年内にクラシックを聞きに行きたいと思っているのですが、
あまり行ったことがない素人なのでどれにいこうかまよってます。
関西(大阪近辺)で、おすすめはありますでしょうか?
分野はなんでもいいです、おすすめのポイントや選び方なども教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ken_ishida0さんこんにちは。


クラシック関係はあまり行ったことがないとどうやって調べたらいいのか分からないものですよね。そういう場合私はコンサート・ホールのホームページを検索し公演スケジュールをチェックします。たいがい今月から3ヶ月分のスケジュールが既に組まれているものが発表されていますので、そこで気に入った楽団やソリスト、曲名などで選んで明記されているチケット・センターに電話確認します。その際、そのホールには必ず座席表が画像としてあるので、それを見ながら自分の気に入った席を確保します。これはホールを知らないと口頭で言われても分からないので、とても重宝しますよ。どの辺がいいのか分からないのなら、電話担当者に聞くと今ある席の中から音が良くて見映えの良い席を教えてくれます。

以下に大阪の「ザ・シンフォニー・ホール」のURLをご紹介しますのでぜひご覧下さい。「スケジュール」というコンテンツを開けば年月で再び選べるページにジャンプします。
今月ではクリスマス前の12月23日「第九&クリスマス・ソング特集」なんてどうでしょう。
でも他の公演でもそうですが、今月は年末ということもあるので早めにチケットを確認したほうがいいですよ。私も東京方面のコンサート・チケットを昨日予約しましたが、ほとんどのホールではチケットが残りわずかとなっていました。残っていても連続の席がなかなかなかったりします。お一人で行かれるのでなければ急いだ方がいいでしょう。

<大阪ザ・シンフォニー・ホール>

参考URL:http://www.asahi.co.jp/symphony/symphony.html
    • good
    • 0

この時期になると大学のオーケストラなんか結構秋の定演をやっていると思います。


確かにプロのオケの演奏会もいいですが、金額もそれなりにしますので素人にはちょっとお勧めできません。
そこで値段もお手ごろな(¥500~¥1000)大学のオケの定演なんかいいと思います。私の経験上、大学レベルではよほど実力のあるオケ(そちらだと京大や関西とか)ならいざしらず普通のレベルであればだいたい曲目は限られていますので(みんなの知ってそうな曲)結構楽しめます。
もし、友達にその手の関係の人がいるようでしたらきいてみてはいかがでしょうか。
私も実は今度の日曜日に会社の後輩の出演するオケのコンサートへ友達といくことになってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに知らない曲ばかりだとつらいですからね。
定期演奏会などから行ってみるのがいいかもしれないです。
参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 10:02

 どのへんにお住まいかわかりませんでしたので、関西のコンサート情報ページを参考URLに載せておきました。

ごらんあれ。
 最初はご自分の空いている日にちの中から、一番近いところ、あるいは知っている曲名を載せているところなどから行かれてはいかがですか?
 クラシックコンサートといっても、最初ならあまりドレスコードのあったりチケットの高いところを避け、有名な曲が演目にある小さなコンサートからはじめてもかまわないと思います。もちろんサンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団や玄人好みのコンサートからでも良いと思いますが。
 また、公民館など公の施設では割と安価に、また気軽に提供されているコンサートがたくさんあります。新聞に折込の市発行の案内などにそういう情報はありませんか?これから年末に向けては増えると思います。
 分野は何でもとおっしゃっておいでですが、オペラだけは興味が出てからになさったほうが良いと思います。高価で服装にもそれなりのものが求められるわりに、知識のない方にはまるで面白くないかもしれませんから。

参考URL:http://www.kh.rim.or.jp/~horin/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラシックのおすすめ

クラシックでお勧めを教えてください!ちょっと前からクラシックを良く聞くようになったのですが、ラフマニノフのピアノ協奏曲二番と三番を生で聞いて以来、超絶技巧の曲に興味が出てきました。ピアノでもヴァイオリンでも、もしくは声楽でもなんでもいいので、超絶技巧の名曲といわれるものを教えてください。ちょっとした解説も加えていただければ嬉しいです。また超絶技巧でなくても、印象深い旋律のある曲があればよろしくお願いします!

