コペルニクスはどのようにして地動説へたどり着いたのですか?またなぜ他の惑星ではなく太陽を中心として考えたのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地球の外側の惑星(火星や木星や土星)が、観測を続けていると


「逆行」する現象がみられる。そして「逆行」しているときの惑星が一番明るく見える。
ということが知られてきました。
「天動説」でそれを説明すると、火星などの動きを表わすのに、とてもややこしい法則を持ち出さないといけなくなってしまうのですが、
「地動説」にたてば、外側を回っている火星を内側の地球が追い越す時に、火星が後ろにおいていかれる形になる。そして追い越す時に火星との距離が一番近くなるから、最も明るく見える、ということで単純な同心円(コペルニクスはケプラーの法則は知らないから同心円で)で説明できる、
ということだったと聞きました。

あと、「年周視差」というのがあって、
太陽系外の恒星を観察していると、それまでプトレマイオスの天球儀では「恒星」は同じ球にはりついていると言われていたのに、
季節によって、構成の位置関係が微妙にずれている。
いわゆる「右目と左目」で微妙にちがう画像をみて立体感を感じているように、太陽を挟んで公転直径を両目の間隔にして、恒星が立体的にとらえられるようになる、というのがあります。(ただ、コペルニクスはそこまで観測できていなかったでしょう。望遠鏡を発明したのはガリレイでしたから)
    • good
    • 0

 


   普通、天動説と呼ばれているものは、プトレマイオスの惑星や恒星の天球上の運動を説明するための「太陽系」のモデルを言います。
  ところで、単純に地球を中心として、諸惑星・太陽がその周りを回っているとするモデルでは、観測精度が上がるにつれ、実状に合わなくなります。(惑星は奇妙な不可解な見かけの運動をするのです)。
 
  そこで、どうしたかというと、各惑星・太陽の円軌道に、更に、小さな円軌道(小周回円)を考え、観察事実に合わせようとしました。観察精度が上がるにつれ、この小周回円による補正は非常に複雑で込み入ったものとなりました。
 
  自然科学の対象モデルについては、単純で美しいものがモデルの条件の一つにもなります。地球が中心だというのは、「単純な考え」であり「単純なモデル」です。地球中心思考という考え以外にも、天文研究者にとっては、こういうモデルの単純さ・美しさが、モデルの妥当性の確信になっていたのです。
 
  しかし、修正プトレマイオス・モデルはあまりに複雑で、どうも人工的な作為のようにも思えて来たということがあります。神が創造したシステムで、こんな複雑なものがあるのは何故か? という疑問が起こって来ます。
 
  その時、コペルニクス以外にも、従来の修正プトレマイオス・モデルとは異なるモデルを考える人たちが、天文の観察者や思想家の中で出てきました。コペルニクスは、地球を中心に置いた方が、惑星の運動が、非常に単純に表現できることを見いだしました(というか、このことは、コペルニクス以外にも知っていた人はいたと思います)。つまり、錯綜した補助小周回円を使わなくとも、ごくわずかな補正周回円で、もっと単純に、惑星の複雑な見かけの運動を説明できることを見いだしたということです。
 
  そこで、太陽系のモデルとしては、修正プトレマイオス・モデルよりも、太陽を中心に、その周りを地球も含め、諸惑星が回っているというモデルを主張しました。コペルニクスのモデル提唱は、「モデル提唱」でした。このことは重要な意味を持ちます。
 
  何故、太陽を中心にというのは、まず、太陽と他の惑星、月を考えると、太陽が特に特別な天体だということは自明でしょう。あれだけの光を発しているのは、太陽だけです。また、大きさが当時、肉眼観察で分かっていたのは、太陽と月だけですが、月の輝きは、太陽の光の反射であることは明らかでした。とすれば、太陽を中心とするモデルが有望だということになります。(他の惑星を中心とするモデルも造ってみたのかも知れませんが、それでは、惑星の見かけの運動を単純に美しく説明できないというので、放棄されたのかも知れません)。
 
  こうしてコペルニクスは、公然と、太陽を中心とするモデルを提唱しました。カトリック教会を初め、他の天文研究者たちも、モデルとしては、なかなか興味深いと考え、それが果たして正確に観察事実などを説明するだろうかと吟味を行ったことでしょう。
 
