考えてみるということは可能でしょうか。そこに何か新しいことが生じることはないでしょうか。古い中国の文明の中では同じことが行われていたのではないかと想像しますが、現在においては漢字にそのような力はないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんばんは。



 ご質問を拝読するに、まず「熟語」をつくって、それにふさわしい「もの」を考えてみるということでしょうか。

 うーん。やっぱり「もの」や「概念」が先にあって、それをなんと呼ぶかを考える段になって、「新語」ができたのだと思います。正しい順番としてはね。

 人の思考の重要な部分に「名づけ」というのがあるとききます。平たくいえば、得体のしれない「何か」があって、そのままじゃ恐ろしいから、「名」をつけて、言語体系に組みこんでしまうことによって、支配下に置く。その恐怖もなくなる。ということです。

 だから、漢字に限らず、いま感じたり、作ったりしたものが、既成の名前では、どうしてもしっくりこない、というとき、「新語」が生まれるのだと思います。

 で、そういうとき、漢字やドイツ語は、つごうよくできてるんだそうな。つまり、いろんな「意味」のパーツでできているから、パズル遊びのように、いままでなかった組み合わせを作りやすい言語なんだって(それでも、中国の詩人なんぞは、どうしても表現したいことが、そのときの漢字にないとき、新しい字を作っちゃったりしたそうな)。

 長くなったけど、きっと、質問者の方は、そんなことは先刻ご承知で、この質問をされたのでしょう。

 つまり、そういう面白い「漢字」だから、「もの」→「ことば」じゃなくて「ことば」からインスパイアされて、「もの」なり「概念」なりが出てこないか、ということでしょう?

 たとえば、そうだな。「地球」を「水球」といいかえることによって、水の大切さが発見される、とかね(これは私のいいだしたことじゃなくて、ある本に載っていたことなんです、70%が水なんだから、こう呼ぶべきだ、命の始まりだって、水からきたんだから……ということだったと記憶してます)。

 だから、まったく関係ない漢字2字を、とりあえずくっつけちゃって、それから、新しいものや、既成のものの新しい見方を見つける、というのは、できるし、とても面白いと思います。

 確かに漢字には、それだけの能力がある。

 逆に、今使われている熟語が、よく考えると、もうそぐわないものになっている、なんていう例をチェックしてみても面白いかも。
 たとえば、最近、このサイトでも論争があったけど、「主人」、と「妻」の呼び方。上下の関係を示唆させるこのことばは、いまの社会に合わない、でも、代案がない。「配偶者」……お役所に届けるわけじゃないし、「パートナー」……なんかちょっと照れる、「連れ合い」とかは……みたいに。

 だから、まず知的遊戯としては、楽しいと思う。でも、それが流布するか、となると、あなたが名づけた「もの」が、人を納得させるくらい力のあるものでないと、難しいでしょう。
 こう呼ばなれなきゃいけないものが、確かにあるな、とか、これをこう呼んでみたら、もっと本質を突いてるな、とかいう力がね。

 いま、いろんなことが、変革期に来てる、という人は少なくなくて、その大きさをどう評価するかは、それぞれなようです。私も、なんとなく実感として感じるけど、言語化できないでいる。

 だから、質問者さまの試み、面白い以上の意義があるかも、と思います。とにかく、何かが見つかるかもしれない、というわくわく感だけは、感じました。

 長文失礼。質問者さまの意図を読み違えていたら、こんな滑稽なことはないね。そうでなきゃいいけど……。

 ご参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が漠然と考えていたことを、まさに新語がほしいような漢字(感じで・・ミスタイプ消すのがもったいなかった)で整然と解説いただき、頭の中がすっきりしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/05 11:21

突然「私はこんな漢字を作りました。

意味はこれです」と言い出しても世間に受け入れてもらえるとは思いませんが、例えば小説家・俳人などがその作品の中で新しい言葉を使って、それが多くの人の目に触れ、その言葉を使う人が増えれば、いずれは辞書にも載るようになります。

有名な例では「微苦笑」とかでしょうか。
久米正雄(作家・俳人)が作品の中で「苦笑」と「微笑」をあわせた「微苦笑」という言葉を使い、それが次第に世間に浸透していった結果、今では広辞苑にも載っています。

単語なり漢字なり、文部科学省に認めろーと訴えるよりは時間をかけて世間に認めさせるほうが早いと思います。

できるのか、と聞かれれば、「できる」と答えが返りますが、まず世間に非常に大きな影響を与えることの出来る立場に立つことが必要だし、それで言葉を作っても、造語が世間に認められなければ意味がないですから、一般人にはなかなか難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどという論旨に感服いたしました。以前質問させていただいた顔文字にも似ていることがあると思いました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/05 11:15

