こんにちは。
保険料控除と契約者名義について教えていただきたいことがあり、質問します。

会社の保険料控除申告で控除証明書を提出しますよね?
私の加入している生命保険の契約者名義は、学生時代からずっと父の名義のままなのですが、これは自分の名前に変更をしたほうがいいのでしょうか?
私は独身・親と同居で、保険料を払っているのは自分自身です。
会社側に書類提出する期限がせまっているんですけど、先に書類を出して、証明書だけ後から送付、ということも可能だそうなので、急いで名義変更して証明書を再発行してもらい、私の名義で申告しようと思っているのですが、これでいいのでしょうか。

この分野のことはサッパリで、保険料控除が何なのかもイマイチわかっていません…。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

生命保険料の控除は、実際に支払った人が控除できますから今回はそのままの証明書で申請しても問題はありません。



ただ、その保険の契約者と受取人が違う場合は、保険が満期になった場合、契約者から受取人に対する贈与となり贈与税がかかります。
そんな問題もありますから、いずれ、契約者の名義は変えた方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます!
下の方も少し触れてくださっていましたが、このままだと満期になったときに贈与税がかかってしまうのですね…。
とりあえず今回はあせらずそのまま申請して、その後名義変更の手続きをとりたいと思います。
本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 18:58

名義変更はしたほうが良いです。

(と思いますガ正しい)

なぜなら、保険屋さんから言われたことですが、名義人=支払い者の方が良い。理由は、不明確ですが、支払額によっては贈与になる?と言われました。
また、保険料控除、会社に提出した際、これは?と聞かれることがあります。
細かい人?だと。
名義人か、扶養者のですから。一般的に。

ご参考まで「
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり名義人と支払人は同じ方がいいのですね。
会社の担当者からも、名義人が本人の名前と違っても「説明すれば」そのまま提出出来ると言われたんです。
でも今後毎年この時期に「説明」するのは面倒なので、いっそのこと今回から名義変更してしまえ!と思ったものですから…。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 18:47

 年末調整の社会保険料控除は、支払った人が控除をすることになっていますので、保険料をご自身で支払っているのであれば問題はありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/15 18:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整の保険料控除申告書の社会保険料控除の書き方

夫婦共働きで、各会社に勤務しているものです。

夫の会社は社会保険に加入しておらず、国民年金、国民健康保険を個人で支払っています。
(そんな夫の会社はどうかと思うので、来年あたり転職を考えておりますが。。)
私は派遣社員で、週4日で6時間勤務の為、派遣会社の社会保険に加入できず、
やはり同じく、国民年金、国民健康保険を個人で支払っています。

国民健康保険は、口座引き落としで支払っていますが、
世帯が一緒の為、2人分が合算して請求され、引き落とされています。

年収は
夫は、470万円くらい(国民健康保険料納付額:約29万円)
私は、190万円くらい(国民健康保険料納付額:約16万円)
そのほか、個人的に保険等にも加入しています。

----------------------------------------------------------------------
(1)私も扶養範囲とかよく考えず、働いてしまったため、190万くらいの年収になってしまいました。
 103万、141万の壁とか聞きますが、私の場合、夫妻は別々に「保険料控除申告書」を
 書くということでいいのでしょうか。
 それとも、夫の申告書だけでいいのでしょうか。
 
(2)また、別々に「保険料控除申告書」を書いた場合でも、夫の保険料控除申請書の
 「配偶者特別控除」欄に、私の所得等を記入する必要はあるのでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
(3)各自の保険料控除申告書の「社会保険料控除欄」に
 国民健康保険料を書く場合、下記(a)~(c)のどの対応をしたらよいでしょうか。
 ※共働きで保険料は各々出していますが、引落し口座は夫名義です。

 (a)夫の保険料控除申告書に、2人分の保険料を記入する。
 (b)夫と妻(私)、それぞれの保険料は、それぞれの保険料控除申告書に記入する。
 (c)どちらでもよい