  コペルニクスは、教皇庁の弾劾を受けていませんし、破門とか、自説の撤回とかを求められていません。しかし、ガリレオ・ガリレイは、コペルニクスのモデルこそ妥当だと確信し、「太陽系は太陽を中心として諸惑星が、地球も含めて、《実際に》運動している」と主張しました。カトリックは、モデルを立てることは、それなりの学者なら、異論は唱えなかったのです。しかし、ガリレオは、実在世界が、太陽を中心に運動していると主張したので、これは看過できなかったのです。
 
  コペルニクスは、当時様々な説があった、太陽系のモデルの一つの提唱者の一人です。コペルニクスの原モデルは、モデル的に単純で美しかったでしょうが、当時の精緻な修正プトレマイオス・モデルと比べると、観測結果との一致で劣っていたとされます。
 
  しかし、ガリレイのモデルがあり、更にケプラーのモデルがあり、……歴史の結果として、太陽の周りを地球を含め諸惑星が回っているというモデルの方が、現実の宇宙の天体運動については、プトレマイオス・モデルよりも、妥当だという証拠が、コペルニクス死後に、陸続と出てきて、結局、コペルニクスの提唱したモデルを修正した形で太陽系の運動は把握され、この時、最初に、このようなモデルを学問的理論として提唱したのは誰かとなると、それはコペルニクスであるということになったのです。
 
  コペルニクスは、見かけの惑星の運動を単純に説明するには、太陽を中心としたモデルの方が、より適していると考え、そういうモデルを提唱したのです。(太陽のまわりの惑星の運動の精緻なありようについては、ティコ・ブラーヘの観察結果に基づいて、三つの運動法則を唱えたケプラーの理論の方が優れているでしょう。もっともケプラーは、違ったモデルを構想していたようですが)。
 
    • good
    • 0

 たしか、惑星の動きに納得がいかなかったからじゃなかったでしたっけ。


 惑星は地球とは違う太陽軌道上を、地球とは違う速度で回っているので、地上からは「うろうろと惑っているような動き」をしているように見えます。

 なぜこうなるのかを突き詰めた結果、惑星はすべて、太陽を中心として円を描いていると考えれば納得がいくと考えたとかなんとか。
 まあ、そんな感じだったと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天は赤い河のほとりのような漫画ってありますか?

天は赤い河のほとりのような漫画を探しているのですが何かオススメありますか?
・異世界にトリップ
・そこで逆ハーレム(ベタな、、)というかいかにもな恋愛要素が欲しいです
ちなみに王家の紋章のほうは絵が古く感じ、見にくくて(ファンの方すみません)数ページしか読めませんでした。
同じ「異世界に飛ばされる」といった設定のマ王、AMAKUSA1637も面白いけど何か違うし…(AMA~は日本だしマ王はそもそも作風が。。)
少女漫画!!!という感じのが読みたいです。
この設定にこだわらなくても天河ファンなら好きそうだな~っていうのも嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。思い出したので追加させていただきます。
『ふしぎ遊戯』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091387314/qid=1137986369/sr=1-21/ref=sr_1_2_21/250-2231608-6953063
異世界といっても本の中ですが……。
(別の世界だからOKかなー、と)
現在は『ふしぎ遊戯 玄武開伝』という新シリーズが刊行されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091384714/qid=1137986343/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-2231608-6953063
連載時期は『ふしぎ遊戯』→『ふしぎ遊戯 玄武開伝』ですが、物語の時間としては『ふしぎ遊戯 玄武開伝』→『ふしぎ遊戯』ですね。
(つまりは『ふしぎ遊戯 玄武開伝』のネタバレなんかが『ふしぎ遊戯』にはちょこっとあったりするわけで)
どちらから読んでも構わないと思います。

『魔法騎士レイアース』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063346420/qid=1137986592/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-2231608-6953063
これも一応、異世界トリップ+恋愛ものですね。
(ただ連載雑誌が『なかよし』だったので、恋愛といってもたかがしれていますが)

あとは少年マンガですが
『犬夜叉』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409125201X/qid=1137986670/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-2231608-6953063
少年マンガなのでバトルシーンが多いですけど、恋愛色もあります。
(異世界トリップと言うよりはタイムスリップですが、アレも別の世界と言えなくもないかと)
ただかなり長いので、今から集めると大変というのはありますが……。

『天空のエスカフローネ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047131040/qid=1137986795/sr=1-9/ref=sr_1_8_9/250-2231608-6953063
実はアニメの方しか知らないんですが(^^;
(リンク先はコミックスです。しかしコミックスは読んでないので……)
アニメは異世界トリップ+恋愛色の濃い作品でした。
一見ロボットアニメと見せかけて恋愛アニメでした……。

No.4です。思い出したので追加させていただきます。
『ふしぎ遊戯』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091387314/qid=1137986369/sr=1-21/ref=sr_1_2_21/250-2231608-6953063
異世界といっても本の中ですが……。
(別の世界だからOKかなー、と)
現在は『ふしぎ遊戯 玄武開伝』という新シリーズが刊行されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091384714/qid=1137986343/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-2231608-6953063
連載時期は『ふしぎ遊戯』→『ふしぎ遊戯 玄武開伝』ですが、...続きを読む

Q台風の中心気圧はどのように測定?

