最新閲覧日:

postgreSQL7.1.3
RedHatLinux7.1J

Tcl/Tkインターフェースのlibpgtclをインストールしようと思い、
configure→makeと進んだところ、makeにて
/usr/include/tk.h:83:29: X11/Xlib.h: No such file or directory
というエラーが出てしまいます。
findで全てのディレクトリーを調べてみましたが、確かにどこにもありません。

どうやったらXlib.hをインストールできるのでしょうか。

A 回答 (2件)

インストールにCD-ROMかなにかを用いたならば、そのバイナリCDを用意し、その中からXFree86-devel-xxxi386.rpmというような名前のファイルが無いかどうか探してみてください。



そのファイルをrpm -Uvh XFree86-devel-xxxxi386.rpmとかするとインストールできると思います。依存関係の問題で実行できない場合はエラーメッセージでなにかを入れろと出てくるので対応するrpmパッケージをインストールしてください。

私の手元の環境はKondara2.0なのでRedHat 7.1Jとは多少パッケージ名が違いますが、私の環境では次のようになりました。

bash$ rpm -q -f /usr/X11R6/include/X11/Xlib.h
XFree86-devel-4.0.3-24k

ということなのでKondara2.0の場合はXlib.hはXFree86-devel-4.0.3-24k.i586.rpmに含まれているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
解決しました!

お礼日時:2001/11/15 17:29

通常X関係のインクルードファイルは/usr/X11R6/include/X11にあり、/usr/include/X11はそこへのシンボリックリンクになっていると思います。



それが無いのは多分インストールするときにいれなかっただけかと思います。
X windowの開発環境などをOSのインストール時にいれましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

X windowの開発環境は入れていません。
インストールするにはどうしたらよろしいのでしょうか?

お礼日時:2001/11/15 15:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