基本的なことでしょうがお願いします。
例えばですが^^;;
平均買付価格400円の株が1000株あります。これを今年1株4000円で300株売却(売却収入=120万円)します。
400円×1000株=40万円(購入金額)とし、120万-40万=80万が所得?
それとも400円×300株=12万円(購入金額)とし、120万-12万=108万が所得?
やはり後者の方があっているのしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(4000円 - 400円)×300株=108万円


が正しいです。

(売却価格 - 取得価格)× 売却株数 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどこういう計算式なのですね^^;;。ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/15 15:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無職ですが収入が12万円、確定申告は?

 こんにちは、確定申告のこと教えてください。

 私はここ一年は病院通いの為、無職です。
 でも以前に某証券会社で買ったファンドに配当金がつき
 昨年約12万円収入がありました。税金はそのつど控除
 されるようにしてあります。
 この控除された税金は申告すれば還付されると友人から
 言われましたが本当でしょうか?
 またその際、医療費は一緒に申告できますか?
 
 ご存知の方、教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファンドの内容によりますが、「総合課税」の対象になる配当金でしたら、所得が 38万円までは、無条件で還付されます。
12万円とのことなので、医療費控除を上乗せしても意味がありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1330.htm

ファンドが、「源泉分離課税」の対象になる配当金でしたら、そもそも還付を受けることができません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2230.htm

Q医療費が約12万円。医療費控除は受けるべき?

昨年かかった医療費が約12万円ほどでした。
交通費その他を含めるともう少し金額は増えるかと思いますが、恐らく微々たるものです。
医療費控除は今までやったことが無く、知識が皆無なのですが、こういう場合医療費控除は受けるべきなのでしょうか?
少額なので、返って来る金額は相当少ないと思います。
ネットでも申告出来るようですが、もし解らないことがある場合税務署まで足を運ぶ方が賢明かとも思います。
でも税務署までの交通費や計算する手間などを考えると、別に受けなくても良いのかなぁ、と思ったりするのですが・・・。

受けた場合と受けなかった場合、それぞれどういった影響が出るのがお教え戴けると嬉しいです。

Aベストアンサー

確定申告は税金を還付してもらうだけでなく、後からの住民税に大きく影響します。また国民健康保険制度を利用しているのでしたら、算出の基本は、確定申告です。申請用紙をみると、1枚は市町村へそのまま行くようになっています。その理由は前述した通りです。税金の計算は、今年から特に楽になり、国税庁のホームページから用紙を選択し、数字だけ入れれば自動的に作成してくれます。また、税務署へ行かなくても申告書を税務署へ送れば交通費はかかりません。郵送料はかかりますが。いろいろと後の公的出金に備えて確定申告はしたほうが有利です。

Q年間40万円前後のバイト収入は申告すべきですか?

私自身は、会社員での年収が450~480万ほどあります。
個人事業も兼業しておりますので、3月には確定申告をしていますが、収入は建物や車両の減価償却分がまかなえる程度ですから「収入」といえるものは得られない額です。

気になることがあり、教えて頂きたく、質問させていただきました。

今、大学3年生の娘がおりますが、平成22年のアルバイト収入が19万ほど。
これは申告すべきものなのでしょうか?

20年は40万円ほど、21年は39万円ほど収入がありましたが申告しておりません。

小遣い銭程度の少額だから良いであろうと思っていたのですが、実際のところどうすべきなのでしょうか?

娘は私の扶養家族としていますが、もし申告すべきものならば、私が申告するのでしょうか?娘がするのでしょうか?

教えていただけますか。

Aベストアンサー

>娘は私の扶養家族としていますが、もし申告すべきものならば・・

娘さんの所得は娘さんが申告し、あなたの所得はあなたが申告します。日本の所得税法には、夫婦単位で申告する、あるいは家族単位で申告するという概念がないのです。従って夫婦であろうと家族であろうと、別々に自分の所得を申告することになります。


>小遣い銭程度の少額だから良いであろうと思っていたのですが、実際のところどうすべきなのでしょうか?

アルバイト程度の給与所得だけの年については次のようになります。

A.税務署へ確定申告する法的義務:

(1)一個所の勤務先から給与をもらった場合;
確定申告義務はありません。
根拠法令等:【所得税法第百二十一条第一項第一号】and/or【所得税基本通達121-4】)。
《注》二箇所以上に勤務した場合であっても、勤務期間が重ならなければ”一個所の勤務先”とみなします。つまり、先ずD社に勤務、そこを辞めてE社に勤務、そこを辞めてF社に勤務、というように次々に勤務先を変えても、二箇所以上の勤務先に”同時に勤務”しなければ良いのです。

(2)二箇所以上の勤務先から給与をもらった場合(=二箇所以上の勤務先に”同時に勤務”した場合);
・給与総額が150万円以下ならば、無条件に確定申告義務はありません。
・給与総額が『150万円』と『雑損控除、医療費控除、寄付金控除及び基礎控除を除く所得控除の額』との合計額以下ならば、確定申告義務はありません。
・給与総額が『150万円』と『雑損控除、医療費控除、寄付金控除及び基礎控除を除く所得控除の額』との合計額を超えるならば、税務署へ確定申告する法的義務があります。
根拠法令等:【所得税法第百二十一条第一項第二号ロ】


B.税務署へ確定申告書を提出して給与から源泉徴収された所得税の還付を受ける法的権利:
給与から源泉徴収された所得税の金額にもよりますが、もし娘さんが国民年金保険料を払ったような場合は、税務署へ確定申告することにより、源泉徴収された所得税の一部、または全部を返してもらえるでしょう。
根拠法令等:【所得税法第百三十八条】

>娘は私の扶養家族としていますが、もし申告すべきものならば・・

娘さんの所得は娘さんが申告し、あなたの所得はあなたが申告します。日本の所得税法には、夫婦単位で申告する、あるいは家族単位で申告するという概念がないのです。従って夫婦であろうと家族であろうと、別々に自分の所得を申告することになります。


>小遣い銭程度の少額だから良いであろうと思っていたのですが、実際のところどうすべきなのでしょうか?

アルバイト程度の給与所得だけの年については次のようになります。

A.税務署へ確...続きを読む

Q義父が副収入で120万円ほど収入をえるように

なります。それ以外に年金もあるのですが、今までは私の扶養になっておりましたが、こういう場合扶養から外れることになるのでしょうか。また、税金はどのようになるのでしょうか。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>義父が副収入で120万円ほど収入をえるようになります。それ以外に年金もあるのですが、今までは私の扶養になっておりましたが、こういう場合扶養から外れることになるのでしょうか。

「扶養から外れる」=「健康保険の被扶養者資格抹消になる」として回答させていただいます。

「健康保険の被扶養者」の認定は、各保険者(保険の運営者)が独自に行なっています。

保険者は全国で1,000以上ありますので、【加入している】保険者の要件をご確認ください。

なお、「厚生省(現厚労省)」が以下のような通達を出していますので、これを逸脱するような保険者はいませんが、逸脱しない範囲で要件は違っています。

『[PDF]収入がある者についての被扶養者の認定について』
http://www.itcrengo.com/kitei/1-5nintei_kijun.pdf

『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20081001/1019299/?rt=nocnt
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1964
『けんぽれん>よくある質問』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml

(協会けんぽの場合)『健康保険の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
(公文健康保険組合の場合)『Q9 自営業をしている妻の収入が130万円を超えた。』
http://kumon-kenpo.or.jp/hoken/qa_minaoshi.html#box09

>また、税金はどのようになるのでしょうか。

あいにく、現在の情報だけでは、概算でも回答が難しいです。

ただし、「所得税」は「国税」ですから、きちんとした統一ルールがあります。
「住民税」も「地方税」ではありますが、自治体の条例などによる変更がなければ、原則、全国一律です。