タイトルは昔からの疑問のひとつです。

狭い範囲の気圧なのでその地点にたまたま観測点がないと測定できませんよね。周囲の気圧勾配から推定するのは難しいと思うのですが。陸上ならまだしも、海上ではもっと困難!?

それとも気象衛星で気圧が測定できるのでしょうか?

中学生のころは気象庁の職員が気圧計を片手に台風の目を追跡しているのかと考えてました(笑)。

Aベストアンサー

では,私からも。
以前よそのサイトで,似た質問に答えたことがありますので,そのページを紹介しておきます。
「海上の気圧はどうやって測っているの?」
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA397.HTML
(一番最後の「うにうに」というのが私です)

なお,「気象が科学になりづらい」というご指摘に関しては同意しかねます。
気象学は自然科学の一分野ですし,ドボラック法はりっぱな科学的手法です。
夕焼け小焼けのような観天望気と同レベルで論じるべきものではありません。
No.1で紹介されているサイトでも指摘されているように,防災上重要な情報は,中心気圧よりもむしろ風の吹き具合と雨の強さです。
もちろん気圧も正確に求まれば,それに越したことはありませんが,それには観測機を飛ばすなどのコストがかかりますので,そちらはほどほどの水準で満足することにしたのではないでしょうか。
もっとも,実際に今のレベルで満足しているわけではなく(だからこそ森田さんも学会で指摘したわけでしょう),さらに精度向上のための研究は続いていると思いますが。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA397.HTML

では,私からも。
以前よそのサイトで,似た質問に答えたことがありますので,そのページを紹介しておきます。
「海上の気圧はどうやって測っているの?」
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA397.HTML
(一番最後の「うにうに」というのが私です)

なお,「気象が科学になりづらい」というご指摘に関しては同意しかねます。
気象学は自然科学の一分野ですし,ドボラック法はりっぱな科学的手法です。
夕焼け小焼けのような観天望気と同レベルで論じるべきものではありません。
No.1で紹介...続きを読む

Q麻雀漫画 天の赤木の言葉についてです。

麻雀漫画 天における赤木しげるの「責任を取る道は、身投げのような行為の中にはない。責任を取る道はもっと地味でずーっとまっとうな道。」という言葉についてですが、

その後の言われた本人のひろゆきの解答、「俺は俺の麻雀を全うすればいい」「たとえどんな状況であれ 自分の麻雀を捨てちゃいけない」などと解答してますが、

初めて読んだ時から今の今まで、自分の印象は、ポカーン、でした。

え、違うんじゃない? あ、そうか、これは福本さんがわざとひろゆきの未熟さを表現しているんだ、ほかの漫画では見られないが、読んだ読者に、おもしろくないななどと、悪い感想を持たれてなお、いやそれでこそ真に愚かさ、未熟さなどを表現できるんじゃないか、という前々から自分も思っていたような、比較的高度でないかと思われる登場人物の未熟さ、愚かさの表現方法なのではないか、いやそうであってください、お願いします、まさかあの解答が本気なんだとは人間の可能性を信じる意味で思いたくない、といった心境です。

赤木が言いたかったのはそんな発展的話でもなんでもなく、あの言葉通り、

「責任を取る道は、身投げのような行為の中にはない。責任を取る道はもっと地味でずーっとまっとうな道。」

というそれ以上でも以下でもなく、またそれが本質、本題だと思います。

まず単純にその言葉の意味を理解し、それこそが唯一するべきことだと思うのですが。

自分の麻雀をつらぬくだのなんだのは結果的にやることは人によってはそれになるかもしれないですが、ひろゆきさんまず見るとこ考えるとこがちゃうんじゃないかと。

例えるならば、交通事故を起こし誰かを死なせてしまった場合、だからといって自殺するのは責任を取ることにも何もならずただその本人さんの都合のいい現実逃避、責任放棄の手段でしかないと思います。