Aベストアンサー

ピアノに偏りがちな回答が多いので、 あえてピアノ部門を語るのは避け、僕からはまずヴァイオリン物を。これぞと思う究極の4曲です。

●タルティーニ「悪魔のトリル」
作曲者が悪魔に魂を売って、その引き換えにこの楽想を教えてもらったといういわれのある超絶技巧の曲です。

●パガニーニ「24のカプリース」
ヴァイオリンの超絶技巧と言えば、パガニーニという名前が出てこなかったらはっきり言ってモグリです。もちろん協奏曲の第2番「ラ・カンパネラ」も有名ですし、1番も有名なのですが、いろいろな人が変奏曲を作った主題の作品が含まれるこの「24のカプリース」も名作です。

●ラヴェル「ツィガーヌ」
サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」ほどの知名度はないかもしれませんが、これも難曲として認めていいと思います。

●パッジーニ「妖精の踊り」
小品ではありますが、かなりの難曲であることは間違いありません。

声楽は僕は詳しくないのですが、よくよく考えてみるに、オペラのアリアなどでは常に声の限界を目指すところがあります。そういう意味では超絶技巧であると言えますが、滅多に演奏されない、CDにもならないようなオペラは「超絶技巧すぎて歌う人がいない」か「よっぽどつまらない」かのどちらかでしょう。その中で、結構ベルリーニのオペラは前者の方に入るようです。「ノルマ」や「清教徒」が代表作となっています。

あとは、リンドベルイの「トロンボーンの犯罪」とか、こういう管楽器ものも面白そうではあるんですけれどもね、好きずきかなと思います。

あと、パーカッションの超絶技巧といったら、ラヴェルの「ボレロ」でしょうね。スネアドラムが最初っからずっと叩きっぱなし。あれは大変ですよ。しかも単調だからつらい。素人がやるとだんだん速くなってしまいます。正確に叩くことがいかに難しいか、普通に聴いているとわからないですが。

印象深い旋律ということで言うなら、管弦楽もので、バーンスタインの「キャンディード」序曲、エネスコの「ルーマニア狂詩曲第1番」を挙げておきましょうか。後者はあまり有名ではないですが、旋律はハマリます。

ピアノに偏りがちな回答が多いので、 あえてピアノ部門を語るのは避け、僕からはまずヴァイオリン物を。これぞと思う究極の4曲です。

●タルティーニ「悪魔のトリル」
作曲者が悪魔に魂を売って、その引き換えにこの楽想を教えてもらったといういわれのある超絶技巧の曲です。

●パガニーニ「24のカプリース」
ヴァイオリンの超絶技巧と言えば、パガニーニという名前が出てこなかったらはっきり言ってモグリです。もちろん協奏曲の第2番「ラ・カンパネラ」も有名ですし、1番も有名なのですが、いろいろ...続きを読む

Q秋におすすめのクラシック

秋ですね♪

日ごろのドタバタをしばし忘れて、しっとりした音楽を聴きたくなります。
私が勝手に、「この曲、秋!」と決めてよく聴いているのは

・バッハ「無伴奏チェロ組曲」1番、5番
・ラフマニノフ「ヴォカリーズ」
・ブラームス「バイオリンソナタ」1番
・ブラームス「弦楽五重奏曲」&「六重奏曲」
・プロコフィエフ「バイオリンソナタ」1番

などです。弦楽器大好きですが、ピアノ曲やほかの器楽曲、声楽曲もOK、「秋コレクション」を増やしたいと思います。
皆さんの、「秋を感じる、おすすめのクラシック曲」を教えてください♪

Aベストアンサー

ricchinさんおすすめの曲もいいですよね(^_^)