(4)ちなみに、夫婦の収入は下記ですが、どちらの保険料控除申請書に、国民健康保険料を
 記入した方が税金が少しでも安くなるとか、年末調整の還付金が多くなるとか
 あるのでしょうか。。。宜しかったら教えて下さい。
----------------------------------------------------------------------
以上、知識不足で分かりにくいと思いますが、なにとぞ宜しくお願い致します。

夫婦共働きで、各会社に勤務しているものです。

夫の会社は社会保険に加入しておらず、国民年金、国民健康保険を個人で支払っています。
(そんな夫の会社はどうかと思うので、来年あたり転職を考えておりますが。。)
私は派遣社員で、週4日で6時間勤務の為、派遣会社の社会保険に加入できず、
やはり同じく、国民年金、国民健康保険を個人で支払っています。

国民健康保険は、口座引き落としで支払っていますが、
世帯が一緒の為、2人分が合算して請求され、引き落とされています。

年収は
夫は、470万円く...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の所得税率は5%ですが、ご主人様の税率は所得金額によっては10%になる可能性があります。
ご主人様の年収470万円くらいとのことなので、給与所得控除後の金額は322万円。所得税率が5%になる要件は課税給与所得金額が195万円以下です。
課税給与所得金額=給与所得控除後の金額-所得控除額の合計額です。
所得控除額の合計額とは、基礎控除・扶養控除・その他各種控除の合計額です。
従って、ご主人様は所得控除額の合計額が127万円以上あれば税率が5%になるので、二人合わせて考えると、どちらから控除しても税金は変わりません。もし仮に127万円以下であればご主人様の所得税率は10%になるので、その場合はご主人様の方で国民健康保険料を控除した方が税金が多少安くなります。

Q「給与所得者の保険料控除申告書」の「社会保険料控除」欄の書き方を教えてください。

先日、アルバイトの勤務先から、「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」と「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をもらいました。

「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の左下には、「社会保険料控除」と題する欄があり、その中には、
「社会保険の種類」、「保険料支払い先の名称」、「保険料を負担することになっている人の氏名」、「保険料を負担することになっている人のあなた(書類を作成する人)との続柄」、「あなたが本年中に支払った保険料の金額」
の五項目があります。

アルバイトと健康保険の加入状況は次のとおりです。
今年の2月・・・アルバイト、勤務先の健康保険に加入。(給料から健康保険料・年金保険料が天引きされる)
3月~10月・・・アルバイトをせずに就職活動、国民健康保険に加入。
11月・・・・・・再びアルバイトを開始。引き続き国民健康保険に加入(アルバイトは開始していますが、会社の保険に入り給料から健康保険料・年金保険料が天引きされるようになるまで、勤務を開始して2,3ヶ月かかると言われております)

私の場合における「社会保険料控除」の五項目の記載方法を教えてください。

特に五項目の中に「あなたが本年中に支払った保険料の金額」とありますが、まだ今年は11月なので、今年中に「支払った保険料の金額」はまだ確定しないと思われますが、どのように記載すればいいのでしょうか。

また、この書類の記載方法を記したサイトなどがあれば合わせてご教授をお願いします。

なお、「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」については、私は結婚もしていないし、扶養家族もいないので、この書類は簡単な記載で済ますことができそうです。

どうぞよろしくお願い致します。どうぞよろしくお願い致します。

先日、アルバイトの勤務先から、「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」と「平成18年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をもらいました。

「平成17年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の左下には、「社会保険料控除」と題する欄があり、その中には、
「社会保険の種類」、「保険料支払い先の名称」、「保険料を負担することになっている人の氏名」、「保険料を負担することになっている人のあなた(書類を作...続きを読む