明治時代の日本ではヨーロッパ文化を取り入れるとき盛んに造語しました。


多くが中国・韓国にも輸出されています。実話かどうか知りませんが、毛沢東が国名を定めるとき「社会主義」も「人民」も「共和国」も日本製と知って困惑した、という話があります。
造語することは今でもできるでしょうし、中国ではカナがないので沢山作っています。問題はそれが定着するほど、作者(あるいは作られた単語)に影響力があるかどうかですね。
「不倫」や「拉致」は元々は漢語にはなく、日本での造語だそうです。それを考えればいくらでも作れるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示を伺い、なるほどと思いました。現在のカタカナ語の問題を漢字による造語で対応できない理由があるのでしょうか。

お礼日時:2005/10/05 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分からない漢字の読み方検索方法

2,3問前の質問で読み方を教えて
くださいと言う質問に答えた方が
コピペして、、、、と書かれてい
たのですが、もう少し詳しく教えて
下さいませんか?
文字を青くして右クリックしました
が、その後が分かりません。

Aベストアンサー

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢和辞典のサイトの例です。

ウィクショナリー
http://ja.wiktionary.org/wiki/%e6%bc%a2%e5%ad%97%e8%be%9e%e5%85%b8
インフォシーク漢字辞典
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%b4%c1%bb%fa%bc%ad%c5%b5&qty=&qtb=&qtk=0


ついでに、ここでいろんな辞書を探せます。
http://search2.kotoba.jp/iresult3.cgi

検索窓に、例えば「漢字辞典」のように入力して検索すると
漢字辞典のサイトが出ます。

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢...続きを読む

Qさびという漢字で錆ではない漢字について

さびの錆の月の部分が円という漢字が私の会社で使われています。
鉄がさびるという意味で使っていますが、錆の月の部分が円の漢字は
存在するのでしょうか?
円の錆について教えてください。
(1)エクセル2000でその文字を表示するにはどうすればいいでしょうか?
(2)当用漢字?常用漢字?以外のものでしょうか?
この漢字について教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

1990年に制定されたJIS X 0208において,「錆」(句点1-27-10)の字のつくりの下の部分が,「月」の形の異字体として制定され,正字体である「円」の文字は情報機器で使用する文書からは駆逐されました。
ところが,本来の字体である「円」の「錆」は新聞・雑誌を始めとする視覚情報で文字を伝達する媒体で標準的に使用され,当然ながら辞書には正字体として「円」の方が記載されています。
このため,2004年にJISが改定されて正字体である「円」の字形が標準字形に戻されました。ところが,この14年間は文字情報の電算処理が爆発的に進んだ革命的14年でもあり,JISという国家規格を律儀に守ろうとした製造業者によって,略字(全然略してませんが)がそれなりに普及していたという現実のために,大きな混乱が続いています。
どのくらいひどい混乱なのかと言うと,質問者さんの質問分は,私のパソコンではすべて「円」の方の文字で表示され,意味が通じません。
字形はフォントによって決まりますので,Office2000と同時にインストールされるフォントを使う限り略字が表示されてしまいます。また,印刷の際にはプリンターに内蔵されているフォントが使用されますので,画面で表示されている字形とは違った形で印刷されることがあります。JIS規格が改定されたとはいえ,まだかなりの期間この混乱は続くでしょう。
参考URLに挙げたJIS規格改定の告示によれば,これらの字形は「どちらも同じもの」で「変更を求めるものではない」そうなので,日本国の国策に従って,出てきた字を「さび」と読む(読ませる)のが愛国心あふれる正しい国民の姿ということなのでしょう。
なお,Windows VISTAまたはOffice 2007を使うと正字形が表示されるようです。

参考URL:http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004964/0/040220jis.pdf

1990年に制定されたJIS X 0208において,「錆」(句点1-27-10)の字のつくりの下の部分が,「月」の形の異字体として制定され,正字体である「円」の文字は情報機器で使用する文書からは駆逐されました。
ところが,本来の字体である「円」の「錆」は新聞・雑誌を始めとする視覚情報で文字を伝達する媒体で標準的に使用され,当然ながら辞書には正字体として「円」の方が記載されています。
このため,2004年にJISが改定されて正字体である「円」の字形が標準字形に戻されました。ところが,この14年間は文字情...続きを読む