私が「秋だな・・・」と思うクラシック曲は、以下の有名どころです。

○マスネ「タイスの瞑想曲」
○シューマン「トロイメライ」
○ショパン「練習曲”別れの曲”」
○ベートーヴェン「ピアノソナタ”悲愴”第2楽章」
○マーラー「交響曲第5番 第4楽章」
○マスカーニ「歌劇”カヴァレリア・ルスティカーナ”間奏曲」
○ドヴォルザーク「ユモレスク」
○ドヴォルザーク「交響曲第9番”新世界より”第2楽章”家路”」

こんなものでしょうか。
私も、ただ好きなものだけをチョイスした、オリジナル・クラシックMDは編集したことがありますが、季節ごとではやったことはないですね。
とても新鮮な気持ちで曲を思い浮かべることが出来、なかなか楽しかったですよ。

Qクラシック/現代音楽のおすすめを教えて下さい

クラシック初心者です。

最近、グレングールドの音源を聴いたこと(ブラームスというタイトルで、大変気に入りました)をきっかけに、クラシックを聴き始めました。
色々調べてみたところ、「現代音楽」というジャンルに好きそうな作曲家や音源が多いようでした。

美しい曲調のものや、悲しげであったり、静寂を感じさせてくれる曲調のものが好きです。

具体的には、
グレツキやペルト、マルティノフ、(現代音楽ではないかもしれませんが)モリコーネやドルリュー
を聞いております。

まだまだ知識不足ですので、皆様のおすすめをお聞きしたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クラシックの現代音楽には様々な方向があります。大体20世紀に入ってから以降の音楽を「現代音楽」として総括します。一般の人の多くは、むしろ「難解」「面白くない」「メロディーがない」などの印象を持っていると思いますが、これはそういう方向の作曲家たちがどちらかというと「主流」として専門家から評価され、取り上げられる機会が多かったからです。そんな中、1970年頃から、ミニマル・ミュージックという作曲のしかたが登場し、現代的でありながら、響きは難解ではない音楽を書く作曲家も出てきました。現在は混沌としていて、いろいろな方向の音楽が共存していますが、それでもまだ「難解な現代音楽」が主流を占めています。
グレツキはポーランドの作曲家で、一番有名なのは交響曲第3番ですね。マルティノフはロシアの作曲家ですが、どちらも、いわゆる典型的な「現代音楽」のタイプとは少し違います。このような、それまでのクラシックからそう遠くないスタイルで、美しい響き、悲しみ、静けさを表現するのは、特にロシア系やポーランドの作曲家に見られる特徴です。モリコーネもドルリューも映画音楽なので、いわゆる代表的な「現代音楽」の作曲家をお勧めしてもがっかりされる可能性があります。
とりあえず、グレツキやマルティノフのような方向のものを御紹介します。まず、ミニマル・ミュージックの系統に属するとされることが多い、エストニアの作曲家、アルヴォ・ペルトの特に有名な曲。

タブラ・ラサ
https://www.youtube.com/watch?v=8HON4AswPVk

フラトレス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9

ほかの作品は、Youtubeで検索してお聞きください(Arvo Pärtで)。

グルジアの作曲家、ギヤ・カンチェリ(Giya Kancheli)。

風は泣いている ヴィオラと管弦楽のための典礼
https://www.youtube.com/watch?v=0dF-clRGgpM

交響曲第2番「歌」
https://www.youtube.com/watch?v=XTaOOcxqX6I

交響曲第5番「両親の思い出に」
https://www.youtube.com/watch?v=L9TjZV7DEkY

ラトビアの作曲家、ペトリス・ヴァスクス(Pēteris Vasks)。

悲しみの音楽
https://www.youtube.com/watch?v=D9k4Nh2oRwg

カンタービレ
https://www.youtube.com/watch?v=-8Fqo9sc9BY&index=37&list=PLzqvUYUihgeFIhzoicqUKqzywre3ReP_H