Aベストアンサー

>今年の2月・・・アルバイト、勤務先の健康保険に加入。(給料から健康保険料・年金保険料が天引きされる)
この分は記入しません。

>3月~10月・・・アルバイトをせずに就職活動、国民健康保険に加入。
11月・・・・・・再びアルバイトを開始。引き続き国民健康保険に加入
この部分を記入します。

国民健康保険
社会保険の種類→国民健康保険
保険料の支払い先の名称→住んでいる区・市・町など
保険料を負担することになっている人の氏名→世帯主
国民健康保険は世帯主に請求がきます。世帯主が貴方なら、貴方の名前、同居していて親が世帯主の場合は親の名前を書きます。納付書で確認してください。
続柄→貴方が"保険料を負担することになっている人"なら「本人」、親などであれば「子」、妻や夫であれば「配偶者」です。
支払った保険料→12月末日までに支払う見込み額でいいです。もし支払わなかったりしたら、1月に会社で年末調整の訂正をお願いするか、確定申告で訂正します。

国民年金
社会保険の種類→国民年金
保険料の支払い先の名称→社会保険庁
保険料を負担することになっている人の氏名→貴方の名前
続柄→本人
支払った保険料→これも12月末日までに支払う見込みです。
※尚、国民年金は今年から控除証明書の添付が必要となりました。もう家に届いていると思います。

2月までのアルバイトの給料、支払った保険料などは源泉徴収票が証明してくれます。ですから、その前のアルバイト先から源泉徴収票を取り寄せて、今回の年末調整の書類と一緒に今のアルバイト先に提出します。

参考URL:http://www.m-net.ne.jp/~k-web/nentyou/hokenryo.html

>今年の2月・・・アルバイト、勤務先の健康保険に加入。(給料から健康保険料・年金保険料が天引きされる)
この分は記入しません。

>3月~10月・・・アルバイトをせずに就職活動、国民健康保険に加入。
11月・・・・・・再びアルバイトを開始。引き続き国民健康保険に加入
この部分を記入します。

国民健康保険
社会保険の種類→国民健康保険
保険料の支払い先の名称→住んでいる区・市・町など
保険料を負担することになっている人の氏名→世帯主
国民健康保険は世帯主に請求がきます。世帯主が貴方な...続きを読む

Q保険料控除申告書と扶養控除等申告書はどこで書き方を

毎年会社でもらう
「保険料控除申告書」と「扶養控除等(異動)申告書」には
今まで保険にも加入しておらず、
結婚もしていないので名前と住所だけ書いて
出せばいいという程度の知識しかありませんでした。


今年結婚をし、
保険にも加入したので書き方を把握しなければと思いましたが
チンプンカンプンです(*_*)


保険料控除申告書では
保険会社から届いた「保険料控除証明書」をみて
保険会社の名称、保険の種類、期間、契約社・受取人、金額をそのまま記入してみましたが
それ以外はどこまで自分が書かなくてはいけないのか‥(*_*;


扶養控除等申告書は名前と生年月日と世帯主と住所以外は
何を書いていいのかわかりません‥


ネットで検索してみるも、
なにが自分に合っているのかもわかりません(;_;)


周りの人に聞いても、私が理解しないまま、
見よう見まねで書いたものを見て
「大丈夫よこれで」程度でやってこれてしまうため、
結局わからないままです(-_-;)


どこかでちゃんと書き方を教えてくれるところは無いのでしょうか?
(税務署にいけば書きか方を教えてくれる窓口があるとか)
できれば人と向き合って相談したいのです。


こんな質問恥ずかしいですがよろしくおねがいしますm(_ _)m

毎年会社でもらう
「保険料控除申告書」と「扶養控除等(異動)申告書」には
今まで保険にも加入しておらず、
結婚もしていないので名前と住所だけ書いて
出せばいいという程度の知識しかありませんでした。


今年結婚をし、
保険にも加入したので書き方を把握しなければと思いましたが
チンプンカンプンです(*_*)


