。
序列の順番は、会長・社長・専務・常務・取締役です。取締役本部長は取締役としてはヒラ、従業員としては部長(つまり最高ランク)ということで、役員の経営方針を部下の従業員に伝え、具体的にどのように行動するかに責任を持つ、一番つらい中間管理職といえます。
逆に会長は、代表取締役が通常社長のため、前社長が隠居しつつアドバイスを与えるなどの、名誉職的な側面が強いです。
もっとも、代表取締役会長とか代表取締役専務などもいます。これは家族経営のような会社で、創業社長(たぶんお父さん)が、「社長」の肩書きを手放したくないけど、実質経営を息子に任せるなどの場合に使うようです。

帽子の女性社長で有名なア○ホテルですが、彼女は社長では在りますがしばらく間、特にCMやテレビに良く出ていた頃はまだ代表取締役ではありませんでした。
社長といっても、代表権があるとは限らないのです。

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだす...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング