私の会社の同僚で(中国籍、女性39歳)ですが、最近両目が赤く炎症を起こしたようになり腫れ上がりました。
眼下病院に行くよう薦めましたところ、病院より下記のお手紙をもらいました。
(現在は、角膜混濁など -(マイナス)だが、角膜変性症(ジストロフィ)の疑いがあるため定期検査(半年に1回)必要。)
と言う内容でしたが、現在コンピュータのWebデザインをしています。1日6時間ぐらいコンピュータのCRTを見ているのが現状です。
今後このような業務を遂行しても大丈夫なのか?知りたいとの事です。
また、日常生活や会社業務で注意しなければならない事は何か?等教えてほしいとの事です。
また、角膜変性症に詳しい眼下病院があればご紹介下さい。
質問にさいし、本人では無いのは、日本語が不得意の為代理で質問を致しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

眼科医です。


おそらく最近両目が赤く炎症を起こしたようになり腫れ上がったことと、角膜変性症は別の事だと思います。
角膜変性症は生まれつきの事が多く、進行はゆっくりとしていて、痛みや充血、まぶたの腫れなどは伴いません。

別の病気(おそらくは結膜炎等)で眼科を受診したら、ついでに角膜変性症が見つかったということでしょう。
結膜炎や霰粒腫ほど、そう多い病気でもない代わりに、たまには見られる病でもあります。
たいていは別の訴えで来院された時についでに発見されます。

角膜変性症と一口にいっても、実際は何種類もあります。
その中で、グレノータイプ(顆粒状角膜変性症)が日本人には一番多いようです。
年齢が進むと肉眼でもわかるくらい黒目が白く濁ってきますが、その割りには視力は比較的保たれます。
一般に若年齢に発症し、きわめてゆっくり進行します。

ただし角膜変性症の一部のタイプでは、著しく視力を落とすことがあり、その場合は角膜移植の適用になります。
アイバンクを持ち、角膜移植の件数も多い都内の施設には、慶応大学・順天堂大学病院があります。
千葉県になりますが、東京歯科大学市川総合病院にも 角膜センターがあります。
また日大板橋病院の澤教授は東大病院以来の角膜移植の第一人者のお一人です。
これらの大学病院では、角膜病変全体に対する見識が深いと言えます。

もっとも角膜移植と一部のレーザー手術以外に、お薬等で確かに効くとか治るというものはなく、進行もゆっくりですのでご近所の開業医で時々進行程度を確認してもらうだけでいいでしょう。

下記URLが判りやすいかも。
お大事に・・。

参考URL:http://www.so-net.ne.jp/vivre/eye/me1212/me1212. …
    • good
    • 1

角膜変性症についての情報は、mimidayoさんの下段のホームページを参照すればおわかりになると思います。



私も角膜の病気もち(変性症ではありません)で、同一で語れるものとはいえないですが、参考までにきいてもらえればと思います。

仕事は、定期検診をうければ問題ないと思います。特段注意すべきこともないと思います。しいていえば、目をこすらないことくらい!?
以下は推測ですが、いつか発作的に目が痛い、光が以上にまぶしい、視力が以上に低下などの症状がでることがあると思います。このときは完全に休業させてあげれば、完治しないまでも症状が改善して、職場復帰も可能なはずです。目のうち、角膜は外界と接しているんで、回復力が高い組織なんですから。

それと、病院ですが、でかい病院でも小さい医院でも,結果は同じです。症状を治すのも目薬などで行うしかなく、また根本的治療の角膜移植を行う状況になりば、小さい病院でも大学病院などにきちんと紹介してもらえます。不用意に大きい病院にいっても、診療時間に長時間またされて疲れるだけです(苦笑)
ただし、ヤブ医院はだめです(笑)

それで、病院紹介ですが、その中国人の方がどこにいるんですか?遠方の病院を紹介してもしょうがないし。紹介情報を求めるならば場所を書いてほしいです。
いちおう参考までに、東京近辺で角膜系は、横浜市立大付属病院、東京歯科大付属病院が有名です。