保険料控除申告書では
保険会社から届いた「保険料控除証明書」をみて
保険会社の名称、保険の種類、期間、契約社・受取人、金額をそのまま記入してみましたが
それ以外はどこまで自分が書かなくて...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>どこかでちゃんと書き方を教えてくれるところは無いのでしょうか?
>(税務署にいけば書きか方を教えてくれる窓口があるとか)
>できれば人と向き合って相談したいのです。

公的な窓口は一つ、「税務署」だけです。

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。

なお、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の保険料控除申告書…」は、【給与所得者が】【自分で確定申告することなく】【勤務先が行う、源泉徴収と年末調整で】【所得控除を申告する】手続きです。

ですから、「書き方が分からない」というのは「所得控除の仕組みが分からない」ということなので、「税務署」で相談するときも「所得控除の仕組み」を聞くことになります。

※「控除」は「金銭などを差し引くこと」で、税金にはいろいろな控除が用意されています。

ちなみに、「源泉徴収」と「年末調整」は「給与の支払者(≒会社)」の【義務】です。
ですから、「給与の受給者(≒従業員)」にきちんと指導するように求められています。

『平成24年版 源泉徴収のしかた』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/shikata2012/01.htm
>>7ページ
>>給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
>>この申告書を提出できる人…についてはこれを提出するよう指導してください。
>>なお、給与等の支払を受ける人から受理したこの申告書は、給与等の支払者が保管することになっており、税務署へ提出する必要はありません

『平成24年分 年末調整のしかた』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2012/01.htm
>>10ページ
>>…これらの申告を忘れていると思われる人については、早急に申告をするよう指導してください。
>>…なお、扶養控除等(異動)申告書の記載に当たっての注意事項を各人に周知するための文例…などを94ページ以降に掲載していますので、是非ご活用ください。

しかし、「給与の支払者」が正しく指導できるとは限りません。(実際、税務に詳しくない人が「義務だから」という理由で「しょうがなく」行なっているというようなケースも多いです。)

ですから、「税務署」に相談するのがベストではあります。
なお、民間の相談先は、「税理士」です。

(参考情報)

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
『[手続名]給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『所得税の「基礎控除」とは』更新日:2010年09月06日
http://allabout.co.jp/gm/gc/252921/

『源泉徴収とは??支払者が所得税を納付』更新日:2009年04月30日
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。
『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
『国税庁>税理士制度>日本税理士会連合会>5 税理士をお探しの方へ』
http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishiseido/rengokai/rengou.htm#a-5

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】税務署に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>どこかでちゃんと書き方を教えてくれるところは無いのでしょうか?
>(税務署にいけば書きか方を教えてくれる窓口があるとか)
>できれば人と向き合って相談したいのです。

