ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

江戸時代には多くの改易がありましたが、その中でも特に理不尽な理由で改易された大名家はどこだったのでしょうか?いくつか教えて頂けると幸いです。

A 回答 (2件)

理不尽な改易と言うのであれば幕府が作った改易の理由を作るための制度によるものが一番多かったのではないでしょうか。



実子がいない大名家には養子縁組を勧めて、養子縁組の後実子が出来ると大抵後継ぎ問題(跡目争い)になる為、改易になる。

かといって、養子縁組をせずに藩主が急逝したりすると、跡目の届が出ていない事で、家を存続させる気無しとして改易になる。

大名家を取り潰す口実を作る為とも取れる法度によって振り回されて改易になるのほど理不尽な事は無いと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
弟とかいるのに嫡子を選んでないから改易というのは理不尽ですよね。

お礼日時:2005/10/04 13:56

理不尽といえば、政権内の権力争いで改易された大久保忠隣、本多正純くらいでしょうか。

どちらも改易の理由はあとでとってつけたものでしかありません。
綱吉時代の山内豊明も若年寄になるのを断ったということで改易されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
若年寄就任を断って改易というのは理不尽ですね。
肥後の加藤家などはどうでしょうか?

お礼日時:2005/10/04 13:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング