postgreSQL7.1.3
RedHatLinux7.1J

Tcl/Tkインターフェースのlibpgtclをインストールしようと思い、
configure→makeと進んだところ、makeにて
/usr/include/tk.h:83:29: X11/Xlib.h: No such file or directory
というエラーが出てしまいます。
findで全てのディレクトリーを調べてみましたが、確かにどこにもありません。

どうやったらXlib.hをインストールできるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

インストールにCD-ROMかなにかを用いたならば、そのバイナリCDを用意し、その中からXFree86-devel-xxxi386.rpmというような名前のファイルが無いかどうか探してみてください。



そのファイルをrpm -Uvh XFree86-devel-xxxxi386.rpmとかするとインストールできると思います。依存関係の問題で実行できない場合はエラーメッセージでなにかを入れろと出てくるので対応するrpmパッケージをインストールしてください。

私の手元の環境はKondara2.0なのでRedHat 7.1Jとは多少パッケージ名が違いますが、私の環境では次のようになりました。

bash$ rpm -q -f /usr/X11R6/include/X11/Xlib.h
XFree86-devel-4.0.3-24k

ということなのでKondara2.0の場合はXlib.hはXFree86-devel-4.0.3-24k.i586.rpmに含まれているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
解決しました!

お礼日時:2001/11/15 17:29

通常X関係のインクルードファイルは/usr/X11R6/include/X11にあり、/usr/include/X11はそこへのシンボリックリンクになっていると思います。



それが無いのは多分インストールするときにいれなかっただけかと思います。
X windowの開発環境などをOSのインストール時にいれましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

X windowの開発環境は入れていません。
インストールするにはどうしたらよろしいのでしょうか?

お礼日時:2001/11/15 15:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

/usr/lib にあるファイルの一部を誤ってsudoで削除

Mac OS 10.5を使用している者です。
ターミナルで作業中に操作を誤り、/usr/lib にあるファイルの一部を削除してしまいました。
lsなどいくつかのコマンドでエラーが出るようになり、ターミナルもじきに落ちてしまったため、再起動を試みたところ、以降まったく立ち上がらなくなってしましました。
何か対応策をご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか?
まったく恥ずかしい質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バックアップがあれば、 インストールディスク等から起動 → ファイルを復元で回復するかもしれません。
だめなら、再インストールでしょうね。

Qrestore b: a: /s /pができません。

FDがA,固定 DISKがBとして
restore b: A: /s /pをしたいのですが、
肝心の固定ディスクがフォーマットされてしまっています。この状態で以上のコマンドを実行する方法はあるでしょうか?
ちなみにMS-DOS3.3DのFDは持っているんですがメニュー画面を立ち上げても、インストールする方法がわかりません。やっぱり固定ディスクにMS-DOSをインストールしないと固定ディスクにFDのファイルをリストアすることは出来なのでしょうか?よろしくお願いします。ちなみにマシンはPC9801NS/Aです。

Aベストアンサー

状況がよく解りませんが、

> restore b: A: /s /pをしたいのですが、
固定ディスクb:に有るバックアップファイルをフロッピーディスクa:に復元しなさいと言う意味ですよね。

HDDはフォーマットされているのでしたらバックアップファイルは無いので無理でしょう。
と、ここまで書いて来て下の文面を読んで行くと、
> 固定ディスクにFDのファイルをリストア
と有るので、FD起動した場合、
restore A: b: /s /p
で行けるのでは?
ただ、FDの起動ディスクとバックアップファイルを納めたFDとは違うと思うのでrestoreコマンドの動きがどの様に動くかちょっと失念しているので一度試してみて下さい。

これとは別に、今後HDDから起動させたいのであれはリストア前に、HDDへMD-DOSのOSをインストールする必要は有ります。FDからの起動限定であれはその必要は有りませんが。

Qkernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
kernel: md: export_rdev(hda9)
kernel: md: considering hdb8 ...
kernel: md: adding hdb8 ...
kernel: md: adding hda8 ...
kernel: md: created md5
kernel: md: bind<hda8,1>
kernel: md: bind<hdb8,2>
kernel: md: running: <hdb8><hda8>
kernel: md: hdb8's event counter: 00000078
kernel: md: hda8's event counter: 00000078
kernel: md: RAID level 1 does not need chunksize! Continuing anyway.

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
...続きを読む

Aベストアンサー

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]

unused devices: <none>


[UU]となっているので、両系で動作しています。

md1はhda1/hdb1です。
md2はhda2/hdb2です。
md3はhda3/hdb3です。
md5はhda5/hdb5です。


mountコマンドで確認すると、以下です。

# mount

/dev/md1 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/md2 on /var type ext3 (rw)
/dev/md3 on /usr/local type ext3 (rw)
/dev/md5 on /home type ext3 (rw)

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]
...続きを読む

Q./configure

./configureコマンドがターボリナックスパーソナルでエラーに
なってしまう。

Aベストアンサー

> ./configureコマンドはパッケージなどをコンパイルするときの
> コマンドです。

コンパイルするときのコマンドはgcc、gccのドライバがmake。
configureは、環境をチェックしてMakefileを生成してくれるスクリプト。
質問の内容もチンプンカンプンなら、回答に対する補足も滅茶苦茶、おまけに持っている知識もいい加減。
あなたにlinuxを使う資格はない。

Q./configureのエラー(Mac)

MacOSXでconfigureを実行すると
error: no acceptable C compiler found in $PATH
となってしまいます。
他の回答なども拝見させていただき、Cのコンパイラが無いと言うことは分かったのですが、対処法が分かりません。
XcodeToolは入っていると思うのですが・・・。

Aベストアンサー

XcodeToolsをインストールするだけで、開発環境用のパスや環境変数が自動的に設定されます。

Macintosh:~ ibook$ which gcc
/usr/bin/gcc

Macintosh:~ ibook$ gcc -v
Reading specs from /usr/lib/gcc/powerpc-apple-darwin8/4.0.0/specs
.....
Thread model: posix
gcc version 4.0.0 20041026 (Apple Computer, Inc. build 4061)


>XcodeToolは入っていると思うのですが・・・。

入っていないのでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報