本当に責任を取るならば、それから長い長い間ずーっと謝り続ける、被害者の家族等にできるかぎりの(お金がすべてというわけではありませんが)お金やその他の援助などできる限りのことをする、被害者のお墓にお参りし続ける、何より罪の意識、その罪自体を向き合い続け、都合よく忘れたりしない、反省し続ける、などだと思います、例えばの一例ではありますが。

まぁそんな感じで、ひろゆきさんの解釈ってうーんポカーンというか、好意的に解釈するならば高度な未熟さの表現というかという心境です。

皆様の意見をお聞かせいただけると参考になってうれしいです、どうぞよろしくお願いします。

麻雀漫画 天における赤木しげるの「責任を取る道は、身投げのような行為の中にはない。責任を取る道はもっと地味でずーっとまっとうな道。」という言葉についてですが、

その後の言われた本人のひろゆきの解答、「俺は俺の麻雀を全うすればいい」「たとえどんな状況であれ 自分の麻雀を捨てちゃいけない」などと解答してますが、

初めて読んだ時から今の今まで、自分の印象は、ポカーン、でした。

え、違うんじゃない? あ、そうか、これは福本さんがわざとひろゆきの未熟さを表現しているんだ、ほかの漫画で...続きを読む

Aベストアンサー

そうだよ。
アカギは人に迷惑をかけないから《優しいからね》
自死さえ周囲の理解を得られたんだよ。

ヒロ・・にはヒロユキらしい地味と安寧な麻雀がある。

ふぅ・・・

Q地方真太陽時と南中時刻と太陽高度角について

南中時刻というのは、太陽の高度角が最大になる時刻と考えていいのでしょうか。
つまり、太陽が真南に来たとき、太陽の高度が最大になると考えていいのでしょうか。

明石がJSTの基準点ですから、明石ではJSTの12時に太陽高度角が最大になるのでしょうか。

また、地方真太陽時とは、南中時刻を12時とするものですが、
地方真太陽時では、1日の長さが24時間でなくなるのでしょうか。

例えば、
地方真太陽時の12時がJST12時10分ならば
地方真太陽時の15時はJST15時10分
となるのでしょうか。

Aベストアンサー

太陽がある地点で南中すれば、その時太陽高度は最大で、この地点での地方真太陽正午です。

1年を通じて太陽の位置を平均したものが平均太陽です。
地球軌道が楕円で傾いているため、太陽は平均太陽の周りを南北へ各
23°東西へ各4°の範囲で動き回ります。
JST(中央標準時)正午は東経135°における平均太陽の南中時刻です。

JST正午に太陽が南中する地点は、2月中頃平均太陽より最も東に寄る東経138.6°(例えば山梨県甲府市)から、11月初め最も西に寄る東経
130.9°(例えば福岡県北九州市)の間で変化します。

連続する2回の真太陽正午の時間間隔は24時間00分30秒から23時間59分39秒までの間で毎日変化します。

Q漫画「センゴク天正記」は三木合戦を描くのでしょうか?

週間ヤングマガジンで連載している宮下英樹さんの描いている
センゴク天正記についての質問なのですが、
現在は長篠の合戦を行っていると思うのですが、この戦いの後にはいったいどの戦を描くのか気になっています。
私個人としては地元の1578年から始まった三木合戦を描いてほしいと思っているのです。
この合戦は竹中半兵衛の死や秀吉の初の総大将としての活躍があり、豊臣秀吉の戦についての策略の基礎と言われるような合戦なので是非とも描いてほしいと思っているのです。
しかし、時代的にも本願寺との石山戦争などと被っているので少し心配になのです。
もしよろしかったら、情報をお持ちの方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえず新章は信長が上杉謙信に惨敗したとされる1577年の手取川合戦編に突入してます。三木合戦をもしやるのであれば、その後と言うことになりますが、今のところは何とも……… (^^;)。

Q惑星のこと

質問します
最近の研究で惑星が減ったと聞きました
冥王星ってどこに行ったんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
行方不目になったのではなく、もっとかわいそうな目にあったのです。
つまり資格剥奪されちゃいました。

Qタイムスリップものの漫画。

 こんばんは^^

 タイトル通りなのですが。。。
 少年漫画・少女漫画問いません。
 皆様のオススメな漫画をお教えくださいませ^^

 ちなみに「王家の紋章」「天は赤い河のほとり」は持っております。
 

Aベストアンサー

赤石路代さんの作品で見てみたいと思って見たことはないのですが、 

赤石路代 「AMAKUSA 1637」
高校生活最後を記念した集団で船旅をしている途中、タイムスリップして江戸時代初頭の島原へいってしまう話だそうです。

あと、藤子ふじお 「ドラえもん」

Qでは,インドでは?