それではお大事に。
    • good
    • 0

http://www.ntt-east.co.jp/kmc/new/new04.html

http://www.med.niigata-u.ac.jp/oph/shinryo.html


http://www.eyecenter.or.jp/skill/main.html

HPを持っている、眼科です。
大きな病院に行けば検査など可能でしょうから、きちんと診断を受けた方がよいです。


http://www.so-net.ne.jp/vivre/eye/me1212/me1212. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーシックを受けようと検査したら視力が悪すぎる(両目0.02)角膜が薄

レーシックを受けようと検査したら視力が悪すぎる(両目0.02)角膜が薄い。との事でウェーブレーシックを勧めめられました。
ここで質問です。
(1)ウェーブレーシックは術後かなり痛いらしい。(2)半年間、希望の視力にはなかなかならないと言われましたが。それまではどの程度見れるのでしょうか?
(3)あとレーシックを受けると白内障にかかった場合手術が受けられないと聞きました。もし白内障で手術が必要となったらどうなるのでしょうか?(4)他に目の病気になった場合は…?

沢山聞いてスミマセン。もちろん病院でも聞くつもりですが、先にみなさんの意見を聞きたくて。
できればウェーブレーシック体験者の意見を聞きたいです。

Aベストアンサー

痛みや術後の視力安定までの時間が長いのはウェーブフロントレーシックのことではなくPRKの話ではありませんか?
http://www.lasik-osaka.com/jutsushiki/index.html

なおレーシック不適応の場合、フェイキックIOLもあります
http://ganka.kanacli.net/surgery/phakic_iol.html

Q角膜移植の有名な病院教えて下さい

知り合いが、角膜移植を受ける事になりました。
腕のいい病院教えて下さい。

急ぎの為、海外から、角膜を購入し角膜移植する
予定ですが、どこの病院がいいかわかりせん。

宜敷くお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

東京歯科大学市川総合病院眼科の坪田一男先生が有名なようです。

参考URL:http://www.tsubota.ne.jp/,http://www.eyebank-flower.com/essay/,http://homepage1.nifty.com/paul/shinsho/back/shinsho-02.h

Q角膜・白内障の名医と病院情報

角膜と白内障の良い大学病院と名医を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

この手のご質問の際にはぜひ地域をご指定ください。南アフリカの先生紹介しても仕方ないでしょ。

◆白内障の名医◆
 ▽大木眼科(豊島区池袋)大木孝太郎院長
 ▽井上眼科病院(千代田区神田駿河台)徳田芳浩副院長
 ▽東京歯科大学水道橋病院(千代田区三崎町)眼科ビッセン宮島弘子教授
 ▽山王病院(港区赤坂)眼科小松眞理部長
 ▽東京医科大学病院(新宿区西新宿)眼科臼井正彦教授
 ▽東京慈恵医科大学附属第三病院(東京都狛江市)眼科常岡寛助教授

Q飛蚊症(硝子体混濁)について

飛蚊症というと、黒い糸くずとかが多いとなってますが
私の場合、縦にまつ毛があるかの様にボヤッと曇ってます。
目の中心あたりなので、常時スッキリと見る事が出来ません。
病院で検査をしたのですが、硝子体混濁と診断され
治療法は無いと言われました。
ネットで調べてみても、飛蚊症での黒い糸くずの様な物となっており、
私の様な症状のボヤケタ曇り状な症状が見当たらなく大変困ってます。
診断を受けた時は片側で慣れるしか仕方ないと諦めてましたが、
最近もう片側にまで進行してしまったので投稿した次第です。
同じ様な症状の人が居たら、治療法等がありましたなら
ご教授して下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『飛蚊症』は、目を動かすと糸くずのような影が、動かした方向に漂うように見えます。
眼球の内部にかかる圧力が高い人に起こります。
眼球内に満たされている液体を外に出す穴が目の表面にありますが、
この穴が先天的に狭い場合と、
極度の近視になった場合に、眼圧が高まってしまったために網膜から出血が起こり、その血が固まったものの形が細いために、
蚊のように見えます。

『硝子体混濁』には飛蚊症も含まれますが、
いろいろな形態のものがありますので、その原因の特定が大切だそうです。

硝子体は眼球の内部に満たされていますが、
本来は血管のない透明な組織で、さまざまな原因で硝子体ににごりが生じ、光がさえぎられて、網膜(もうまく)にうまく届かなくなるので、飛蚊症(ひぶんしょう)・霧視(むし)・視力低下などを起こします。

影が大きければ、眼球内の出血量が多かったということだと思われます。
ctu777さんは眼科の医師から症状の原因は特定された旨の報告は受けられましたか?

