このカテゴリーでよろしいんでしょうか?

粘菌をさがしてかってみたいのですが。

意外とどこにでもいるようなのですが。

東京都心部で見つけ方、用意するものなどおしえてください。

ちなみに
私の田舎の家(実家)は、都心部ですが、竹やぶあり、

自然のミツバチがすを作っていたり、雑草、其の他

苔むしておりまして粘菌いそうです。

要領の悪い質問で申し訳ありません。

A 回答 (1件)

 粘菌ですか。

私も一時期培養してたことがありますよ。残念なことにそのときは胞子をもらって培養し始めたので自分で探したわけではないのですが、粘菌自体はたまに見かけます。
 それでどこで見るかということですが、まず身近なところで台所です。お冷やご飯をうっかり出しっぱなしにしておいたらそこに茶色いどろどろしたものが・・とか生ゴミの入ったゴミ箱をのぞいたらやぱりご飯粒のかたまりとか果物の残りとかそういったものに茶色いヌメッとしたものがついていたことも・・・それが粘菌かどうかを見極めるのは難しいですが、本物の粘菌を見たことがあれば何となくわかると思います。
 次によく見かけるのは園芸植物の根元でしょうか、たまに元気がなくなってきたので根元のほうを見てみるとどろっと粘菌がついていたりします。
 ちなみに森の中なんかに種類も数もたくさんいるんだそうですからkouraさんの実家にはいそうな感じもしますね。
 私はあまり都会ではないけれどそれなりに都会といったところに住んでいますから都心で見られるかどうかはわかりません。でもどこに住んでいても普段は気づかないことがほとんどの生き物ですから、まずはしっかりと観察してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっと、あの、植物(ランだったかな?)の水やりすぎて
だめにしたのは根っこに確かに茶色のものついてた。
あれ、粘菌だったんでしょうか。
ちょと、元気がでてきました。
どなたもご回答なかったので、無理なのかなーと、思っていたりしまして。
シャーレにいれて飼って見たいとも思っていたんですが。
「培養」的に寒天とかないと無理ですかね。
でもありがたいです。
質問の要領も悪いのにありがとうございました。早速にありがとうございました。お忙しいところをありがとうございました。

お礼日時:2001/11/18 15:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q枯草菌が粘りません。

文献通りの菌株を文献通りの方法で培養して、文献では培養液の粘性が非常に高くなると書いてあるのに全然粘性が上がりません。同じ菌株を培養した他の報告や文献に従って培養してもさらさらな培養液しか出来ません。pHや温度など、いろいろと条件を振って培養してもうまくいきません。継代したのがいけなかったのかと思い菌株バンクから届いた元の菌を使っても駄目でした。思い切ってスーパーで納豆を買ってきてその納豆菌を使ってみたのですが結局駄目でした・・・という相談を大学の後輩にされたのですが解決策が見つかりません。私自身が実験したわけではないので、実験ノートに書かれていない部分(培地の滅菌の仕方など)にミスがある可能性はあるのですが、聞いた限りでは特に問題はないようで・・・。
先輩としてちょっといいところを見せようとしたのですが、ことごとく空振りに終わってしまいちょっと焦っています。「ここんとこちゃんとやった?」というチェックポイントや「このプロトコルに従ってやったらうまく行ったよ!」という情報などがありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

文献通りということなら、培地組成などの問題はないと思うのですが、詳しい培養条件がわからないので、見当違いかもしれません。

枯草菌がつくる粘性物質はポリグルタミン酸だと思います。これは菌がある程度密集しないと産生されません。しかし、菌が増えすぎて培養液中の栄養が不足すると、ポリグルタミン酸を分解し栄養として利用します。
そのため、単に菌の生育が不十分か、逆に菌を培養しすぎて分解されてしまった可能性があるかもしれません。

Q粘菌の発生過程におけるプロモーター活性の検出

最近行った実験においてなんですがよくわからないので質問します。

まず概要から、粘菌を形質転換させたものとさせていないものをそれぞれ発生させてから0h,16h,20h,24hおいたものを作りました。これをまずたんぱく質濃度の測定をしました。ここで280nmの吸光度を測定しました。
次に、ONPGを基質としてβ-ガラクトシダーゼ活性検出をしました。これはまず、ZO-buffer,ONPG溶液,細胞破砕液を攪拌したあと、37度で30分間保温した。この後、Na2CO3溶液を加え攪拌し反応をとめた。その後、420nmの吸光度を測定しました。
最後にOD420/OD280の値をプロットし、プロモーター活性の継時変化を調べた。

このような実験をして、なぜこのような方法でプロモーター活性が計測できるのか教えてください。
そして、なぜOD420/OD280の値でプロットしなくてはならないのかも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

Relative β-galactosidase activity was standardized by dividing the β-galactosidase activity (OD420) by the respective OD280 of each individual sample.