このカテゴリーだったかどうか忘れてしまいましたが,「中国の人口が多い理由」という質問の回答で,どなたかが「インドの人口の多い理由は,また別にあります」ということをおっしゃっていました.ずばり,なぜですか?カースト制などと関係あるのでしょうか.

Aベストアンサー

「別にあります」と書かれた方がまだ回答されていないので、気になっておりました。
本人でないので自信はありませんが、私の思うところを書かせていただきます。

有名なのがカジュラホのヒンズー教寺院ですが、男女の交歓をかたどったミトューナ像が寺院外壁に刻まれているように、インドは古来から性に対して大らかな宗教観を持っていました。
性をなんら恥ずべきものでなく、むしろ「いいこと」としていたようです。
現在インドでは、政府の方針として性表現を厳しく制限していますが、元来はそのような宗教観があるのです。

カースト制とも関係していると思われますが、貧富の差が非常に大きい。教育の程度の差も大きい。貧しい階層には性の知識、避妊の知識が乏しいのではないでしょうか。
また貧しい人々は、家族が多いほうが労働力になって良いという根強い考えがあります。

インドには“早婚”の風習があります。
女性は初潮を迎えた時から結婚適齢期となります。
都市部では当てはまりませんが、農村部では根強く残る風習のようです。
一応政府の方針では「男性21歳、女性18歳以下の結婚は認められない」としていますが、守られてはいないようです。
早ければ10歳前後から子供を産み始めるので、当然子沢山になります。
このようなことも人口の多い理由の一つです。

ちなみに、インドの人口密度279(1994年)。
「中国の人口が多い理由」は歴史カテです。

もっと詳しい方が現れるといいのですが...。

「別にあります」と書かれた方がまだ回答されていないので、気になっておりました。
本人でないので自信はありませんが、私の思うところを書かせていただきます。

有名なのがカジュラホのヒンズー教寺院ですが、男女の交歓をかたどったミトューナ像が寺院外壁に刻まれているように、インドは古来から性に対して大らかな宗教観を持っていました。
性をなんら恥ずべきものでなく、むしろ「いいこと」としていたようです。
現在インドでは、政府の方針として性表現を厳しく制限していますが、元来はそのような...続きを読む

Q最近カイジにはまって、他の福本漫画もみたいです

特にアカギが気になっているんですが天という漫画のスピンオフみたいで、どっちからみた方がいいのかよくわかりません
やはり天も読んどいた方がいいですか?
また麻雀の漫画みたいなんで麻雀を知らない俺でも楽しめますか?
カイジみたいな別のギャンブルも見てみたいような…
あとカイジやアカギに公式ファンブックみたいな単行本とは別に本が出ていますか?
質問ばっかりですいません…

Aベストアンサー

「天」から読むことをお勧めします。
理由は簡単で、「天」はすでに完結していますが、「アカギ」の方は未だに連載が続いていて終わっていないからです。
特に「天」の方はラスト3巻(16~18巻)は完全に赤木が主役になっています。
内容も非常に濃いですし、赤木のファンになることは間違いないと思います(とにかくカッコイイ!)

麻雀が分からなくても大丈夫かということですが、知らなくても十分楽しめます。
知っていればもっと楽しめるのは事実ですが、
台詞回しや互いの駆け引き・リアリティある名言が福本マンガの最も面白いところだと思うので、
ルールを知らなくても大丈夫だと思います。
気になったならこれを機会に麻雀を覚えてみてはどうでしょう?
ハンゲームなどのネット麻雀で手軽にできるので、覚えたら楽しいですよ
(参考URLの所は良心的なサイトでわかりやすいのでお勧めです)

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~cbm15900/

Q大洋底拡大説の定義

ディーツとヘスが提唱した大洋底拡大説とは、
・「海嶺でできたプレートが、マントル流にのって広がっていくこと」のみを指すのか?
・それに伴って、「海溝部分で、沈み込むこと」まで指すのか?
が、わからず困っています。
いろいろ調べましたが、どちらともとれるようなことしか出てきませんでした。
正確な定義?を教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・「海嶺でできたプレートが、マントル流にのって広がっていくこと」のみを指すのか?

 ここまでなら「海洋底拡大説」

・それに伴って、「海溝部分で、沈み込むこと」まで指すのか?

 ここまで含むと「大洋底拡大説」

 かな?平凡社の「新版・地学事典」によると。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報