Qこの漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい。
お恥ずかしい話ですが、こういうくずした草書体のような文字が読めません。
周りの方に聞くのもなんとなく気恥ずかしく、
でも気になるという…(^_^;)

達筆すぎる方の字もなかなか読めなくて、
適当にごまかして読んだりしています。

こういう草書体の読み方を調べるサイトってあるのでしょうか?
検索しても、フォント用の草書体とかしか見つけることが出来ませんでした。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
読み方ともども教えていただけましたら助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「養浩堂」ではないでしょうか?
右端の字は下部が「食」の典型的くずし方です。
「善」との見分け方は一番下の部分が「ら」のようになっているか「口」になっているかの違いです。
この場合「口」のように見える上に点がありますので、「養」と見ます。
次の字は「さんずい」の次の画の出だしと下に「口」があるので「浩」のようです。


御自分で調べられるのでしたら、参考のURL画面のページの一番下の「データベース選択画面」をクリックし、次のページで右下のほうにある「電子くずし字字典DB」をクリックすれば漢字入力でそれに該当するくずし字をいろいろ表示してくれます。
このページは便利ですよ。

参考URL:http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller

Q戦前、日本では漢字とカタカナで文章を書いていたのですが、戦後は漢字と平

戦前、日本では漢字とカタカナで文章を書いていたのですが、戦後は漢字と平仮名で文章を書くようになったのはどうしてでしょうか?詳しい回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>戦前、日本では漢字とカタカナで文章を書いていたのですが
そういう事実はありません。

詔勅・法令などの公式文書以外、
新聞・雑誌・書籍などほとんどのものが漢字+平仮名でした。
小学校では、まず児童が書きやすい片仮名を教え、その後で書くのが難しいけれども実際に社会で使う平仮名を教えたのです。
その小学校一年生の国語の教科書や、軍人の手記などを見て、誤解する人が少なくありません。

樋口一葉の自筆原稿「たけくらべ」
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2006/05/post_717c.html

夏目漱石「心」(東京朝日新聞)+尾崎紅葉「金色夜叉」(読売新聞)
http://newspark.jp/newspark/floor/archives2004.html
(「明治 大正 昭和 新聞小説史展―高木健夫文庫から」の項)

下に引くものは小説ではありません。明治四十五年の新聞記事です。
「墨斯其(めきしこ)」「香港(ほんこん)」「弗(どる)」に御注目下さい。
>十餘年前まで我邦の通貨であつた一圓銀貨を更に鑄造し之を支那の各市塲に流布して墨斯其(めきしこ)銀、香港(ほんこん)弗(どる)、英銀等の如くならしめんとする希望がある、……
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00813821&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1

「軍人勅諭」の画像を御覧下さい。
http://walumono.typepad.jp/blog/2008/06/post-b6af.html
「教育勅語」は漢字・片仮名交じりです。下記が原本です。
http://www.nippon-saisei.com/2_kyouiku/image/tyokugo1.jpg

『朝日新聞』の紙面
>「全日本號」上海に出陣
>天翔ける「擧國赤心」の雄姿
>果敢敵陣を偵察す
http://masanori-asami.hp.infoseek.co.jp/JP/ww2after/t-asahi_e19370909zoomup.jpg

そのほか
http://www.yane-pro.com/diary.cgi?mode=image&upfile=217-5.jpg

>戦前、日本では漢字とカタカナで文章を書いていたのですが
そういう事実はありません。

詔勅・法令などの公式文書以外、
新聞・雑誌・書籍などほとんどのものが漢字+平仮名でした。
小学校では、まず児童が書きやすい片仮名を教え、その後で書くのが難しいけれども実際に社会で使う平仮名を教えたのです。
その小学校一年生の国語の教科書や、軍人の手記などを見て、誤解する人が少なくありません。

樋口一葉の自筆原稿「たけくらべ」
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2006/05/post_717c.html

夏目漱...続きを読む

Q魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

しりあいに よのき さんという方が居ますがパソコンで検索しても漢字に変換できません

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方をしりたいです

よの と呼ぶらしいです。よの貴と呼ぶそうです

Aベストアンサー

IMEパッドの話が出ているので参考に。

手書き認識だとこの時点で候補に表示されます。
結構形が分かっていても読みが分からない漢字の時には使えます。

Q漢字検定の1級に挑戦しているものです。かつての試験では、漢字を旧字体に

漢字検定の1級に挑戦しているものです。かつての試験では、漢字を旧字体に直す問題がありましたが、今はなくなっています。この旧字体に直す問題は、平成何年度まで出題されていますか。ご存知の方いらっしゃいましたら、お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