公的な窓口は一つ、「税務署」だけです。

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。

なお、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」「給与所得者の保険料控除申告...続きを読む

Q住宅ローン控除の提出書類(共有名義のもの)でおしえてください

住宅ローン控除の確定申告を行うのですが、夫婦共働き(共に会社員)で、土地建物とも夫6、妻4の持分で共有名義として12年8月に不動産を購入しました。
今回が初めての確定申告なので、いろいろホームページ等を見に行ったのですが、添付書類のなかに登記簿謄本、住民票、建築請負契約書等を添付することまでは載っているのですが、登記簿謄本については、やはり夫婦でそれぞれ一部づつの書類が必要なのでしょうか...?
添付書類ということは、必要な気もしますし、申告後返却されそうな気もしますし、よくわかりません...よろしくご指導お願い致します m(_ _)m
また、登記簿謄本は現在、契約時(H12.8月)に司法書士の方に手続きしていただいた際のものが一部あるのですが、これは今回の確定申告時に有効なものとなるのでしょうか、あわせて教えていただけたらありがたいです。(@_@)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 大丈夫ですよ~謄本、契約書、住民票はコピーでいいんです、2人とも。
有効期限が気になりますが、下記のURLではそこまで書いてませんし、初めだけ
必要な書類ですし、購入の際の謄本で自分も申告したような気がしますので
そのままコピーして添付してみてはいかがでしょう?記載事項が用件に
達しているかだけのチェックだったと思うのですが。
正本が必要なのは銀行や公庫からの借入金の年末残高の証明書です。
公庫は共有名義分として一人ずつに証明が出たような気がしますが
もしも1枚しかなくてもコピーをとってどちらかに添付し、コピーに
「正本は○(名前)○の申告書に添付済み」など書いておくといいでしょう。
 また、銀行によっては催促しないと証明書を出さないところもあると聞きましたので手元にあるかすぐに確認してください。これがないと申告は不可能です。
もしなくて銀行が手間取っても還付の申告は3月15日をすぎてもなんの
ペナルティーもありませんので銀行でケンカまでして急がせる必要は
ないですよ。出すのが遅れた分だけ還付の時期もずれてしまいますが・・。
 また、税務署ではコピーサービスがありませんので事前に必要枚数を
コピーしてそろえて書類と源泉徴収表とハンコと還付口座のわかるものを持って
税務署の還付コーナーへお出かけください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1239.HTM

 大丈夫ですよ~謄本、契約書、住民票はコピーでいいんです、2人とも。
有効期限が気になりますが、下記のURLではそこまで書いてませんし、初めだけ
必要な書類ですし、購入の際の謄本で自分も申告したような気がしますので
そのままコピーして添付してみてはいかがでしょう?記載事項が用件に
達しているかだけのチェックだったと思うのですが。
正本が必要なのは銀行や公庫からの借入金の年末残高の証明書です。
公庫は共有名義分として一人ずつに証明が出たような気がしますが
もしも1枚しかなく...続きを読む

Q住宅借入金の申告書の控除額と控除証明書の控除額

年末調整で「 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書 」を記入チェックをしていて理解できないので、お教えください。

国税庁の解説のPDFで、この申告書の(14)の住宅借入金等特別控除額・・・つまり年末の借入金残高の1%(100円未満切り捨て)が、

この書類の下半分の「 年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書 」の
〇ヲ 住宅借入金等特別控除額と一致しません。他の国税庁のサンプルを見ても一致しません。

証明書の金額は印字されたもので、こちらが控除額になるとは思うのですが、それで良かったでしょうか。

また、一致しないのはどういったことでしょうか。上半分の申告書の計算ではなく、別途計算した書類が存在するのでしょうか。

下記が国税庁の書き方の解説です。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2013/pdf/96.pdf

勉強不足でお恥ずかしいのですが、周囲に聞いても分からず、相当期間調べても分からなかったので、お助け頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。

年末調整で「 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書 」を記入チェックをしていて理解できないので、お教えください。

国税庁の解説のPDFで、この申告書の(14)の住宅借入金等特別控除額・・・つまり年末の借入金残高の1%(100円未満切り捨て)が、

この書類の下半分の「 年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書 」の
〇ヲ 住宅借入金等特別控除額と一致しません。他の国税庁のサンプルを見ても一致しません。

証明書の金額は印字されたもので、こちらが控除額に...続きを読む

Aベストアンサー

下半分の印字された金額は借入当初の金額を元にした控除額であり、10年間控除出来る金額はその金額を上限として、その年毎の年末残高の1%になります。普通に返済していればローン残高はどんどん減っていくので、借入時の金額は何の意味も持ちません。残高が減る以上、借入当初と現在の年末残高が合わないのは当然のことだということです。

下半分の数字は、単に上半分に転記するために記載されていると考えてください。でないと、一々覚えてる人は居ないでしょうから。
ロ→2A
ハ→3A分母
ニ→3A分子
ホ→2B
ヘ→3B分母
ト→3B分子


人気Q&Aランキング

おすすめ情報