病的な原因による発症(加齢・目の打撲以外の原因)となると、いろいろと検査した後に症状に合った混濁原因を発見・治療できるようです。
もしかすると、手術の必要なものかもしれませんので、
もう一度、ほかの病院でも良いので、手術に対応できそうな病院を探してみてもらったほうが良いのではないでしょうか。

ちなみに『原田病』と言う変わった病もあります
症状の程度に多少の左右差があっても、ほとんどが両眼同時に発症します。発症初期には、目がかすんだり見えにくくなったり、ものがゆがんで見えたりします。
 目の症状がおこる前に、風邪のような症状が多く見られます。また、初期には頭痛や耳鳴り,難聴を、慢性期には、頭髪の脱毛,白髪、皮膚の白斑を起こすことがあります。
祖母がかかったのですが、硝子体混濁や飛蚊症のように水の中を舞っているような浮遊する影ではなくて、
常に視界の中心部分に黒い墨を流したような影があって、見たい物が見えないといっていました。
今は全く回復して元気に過ごしています。

聞いた話ですが、魚の寄生虫で、人の体内に入り込んで最終的に眼球の中(硝子体のなか)に入り込むため、その影が見える症状で寄生虫に気づいた人がいたということも聞きました。

お医者さんには、
「原因は分からないのですが(特定できるのは医師のみ)、常に縦に長いものが曇ったようにぼやけてみえております。
(※『まつ毛があるかの様にボヤッと』と言う表現だとまつげのような浮遊する影が見えていると思われてしまい、飛蚊症で片付けられてしまうかもしれないので言い方を変えましょう)
目の中心にその曇りがあるので、常に見えづらくとても困っています。
以前(具体的に伝えたほうが良いです・・・何年の季節か何月ころまで)は片方の目だけだったのですが、
最近になってもう一方の眼のほうも同じ症状がでてきました」という感じで、伝えてみてください。

はやく特定されて、治療・回復ができると良いですね。
お大事になさってください。

『飛蚊症』は、目を動かすと糸くずのような影が、動かした方向に漂うように見えます。
眼球の内部にかかる圧力が高い人に起こります。
眼球内に満たされている液体を外に出す穴が目の表面にありますが、
この穴が先天的に狭い場合と、
極度の近視になった場合に、眼圧が高まってしまったために網膜から出血が起こり、その血が固まったものの形が細いために、
蚊のように見えます。

『硝子体混濁』には飛蚊症も含まれますが、
いろいろな形態のものがありますので、その原因の特定が大切だそうです。

...続きを読む

Q眼下痙攣

こんにちは!
 
最近、目の下のピクピクッっていう眼下痙攣があり、
すごく気になってしまってます。
これは、どうして起こるのでしょうか?
何か不足していたりするんでしょうか?
何かいいお話があれば教えてください。

Aベストアンサー

#1さんがお書きの「顔面神経に血管が圧迫しておこる」のは片側顔面痙攣で、私は片側顔面痙攣の経験者ですが、「眼瞼痙攣」とは別の疾患とされています。

#2さんが引用されたQ&Aをはじめ、本サイトではカルシウム説やマグネシウム説が何度も紹介されており、私は素人なりに情報源を探しました。それらの説は、健康食品を薦めるページには散見されるものの、私の探し方が悪いのか、PabMed (医学論文のデータベース)では全然ヒットしません。

質問者様が早々に軽快されますように。 長引くなら神経内科か脳神経外科にご相談ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報