旅人
https://www.youtube.com/watch?v=vPWFPYWBxcM

チェロ協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=iECzk9CeCi4

そのほかの作品
https://www.youtube.com/playlist?list=PLzqvUYUihgeFIhzoicqUKqzywre3ReP_H

旧ソ連のドイツ系作曲家、アルフレート・シュニトケは、難解な作品が多いですが、「合唱協奏曲」は美しく聞きやすい曲です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL0ACFFAC95A75EC15

ここまでの作曲家よりは少し前になりますが、前衛的な作風ではないアメリカの作曲家、サミュエル・バーバーも、20世紀の作曲家ということで、現代音楽の分類になります。静かで悲しみのみちた曲として、「弦楽のためのアダージョ」が特に有名です(原曲は弦楽四重奏曲第1番の第2楽章)。

https://www.youtube.com/watch?v=50WIs0Rbm9Q

日本の作曲家なら、武満徹の後期の作品がたぶんお好みに合うかと思います。

海へ
https://www.youtube.com/watch?v=j_JkZs1Ku9c

ア・ストリング・アラウンド・オータム
https://www.youtube.com/watch?v=cOsdYtLQhv8

武満徹が大きな影響を受けたのが、フランスの有名な現代の作曲家、オリヴィエ・メシアンです。長大な曲が多いので、1曲だけ御紹介しておきます。

キリストの昇天
https://www.youtube.com/watch?v=aPt93AgH4lY

あと、お好みに合うかどうかはわかりませんが、ミニマル・ミュージックの代表的な作曲家、スティーヴ・ライヒ(アメリカ)の曲を1曲だけ御紹介しておきます。

6台のマリンバ
https://www.youtube.com/watch?v=RaYvMwQd3cs

この系統のアメリカの作曲家には、ほかにフィリップ・グラスやジョン・アダムズなどがいます。

フィリップ・グラス ヴァイオリン協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=EJW6T6WVn08

ジョン・アダムズ ヴァイオリン協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=bFfcFrNRDaM

映画音楽の話が出ているので、1曲だけ、ミニマル・ミュージックの系統に属する作曲家マイケル・ナイマンが映画「ピアノ・レッスン」のために書いた曲を付け加えておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=hdWLwRexMRA&list=PLGlJzfnn4DhBdXuYewFHAt7twNaKhiyBP&index=1

クラシックの「現代音楽」というと、まず、シェーンベルク、ベルク、ウェーベルンなどの新ウィーン楽派、バルトーク、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ、シュトックハウゼン、ブーレーズというような名前が「主流」として連なっています。ストラヴィンスキーの代表作、「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」などのバレエ音楽や、ショシュタコーヴィチの代表作、交響曲第5番などは聞きやすい曲ですが、特に「主流」こだわる必要はないと思います。お好きなものからお聞きください。

クラシックの現代音楽には様々な方向があります。大体20世紀に入ってから以降の音楽を「現代音楽」として総括します。一般の人の多くは、むしろ「難解」「面白くない」「メロディーがない」などの印象を持っていると思いますが、これはそういう方向の作曲家たちがどちらかというと「主流」として専門家から評価され、取り上げられる機会が多かったからです。そんな中、1970年頃から、ミニマル・ミュージックという作曲のしかたが登場し、現代的でありながら、響きは難解ではない音楽を書く作曲家も出てきました。...続きを読む

Qジャズやクラシックでおすすめの曲やラジオ番組などあったら教えてください!

ジャズやクラシックでおすすめの曲やラジオ番組などあったら教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

ジャズを流すFM番組で今一番面白いと思うのは,
J-WAVE土曜日夜9時から,ジャズピアニスト
小曽根真がナビゲートする"Oz Meets Jazz"です.
首都圏の方ならばぜひ一聴の程を.

お勧めの曲というのはなかなか難しいものがあります.
クラシックもお好きのようなので,MJQの一連の作品
などはいかがでしょうか.
上記の小曽根真のアルバムの良いと言ううわさです.
また,ジャズピアニストで外せないのはBill Evansでしょう.
Waltz for Debby
Portrait in Jazz
Sunday at the Village Vanguard
Explorations
等のアルバムは非常に評価が高いです.