また、たとえ親子でも「納税者」としては、それぞれが、それぞれの所得に応じて納税することになります。

間接的に影響があるのは、「扶養控除」などの「所得控除」ですが、これも明確な要件がありますので、それに従うだけです。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
※所得控除が増えても「所得金額」は変わりません。変わるのは「課税される所得金額」です。

税金のポイントは、「収入」と「所得」はまったく別のものとして扱われるということと、「所得の種類」によって「所得金額の求め方」も「課税の方法」も違うということです。

『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/

『所得額の計算と課税方法』
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto318.htm
『所得の種類と課税のしくみ』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319.htm

(備考)

会社が支給する「○○手当」については、給与規定によって支給されるものなので、勤務先へご確認ください。

(参考)

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003807.html

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします

長いですがよろしければご覧ください。

>義父が副収入で120万円ほど収入をえるようになります。それ以外に年金もあるのですが、今までは私の扶養になっておりましたが、こういう場合扶養から外れることになるのでしょうか。

「扶養から外れる」=「健康保険の被扶養者資格抹消になる」として回答させていただいます。

「健康保険の被扶養者」の認定は、各保険者(保険の運営者)が独自に行なっています。

保険者は全国で1,000以上ありますので、【加入している】保険者の要件をご確認ください。

なお、「厚...続きを読む

Q株の売却による確定申告

昨年、一般口座で200万円で売却した株があります。
この株は長年、タンス株として持っていたもので、
購入価格はやはり200万円程です。
取得価格を証明するものとしては、その時の明細は残っておらず、
家計簿のメモ書き程度のものです。
この場合、譲渡益はないので確定申告は不要と考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

取得価格に関しては、質問者もお調べの通りです。家計簿のメモ、日記等で十分です。そこだけの抜き書きではなく、家計簿一冊持ち込みます、ちなみに、手帳のメモでも大丈夫です。
さらに、書き換え日を知っていらっしゃいますが、どうしてですか、書き換え日のメモが残っているという事でしょうか。それとも、株券のコピーが残っているとか。どちらも、有効に使用できます。最悪、売却済みですが、信託会社に、正式名称は忘れましたが、株主であった時期の証明をもらう事です、今はどうか知りませんが、以前は無料で発行してくれました。だめもとで、問い合わせてみたらどうでしょう。
最後に、売却を受けた証券会社は約定代金が、ある一定の価格を超えた場合(30万円と記憶してますが)、税務署に支払い調書というものを出しています。これで、株式の売買はほぼ税務署に握られているという事です。少額のプラスであっても、申告しましょう。忘れた頃に、問い合わせを受けてあたふたしないためにも。以前は、証券会社からの支払い調書(住所・氏名・銘柄・金額・売却時期等)は、紙でしたが、現在は、税務署は、電子的帳票(CD-ROM等)を要求してきています。何を言いたいかというと、紙の時代は、紙を電子化いるのに時間と手間を必要としていましたので、全部に当たっているか不明(あくまでも私見です)ですが、現在は、名寄せ等簡単にできるようになったという事です。言い換えれば、頻繁に株の売買を行っているのに、申告をしない人のチェックが容易になったという事でしょう。蛇足ですが・・・・・。
また、マイナスの場合でも、是非申告しましょう、このマイナスは、翌年以降3年繰り越しできますから。
長くなりましたので、後はご自分でお調べください。

取得価格に関しては、質問者もお調べの通りです。家計簿のメモ、日記等で十分です。そこだけの抜き書きではなく、家計簿一冊持ち込みます、ちなみに、手帳のメモでも大丈夫です。
さらに、書き換え日を知っていらっしゃいますが、どうしてですか、書き換え日のメモが残っているという事でしょうか。それとも、株券のコピーが残っているとか。どちらも、有効に使用できます。最悪、売却済みですが、信託会社に、正式名称は忘れましたが、株主であった時期の証明をもらう事です、今はどうか知りませんが、以前は無...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報