漢検準1級の者である。
私も将来的には1級を受検するつもりで少しづつ勉強を進めており、その意味では質問者とは同志ということになる。

さて、そうだから私も検定問題の詳細については調べてある。
Wikipediaの「日本漢字能力検定」の項目(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E5%AE%9A)によると、
>平成14年度第3回からは、「地名・国名等の漢字表記(当て字の一種)を読むこと」と「常用漢字体と旧字体との関連を知ること」に関する問題が出題されなくなった。
とのことであり、つまり質問に対する回答は「平成14年度(第2回)迄の出題であった」ということになる。

猶、此処からは余談、全くの蛇足である。
「物干し竿が洗濯物の重みで撓んでいる」などと用いる「撓」という字、旁は「堯」であって「尭」ではない。併し、「焼」や「暁」の旧字体が夫々「燒」及び「曉」であることを知っていれば、使われる機会の多かった「燒」と「曉」は当用漢字・常用漢字等学校で教える漢字に選ばれて字体が簡略化され、一方余り使われなかった「撓」はそのまま残ったと考えることができる。他に「新大陸には、豊饒の地が広がっていた」の「饒」も、その儘残った字である。
1級に配当されている字は見慣れない部分を含むものが多いが、此の様に旧字体に通じていることで、昵みの字との関連性が見えてくることもある。よって、直接は問われずとも、物に依っては旧字体の知識が有利にはたらくことも在り得る点は指摘しておきたい。
(質問者が1級挑戦者であるとのことから、態と回答の所々に1級なら問題無く読めるであろう難読語を交えておいた。)

最後に、質問者の合格を、勝手ながら祈らせて頂く。

漢検準1級の者である。
私も将来的には1級を受検するつもりで少しづつ勉強を進めており、その意味では質問者とは同志ということになる。

さて、そうだから私も検定問題の詳細については調べてある。
Wikipediaの「日本漢字能力検定」の項目(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E5%AE%9A)によると、
>平成14年度第3回からは、「地名・国名等の漢字表記(当て字の一種)を読むこと」と「常用漢字体と旧字体との関連を知ること」に関する問題が出題さ...続きを読む

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q漢字の上の部分が「ツ」(学、単、桜)ではなく、尚の上のような形の漢字を教えて下さい。

漢字の勉強をしています。
学や単などは間違えませんが、営や当などの漢字は上の部分が「ツ」だったか、
「尚」の方だったかはっきりしない事があります。
「ツ」も「尚」の上も部首ではないので、漢字一覧がなく、
間違えやすい漢字を自分なりにリストにしておきたいのですが、中々網羅出来ません。

なるべく書き出してみましたが、他にこれもあるよ!という漢字をご存知でしたら教えて下さい。
主に、「尚」形の漢字が知りたいです。

「尚」形(こちらを沢山知りたいです)
尚、当、消、堂、常 これくらいしか思い浮かびません。

「ツ」形
学、単、営、巣、栄、労、蛍、覚、鴬、厳、
桜、脳、獣、蝉、禅、悩、挙など

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは~

「尚」形
嘗(な・める)掌、鎖、削、恍、梢、硝、償

「ツ」形
挙、誉、鼡、畄

ちなみに「小」形
哨、峭、悄、稍、蛸、鮹、幣

「ツ」形は
「學→学」「螢→蛍」「單→単」のように、旧字体の上部分を省略可した漢字がありますね

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q想像と想像の使い方の違いについて

こんにちは。小学生の息子に質問されて、はっきりと答えられなかったので教えてください。
国語の問題で、
「今までにない新しいものをそうぞうする」の「そうぞう」はどういう漢字を書くのかという質問の答えです。解答は「創造」なのですが、どうして「想像」では×なのかと聞かれています。私は、直感的に、今までにない新しいもなので創造であろうと思ったのですが、想像ではどうして間違いであるのかを明確に答えられません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

「今までにない新しいものをそうぞうする」の「そうぞう」は、
「創造」でも「想像」でもよいです。

出題ミスの類です。

「今までにない新しいもの」は、「新規のもの」と同じです。
「新規のものを想像する」
「新規のものをイメージする」
やはり、これらも、普通の日本語です。

私だったら、
「答えには『創造』しか書いていないけど、『想像』でもいいよ。
 ときどき、こういうことはあるよ。」
と言ってあげて、どんどん、次に行かせます。
なぜならば、
ご子息は、「創造」という言葉も「想像」という言葉も、すでに理解しているので、
そんなところで滞留するメリットがないからです。


ご参考になりましたら幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報