Miles Davisが取っ付きにくいという評判がありますが
(何をもってそうなのかはわかりかねますが),
50~60年代中盤の演奏は非常に人気があります.
(個人的には70年代が好きなのですが)

よく,「ジャズに名曲は無い,あるのは名演奏のみだ」
と言われます.同じ楽曲でも演奏者が違ったり,
同じ演奏者でも別の演奏になると,全く異なったものと
なります.この違いがジャズの面白い所と思います.

ジャズを流すFM番組で今一番面白いと思うのは,
J-WAVE土曜日夜9時から,ジャズピアニスト
小曽根真がナビゲートする"Oz Meets Jazz"です.
首都圏の方ならばぜひ一聴の程を.

お勧めの曲というのはなかなか難しいものがあります.
クラシックもお好きのようなので,MJQの一連の作品
などはいかがでしょうか.
上記の小曽根真のアルバムの良いと言ううわさです.
また,ジャズピアニストで外せないのはBill Evansでしょう.
Waltz for Debby
Portrait in Jazz
Sunday at the Village Vanguard
Expl...続きを読む

Qクラシックギタリスト以外のギタリストのクラシック曲

アコースティックギターにはまりました。
Chet Atkinsさんの「Ave Maria」を聴きました。
クラシックギターとはちょっと違う音色でした。
クラシック畑以外のギタリストのクラシック曲のCD化している作品、知っていましたら教えて欲しいのですが。
ラリー・コリエルさんのは持っています。

Aベストアンサー

私のお薦めを紹介させていただきます。

バート・ラムズ、ポール・リチャーズ、森谷英世のアコースティックギターリスト3人から成る『カリフォルニア・ギター・トリオ』。
アルバム『C.G.T./YAMANASHI BLUES」には、バッハの「コレンテ」、「リチェカーレ」、「クロマティック・フーガ・イン・Dマイナー」、「プレリュード・イン・Cマイナー」、「チャコーナ」が収録されています。
アルバム『インヴィテイション/INVITATION』には、バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」が収録されています。
アルバム『PATHWAYS/PATHWAYS』には、ベートーヴェンの「交響曲第5番「運命」第1楽章“アレグロ コン ブリオ”」、「ピアノ・ソナタ第14番「月光」第1楽章“アダージョ ソステヌート”」、「ピアノ・ソナタ第14番「月光」第3楽章“プレスト アジタート”」、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」が収録されています。
アルバム『ロックス・ザ・ウェスト/ROCKS THE WEST』には、ベートーヴェンの「交響曲第9番「合唱」」、ムソルグスキーの「展覧会の絵」が収録されています。

又、日本盤は発売されていないので輸入盤になりますが、アルバム『A CHRISTMAS ALBUM』には数々のクラシカルなクリスマスソングが収録されています。

もう一つ別のバンドを紹介します。
カリフォルニア・ギター・トリオの3人も在籍している『ロバート・フリップ&ザ・リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツ』。
こちらはアコースティックギターリスト10人から成るグループです。
アルバム『インターギャラクティック・ブギー・エクスプレス―ライヴ・イン・ヨーロッパ1991/INTERGALACTIC BOOGIE EXPRESS-LIVE IN EUROPE 1991』には、バッハの「コレンテ」、「プレリュード・サーキュレイション」、「プレリュード・イン・Cマイナー」が収録されています。

以上、紹介しました2つのグループは歌は全く無く、アコースティック・ギターのみの演奏です。
是非一度聴いてみて下さい。

私のお薦めを紹介させていただきます。

バート・ラムズ、ポール・リチャーズ、森谷英世のアコースティックギターリスト3人から成る『カリフォルニア・ギター・トリオ』。
アルバム『C.G.T./YAMANASHI BLUES」には、バッハの「コレンテ」、「リチェカーレ」、「クロマティック・フーガ・イン・Dマイナー」、「プレリュード・イン・Cマイナー」、「チャコーナ」が収録されています。
アルバム『インヴィテイション/INVITATION』には、バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」が収録されています。 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報