Q粘菌の観察をするには、何が必要でしょうか?

科学映画監督の樋口源一郎さんが亡くなられ、好きな監督だったので私も粘菌や単細胞など微小なものの観察をしたいなあと思っているのですが、まったく知識がないためよくわかっておりません。
必要な機材、初心者向けのアドヴァイスなどありましたらお願いします。
最初はやはり小学校でもやるように、顕微鏡でミジンコや草花の観察でしょうか?
どんな顕微鏡がお勧めかなど何かお願いします。
ゆくゆくはやはり粘菌観察がやりたいです・・・。

Aベストアンサー

粘菌を見たことがないのですが、細菌を顕微鏡で見ようとした場合普通のレンズでは見えません。

×1000倍が必要になるため「油浸レンズ」という物が必要になります。
(写真の方が分かりやすいと思いますので”油浸レンズ"で検索し見てみて下さい。顕微鏡はオリンパス社が有名ですが数十万円します。)

また細菌の観察には「グラム染色」がよく使われます。
染色する事で「グラム陽性菌」と「グラム陰性菌」にわける事も出来ますし、観察しやすくなります。
(この場合は、死んだ菌を観察する事になります)

クリスタル紫、ルゴール液、エタノール、サフラニンなど染色には数種類の薬品を調製する必要があるのですが、調製済みの染色液を販売している会社もあると思います。

Q乳酸菌とビフィズス菌

最近ヨーグルト類にはまっています。
お腹の調子をよくするのに乳酸菌は有名です。
 
今日買ってきたヨーグルトをみるとビフィズス菌と書いてありました。
そういえば乳酸菌もビフィズス菌もよく聞きます。
同じ仲間なんだろうと思ってますけど、違うものなのですか?
 
後、オリゴ糖というのも時々みかけます。
これも胃腸に良い菌なのでしょうか?

Aベストアンサー

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス菌は善玉菌の一種で赤ちゃんの腸内に住み着いていて安全性や病気から守ってくれていることから注目され、ヨーグルトの生産(牛乳中の脂肪分を食べて乳酸やアミノ酸などを生成してくれる)に利用されています。大抵の乳酸菌は胃液の強酸性(塩酸)に絶えられず腸内まで生きて到達できませんが、医の強酸に耐えて腸内まで生きて届く乳酸菌を使ったヨーグルトが一躍人々の注目を浴びています。腸内まで生きて届く乳酸菌を含んだヨーグルトを「プロバイオティクスヨーグルト」といいます。スーパーなどでヨーグルトの容器に「プロバイオティクス・ヨーグルト」と印刷がされ、ビフェズスヨーグルト、ブルガリアヨーグルト、カスピ海ヨーグルトなどで知られています。胃がんの原因とされているピロリ菌駆除に効果がある胃の強酸にも耐える乳酸菌LG-21を使ったヨーグルトも注目されています。

乳酸菌は広く存在し、発酵食品製造や胃腸の健康の為の善玉菌や女性の健康を守っていることで、利用や研究されているのは本の一部に過ぎません。ビフィズス菌(乳酸菌)も人体(主に口から肛門にいたる消化器系や女性生殖器)に棲み付く約100兆匹の細菌の中の善玉菌の主要な微生物(細菌やウイルス)に属します。

参考URL
http://www.probiotics.to/
http://allabout.co.jp/r_health/gc/322012/
http://my.kotokiri.com/lg21.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/乳酸菌

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス...続きを読む

Q善玉菌と悪玉菌の違い

善玉菌と悪玉菌の違いについてなのですが、善玉菌が宿主に良い作用をもたらす菌だということはわかりましたが、それはつまり、オリゴ糖などを餌にしている菌と言い換えることができますか?また、悪玉菌はそれらを餌にせず、主にアミノ酸を餌としているものといえますか?
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪玉菌にもいろいろあります。腐敗物を作る腐敗菌、毒素を作る毒素菌、生体を食べる菌、特定の病原菌・・・などなど。

善玉菌にもいろいろあります。悪玉菌を捕食する菌、乳酸菌等の有機酸を作って腐敗物の生成を抑えて発酵を促す菌、・・・など。

もっと知りたい場合は、Wikipediaで「腸内細菌」を検索してみてください、「善玉菌と悪玉菌」の章があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報